人気ブログランキング |

久々の・・上げ潮洋裁!?

去年あれだけ愛した袖コンシャスが・・
c0227932_15152789.jpg
まったくときめかない。

まぁ、今年の通勤着、ユニクロカーデが制服のようになってるので
羽織ものだと↑この袖だともたつくという事情もあるのですが、
せっかくのハンドメイドなのに、翌年はこの扱い、成仏してくだせぇ・・なんまいだぶ。

もともと気に入ったパターンはいくつも作ってしまう癖ありで
5、6年前?に縫ったワイルドベリーさんの布帛T
c0227932_15180850.jpg
これはですね、今年着てると褒められる。旬の形なのか。
ってこともあるので、↑袖コンシャスも塩漬けしておこうと思います。

最近結構縫っております。
5月の天下一洋裁会で、長らく大ファンの洋裁家さん(現在はインスタに完全移行されましたが)の着画で
やっぱりいいなと思って作ったたまねぎ工房クォーツ
c0227932_15275730.jpg

クロップドパンツなのに、フルレングスになってしまい、慌てて多めに折り曲げるも遅かった・・

玉縁がねー。相変わらずで。
c0227932_15283691.jpg

フロント、ベルト及びファスナー部、8年前に作った処女作と比べても劣ります・・
c0227932_15292187.jpg

ま、でもこのパンツ、私の体型に合うのかもしれない。
c0227932_15312806.jpg

この夏の定番パンツ化ケテーイと思ったら
ファスナーパッカーン。えーん、↑この状態でもFCからファスナーがすこし見えております。
一度洗濯するとその状態が顕著に(大泣)
トップスアウトでしか穿けないシロモノができました。
まぁでも、生地はクルールの名作「20Sコンパクトヤーンチノストレッチ」。格安ツイルやチノばかり買うのですが、今回思い切って買ってみたら・・このやわらかな履き心地なんですねー。雰囲気もアパレルのそれっぽい。ツイルやチノこそちょっといいのを買うべきかもしれない。

合わせてるのが、洋裁家さんの間で絶賛ヒット中の、クルール・マンタブラウス。
c0227932_15335425.jpg

元々V開きの軽めトップスがほしいなーと思ってたところに、松子さんの着画でノックアウト。
これ、推奨布がテンション低いニットか、ポリ混地かな?そこで、とっておきの(というかいまいちイメージ浮かばず放置)
松本のポリエステル地で縫いました。ちょっと厚みがある系。

何がいいって、脇が見えないことね。

洗い替えがほしくて、慌ててひできさんで、ポリ地を買ったら、グログランテープ(風の)生地でした。
c0227932_15343158.jpg

全く汗を吸収しません(そりゃそうだw)
インスタで仲良くさせていただいてる洋裁家さんが、布帛で作っておられましたが、こちらも素敵でした。
ニットも布帛もいける万能パターンだ。

布帛といえば

某ブロガーさんの名言「Mさんらしい禁欲的な開き」のコレ。Vネック2シルエットブラウス(MPL)。
c0227932_15383052.jpg

​吊り画の段階ではとても美しいですが
上半身デブの私が着ますれば、
パッツパツやで。ビブスじゃないよ。
サイズ選び間違えた~。いつものように4号を選びましたが、9号サイズ=5号のMさんだと、7,8号が妥当なところか??
あーでも、今年は羽織物が主なワードローブなので、こんなインナー系トップスいっぱいほしい。

読みました。
c0227932_15390796.jpg

もっとエロいのを想像してたのに、残念!?
いやでも、不倫物を描いても上品なのは、さすが荒野さん。ご自身の父親と瀬戸内寂聴の不倫を描いた作品。
読者としてはゴシップ週刊誌的な興味で読み始めても、すっかり文学の泉に引き込まれてる。妻(荒野ママ)と寂聴さんの視点が交互に描かれますが、​妻の方が魅力的に描かれてしまうのは致し方なし。

夏の繁忙期を迎えておりまして、置き飯の毎日。
c0227932_15400333.jpg
ってことは、帰りに一杯ひっかけて帰れる訳ですね♪ 

# by uteomma | 2019-07-09 15:44 | たまねぎ工房 | Comments(4)

6月のお針子よもやま

どうも、小忙しい芸人のウテオンマです。
先月10連休明けからコンスタントに、夜のお座敷(PTAやら地域役員やら)が入る毎日でなかなか平日ミシンが難しいこのごろ。同じくして、老眼も進み、夜のミシンもままならぬ感じで
c0227932_13561650.jpg
晩酌生活ますます活性化しております。これは久々「3婆」(中学の先輩後輩仲間)で集まったときのもの。

