セレモニー服2019


我が家のサッカー小僧もいよいよ小学校卒業を迎えます。

保育所のときみたいに、卒業式の服縫ってもいい?と聞くと
「いやいやいや、絶対無理!マジでトラウマだし。」

c0227932_23230743.jpg

これトラウマ↑
周りの男子の黒紺スーツの中で異彩を放つ、北朝鮮工作員風スーツが嫌で嫌でしかたなかったらしい。

ふと昔の拙ブログをさかのぼってみましたら、彼の1年生入学時は、全部私のハンドメイドだった!衝撃。
c0227932_22361580.jpg
よくやるわー(笑)
翻って、現在は自分服ほぼ100%ハンドメイドですが。まぁ、当時と変わらぬ縫製に難ありぶりは、健在でござります。

なので、この度は自分用フォーマル服縫った。
はい、卒業式の3日前に完成。我ながらヒヤヒヤしたぜ。
c0227932_22355770.jpg

ジャケット:クルール「一つボタンのジャケット」
ブラウス:MPLサンプラ「ギャザーブラウス」
スカート:たまねぎ工房「カトレア」

当初、クルール「ドレスペプラムブラウス」を縫うつもりでパターンも買ってありましたが、3兄弟ママに「卒業式ってコートきたままで着席してたっけ、父兄は」と聞くと、いやー、それはないかなー、というので、裏地を付けても1枚は寒いだろうとジャケットにしました。
結局ノーカラージャケットって、いつも縫ってるやつじゃん(笑)

まぁでもジャケットもスカートも、よくあるタイプ+@のデザインだったので、縫いヲタ魂くすぐったというか。
ジャケットのくすぐりポイントは、ちょい衿が立ち上がっています。
c0227932_22390304.jpg
スカートは、後ろがちょいマーメイド。
c0227932_22401829.jpg
スカートの裏地は、たぶんお初に近い、先に裏地とファスナーをミシンで縫い合わせてから表地と合わせるタイプ。
当然1回目はファスナー上がらずの悲劇・・でした。これは何回か縫って完璧にマスターしたいとこである。

ジャケットは、裏地のキセが実際よりもユルっとなってしまい、オープンにするとあんまりよろしくない。
(そそ、インスタでmuni店主さんが、裏地って縫ったときにはヘロヘロでこんなんでいいのと不安になるが、キセをかけてアイロンするとあんなにヘロヘロだったのにビシーっと・・と投稿しておられたので、さらに落ち込んだのであった。精進あるのみ。)
c0227932_22405342.jpg
前回同様、青年社長と熟年秘書を狙っております。式当日は晴れの予報。よかったね。

待ってました、続横道世之介。
c0227932_22413159.jpg
前作読んだ人なら、「あれ?世之介って最後、ホームに落ちた人を助けに行って電車に轢かれて亡くなったよね?」と突っ込むところですが私、世之介好きすぎて、その事実を黙殺しとりました(笑)
今回もほぼ発売日2/22に買い求め、読み始めたのですが、中盤を過ぎたあたりから、世之介との別れがつらいあまり文字が涙でにじみ、読み終えてしまうことへの恐怖心さえ芽生え、本を目に触れないところに置き、しばらく世之介のことを忘れようと違うものを読んでおります。もう意味不明。(別れた恋人につい連絡をしてしまうのをやめるためアドレス消してしまうようなもん??)

ふきのとう。初物。
c0227932_22420063.jpg

いつもの男の手料理居酒屋「ウィットモア」では、マスターが急に水餃子にはまり、先月から2回も食べてしまった次第。
c0227932_22423120.jpg
相変わらずハイボールブームは続いておりまして、砺波の若鶴酒造が自社ウイスキー(北陸で唯一のウイスキー蒸留所をもつ)を使ったハイボール缶がこのたび発売となり、先行販売されたのでさっそく買ってくる。
若鶴酒造のウイスキーといえば、「サンシャイン」実はこれ、私の周りでは飲んだときの格好のネタとして君臨してます。
・・・噂どおりの正露丸臭ですが、これをスモーキーと表現されてるのだけど・・嵌る人は嵌るらしいこの味。あと2本ありますが、罰ゲームにしちゃいそう。ごめんなさい。
c0227932_22431315.jpg

# by uteomma | 2019-03-18 22:56 | 自分の服 | Comments(1)

クルール・マリンパンツと拝啓松本様


ダバダで失礼します(笑)
c0227932_21065572.jpg

インスタフォロワーさんのpostで、強烈なネーミングと、「栗」に心惹かれたところに職場行きつけの(男の手料理)居酒屋でも、親父の一押しとして君臨していたので、家呑みにもしたくたまったTポイントで買った次第。
麦とも芋とも違う、個性的な飲み口ですが(ウイスキーっぽい?)、それゆえに呑みつけるとこればっかりになりそうな。
そそ、この「ダバダ火振」、高知のいわゆる県民酒らしく、職場の人が高知に出張に行った際、居酒屋で隣になったおじさんと仲良くなり、次の日、宿泊先に届けられてたのがこの「火振」らしい。
四国に上陸するのが長らくの夢ですが、数年以内に叶えたいものです!

