タグ:mittel ( 2 ) タグの人気記事

Quoi?Quoi?「デイリーウェア」のノーカラージャケット

インスタ天下一洋裁会連日楽しませていただいてますが、自身は無理なお題はしれっとスルーして、3日に1回くらいの投稿で現在進んでいます。

それにしても、世の洋裁家さん、なんてお片付けがお上手なんだ!
ミシン周りといい、パターンや糸、ハギレのいたるまで、すべてカオスな状態の私は「カオスゾーン」でしか参戦できないyo!
今日カオスゾーンをモザイクいれて投稿してる方がいましたが、激しく共感いたしました。(この手があったね)


前回のブログで、中野ユカリのちょっとよそゆき・・のペプラムジャケットの裁断シーンをアップしといて(結局裁断は未遂に終わる)、なんか、どうもひっかかり、結局コアコア「デイリーウエア」のノーカラージャケットを縫いました。こっちの方がオンオフ両方いけるのではないかという下心。(ああ、ビンボ臭い・・)
c0227932_22300668.jpg
ノーカラージャケットって裏地つけなかったら、Tシャツ縫うくらいに簡単なんだけど、最後にやっぱり落とし穴。

イセ込みですね。
c0227932_22305228.jpg
今回はステッチ糸で本縫いまでやらかし、そのまま袖ぐりギャザーも30番手ステッチ糸で行う。
なんだかいつもより上手にできてない??この段階での丸み

と思って、機嫌よく袖付けをしたのですが、出来上がってみると、いつも何ら変わりなかったこと。
c0227932_22314265.jpg
あせって、Mさん仕様書のいう「縫い代フリフリ」のギャザーをアイロンで押さえてみたりもしたのですが。
このイセ込みだけ、集中講義していただける洋裁教室あったら絶対行きたい。

んな訳で、玉縁ポケットに並ぶ洋裁苦手箇所なので、人様の服もピンポイントで確認してしまう。
c0227932_22330830.jpg
職場の姐さんの、2タックいり袖山。
イセ部にギャザーが入りがちな私はこの作戦もいいなーと思った!

久々にトルソーちゃんに着せようとクローゼットから出したら、8月下旬に縫ったたまねぎ工房オパールをまだ着用だったの怪(ちょっとドッキリしたw)
c0227932_22364792.jpg
ステッチ糸でお知らせしています。
c0227932_22374089.jpg
c0227932_22381089.jpg


何の面白味もない着画。(あ、髪型は面白いわw)
c0227932_22383144.jpg
うむ、袖がもうちょっと細くてもよかったかな。
昨年同じ生地で作ったノーカラージャケットの前ボタンが留まらないという悲劇からリベンジしたジャケット作りでしたが、まぁ面白味や斬新さはないものの、定番ぽいのができたと思う。このmittelさんのパラセット加工地、パリパリと紙のようですが着るうちに馴染むのに期待しよう。

週末の上方入りの折、このジャケットに合わせて旅行コーデができないかと考えてるところ。でもなかなか思い浮かばず、今のとこ考えてるのはpuriko帽をかぶろうということだけ。(puriko帽の季節になりました♪)

インスタの洋裁家さん方の影響で、補正、アレンジをしてみようと思い立った。(あれだけ自分のサイズに合わないパンツを増産するのも、さすがにいかがなものかと思い始めた)
c0227932_22480618.jpg
今人気爆発のシンゾーンのベイカーパンツ、MPLのワンタックスリムパンツから作ってみよう計画。 

高めウエスト部(ベルト見返し仕様)のみ雰囲気一緒という理由(笑)
まずはウエスト幅出しする・・うーむ、これで業務終了にならんようにがんばります。

久々に見たいなと思った「ドリーム」行ってきました。
c0227932_22511245.jpg
舞台は人種・男女差別が根強く残る60年代のアメリカ、ソ連としのぎを削っていたNASAの宇宙開発合戦の折、アメリカ人初の宇宙飛行士による地球周回軌道を成功させた影には、3人の黒人女性の存在があったってお話(実話)
差別ガチガチの話なのに、全体に流れる明るさ。ばかばかしい差別を明るく笑い倒す余裕というのかなぁ。類い稀なる才能の持ち主だった3人があらゆる差別を乗り越え、NASAにおいて確固たる地位を確立していくのですが、教訓めいたところもなく、とてもセンスのいい映画でした。洋裁好きとしては、60年代の働く女性ファッションも一見の価値ありです。お仕立てもののワンピがステキ~。

そして今週の一冊が
c0227932_22584903.jpg
インスタで再びご縁のできたかずさんおすすめ伊吹有喜さん、新作のこの作品は来年の宝塚月組公演の原作と来たもんだ(運命感じた!)
こちらもプロフェッショナルとは!?と考えさせられたり、チームで一つのことを成し遂げる際の高揚感も感じられる作品です。
アムロちゃんの引退や望海風斗さんを通して、プロとは?芸とは?なんて思うことが多くて(才能や資質だけではない、それに見合う努力もこれアリとか)タイムリーな2作品でした。



[PR]

by uteomma | 2017-10-12 23:13 | 自分服TOPS | Comments(22)

mittel生地で2アイテム

mittelさんのネットショップで、少し前から気になってた「モールクロスストレッチ」
残りわずか、の表示を見て慌てて購入。50㎝360円のお買い得さも手伝い、圧倒的に足りない元石田のパンツと思ったんだけど。
c0227932_22535931.jpg