この週末、午後の時間がぽっかり空いたので、取り組んでみました。
c0227932_13565207.jpg

クルール:V開きタックプルオーバー7号
これね!昨年、推奨のデジン生地で作ろうとしたものの、折り紙が理解できず(!)もー、わからん、ゴミ箱ダンクとなってしまった因縁のパターン。
先のイーグル催事で手に入れた、いかにも縫いやすそうなコットン100地が2.5mもあるので、リベンジしてみることにした。
今回はあっさり縫えてしまったため、本人はもう大人の階段登ったような、異様な達成感に包まれ、舞い上がってしまったのであるが。
生地の問題だったかー。
でも、こうして吊り画を見ると、アレ、病院のお医者さん、スタッフが着用するスクラブ・・医療用衣ではありませんか。
V開きも思ったより深く、着用するとずっと胸元を気にしなければならないようなシロモノ・・うーむ。キャミ合わせてもいまいちだよなぁ。
イーグルさんのこの生地、思った以上に好みだったので、名作カフスTを作ろうと思います。

坂内先生からインスタにコメントいただいちゃった、「毎日着られる大人服」のラグランスリーブプルオーバーの着画。(前回のブログに、軽く顚末記しております)
c0227932_13581458.jpg
似合う似合わないは別に、この組み合わせ(パンツは明日着る本のテーパード)がとっても落ち着きます。
襟元のパイピングが浮き気味でまだまだ修行が・・なんてpostすると、先生よりあのようなコメントが。鼻血ブーものです。

でもって、ここ数年来夏になるとほしくなるサマージャケット、ようやく縫えましたって話。
c0227932_13584233.jpg
大きな服を着る、小さな服を着るのジャケット小

さほど難しい工程はないはずなのに、衿の縫製のあたり仕様書を読み解けず、身頃に裏表衿縫い付けたり、わからんちんなことをしておりました。
なのか、襟元の↑縫製見よ。ひどすぎる。
c0227932_14122741.jpg

しかしこれ、トルソーより、着画の方が断然素敵に見えるというマジックが起こった(笑)
先達のこね太郎さんもおっしゃってるが、このジャケット合わせるインナーが意外に難しい。苦肉のたまねぎ工房ノビータ。
今年っぽく着るなら、普通の白Tかも。

サッカー次男の背がぜんぜん伸びないので、先月からアスリート飯に取り組んでいる。
c0227932_14130425.jpg

この本おすすめ!運動別に必要となる栄養素などの解説の後、レシピ集。そのレシピの横に「瞬発力を高める○○豊富」などと表示してあるので、パラパラめくってメニューを決められるのがグー。
c0227932_14230005.jpg

ある日のまったく映えない夕食(笑)タンパク質大量めしです。
c0227932_14235774.jpg
この食事を1カ月続けた結果なのか、先週末試合を見に行ったらチームメイトママに「○○ちゃん、がっちりしてきたよねー」だって。
伸びる前にがっちりして来るのはこれ如何?という感じですが、まずは土台を作ってから、上に伸びるのだといい解釈をする。
こうやって少しでも目に見えて結果が現れるのはやる気を後押ししますねー。筋肉付ける人たちの気持ちわかるかも(笑)

バタバタしてる間に年を重ねました。
誕プレお披露目。この他に中田先生からプレミアムモルツ。
c0227932_14243507.jpg


# by uteomma | 2019-06-12 14:34 | お針子よもやま | Comments(6)

西荻散歩とmplフロント5プリーツスカート


備忘録的に。(5/24追記あり)

10連休初日に、田舎を脱出。
大学時代の友人K(調布在住)に西荻を案内してもらうことに。

駅前の洋裁店、昭和レトロたまらんねー。
小川糸の小説に出てきそうな屋号。
c0227932_13544811.jpg
折良く、月一開催の「西荻手しごと市」。

出店者さんのインスタに映り込むわたくしたち(笑)
c0227932_13552262.jpg
後述しますが、タビト人形のサンドイッチ舎さんのブースにおります。

Kがネットで見てファンになったという「こけし刺繡と消しゴムハンコさん」
c0227932_13570000.jpg
なごむしさんの消しゴムはんこ。
c0227932_13573921.jpg
サンドイッチ舎さんのタビト人形。(↓こうやって、旅先でパチリで旅する人形、タビトさんという訳です)
c0227932_13582197.jpg
西荻、一番の目的がこちらでした。
c0227932_13585021.jpg
こけし屋、今をさかのぼること50年余り前Kの両親のお見合い会場らしいです(笑)

ご近所の染色作家中田先生にお土産を持ってくと
「なつかしー、こけし屋って田舎から両親が来たら食事するところ」
先生も学生時代荻窪で下宿されてたそう。

このときの先生のアトリエから庭先の風景。
先日上京の折、日暮里トマトで生地を購入し、染めたものだそうです。
c0227932_13591151.jpg
吉祥寺に移動。
いせや。
c0227932_14003801.jpg
二階に上がって思い出した。畳の部屋にぎゅうぎゅう詰めの記憶が蘇る。
12時の開店前50mほどの行列。Kいわく、レギュラーのおじいちゃんたちに加えて今日はリュックの人(旅行者)多し。

武蔵野文庫で。
c0227932_14011823.jpg
さっきのタビト人形↑(今度はカメラ下げてる)
小石原焼の器を主に使ってて、販売も。
同行のKが小石原焼コレクターで、これいつぞやの夕餉の様子だそうです。
c0227932_14020079.jpg
小ざさの行列もそれほどでもなかったので、買ってきました。
隣の肉やさんのメンチカツの方がすごかったね。