まだ春遠い北陸路ですが(今年は雪が少ないのがほんっとにありがたい!)、縫うものは春物といきたいところ。
最後の冬生地と思い、長らく温めていた名作・クルール「マリンパンツ」に着手。
でもこの後に、オケージョン用のウールフラノ地とか買ったけどねーw
c0227932_20581944.jpg
​ブロ友みっこさんにして、やっと会えたね・・と言わしめた理想のパンツライン。

洋裁の芸風では「パンツ縫い」に属する私ですが(なんじゃそりゃ)
吊り画の段階で美しいパンツってのもそんなにないと思う。

明らかにウエストがやばい感じですが、少し痩せたこともあり、いけんじゃないかなーと縫い始め・・

片玉縁が、クルールさん仕様(?)の簡易的な作り方だけど、
c0227932_21082559.jpg

↑こうやってポケット上が落ち着かないのが難点だね~。3回目、今回こそポケット高を上げベルトに縫い込もうと思ったけど忘れる。
c0227932_20594284.jpg
ファスナーが、コンシールではないのでした。
スカートの脇スカートの基本形なのかな。昔家庭科の時間にならった。でもウエストがオーバーしているので(残念)、パッカーンとなります。泣
いやパッカーンどころか、2㎝ほど降りてるという噂。

着画。
c0227932_21094400.jpg
なんということでしょう。
あれほど、似合わなかったトップス・mplサンプラギャザーブラウスが、パンツ効果で見れなくもない?
トップス、ボトムスどちらかが似合わなくても、どちらかが似合うものなら、マイナスを打ち消すほどの効果があるんだなー。
やっぱり骨格診断って有効!(たぶん、このパンツ、私のような自称ストレートタイプが似合うのだと思う)

2年間着てくたびれて来たVネックストレートコートを更新しました。
c0227932_21111385.jpg
ひだり1作目のやわらかいウールバージョンでは、吊れが出てしまってますが、今回、mittelさんのやわらかメルトン(だったか?)だと、やわらかいとはいえメルトン、多少の吊れもものともしない、生地の張りですっと落ちてくれてます。

1作目は、ファッションクリエイター松本の生地だったので、これを着て久々の催事に出向いたところ

DM、今回もイヤミ部長節冴え渡り。
c0227932_21114627.jpg
「お嬢の着てるコート、メーター3万円のウールだよ」(さいでございますか)

今回は、この春流行りのテロテロスカート用の生地を見に行ったのに、みごとにウール地ばっかりで、戦意喪失。

直前にMさんの新作「ワンタックワイドパンツ」をポチッとしたので、これ用の生地を買おうと途中で方針転換。

おそらく↑DM内にある「イタリア製ヘリンボーンチドリスカシジャガード W幅1m28,000円を3,000円」
c0227932_21122784.jpg
生地詳細不明地1m2,000円
c0227932_21125135.jpg
国産綿麻
c0227932_21132120.jpg
今回もぴったりベテラン従業員サザエさん(仮称)に張り付かれました。

何も知らないで催事会場に入ってきた態のお母さんに、イヤミ部長が「この生地ね、普通は市場に出ないやつ。ヨーロッパの、メーター1万円」とツイード生地を押しつけるので
お母さん「み、見てるだけ~」と恐れおののきながら入り口に退散しました。
松本歴3年くらいになりますが、今まで手前のせいぜい、メーター2,3千円コーナーに人が群がりこそすれ、奥のメーター万円のところには誰も寄りつかず。それとここの催事は、お仕立て受注会も兼ねていて、そのお客さんの方が多いのではなかろうか。
なので、今どき生地を買うという奇特なお客さんに対して「ほんとは、メーター3,000円でなんか買えないのに」ていちいちアピールする営業方法はもううんざり、つか。そんな値段よりも、生地の扱い方、縫うときの注意(女性の従業員はみんな自作の服を着てるようだし)みたいなものを教えてくれた方がお客さん付くと思うんだけどな。
私担当のサザエさんも、メーター2,000円で絶対買えないよ!しか言わん(笑)

松本さん愛ゆえの苦言はさておき、今読んでます。フレーニさんもきっと読まれたよね~。
c0227932_21150345.jpg
これを読んだ友達が、フレデに捧げる歌としてLINEに笠置シズ子の「買い物ブギ」を送り付けてきた(笑)
そう!フレ様、買い物だいすき。プライベート旅行で訪れた池袋西武、1階~8階までほぼほぼ買い占めたらしい(?)

去年の今頃はジムキョクチョーでひーひー言ってましたが、今年は送られる側となり、新執行部のみなさん、揃いの活動服、ユニクロのワッフル素材のプルオーバーだって~。
サッカー小僧もジュニアの部は今月で卒団。ジュニアユースに進みます。

c0227932_21201163.jpg


# by uteomma | 2019-02-11 21:28 | Couleure | Comments(12)

初縫い4種


今年の正月、暇か(笑)
暮れから、6日までに4アイテムもできてしまった。
c0227932_22044582.jpg
そもそも、今年も毎年恒例の(?)正月休みにコートを縫う会の予定であったが、まさかの身返しのパーツがねぇ!!!

