タグ:誌上パターン塾 ( 2 ) タグの人気記事

息子シャツ完成と、「明日着る服」カーディガンなど

今回も折り伏せ縫いやるやる詐欺発動でした。無念・・

c0227932_10425454.jpg

こうしてみると、快晴堂さんパクリの前立てテープ、なかなかいい仕事しますねぇ。(生地はC&S:インディコブルーコットン起毛クロスチェック)


パターンは ベーシックスタイルのメンズ服、台衿つきシャツS。

smile life小森さんのパターン。小森さんと言えば、洋裁始めた7,8年前はconoriという名前のパターンショップを運営されてて、いつかはconoriのホリディシャツ(だっけ?)縫えたらいいなぁなんて思っていたものです。


んがんが、小森さんが悪い訳じゃないんですが、この本、仕様書のミスが多すぎました。

洋裁本、初版にそういうのが多いと聞いたことがありましたが、版を重ねて改善されてることを祈りつつ・・

c0227932_11002211.jpg

袖口は3種類より選べたので、やったことのないカフスを付けるだけバージョン。

しかし、仕様書のとおりやると、どうしても表側に裏地を折り込むことになるんだよね。

ヨークの縫い合わせも、仕様書に騙され(?)ほどいてやり直した後だったので、もう元気なく、このまま続行。

(まぁ、表裏にさほど違いがないので、強行突破なのだけど)


んー、今回も力づくで付けた感(笑)

c0227932_11034282.jpg


いつもと違って、台衿のカーブが顕著(な気がするんですが)。

c0227932_11055067.jpg

だからなのか、台衿周り浮いた感じが??

身頃もなにやらぶかぶかだと言うんだけど、GAPの160㎝サイズのシャツと比べてもほとんど変わらない。ほんの少しの身頃の絞りとかが着心地にも影響するんだろうねぇ。洗濯で少し縮み、フィットすることを祈る。(いつもそれw)背中に哀愁↓


c0227932_11065850.jpg


唯一の成功点は柄合わせ。(気負わないとキマるのである)

c0227932_11114148.jpg


手持ち生地消費月間。1.5mちょっと残っていた、mittelのポンチニット。

このところのワードローブが、タイトスカート中心なので、前ボタンのカーデがほしくなる。

あすきるふくー、作例のように、コーマ天竺・・みたいな感じがイメージですが、ポンチニット使い切りたいのでした。

c0227932_11135275.jpg

いやー、カーデといえば、ことごとく左右が段違いになっていたあのころー。

少しずつでも技術は進化してんだなとしみじみ。(元石田の変貌もすごいけど)

c0227932_11161637.jpg














↑先のシャツと違い機嫌よく縫い進めていたのですが、最後に思わぬ落とし穴!

最近手なずけた感のあったボタンホーラーが、全然いうこと聞かず。ポンチニットの弾力のせいか、ニット針がいかんのか、レジロン糸が悪いのか、ボタンホールを縫いこまない。

そこで、仕方なくスナップボタン。


c0227932_11135788.jpg

ま、でもそれはそれで悪くなかったかな~。仕事着にしようと思ったけど、こういう休日コーデでお出まし願う感じに。

わわ!今気づいたけど、合わせが逆になってる!息子シャツにつられた~


c0227932_11140154.jpg



 しかし、ボタンホーラーのボイコット事件は謎だわ。ニットは無理なんかな。











はい、話題沸騰「誌上・パターン塾パンツ編」、まずは自分のサイズを知ろうという、初回の講義にのっとり、かつてドレメ式を学んだ90歳の祖母に採寸を頼む。


オババ「うわー、わしらのときは、ウエストとヒップと股下だけ測ればよかったぞいね!」

「もう、あんたのウエストどこにあるかわからんわ~」いつもの毒舌全開ながらも、自分で測れそうなの以外は測ってくれました。

オババ総括として「こんなにウエストがないのも珍しいわ、ま、既製服合わんかったやろ~」

だから、こうやって自作のパターンで縫おうとするんでしょうよ(笑)これも導かれし運命なのか。納得。

c0227932_11280558.jpg

今妄想してるのは、シルエットがお気に入りだった「明日着る服」のストレートワークパンツを後ヨークを足して前ファスナー、デニムパンツ化。


長男卒入学で、オケージョン服が縫える状況にありますが、なんだかやる気が出ないので、トレンチコートを縫おうとしています。

トレンチの布といえばどこで刷り込まれたのか、ギャバ。fabさんで探すと、コート推しのギャバは売り切れで、後のはみんな「ワークパンツにぴったり」とか書いてある(笑)

あちこちフラフラしましたが、ネウラヤランカさんのヴィンテージハード30バーバリーってのを発見。

まぁ失敗しても、ワイドパンツでも縫おうと思ったので、気軽にポチっとしてみたのですが、届いてみるとなかなかの名品。

c0227932_11285026.jpg

ネウラさんの命名が「はしばみ」色(確か店主さん美大ご卒業なのよね~)