30年前の学生時代にはご縁のなかった、荻窪・吉祥寺界隈、この年になるとよりぐっと惹かれるものがありますねぇ。
また連れてってもらおう。

洋裁ネタ。
このところ、縫っても撮影しないまま着てしまい、せいぜいインスタのストーリーに上げるのが関の山ですが、インスタの洋裁カテでお話するフォロワーさんに、ブログ見てます」と言っていただくとやっぱりうれしいので、ブログ用に撮影することにします。(言ったよ!)
c0227932_20133884.jpg
・・とコレ、縫ってから1カ月は経ちますが
mplフロント5プリーツスカート。この時はちゃんとカメラ撮影もしとったってことね。

脇コンシールファスナー仕様が前回のワンタックワイドパンツと同じなので、鼻歌混じりで縫い始めたものの、やっぱり鬼門のファスナー部はこんな具合。
c0227932_14141302.jpg
下の部分にどうしても皺が。

今回一番の会心部分は、本体と裏地のマリアージュですな。トーカイで見つけたときには、絶対この生地の裏地って思ったもの。(大いなる自己満足)
c0227932_20180120.jpg

この生地、綿麻ストレッチ(サテンストレッチの名称で出てるときもあり)ですが、この光沢がベタと言われようが、妙に好き(笑)
なんだか今期、この素材のボトムスが集中してしまいまして、月曜日はスカートで、水曜日はかなさん本タックパンツ、金曜日はあす着る本テーパードパンツ・・ボトムスが、カーキのツヤ部族になっております。

5/24着画更新しました。こちらは洗濯前なのでプリーツがきれいに出てると思います。

c0227932_09445054.jpg

出っ腹のせいで、ベルト、下腹部不自然な皺が寄ってますが、このスカートはインしてなんぼな気がいたします。

そして今インスタ覗いたら、鼻血出そうになりました。
坂内鏡子先生からコメントが!!!(先生の新刊からのプルオーバーをアップしたのです)
c0227932_09462946.jpg
リベンジいたしますぞ。



# by uteomma | 2019-05-22 20:32 | mpl | Comments(10)

平成最後の更新←使ってみたいだけw

東京の友達が、テーブルウェアフェスティバルで買ってきてくれた
桜の花びらのような小皿。萩焼きです。
吉祥寺近辺お菓子を盛ってみる。
c0227932_21562355.jpg
ああ、ここに来てパンツジプシー極まれりです。
冬の間、このワイドパンツで回していたのですが
c0227932_21574375.jpg
いずれも、起毛生地で作ったおかげで、春には回せーず。

昨年作ったパンツを出してみると
c0227932_21591309.jpg
ピチピチテーパードばっか。なんでなんでー。

この春からも冬からのワイドとともに、ちょっと太めのテーパードで行きたいと考えているのですが

手持ちの(芸風がパンツ縫いなので、そりゃあ山ほどある)パンツ型紙でなんとか作れないかと思っていて。
シルエットとしては、かなさん本の白いパンツがベースで前あきのがイメージかすらん。
でも、「パターン塾」を見て前あきを増設させる気力もないので・・

・・とここまでおばさんの妄想というか、ぼやきにおつきあいいただきありがとうございました。

春物のワイドパンツとしては、これ作りました。
MPL「P1901 ワンタックワイドパンツ」。これ旧作にも、非常にいい塩梅のパンツがあるのですが(インスタ洋裁カテでよく見かけます)
こちらは新作の方。
c0227932_22031774.jpg
生地が例の松本催事で買った「イタリア製ヘリンボーンチドリジャガードW巾m28,000円を3,000円」です。ほんまかいな。
こうしてみると、シニアっぽい!?(巣鴨系?)

これがですね、着用してみましたらば、骨格ストレートには似合わなくてびっくりしました。
まぁ、Mさんモデルはウェーブ系ですしねぇ。
なんだろ、ウエストがきゅっとしまってないと着こなせない感じ?私が穿くと丸太にキレを巻いた気な・・
(と、嫌が応にも着画の怖い物見たさが高まってきますねぇww)

脇コンシールです。
実は今回(今回も、だ)恐ろしいことが起こりました。
c0227932_22035237.jpg
コンシールのオビ、切りすぎの怪!なんでこうなるのかなー。
まぁ、テロテロタフタ地のおかげでなんとか帳尻合わせたのですがいつかは縫いたい、ファスナー先のV。

ま、かるく見てやってくだせえ。こんな感じだす。ミセス感満載。まぁミセスですけど。
c0227932_22041764.jpg

初心に返って利き酒を。
c0227932_22365827.jpg
4月からもう一人の塾送迎も加わり、木曜日の赤提灯が消滅してしまいました。えーん。

# by uteomma | 2019-04-30 22:39 | 自分服BOTTOMS | Comments(4)

セレモニー服2019


我が家のサッカー小僧もいよいよ小学校卒業を迎えます。

保育所のときみたいに、卒業式の服縫ってもいい?と聞くと
「いやいやいや、絶対無理!マジでトラウマだし。」

c0227932_23230743.jpg

これトラウマ↑
周りの男子の黒紺スーツの中で異彩を放つ、北朝鮮工作員風スーツが嫌で嫌でしかたなかったらしい。

ふと昔の拙ブログをさかのぼってみましたら、彼の1年生入学時は、全部私のハンドメイドだった!衝撃。
c0227932_22361580.jpg
よくやるわー(笑)
翻って、現在は自分服ほぼ100%ハンドメイドですが。まぁ、当時と変わらぬ縫製に難ありぶりは、健在でござります。