パターンはmさんのVネックノーカラーコートであるが、過去に2着も縫ったので、写し取りも可能な訳だけど、その気力もないし。
(7日から営業のmさんに事情をお話したところ、1パーツ送っていただけることになりました。感激。)

無駄に上がった縫いモチを収めるべくとなると、バッグやね。(おまけに、いくらでも時間のある長期休み、時間を気にすることなく取りかかれるのがバッグである)
c0227932_22151748.jpg
どんでん返しのバッグ本からは、2作目。かなり気に入ってます。

普通に縫ってたらできるレベルの難易度ですが、やったことなかった、パイピングに芯を入れるタイプのやつ。
c0227932_22155518.jpg
本ではプラ芯か紐の指定であったが、思いたったのが、初詣から戻った元旦午後。家中引っ掻きまわして見つけたのが、韓国みやげのポジャギ袋の紐。張りのある紐で芯使いできそう。

市販のバイアステープ(↓雑貨屋をたたむ知人から譲り受ける)の間に挟んでパイピングしたところ、こんな感じですわ。芯になる紐の位置まで、もっと攻めてもよかったね。

そもそも、このジャケットを縫った余り生地で縫ったバッグであった。
ソーイングパターンスタジオのノーカラージャケット。
c0227932_22451553.jpg
織りの甘い生地なので、ほどこうものなら、大惨事なのに身返しのパイピングやり直したもんね。
c0227932_22162646.jpg
最初のパイピングが余りに貧相だったので、三が日明けてから、百貨店のホビーラに走りゲットした、リバティ「アリスズガーデン」のバイアステープ。リバティのそれ、ラス1だった!(ようやくツキが回って来ましたかしらん?)
c0227932_22260039.jpg
暮れも30日に、東京弾丸ツアーで、吉祥寺コットンフィールドに寄ったとき買ったビジューブローチを付けても、着こなしが浮かばないっつか。こんな感じ?
ビーバップ世代なのでつい口をつく、短ラン(笑)
c0227932_22271913.jpg

前述のように、暮れも暮れ、30日に東京日帰り旅に行ってきました。
久々、母校を訪ねてみようとなり、調布のKに相談したら、「渋谷(東口)学バスは移動してわからんちんなので、モヤイ像前集合やね」
c0227932_22290675.jpg
隣には喫煙所ブース?おまけに目の前の歩道橋は工事中だし、もう完全に場末のイメージ。
(周りに派手に植わう南国草花が余計に悲壮感を演出・・)
大学のときは、モヤイ像待ち合わせ派でしたので、寂しいかぎり。

久々のお江戸楽しかったなぁ。
今回は四半世紀ぶりに母校を訪れようってのがメインテーマだったのですが、そこで、知らん間に誕生していた、母校のゆるきゃら「こくぴょん」にどはまり。(笑)
c0227932_22294970.jpg
黒やぎさんのくまもん愛めっちゃ共感。
もー、神道の学校だから髪かざり?が榊に、首飾りが勾玉でっせ。
Kによると、生協にぬいぐるみだか、ジャージ(!)も売ってるらしい。次回は学校開いてるときに行く。
箱根駅伝の中継もこくぴょんばっかり探してしまったのであった。

最後に、ずっと行きたかった上野大統領(支店)へ。

ほんとは、カウンター10席ほどの本店に行きたいけど、当然いっぱい。(ソウルのポジャンマチャ=屋台ばりにビニールシートで囲まれてる)
5倍くらいのスペースの支店も、入店したときには20人は待ってた。
人気の「煮込み」は馬肉のモツらしいですよ。ホッピー初体験。
c0227932_22353353.jpg

最後に本日のフレディ。(コーナー化決定)
c0227932_22363243.jpg
ご自宅かしらね。隣は一瞬ドラムの彼かと思ったけど、こんなぶちゃいくじゃないな。
彼の前にある下駄、御膳がわりにしてるのかしらん。





# by uteomma | 2019-01-08 22:52 | 小物 | Comments(14)

「いつかはオリガ」は突然に。

来年こそ、目指せインスタとブログの同期化!(あー、むりむり)
ちょこちょこ簡単なものを縫ってはいるのですが、久々に洋裁らしいことをしたのでアップ。

たまねぎ工房さん、洋裁を初めて間もない頃は、「いつかはオリガ」が目標だったはずですが、その機会はさほど感慨もなく訪れた(笑)
たまねぎ工房:オリガ(ノーカラージャケット)
c0227932_21174860.jpg
ニット流行の今期、ニットのトップスにワイドパンツや細タイトでも十分な感じですが、アラフィフは何か羽織らないと寒いのだ。
今年はロングやワイドのボトムスが多いので、羽織物としては「大きな服を着る・・」のクルーネックブルゾンやクルールのニットノーカラージャケあたりがヘビロテなので、洗い替えにと作った。

この裏地の形状萌え~
c0227932_21183854.jpg
オリガの最大の特徴であるところの(?)珍しい付け方のポケットは、積極的に割愛させていただきました。
そうなると、裏地付きの割にサクサク縫えたかなー。

布端はパイピング処理。
c0227932_21195861.jpg
いつぞや、田舎の小間物店をたたむ親戚がいるという知人から、糸やらこういうのをいっぱいもらったのがあって。
ようやく活用する日が来た。

いせこみは、この生地だと・・
c0227932_21212261.jpg
日頃ギャザーがうまく行ったためしはないのに、こういうときに限って均等になっちゃったりしてー。