トレンチコートのイメージとして、おねいさんが着てるようなピンクベージュのきれい目じゃなく、銭形のとっつぁんなので、これ採用だな。(Mさんのサンプルも濃いめのベージュでした)

Mパタ、3号か4号かで相当悩みましたが、このパターンはバストと腕周りで決めるとよいとあったので、4号にしたのですが、裾丈は若干詰めんとあかんかなー。来月半ばまでに仕上げなきゃ。


さて、話題のあの映画、初日に参戦(笑)




More
[PR]

by uteomma | 2017-02-26 11:58 | Couleure | Comments(34)

ああ幻の参観日に息子シャツ・・

待ってました!誌上パターン塾、パンツ編、ゲット~!!(pomさんお知らせありがとよ)

c0227932_22365496.jpg

ざっと見たところ、これ一冊あれば、今まで作ったパンツのいいとこを合体させて理想のパンツが作れそう。それから以前に黒やぎさんが、パンツの股下のカーブに着目、考察されてましたけど、この辺りを専門用語で「絞り」というらしく、パンツにおいて、この「絞り」非常に重要。さすがでございます。わしらパンツ縫い族必携の書になること間違いなし!

さてさて息子の参観日にシャツを縫う会、最終章ということで、意気揚々と裁断を終え

長男に「そういや、参観日の授業って何?」と聞いたらば

「たいくー」体育?体育かよ~、なんだよー、お披露目できないじゃんよ~


ならば、参観日前に、弟の1/2成人式司会者のズボン優先。

c0227932_22432581.jpg

ガリガリ息子定番、「かわいいキッズの定番パンツ」より、股上深めの普通のストレートパンツ。

ストレッチがないのが心配だったけど。

c0227932_22440168.jpg

この皺っぷりをみるに、めちゃめちゃ余裕あります。

男女ペアで司会だというので、あまりにあっさりとした台本を、ゴーストライター母、卒業式の呼びかけよろしく「ぼくたち」「わたしたちはー」のセリフも加え、玉置宏(昭和の名司会者)ばりの泣きのナレーションを書き加えてみたのですが、「はじめの言葉の人がそういうの全部言うから!!」で見事割愛←小学生の行事プログラムによくある「はじめの言葉」の意味をようやく知る


長男元石田のときはこちら一人泣き始めると、つぎつぎ伝染し、涙で作文が読めなくなる事態発生だったのですが

今回の次男たちのは、非常にあっさり・・てか、宿題にこの1/2成人式で読む作文が出されたもんだから、どこのお宅も親の手入りまくり(笑)

おーい先生~

どうがんばっても泣くに泣けず!


そそ、去るバレンタインデーの前の日曜日、次男のクラスメート3人が友チョコを届けてくれました。

c0227932_22565337.jpg

義理にしても、このクオリティーは!!!

女の子の親御さん、ほんと、尊敬しちゃいます。

思いっきり浮かれてしまい、SNSにアップしちゃう、男の子親あるある(笑)

しかし、ホワイトデーのお返しのことを考えると、怖い物がありますなぁ。


シャツの前に、ボトム3枚でやりくりしてる元石田パンツ=fabルーズフィットパンツをもう一枚追加。

いつものように、後ポッケの玉縁ポケットをやめてパッチポケットにしようと思ったのですが、chocottoさんのあくなきファスナー道追求企画の投稿を読み、おらも!と苦手玉縁ポケットに取り組むことにした。

いつも時間に追われる中での作業で、きっと心に余裕がないからあの出来なんだわと、休日の午後、紅茶を入れて、まったりと取り組んでみたのですが、これだ。

c0227932_22573855.jpg

いつもと変わらず・・いや、いつも以上にひどい

持って生まれた不器用さはもうどうしようもないもんですね。ま、でも今回思ったのは、この角さえ決まれば、それなりに見えるんではないかと。(今回、角という角が撃沈)

c0227932_22574243.jpg

元石田、サイズアウトしたあかつきには、わたくし用になる予定。(生地:C&S ストレッチツイル カーキ)


そうそう、トレンチコートを作ろうかな~とかうっすら考えていて、いろいろ生地を見ているのですが、fabさんで、トレンチコートといえばギャバジンかなと思って見ていたらやたらと、「ルーズフィットパンツにぴったり」と出てくる。

ギャバジンで、fabさんが「コート」とお墨付きをくれる生地が少ない模様。というか、fabさんのギャバジン見事にルーズフィット押しの真意が知りたい私(笑)


幻の参観日シャツ、現在この辺りまで

c0227932_22583633.jpg

こね太郎さんの快晴堂のプルオーバーの前立て処理を見て、私もやってみました、テープ縫い付け。

この上にボタンを縫い付けます。


長男元石田、学生服の採寸に行ってきました。

学生服店のおじちゃんが、ちょっと可笑しかったので興味のある方は↓



More
[PR]

by uteomma | 2017-02-15 23:42 | お針子よもやま | Comments(20)