なので、この度は自分用フォーマル服縫った。
はい、卒業式の3日前に完成。我ながらヒヤヒヤしたぜ。
生地はmittelで買い求めた「ウールフラノ地」だったか?メーター1500円くらい?
2.5メートル買ったのをほぼ使い切りました。さていくらかかったでしょう。3800円(笑)
やはり洋裁の醍醐味をいかに安く作れるかに置いてしまうところ、健在です。

c0227932_22355770.jpg

ジャケット:クルール「一つボタンのジャケット」
ブラウス:MPLサンプラ「ギャザーブラウス」
スカート:たまねぎ工房「カトレア」

当初、クルール「ドレスペプラムブラウス」を縫うつもりでパターンも買ってありましたが、3兄弟ママに「卒業式ってコートきたままで着席してたっけ、父兄は」と聞くと、いやー、それはないかなー、というので、裏地を付けても1枚は寒いだろうとジャケットにしました。
結局ノーカラージャケットって、いつも縫ってるやつじゃん(笑)

まぁでもジャケットもスカートも、よくあるタイプ+@のデザインだったので、縫いヲタ魂くすぐったというか。
ジャケットのくすぐりポイントは、ちょい衿が立ち上がっています。
c0227932_22390304.jpg
スカートは、後ろがちょいマーメイド。
c0227932_22401829.jpg
スカートの裏地は、たぶんお初に近い、先に裏地とファスナーをミシンで縫い合わせてから表地と合わせるタイプ。
当然1回目はファスナー上がらずの悲劇・・でした。これは何回か縫って完璧にマスターしたいとこである。

ジャケットは、裏地のキセが実際よりもユルっとなってしまい、オープンにするとあんまりよろしくない。
(そそ、インスタでmuni店主さんが、裏地って縫ったときにはヘロヘロでこんなんでいいのと不安になるが、キセをかけてアイロンするとあんなにヘロヘロだったのにビシーっと・・と投稿しておられたので、さらに落ち込んだのであった。精進あるのみ。)
c0227932_22405342.jpg
前回同様、青年社長と熟年秘書を狙っております。式当日は晴れの予報。よかったね。

待ってました、続横道世之介。
c0227932_22413159.jpg
前作読んだ人なら、「あれ?世之介って最後、ホームに落ちた人を助けに行って電車に轢かれて亡くなったよね?」と突っ込むところですが私、世之介好きすぎて、その事実を黙殺しとりました(笑)
今回もほぼ発売日2/22に買い求め、読み始めたのですが、中盤を過ぎたあたりから、世之介との別れがつらいあまり文字が涙でにじみ、読み終えてしまうことへの恐怖心さえ芽生え、本を目に触れないところに置き、しばらく世之介のことを忘れようと違うものを読んでおります。もう意味不明。(別れた恋人につい連絡をしてしまうのをやめるためアドレス消してしまうようなもん??)

ふきのとう。初物。
c0227932_22420063.jpg

いつもの男の手料理居酒屋「ウィットモア」では、マスターが急に水餃子にはまり、先月から2回も食べてしまった次第。
c0227932_22423120.jpg
相変わらずハイボールブームは続いておりまして、砺波の若鶴酒造が自社ウイスキー(北陸で唯一のウイスキー蒸留所をもつ)を使ったハイボール缶がこのたび発売となり、先行販売されたのでさっそく買ってくる。
若鶴酒造のウイスキーといえば、「サンシャイン」実はこれ、私の周りでは飲んだときの格好のネタとして君臨してます。
・・・噂どおりの正露丸臭ですが、これをスモーキーと表現されてるのだけど・・嵌る人は嵌るらしいこの味。あと2本ありますが、罰ゲームにしちゃいそう。ごめんなさい。
c0227932_22431315.jpg

# by uteomma | 2019-03-18 22:56 | 自分の服 | Comments(6)

クルール・マリンパンツと拝啓松本様


ダバダで失礼します(笑)
c0227932_21065572.jpg

インスタフォロワーさんのpostで、強烈なネーミングと、「栗」に心惹かれたところに職場行きつけの(男の手料理)居酒屋でも、親父の一押しとして君臨していたので、家呑みにもしたくたまったTポイントで買った次第。
麦とも芋とも違う、個性的な飲み口ですが(ウイスキーっぽい?)、それゆえに呑みつけるとこればっかりになりそうな。
そそ、この「ダバダ火振」、高知のいわゆる県民酒らしく、職場の人が高知に出張に行った際、居酒屋で隣になったおじさんと仲良くなり、次の日、宿泊先に届けられてたのがこの「火振」らしい。
四国に上陸するのが長らくの夢ですが、数年以内に叶えたいものです!