比較的機嫌よく縫っておりましたが、最後に落とし穴というか・・
これフェイクレザー地なのですが、裾をまつろうとすれば、全然針が布を通らず、無理をすれば縫い針2本折れるの悲劇。(それでも10㎝ほど縫った)
c0227932_21230759.jpg
仕方なくミシンステッチ。
袖先の裏地を縫い代に粗く留めるとこだけは、布団針みたいな針で強引に縫い付けましたが。

着てみれば・・
c0227932_21232598.jpg
なんだか懐かしい雰囲気。
そういえば、たまねぎ工房オリガでぐぐると、2010年あたりの「縫いました」ブログがざくざく。
こんなにオーソドックスな形とはいえ、時代の味というか雰囲気ってパターンに加味されていくもんなんですな。

ま、でも久々に洋裁をして、簡単なものを量産するよりも、多少手がかかる方が、精神的な満たされ感が違うなと思った。

それと、このフェイクスエード地2年ほど寝かしてあったのですが(確か松本の生地)
はおり物が足りないから、ま、これでも縫っておくかで縫い始めたけど、途中から、やや、この生地、今年流行のロングフレアみたいなスカート、ぴったりじゃね?なんて思い始めたら、急にやっつけ仕事になったぁ・・。
ダブル巾で1m弱まだ残ってる。イーグルさんの生地表記だと、ボトムス着分ってとこかな?まだ縫えるかな~。

このスエードの色で思い出した(笑)
エヴァンをリベンジしたのでした。
c0227932_21253547.jpg
イーグル催事で買ったコーデュロイ地。
エヴァン好きなのですが、ヒップが余るのが惜しかったので例の型紙折り畳み法で。
こんな感じ。
c0227932_21272816.jpg



映画ボヘミアンラプソディーからの、クイーンというかフレディ熱冷めやらず。
chocottoさんへ。モスクワにあらず!モントリオールでしたっ。(モしか合ってないw)

c0227932_21322978.jpg
ピアノの前のフレディがやたらと好きです。ビール飲みながらやってんのねー。

そそ、友達と素敵フレディの画像を日々送り合うのですが。これ。アシックス~。うちの兄ちゃんの中学の上履きといっしょである。
あと、昔のアディダスのトリコロール線のスニーカーもよく履いてるのですが、こちらも欲しい・・とまぁ、マニアックに嵌っております。
c0227932_21382889.jpg

# by uteomma | 2018-12-22 21:49 | たまねぎ工房 | Comments(8)

11月のお針子よもやま


11月の初めに半月板を損傷しまして(ヒビ2本入る)

医者曰く、「無理したら亀裂がぱっくり割れるかもしれんよ」とのことで、こんな装具を付ける羽目に。

c0227932_21443184.jpg

日頃は細パンツ派のわたくし、こんな大リーグボール養成ギブスみたいの付けたら入らないわなー。

最初の方は、去年数枚縫った細タイトスカートを穿いてたのですけど、養成ギブスがチラリズムで(この色がまた田舎のおっかさんのサポーターみたい、郷愁誘う)ワイドパンツが一番いいのだろうなぁと縫いました。

こんな感じで。

c0227932_21450943.jpg
今年の流行なら、150㎝が穿く「殿中でござる」的ワイドパンツもアリではないかな。
filerさんのタックワイドパンツ(股上深め)


パンツといえば、貧尻ゆえに、後パンツの貧相なことでおなじみ、どうしても、後ヒップに皺が入ってしまってたのですが

最近買った小峯有華さんの本(「パターン展開でバリエーションを楽しむパンツ」)で、後パンツに特化した補正のくだりが。

c0227932_21473355.jpg
手持ちの「パターン塾」や「洋裁百科」でも似たような解説があったと思うんだけど

私には難しかったのかなー。今回は、いざ実戦となりやってみますれば。


c0227932_21475226.jpg
なかなかのフィット感。

c0227932_21481510.jpg


これからパンツパターンは↑こうやってたたんでみようと思う。



ウエストが苦しいのと、殿中でござるが苦手で肥やし化していた、ハイウエストワイドパンツ(ichica)さんも

こうやって、ヘビロテで穿いてます。ワイドパンツのおかげでこの丈のノーカラージャケット大活躍。

c0227932_21522985.jpg
↑ataroさん、このフリルバッグ、スルーしたらダメ?(笑)

c0227932_21525214.jpg
いや、ほんと、基本着てしまえばわからんやろーをモットーに、多少の失敗をものともしないわたくしですが、

このバッグは、持っててもなんだか荒んだ気持ちになるなぁ。ギャザーが下手すぎて。

c0227932_21532677.jpg

己のギャザー下手を忘れないよう、持ち続けてます。でも、もう限界だ。

そうそう、このバッグ、デフォルトのまま作るとかなり大きい。

昔(昭和の終わり)、宝塚大劇場で出待ちをしてたとき、娘役がテカテカのキルト地に、レースを5段も6段も付けたこれくらいの大きさのバッグ持ってたなぁ。


ポルカさんの新作は必ず作りたくなるワタス。

c0227932_21535216.jpg

店主さんの「Vネックしか似合わない骨格ストレートにも似合うハイネックをコンセプトに作りました」につられ。

そしてできあがりましたが、大事なことを忘れてました。ワタクス首が短かったのでした。首レスのハイネックはね・・

公開3日目に行ったもんねー。

c0227932_22005997.jpg
世代的にはちょこっとかするかなーですが、実際には平成に入ってドラマ主題歌やCMソングに誘われて聴くようになったクイーン。
クイーンの魂が乗り移ったかのキャストたちの演技に素直に感動しました・・が、フレディ役の彼が・・のっけからミックジャガーに見えて最後までそれを覆せず(笑)うー、残念。(あ、でも演技すばらし)あの歯並びも、いらなかった気がするなぁ。観終えてからは、youtubeでクイーンのライブ映像を見るのが日課。