届いてみると、ほれぼれするほどいい生地でした。
これ、クルール新着の2タイプスカートの台形スカートの方の生地「ウィンターモールスキンストレッチ」と似てるんじゃないかな。
それからは、自分のスカート縫いてぇ!という思いしかなく、元石田用fabさんルーズフィットパンツの裁断もこれ以上ないケチケチで。
80㎝ほど余ったので、明日着る服のタックタイトにしようと思ったのですが、悲しいかな、この生地110巾だった!(と気づいたときはもう遅い)

c0227932_2254523.jpg


できあがったパンツは、小学生男児には贅沢やわ~ というか、スモーキーな色とタックの様が、バブル時代のスーツのズボンを彷彿(大学生の頃4年生の男の先輩が穿いてたよな)
当然、来年サイズアウトした場合には、私が穿くことを想定。無駄なステッチやタグはあえて省略(うそ、面倒だから)
c0227932_2256642.jpg

この程よい毛並のモールのおかげでステッチがキレイに見えるような気がします。
うーん、でもこうして見るとこの生地、やっぱりスカート向けかなと思う。


クルールと言えば、ミモレ丈ワイドキュロットの商品説明のくだり「このデザインはウエストを通常のサイズにするとファスナー分開きを足してもヒップの通る大きさにならないデザインのため、ギリギリまでウエストが大きくとってあります。」
てのを見逃さなかったもんね~。と思ったらnonさんが作られてた!ウエスト細い彼女は、相当詰めたそう。間違いないわ、絶対買おう(笑)


またも、ファッションリーダー松子さんの後追い企画。
クルール「2タイプネックプルオーバー」。松子さんの投稿で、「前ちょっとインしてもいいかも」っての見逃さなかったもんね~×2
後開きのB衿を作る。
c0227932_22592687.jpg

ほんとは生地もじっくり吟味したかったところですが、週末の忘年会に間に合わせたかったので、昨年買ったmittelのプレミアムポンチ(って名称だった、たぶん)
この生地、先のmittel実店舗ツアーで、お店にあったのを見て、ニットマイスターpom氏をして「いいポンチやわ~」と言わしめたとっておきのお品である。当時は、たまねぎ工房のジップアップカーデ・ピオニーを作ろうとしてたらしいのだが、この色で!?ポンチニットで?甚だ謎である。
さらに、出来上がったところを見ると、せっかくの名生地、もっとぴったりのパターンがあったのでは・・と少し悔やむ。(まだ1.3mほど生地があるので、じっくり考えます)

それはともかく、このパターンの最大の売りは、後下がりのフレアー。
c0227932_22595087.jpg

そういや、ニットの裾二つ折り直線ミシンは久しぶりだったのだけど、昔、フレンチフライスで子のロンTを作ったとき、裾が波打ってしまったのでそれ改善のため、ジャノメ送りジョーズを買ったのを思い出す。(あのシャカシャカ音なつかし)
今回は、ポンチニットのおかげでギリギリセーフ!?


袖は、袖先リブの切り替え付きですが、手~短か族の私はどのパターンも3㎝ほど袖を詰めるのが常なのに、今回は失念・・気づいたときには袖が付いてしまってたので、リブは割愛しました。

毎度おなじみ、やらかしてますがおわかり?
c0227932_230306.jpg

ここの解説すっとばしたのバレバレ。(笑)正しくはループが右に。よく見ると先端部も力技で縫ったようで、ヨレっと。
c0227932_2304428.jpg
あと、この後ろ開き、ババシャツが見えてしまうのが恐怖でボタンを遠めに付けたのですが、安心してください、GUに後ろ開きが広いババシャツ売ってるそう。(松子さん情報)


もともとインするのを目的に買ったパターンですが、これはわざわざインしなくても、イン様のシルエットが楽しめる。なんて優れたパターンなんだぁ。
c0227932_231468.jpg

職場の忘年会はこのカッコ。(なぜなら、今年もビンゴ係で会場を右往左往必至だからです)
あと自分の習い事とサッカーのが控えておりますが、何着ようか~

今週ショックな出来事が一つ・・
c0227932_2312279.jpg

新聞に載った己の姿、し、しどい・・
昨年作ったクルール・チェスターコートですが、当時から泉ピン子臭たっぷりだな~と思ってたけど、さらに貫禄が!
いやー、自分では前からの着画しかわからないけど、私のような厚みのある体型の人は横からのショット、とっても大事。というか、もうこのコート無理~。早く新作作らなきゃ!!!

冬の間に脂肪を溜め込んでしまうのはこのせいでもあるんですけど・・
c0227932_234030.jpg

久々に韓国映画観ました。
この邦題からして、全く期待がもてなかったんだけど、見終わって、韓国映画には珍しいなんてセンスのいい映画なのかと!
言うならば、韓国版ラブアクチュアリー?
今リアル韓国は、大統領と親友の問題で、韓国ドラマ顔負けの展開となってますが、この映画、韓国映画のくせにその要素薄し(笑)
登場人物の衣装、インテリアもなかなかだわーと思ったら、女性監督。なるほどな。
ま、内容は軽いラブコメなのですが。

登場人物がやたらと焼酎の緑色の瓶(チャミスル)を傾けるシーンがあり、映画見終わった後買ってくる。
c0227932_2342864.jpg

このチャミスルは、大きな酒屋さんにしかないので、その後は「鏡月」に移行。
韓国焼酎は、麦と米の混合らしいんだけど、そりゃ太りますわな。ああ~。
[PR]

by uteomma | 2016-12-07 23:29 | Couleure | Comments(22)