まだ春遠い北陸路ですが(今年は雪が少ないのがほんっとにありがたい!)、縫うものは春物といきたいところ。
最後の冬生地と思い、長らく温めていた名作・クルール「マリンパンツ」に着手。
でもこの後に、オケージョン用のウールフラノ地とか買ったけどねーw
c0227932_20581944.jpg
​ブロ友みっこさんにして、やっと会えたね・・と言わしめた理想のパンツライン。

洋裁の芸風では「パンツ縫い」に属する私ですが(なんじゃそりゃ)
吊り画の段階で美しいパンツってのもそんなにないと思う。

明らかにウエストがやばい感じですが、少し痩せたこともあり、いけんじゃないかなーと縫い始め・・

片玉縁が、クルールさん仕様(?)の簡易的な作り方だけど、
c0227932_21082559.jpg

↑こうやってポケット上が落ち着かないのが難点だね~。3回目、今回こそポケット高を上げベルトに縫い込もうと思ったけど忘れる。
c0227932_20594284.jpg
ファスナーが、コンシールではないのでした。
スカートの脇スカートの基本形なのかな。昔家庭科の時間にならった。でもウエストがオーバーしているので(残念)、パッカーンとなります。泣
いやパッカーンどころか、2㎝ほど降りてるという噂。

着画。
c0227932_21094400.jpg
なんということでしょう。
あれほど、似合わなかったトップス・mplサンプラギャザーブラウスが、パンツ効果で見れなくもない?
トップス、ボトムスどちらかが似合わなくても、どちらかが似合うものなら、マイナスを打ち消すほどの効果があるんだなー。
やっぱり骨格診断って有効!(たぶん、このパンツ、私のような自称ストレートタイプが似合うのだと思う)

2年間着てくたびれて来たVネックストレートコートを更新しました。
c0227932_21111385.jpg
ひだり1作目のやわらかいウールバージョンでは、吊れが出てしまってますが、今回、mittelさんのやわらかメルトン(だったか?)だと、やわらかいとはいえメルトン、多少の吊れもものともしない、生地の張りですっと落ちてくれてます。

1作目は、ファッションクリエイター松本の生地だったので、これを着て久々の催事に出向いたところ

DM、今回もイヤミ部長節冴え渡り。
c0227932_21114627.jpg
「お嬢の着てるコート、メーター3万円のウールだよ」(さいでございますか)

今回は、この春流行りのテロテロスカート用の生地を見に行ったのに、みごとにウール地ばっかりで、戦意喪失。

直前にMさんの新作「ワンタックワイドパンツ」をポチッとしたので、これ用の生地を買おうと途中で方針転換。

おそらく↑DM内にある「イタリア製ヘリンボーンチドリスカシジャガード W幅1m28,000円を3,000円」
c0227932_21122784.jpg
生地詳細不明地1m2,000円
c0227932_21125135.jpg
国産綿麻
c0227932_21132120.jpg
今回もぴったりベテラン従業員サザエさん(仮称)に張り付かれました。

何も知らないで催事会場に入ってきた態のお母さんに、イヤミ部長が「この生地ね、普通は市場に出ないやつ。ヨーロッパの、メーター1万円」とツイード生地を押しつけるので
お母さん「み、見てるだけ~」と恐れおののきながら入り口に退散しました。
松本歴3年くらいになりますが、今まで手前のせいぜい、メーター2,3千円コーナーに人が群がりこそすれ、奥のメーター万円のところには誰も寄りつかず。それとここの催事は、お仕立て受注会も兼ねていて、そのお客さんの方が多いのではなかろうか。
なので、今どき生地を買うという奇特なお客さんに対して「ほんとは、メーター3,000円でなんか買えないのに」ていちいちアピールする営業方法はもううんざり、つか。そんな値段よりも、生地の扱い方、縫うときの注意(女性の従業員はみんな自作の服を着てるようだし)みたいなものを教えてくれた方がお客さん付くと思うんだけどな。
私担当のサザエさんも、メーター2,000円で絶対買えないよ!しか言わん(笑)

松本さん愛ゆえの苦言はさておき、今読んでます。フレーニさんもきっと読まれたよね~。
c0227932_21150345.jpg
これを読んだ友達が、フレデに捧げる歌としてLINEに笠置シズ子の「買い物ブギ」を送り付けてきた(笑)
そう!フレ様、買い物だいすき。プライベート旅行で訪れた池袋西武、1階~8階までほぼほぼ買い占めたらしい(?)

去年の今頃はジムキョクチョーでひーひー言ってましたが、今年は送られる側となり、新執行部のみなさん、揃いの活動服、ユニクロのワッフル素材のプルオーバーだって~。
サッカー小僧もジュニアの部は今月で卒団。ジュニアユースに進みます。

c0227932_21201163.jpg


# by uteomma | 2019-02-11 21:28 | Couleure | Comments(12)

初縫い4種


今年の正月、暇か(笑)
暮れから、6日までに4アイテムもできてしまった。
c0227932_22044582.jpg
そもそも、今年も毎年恒例の(?)正月休みにコートを縫う会の予定であったが、まさかの身返しのパーツがねぇ!!!