# by uteomma | 2018-11-21 22:12 | お針子よもやま | Comments(15)

ジップアップブルゾンパーカー

痩せねぇ!

かれこれ1か月、自己流糖質オフダイエット(タニタ食堂レシピ)、および、腹筋ワンダーコア、風呂上がりに15分続けておりますが・・

父親に毎日の体重・体脂肪・基礎代謝なんかがスマホに転送される体重計をゆずってもらい、毎日記録してるけど、数値がガクっと落ちるのが、居酒屋とんぺいで、芋ロック3杯に、野菜中心アテの日 の翌日ってね(笑)

c0227932_21123584.jpg

まあ、でも、炭水化物に脂質中心だった(ミートスパ、唐揚げがレギュラー)我が家の献立も、今では、炒り豆腐、春雨サラダがレギュラーとなりました。食べ盛りが2人いるので、文句も出ようものですが、週一私の赤提灯の日に、たっぷり炭水化物と脂質をお見舞いしています。


さてさて、昨年洋裁ブロガーさん方がこぞって作られてたパターン、今さら。

c0227932_21135756.jpg
filer:ジップアップブルゾンパーカー


今さらなんて思ってるから、こうなるわけだ。

箱ポケット、簡略バージョン。

c0227932_21142160.jpg

あのMさんなら、箱ポケットの解説に3ページは費やされるところですが、こちらの作り方、あっという間なのはいいけど、それだけに作り手の器用さがモノを言うというか。うーん、私は基本に忠実に作り込む方がうまくいきそう。


途中でめげそうになったフードのあたりー。(卒業式の呼びかけ風に)

3分割する必要があるのか(笑)

c0227932_21144782.jpg

憧れの洋裁フォロワーさんが、こんなフードパーカー、フードは1枚布で作られてるのを見て(パターンは洋裁本からだったかな?)

ますます無駄な努力だったと落ち込んだ。


見返し周りだけパイピング。これだけでもやった感出るね~。

c0227932_21150751.jpg

腕が短いので、袖を2㎝ほど詰めたら、ブラウスのジャストサイズの袖みたいになり(涙)、アウターだということをすっかり失念してたワタスのバカバカ。


my冬の定番、ロングタイトスカートと相性いいような気がします。

c0227932_21154772.jpg

なんだかんだで最高気温が20度くらいのときには大活躍。先週から、10度台前半くらいになるとウールコート出してきたけどねー。

インスタで、総裏コート作りました!の投稿見ると、作りたくてうずうずだけど、ここ数年来毎年2,3枚作り続け、一週間日替わりで着るくらいあるので(笑)、今年は我慢しようと思っています。



お祭り男次男、最後の学芸会。

c0227932_21163985.jpg

宝塚のトップスターか(笑)

兄のお下がりポルカさんの10年パンツのへたり具合がちと残念ですが。

去年のライオンキングに続き、ミュージカルづいている学年の先生(30代前半、体育専攻)がグレイテストショーマン×アニメ映画SINGを掛け合わせ、すごい脚本を書き上げられました。

見所は全員のダンスなんだけど、まぁ鈍臭い子が一人もいない。もし自分がここにいたら、どうなってただろう(運動神経、リズム感0)と恐怖すら覚えたわ(笑)

集団に埋もれる長男に対して、目立ってナンボの次男なので、保育園時代からおっかけが楽しかった。来年は中学生、おっかけ活動はこれにて終了となるのかなー。楽しませてもらった6年間!

一方兄貴、今年も青少年美術展入選のお知らせをいただきました。

c0227932_21184738.jpg
右の写真を見てダイエットを決意したというbeforeな一枚。リバティー、じゅにパーで「甘い服」から三日月フリルトップを作ったのだけど、作ったことより自分のどすこいぶりに恐れおののく。


# by uteomma | 2018-11-05 21:24 | アウター | Comments(12)

mplラップタイトスカートとRRセミタイトスカート

秋物はスカートから!

パターンがリリースされた頃、速攻でポチっとしたこのパターン(なぜなら、WLの大きめの方にも安心のサイズ感とあったからw)
ようやく日の目を見ました。

MPL「S1709 ラップタイトスカート」
c0227932_20550260.jpg
生地はいつぞやファッションクリエイター松本の催事で一目惚れしたもの。
インスタに上げると、オサレフォロワーさん方より、スカートにしたらいいとの声が多かったので、スカートしか考えられなくなりました。

なかなかそのまんまの色が再現できませんが

made in おフランスらしい。
c0227932_20553606.jpg
裏は、テレコニット風。
c0227932_20555543.jpg
松本のおねえさんより、「エマールで洗濯したらいかんよー。絹だから。」
まぁ扱いにくいことこの上ない、裁断すれば、細い絹糸がほろほろと崩れてくるわ、縫いほどけば、その後がくっきり残るは
途中からは、もう形になえすればよい・・の心境に。

そそ、この度憧れの裏地縫い合わせミシンでやる(まぁ厳密には、ファスナー下のVのところは手まつりだったが)工程が初体験。

わー、下手クソですが、洋裁猛者さんたちの、この辺り大写しでインスタにアップするのいつかはしてみたい(笑)
c0227932_20562643.jpg


こんな感じで着たらいいのかなー。
c0227932_20572130.jpg
私のクローゼットにはないテイストで(どこか、アニエスbあたりを彷彿とさせるのですが)明かに浮いておりますが、今年は赤いスカートをよく見かけるし、活用したいと思う。パターンの謳い文句どおり、WL大きめの方にも安心のウエストサイズでありますた。後ゴムスカートなのに脇コンシールというのがなんともDM魂をくすぐるではないですか。
c0227932_20574069.jpg
週末、サッカー息子6年間の集大成ともいうべき、全日本少年サッカー富山大会の1回戦があり、(最強5年生のおかげで←こっそり)なんとか勝ち上がることができました!!
この写真、勝っても負けても主催の日テレキー局のカメラマンが撮ってくれるんだけど、昨年は、近年で一番強いといわれてた6年生チームがまさかの初戦敗退で、それでも写真は撮られる、ほぼ全員悔し涙・・と苦い撮影でしたが、今年は笑顔で撮れてよかったね!
c0227932_20580247.jpg
この試合の後、半日ぽっかり時間ができたので、余り生地でスカート。
愛してやまない、クルールのブロークンストレッチ、2m買ってたので(とりあえず2m買う癖未だ抜けず)、MPLテーパードを縫っても60㎝ほど残っており、スカートくらいは縫えるなと思ってた。
c0227932_20582627.jpg
丁度紺地のスカートがほしいと思ったので、リックラックのチャレンジパターン「セミタイトスカート」を。
チャレンジパターンというのは、リックラックさんといえば、写真付きの懇切丁寧な仕様書ですが、あれがない代わりに、パターン代お安くしときまっせが売りの(解釈違う!?)のパターンですが、先月この「抜き衿シャツ」を縫ったところ、サクサクといけたので、今回も、ファスナー開きが未知なる世界であるが、なんとかなるだろうと縫い始めた。

が、が、
c0227932_20590469.jpg
やっぱりここでつまずいたわー。(この図解で縫えとおっしゃる)
しかし、ひどい。(こういうときに限って、こんな色のファスナー使ってるし)ミシンは10年弱もしてるのに、やっぱりファスナーが鬼門だったか・・
見てるうちに、「ファスナーを極むる者、洋裁を征す」(んなアホな)というフレーズが浮かんでしまい、もうどうにもこの開きをきれいに縫うのが己の使命みたいになってきた。
リックラック先生は、「手元にフリンジスカートの仕様書を用意しましょう」とおっしゃるので、まんまとそのパターンを買わされる羽目になってしまいましたが、なかなか巧みなご商売。あはは~、でもファスナーらぶ。
c0227932_21001508.jpg

もはや、縫い上げるだけで満足の気配でしたが、穿いてみるとなかなか好きな形だった!
これ裏地つけてツイーど地でもよいかもな~。
c0227932_21004194.jpg

# by uteomma | 2018-10-01 21:03 | 自分服BOTTOMS | Comments(8)

ご無沙汰しております。

バタバタ終わりました。いろんなことが一気に終息に向かい、今の心境は、さながらエディットピアフの「水に流して」です。←おーい、流すんかーい

♪もう~いいのぉ~、もう後悔しない~ (何があった!?)


バタバタの最中も、縫うには縫っておりました。

洋裁歴10年弱。すっかり日常の動作の中に組み込まれてるような感のあるミシン仕事・・なのか。

c0227932_14582935.jpg
着用して洗濯後シワっております。

どっから遡ろうですけど、鈴木圭「3つのシルエットで作る永遠のワンピース」本から

職場近くの広告代理店のMちゃん(アラサー)が、黒のVネックのワンピをさらりと着こなしていて、これだ!と思って作ったのだけど。

生地は、C&S、天使のリネン木イチゴ。


パターン自体は、そんな難しいところもなく、さくさくと・・のはずだけど、毎回このファスナーの上部が×☆※@・・・

お教室に行けば、こういうところもぴしっと縫えるようになるんだろうけどね。

c0227932_15002794.jpg

コンシールファスナーも、やっぱり波打っとります。

c0227932_15005232.jpg

ああ、毎度肝のイセ込み。

c0227932_15014086.jpg
着てみますれば。

c0227932_15020844.jpg
駅前のアイドルMちゃんのキュートさがなく、喪服の様相を帯びております。

これもひとえに、身頃幅によるものかと。Mちゃんのはもっとゆったりシルエットだったはず。


そそ、これと身頃デザインが同じAラインのワンピ、2月に謝恩会用に作った。

c0227932_15023159.jpg

これは、今回の喪服よりも1サイズ上だったのだけど。(ゆえに、ちょっと大きいかと思って今回サイズ落としたが)