パターンはmさんのVネックノーカラーコートであるが、過去に2着も縫ったので、写し取りも可能な訳だけど、その気力もないし。
(7日から営業のmさんに事情をお話したところ、1パーツ送っていただけることになりました。感激。)

無駄に上がった縫いモチを収めるべくとなると、バッグやね。(おまけに、いくらでも時間のある長期休み、時間を気にすることなく取りかかれるのがバッグである)
c0227932_22151748.jpg
どんでん返しのバッグ本からは、2作目。かなり気に入ってます。

普通に縫ってたらできるレベルの難易度ですが、やったことなかった、パイピングに芯を入れるタイプのやつ。
c0227932_22155518.jpg
本ではプラ芯か紐の指定であったが、思いたったのが、初詣から戻った元旦午後。家中引っ掻きまわして見つけたのが、韓国みやげのポジャギ袋の紐。張りのある紐で芯使いできそう。

市販のバイアステープ(↓雑貨屋をたたむ知人から譲り受ける)の間に挟んでパイピングしたところ、こんな感じですわ。芯になる紐の位置まで、もっと攻めてもよかったね。

そもそも、このジャケットを縫った余り生地で縫ったバッグであった。
ソーイングパターンスタジオのノーカラージャケット。
c0227932_22451553.jpg
織りの甘い生地なので、ほどこうものなら、大惨事なのに身返しのパイピングやり直したもんね。
c0227932_22162646.jpg
最初のパイピングが余りに貧相だったので、三が日明けてから、百貨店のホビーラに走りゲットした、リバティ「アリスズガーデン」のバイアステープ。リバティのそれ、ラス1だった!(ようやくツキが回って来ましたかしらん?)
c0227932_22260039.jpg
暮れも30日に、東京弾丸ツアーで、吉祥寺コットンフィールドに寄ったとき買ったビジューブローチを付けても、着こなしが浮かばないっつか。こんな感じ?
ビーバップ世代なのでつい口をつく、短ラン(笑)
c0227932_22271913.jpg

前述のように、暮れも暮れ、30日に東京日帰り旅に行ってきました。
久々、母校を訪ねてみようとなり、調布のKに相談したら、「渋谷(東口)学バスは移動してわからんちんなので、モヤイ像前集合やね」
c0227932_22290675.jpg
隣には喫煙所ブース?おまけに目の前の歩道橋は工事中だし、もう完全に場末のイメージ。
(周りに派手に植わう南国草花が余計に悲壮感を演出・・)
大学のときは、モヤイ像待ち合わせ派でしたので、寂しいかぎり。

久々のお江戸楽しかったなぁ。
今回は四半世紀ぶりに母校を訪れようってのがメインテーマだったのですが、そこで、知らん間に誕生していた、母校のゆるきゃら「こくぴょん」にどはまり。(笑)
c0227932_22294970.jpg
黒やぎさんのくまもん愛めっちゃ共感。
もー、神道の学校だから髪かざり?が榊に、首飾りが勾玉でっせ。
Kによると、生協にぬいぐるみだか、ジャージ(!)も売ってるらしい。次回は学校開いてるときに行く。
箱根駅伝の中継もこくぴょんばっかり探してしまったのであった。

最後に、ずっと行きたかった上野大統領(支店)へ。

ほんとは、カウンター10席ほどの本店に行きたいけど、当然いっぱい。(ソウルのポジャンマチャ=屋台ばりにビニールシートで囲まれてる)
5倍くらいのスペースの支店も、入店したときには20人は待ってた。
人気の「煮込み」は馬肉のモツらしいですよ。ホッピー初体験。
c0227932_22353353.jpg

最後に本日のフレディ。(コーナー化決定)
c0227932_22363243.jpg
ご自宅かしらね。隣は一瞬ドラムの彼かと思ったけど、こんなぶちゃいくじゃないな。
彼の前にある下駄、御膳がわりにしてるのかしらん。





# by uteomma | 2019-01-08 22:52 | 小物 | Comments(14)

「いつかはオリガ」は突然に。

来年こそ、目指せインスタとブログの同期化!(あー、むりむり)
ちょこちょこ簡単なものを縫ってはいるのですが、久々に洋裁らしいことをしたのでアップ。

たまねぎ工房さん、洋裁を初めて間もない頃は、「いつかはオリガ」が目標だったはずですが、その機会はさほど感慨もなく訪れた(笑)
たまねぎ工房:オリガ(ノーカラージャケット)
c0227932_21174860.jpg
ニット流行の今期、ニットのトップスにワイドパンツや細タイトでも十分な感じですが、アラフィフは何か羽織らないと寒いのだ。
今年はロングやワイドのボトムスが多いので、羽織物としては「大きな服を着る・・」のクルーネックブルゾンやクルールのニットノーカラージャケあたりがヘビロテなので、洗い替えにと作った。

この裏地の形状萌え~
c0227932_21183854.jpg
オリガの最大の特徴であるところの(?)珍しい付け方のポケットは、積極的に割愛させていただきました。
そうなると、裏地付きの割にサクサク縫えたかなー。