結果的には、今回こそ1サイズ上で作ったらもっと今どきのシルエットになったのかなーとか思わんでもなく。


この夏結構穿いたツイル地の脇ボタンタイトですが

c0227932_15040954.jpg
昨日気づいた!
デフォ通りのボタン位置。どんだけウエスト甘やかしてるのでしょうか。

毎年恒例の、夏の我が社事業もの、書道展で着る服。
今年はMPLサンプラ「フレアブラウス&パンツセット」採用。
黒のジョーゼットで黒パンツも作ったけど、見事にパジャマ化したので母親にあげました。(なんちゅう涼しいがいねーと穿いてます)

c0227932_15054686.jpg

今年は、「ファッションクリエイター松本」(久々でしょ!!)で5月の催事のときに仕入れておいた、スカーフの生地みたいな(もちろん絹ではない、メーター千円のね)生地と、パンツはジョーゼットでセットアップを作ろうと、計画だけは早めに進行したのであるが。


例によって、本番3日前に辛くも完成。


タダでさえ、タックが苦手なところに、タック押さえのステッチをかけろなどと、ご無体な指令。

当然、裏から縫っても、然るべきところにステッチが出てくれるはずもなく、潔く撤退いたしました。

めっっちゃ難儀したスカーフ地。

c0227932_15063533.jpg

この袖の工程に至っては、見返しなんてノンノンノン。直線ミシンにロックでいけんじゃね、って思う私←ほんまに洋裁歴10年弱かっ。

キャップスリーブ当然必要ですわね。

そそ、こういう縫いにくい生地に限らず、最近ボタンループは、市販のそれを愛用してます。

c0227932_15091856.jpg
最近ネットなどで見かける、あまりに労働時間、内容の多い日本の主婦の家事の種類を思い切って減らしましょう運動(?)みたいに、後ろ開きトップスのループ作りの工程が一つ減るだけで爽快感たるや。
当然最新作も
c0227932_15143170.jpg
一応着画も。
c0227932_15213923.jpg
↑腕周り、ジャストサイズすぎて危険だなと思ってたら、この後1週間飲み会が続いた後に、着用を試みると、ひー、血が止まるーっの悲劇が。
真っ先に二の腕に肉が付くタイプなのを確信。(合掌)

秋のテーマは、洋裁とダイエットで。(ゼロトレ購入しました)

さよなら、串カツ田中。(この3か月で5回は行った・・)
c0227932_15261969.jpg
そして、秋はサッカー小僧、6年間の集大成。
文句言わずにがんばりますよ。
c0227932_15274316.jpg



# by uteomma | 2018-09-09 15:34 | mpl | Comments(18)

夏の制服づくり。


あー、気が付けばまた1か月過ぎてる‥

定時で帰れるのが、パートタイマーの魅力のはずでしたが、ご多分に漏れずわが職場も人材不足にて、折悪く地元でとんでもない事件が起こりその報道のお手伝いやら、恒例夏の書道展の準備やらで、なかなか定時で上がれず、仕事終わりは赤提灯に吸い込まれる日々です(うれしいけど)

だもんで、メンズの夕飯の支度は朝活で済ませ、冷蔵庫に3プレート仕込んでおく。
母不在の1ヶ月ほどでしたが、兄、期末テストで順位上がり、サッカー小僧が珍しく漢字の勉強してたり(あり得ない!)、母がいない方が自立してやってるではないか(笑)

職場のドレスコードはほとんどないようなもんだけど、きれい目を心がけてるので、制服的なトップス、すき間時間に仕込んでました。

パタレ:ボリュームスリーブブラウス。
c0227932_22303551.jpg
この生地もハギレ市産。いわゆる「デジン」系かな。んまー、裾なんか縫いにくいったら。縫い代幅度外視。
c0227932_22325664.jpg
実は今日朝一で、パタレさんのワンピをポチっとしたのですが、そのときには、おまけレシピプレゼント企画に気づかなかった。午後から来たメルマガで、新作おまけレシピ布帛Tシャツのお知らせがあって、今日から7月いっぱいプレゼントだってー。ほんとに間が悪いっす。布帛Tよかったよー(涙)

クルール:VネックツイストカフスTシャツ。
c0227932_22395629.jpg
これもハギレ市。ポリ混天竺だけど、縫いやすいし、ニュアンスのあるなかなかいい生地でした。
ツイストカフスがこれ。
c0227932_22411468.jpg

クルール:4wayブラウス
c0227932_22461196.jpg
これ一番評判いいかも。メーター300円くらい?前に、パタレ・ボリュームスリーブブラウスを作ったとき、「おっとっつぁんのシャツの生地」って酷評したもんだけど、この形にはままよかったかな?着画はこれ。
c0227932_22472054.jpg

この間に、クルールのデジンで、名作V開きタックプルオーバーを作ろうとしてたんだけど、仕様書が何度見てもわからず、ゴミ箱ダンクしたことも申し添えておきます。
でも悔しくて、ハギレでリベンジしようとしたら、後身頃の裾一辺3センチほど三角にカットされている!ハギレだから、接ごうにもブツがない・・ちーん。
「V開きタックプルオーバー」は鬼門であるらしい。