布端はパイピング処理。
c0227932_21195861.jpg
いつぞや、田舎の小間物店をたたむ親戚がいるという知人から、糸やらこういうのをいっぱいもらったのがあって。
ようやく活用する日が来た。

いせこみは、この生地だと・・
c0227932_21212261.jpg
日頃ギャザーがうまく行ったためしはないのに、こういうときに限って均等になっちゃったりしてー。

比較的機嫌よく縫っておりましたが、最後に落とし穴というか・・
これフェイクレザー地なのですが、裾をまつろうとすれば、全然針が布を通らず、無理をすれば縫い針2本折れるの悲劇。(それでも10㎝ほど縫った)
c0227932_21230759.jpg
仕方なくミシンステッチ。
袖先の裏地を縫い代に粗く留めるとこだけは、布団針みたいな針で強引に縫い付けましたが。

着てみれば・・
c0227932_21232598.jpg
なんだか懐かしい雰囲気。
そういえば、たまねぎ工房オリガでぐぐると、2010年あたりの「縫いました」ブログがざくざく。
こんなにオーソドックスな形とはいえ、時代の味というか雰囲気ってパターンに加味されていくもんなんですな。

ま、でも久々に洋裁をして、簡単なものを量産するよりも、多少手がかかる方が、精神的な満たされ感が違うなと思った。

それと、このフェイクスエード地2年ほど寝かしてあったのですが(確か松本の生地)
はおり物が足りないから、ま、これでも縫っておくかで縫い始めたけど、途中から、やや、この生地、今年流行のロングフレアみたいなスカート、ぴったりじゃね?なんて思い始めたら、急にやっつけ仕事になったぁ・・。
ダブル巾で1m弱まだ残ってる。イーグルさんの生地表記だと、ボトムス着分ってとこかな?まだ縫えるかな~。

このスエードの色で思い出した(笑)
エヴァンをリベンジしたのでした。
c0227932_21253547.jpg
イーグル催事で買ったコーデュロイ地。
エヴァン好きなのですが、ヒップが余るのが惜しかったので例の型紙折り畳み法で。
こんな感じ。
c0227932_21272816.jpg



映画ボヘミアンラプソディーからの、クイーンというかフレディ熱冷めやらず。
chocottoさんへ。モスクワにあらず!モントリオールでしたっ。(モしか合ってないw)

c0227932_21322978.jpg
ピアノの前のフレディがやたらと好きです。ビール飲みながらやってんのねー。

そそ、友達と素敵フレディの画像を日々送り合うのですが。これ。アシックス~。うちの兄ちゃんの中学の上履きといっしょである。
あと、昔のアディダスのトリコロール線のスニーカーもよく履いてるのですが、こちらも欲しい・・とまぁ、マニアックに嵌っております。
c0227932_21382889.jpg

# by uteomma | 2018-12-22 21:49 | たまねぎ工房 | Comments(8)

11月のお針子よもやま


11月の初めに半月板を損傷しまして(ヒビ2本入る)

医者曰く、「無理したら亀裂がぱっくり割れるかもしれんよ」とのことで、こんな装具を付ける羽目に。

c0227932_21443184.jpg

日頃は細パンツ派のわたくし、こんな大リーグボール養成ギブスみたいの付けたら入らないわなー。

最初の方は、去年数枚縫った細タイトスカートを穿いてたのですけど、養成ギブスがチラリズムで(この色がまた田舎のおっかさんのサポーターみたい、郷愁誘う)ワイドパンツが一番いいのだろうなぁと縫いました。

こんな感じで。

c0227932_21450943.jpg
今年の流行なら、150㎝が穿く「殿中でござる」的ワイドパンツもアリではないかな。
filerさんのタックワイドパンツ(股上深め)


パンツといえば、貧尻ゆえに、後パンツの貧相なことでおなじみ、どうしても、後ヒップに皺が入ってしまってたのですが

最近買った小峯有華さんの本(「パターン展開でバリエーションを楽しむパンツ」)で、後パンツに特化した補正のくだりが。

c0227932_21473355.jpg
手持ちの「パターン塾」や「洋裁百科」でも似たような解説があったと思うんだけど

私には難しかったのかなー。今回は、いざ実戦となりやってみますれば。


c0227932_21475226.jpg
なかなかのフィット感。

c0227932_21481510.jpg


これからパンツパターンは↑こうやってたたんでみようと思う。



ウエストが苦しいのと、殿中でござるが苦手で肥やし化していた、ハイウエストワイドパンツ(ichica)さんも

こうやって、ヘビロテで穿いてます。ワイドパンツのおかげでこの丈のノーカラージャケット大活躍。

c0227932_21522985.jpg
↑ataroさん、このフリルバッグ、スルーしたらダメ?(笑)