激動の1か月に、確か1年生大会についてった気がすんだけど
c0227932_22494864.jpg
サッカー小僧もこんな可愛いときがあったのかー。こね太郎さんちの長男くんがついにサッカー部入りだそうで。こんな感じだろうなぁ。低学年の頃が懐かしくて仕方ないこのごろです。

夕方赤提灯で、好みの地酒に出会いました南砺市の「弥久」。家呑み用に購入。
c0227932_22525563.jpg

黄色のグラスは、お誕生日に職場の姐さんにいただいた、作家さんのグラス。
「おかん飯」のフカツをさっそく作ってみる。



# by uteomma | 2018-07-20 22:55 | Couleure | Comments(18)

6月のお針子よもやま


またまた1か月開いてしまいました。(またもタイトル「よもやま」に逃げる)

どこから遡ろうか。

まずは、サッカー小僧の黄団団長から。

c0227932_22445958.png

団長に立候補したサッカー小僧、イケメン・俊足くんとの決選投票で、女子票がほとんど持っていかれ

涙を飲んだのですが、まさかのイケメンの急の転校が決まり、おはちが回ってきた。(↑チビ団長、ほぼ3年生の大きさ)


運動会はこれまではほぼほぼ、ママ友たちとのだべりに費やされ、出場シーンすら見てなかったのですが(二人とも足遅いのでね)、さすがに今年はストーカー活動がんばった。

選手宣誓を撮らねばと、本部・来賓テントに行くと、近所のおっちゃんたち発見。

すかさず「うちの子、黄団団長だから、黄色に投票してねー」

そう、応援合戦の審査は、来賓の皆さんの票がモノをいうのであった。


母のロビー活動が功を奏し(笑)、見事応援優勝、総合準優勝の快挙。

後から、泣けーと念を送ったが泣かず、最後の団長の言葉

c0227932_22452798.png

「この賞を取れたのは、黄団のみんな、先生方、保護者のみなさまのおかげです」とかます。(何、保護者のみなさまって)


これまで女子の黄色い声援にとんとご縁がなかったサッカー小僧も、3年生のママから「うちの子団長かっこいいーって毎日言ってるよ」だって。

アハ、モテ男子の母の気持ち、すこーし味わせてくれてありがとー。期間限定だけど。



このところますますおうち滞在時間が減り、大物は縫えなくなりましたが、縫ってないこともない??


そうそう、冬~春にかけてよく穿いてた、ハイウエストワイドパンツの後姿を見て、ゲゲゲ

c0227932_22455979.png

やっぱりチビにはテーパードなんだろうなと思い

c0227932_22462074.jpg

満を持して(?)「明日着る本」のテーパードパンツ。

生地は、こないだのロクなものを摑まなかったハギレ市戦利品の中で唯一と言っていいくらいのまともな生地。

テリ・ツヤ感がアパレル残布てきな匂いを醸し出しています。

c0227932_22464588.png
5年越しのリバティsnugのオブロングネックブラウスと。


もういっちょ。

ややかしこまった席に出席することになり、キレイ目ボトムスがほしくて。

c0227932_22501929.jpg

香田あおいさんの「パターンレッスン 秋冬の服」より。

これ驚くほど簡単!脇ファスナーも、コンシールの方が簡単なのになーと思いつつ縫ったけど、コツさえ摑めばすいすいと・・のはず。(笑)

c0227932_22504640.jpg

要は失敗いたしました・・・

インするつもりはなかったけど、150㎝にはインした方がすっきり見えるかな。

c0227932_22511212.png

長男夏パンツも作りました。

c0227932_22520709.jpg

昨年撮影した着画に、我が町のシンボルタワー的存在だったマンションが写ってますが(左赤丸内)、現在取り壊し中で、我が家からは見えないくらいに工事が進んだなーとしみじみ。

肝心のパターンは、ポルカさんのさくさくメンズパンツ。右ね。

元石田曰く、丈長くないー?だって。こういうもんじゃないの?


1ヶ月の呑み記録。

①通る度に気になってた街道沿いのみずの酒店さん。本業は酒屋さん。酒屋の店先にビニールで囲った屋台(ボジャンマチャ的な)が出来たと思ったら、最近お店の2階にテラスが増設された模様。今や富山市民大注目スポットになってます。

今回は、一階ポジャンマチャが満席だったので、2階テラスで。(夜になると風が冷たかった・・7月にリベンジ予定)

料理は、富山の名物B級グルメから、海の幸、山の幸、なぜかのがみの高級食パンで作ったサンドイッチとか、県民のツボをくすぐるラインナップ。

c0227932_22524413.jpg

②仕事終わりに、そのまま飲みに行ける僥倖にあずかったので、おなじみ居酒屋とんぺいからの、ジェリコの戦い(JAZZ BAR)

ジェリコはほぼ10年ぶりだったけど、バーテンのお兄さん(今年50になります、だって)ほとんどかわらないー。キールロワイヤル(しか知らない)

c0227932_22525976.jpg

③いつかの昼呑み。丸十さん。

c0227932_22532252.png

④6月誕生日仲間と高岡のジンギスカン「マルナ」。初ジンギスカン。ラム肉の臭さもなく、おいしかった。

c0227932_22535050.png


# by uteomma | 2018-06-13 22:57 | お針子よもやま | Comments(10)