c0227932_21525214.jpg
いや、ほんと、基本着てしまえばわからんやろーをモットーに、多少の失敗をものともしないわたくしですが、

このバッグは、持っててもなんだか荒んだ気持ちになるなぁ。ギャザーが下手すぎて。

c0227932_21532677.jpg

己のギャザー下手を忘れないよう、持ち続けてます。でも、もう限界だ。

そうそう、このバッグ、デフォルトのまま作るとかなり大きい。

昔(昭和の終わり)、宝塚大劇場で出待ちをしてたとき、娘役がテカテカのキルト地に、レースを5段も6段も付けたこれくらいの大きさのバッグ持ってたなぁ。


ポルカさんの新作は必ず作りたくなるワタス。

c0227932_21535216.jpg

店主さんの「Vネックしか似合わない骨格ストレートにも似合うハイネックをコンセプトに作りました」につられ。

そしてできあがりましたが、大事なことを忘れてました。ワタクス首が短かったのでした。首レスのハイネックはね・・

公開3日目に行ったもんねー。

c0227932_22005997.jpg
世代的にはちょこっとかするかなーですが、実際には平成に入ってドラマ主題歌やCMソングに誘われて聴くようになったクイーン。
クイーンの魂が乗り移ったかのキャストたちの演技に素直に感動しました・・が、フレディ役の彼が・・のっけからミックジャガーに見えて最後までそれを覆せず(笑)うー、残念。(あ、でも演技すばらし)あの歯並びも、いらなかった気がするなぁ。観終えてからは、youtubeでクイーンのライブ映像を見るのが日課。


# by uteomma | 2018-11-21 22:12 | お針子よもやま | Comments(15)

ジップアップブルゾンパーカー

痩せねぇ!

かれこれ1か月、自己流糖質オフダイエット(タニタ食堂レシピ)、および、腹筋ワンダーコア、風呂上がりに15分続けておりますが・・

父親に毎日の体重・体脂肪・基礎代謝なんかがスマホに転送される体重計をゆずってもらい、毎日記録してるけど、数値がガクっと落ちるのが、居酒屋とんぺいで、芋ロック3杯に、野菜中心アテの日 の翌日ってね(笑)

c0227932_21123584.jpg

まあ、でも、炭水化物に脂質中心だった(ミートスパ、唐揚げがレギュラー)我が家の献立も、今では、炒り豆腐、春雨サラダがレギュラーとなりました。食べ盛りが2人いるので、文句も出ようものですが、週一私の赤提灯の日に、たっぷり炭水化物と脂質をお見舞いしています。


さてさて、昨年洋裁ブロガーさん方がこぞって作られてたパターン、今さら。

c0227932_21135756.jpg
filer:ジップアップブルゾンパーカー


今さらなんて思ってるから、こうなるわけだ。

箱ポケット、簡略バージョン。

c0227932_21142160.jpg

あのMさんなら、箱ポケットの解説に3ページは費やされるところですが、こちらの作り方、あっという間なのはいいけど、それだけに作り手の器用さがモノを言うというか。うーん、私は基本に忠実に作り込む方がうまくいきそう。


途中でめげそうになったフードのあたりー。(卒業式の呼びかけ風に)

3分割する必要があるのか(笑)

c0227932_21144782.jpg

憧れの洋裁フォロワーさんが、こんなフードパーカー、フードは1枚布で作られてるのを見て(パターンは洋裁本からだったかな?)

ますます無駄な努力だったと落ち込んだ。


見返し周りだけパイピング。これだけでもやった感出るね~。

c0227932_21150751.jpg

腕が短いので、袖を2㎝ほど詰めたら、ブラウスのジャストサイズの袖みたいになり(涙)、アウターだということをすっかり失念してたワタスのバカバカ。


my冬の定番、ロングタイトスカートと相性いいような気がします。

c0227932_21154772.jpg

なんだかんだで最高気温が20度くらいのときには大活躍。先週から、10度台前半くらいになるとウールコート出してきたけどねー。

インスタで、総裏コート作りました!の投稿見ると、作りたくてうずうずだけど、ここ数年来毎年2,3枚作り続け、一週間日替わりで着るくらいあるので(笑)、今年は我慢しようと思っています。



お祭り男次男、最後の学芸会。

c0227932_21163985.jpg

宝塚のトップスターか(笑)

兄のお下がりポルカさんの10年パンツのへたり具合がちと残念ですが。

去年のライオンキングに続き、ミュージカルづいている学年の先生(30代前半、体育専攻)がグレイテストショーマン×アニメ映画SINGを掛け合わせ、すごい脚本を書き上げられました。

見所は全員のダンスなんだけど、まぁ鈍臭い子が一人もいない。もし自分がここにいたら、どうなってただろう(運動神経、リズム感0)と恐怖すら覚えたわ(笑)

集団に埋もれる長男に対して、目立ってナンボの次男なので、保育園時代からおっかけが楽しかった。来年は中学生、おっかけ活動はこれにて終了となるのかなー。楽しませてもらった6年間!

一方兄貴、今年も青少年美術展入選のお知らせをいただきました。

c0227932_21184738.jpg
右の写真を見てダイエットを決意したというbeforeな一枚。リバティー、じゅにパーで「甘い服」から三日月フリルトップを作ったのだけど、作ったことより自分のどすこいぶりに恐れおののく。


# by uteomma | 2018-11-05 21:24 | アウター | Comments(12)