タグ:ワークパンツ ( 1 ) タグの人気記事

「明日着る服」ストレートワークパンツとクロスエプロン


この夏最大の懸案事項終了!?
c0227932_20265599.jpg
いやー、別に同行した訳でもないんですがね(笑)
サッカー小僧の学年初の1泊遠征@松本。
母親たちが同行するとあれこれやりすぎちゃうので、おとっつぁん方に頼みました。
そうすると逆に心配で、何度も私が行く!と思ったけど、最後はどうにでもなれ!?と送り出す。
同行の三人のお父さんの中でも、うちのが一番「心配な人」だったんだけど、自ら広報係を申し出、グループラインに写真・動画・試合実況マメに送って来て一気に株上がってた。←O型のやる気の振れ幅ほんとにすごい、尊敬しますww
結局2日間の合宿は成功裡に終了。子どもスポーツのマネージャー稼業は母親の領域と思ってしまうけれど、そうでもないんだなぁ・・という思いを強くしました。
これからは、母親たちだけでがんばってしまわず、ガンガンお父さんたちにも仕事回そう。

んな訳で、ここ1~2週間、遠征の下準備やらに忙殺されておりまして、それ以外のことで何をやってたのが思い出せないくらいなんだけど(笑)、そんなときに限ってイベント満載だったり。

職場のお姉様、生誕記念パーティー(毎年恒例)
キヨさんの投稿を見て、数ヶ月前からこれ作ろうと思った。パタレ「クロスエプロン」。
キヨさんは「スタイリストゴトウ」(ああやっぱりこの名前、反応しちゃうw)でプリント地を用意されたようなので、せっかく地元に実店舗があるので行ってきました。
c0227932_20291805.jpg
マリメッコ風(笑)生地端を見れば「コットンこばやし」と印字されてる。(撮るの忘れた!)
ググってみると、今年で創立51年の大阪の繊維卸会社とある。オリジナルのコットンプリント地を多く取り扱っている模様。

しかし、忙しさで心ここにあらずってこともあったのだろうなぁ。あの、神パタレ仕様書を読み誤る失態。
c0227932_20295138.jpg
これが正しいのだが、当初、肩ひもをクロスできないでいて、後ろがすかすか開いてるな~。なんて斬新なデザインだと思っておった(アホだ)

c0227932_20364824.jpg
生誕祭でお渡しすると、最後まで着用のままいてくれました。

んでもって、10年ほど応援してきた早霧せいなちゃん、退団。
最後の公演、ライブビューイングで見守りました。(まだまだチギちゃんロス・・)
c0227932_20372422.jpg

↑一時間おきに、ピコピコくるサッカー小僧のLINEレポに付き合いながら、パンツ一本縫う。

すごく足長い人のパンツみたいですが、3㎝詰めてます(笑)
「明日着る服」より、ストレートワークパンツ2本目。
c0227932_20385192.jpg
なんだかんだで使い勝手よいし、自分に合うのはストレートかテーパード系なんだろうなと思い、当初「明日着る服」のテーパードパンツを縫おうとしてました。
でも届いた生地が思ったより厚みがあるのでこちらに。(C&S コットンストレッチ ココアブラウン)

1本目を作ったときには、このパッチポケットが「テニスのときに着たウィンドブレーカーのパンツみたい」とかなんとか、ボロクソ言った記憶があるけど、穿くうちにこのパッチポケットがデザインになって、着やせしても見えるんじゃない~とか思い始め。

そういや、このゴムベルトをファスナー開きに変えるってのも、誌上パターン塾パンツ編買ったときに言ってたな。

まぁとにかく、このパンツのラインが秀逸であります。

そうそう、パンツの後ろポケットは玉縁ポケットが標準仕様なんて豪語してたけど、こないだ作ったのが
c0227932_20434579.jpg
なんというか、仏像の半眼状態・・
これは腕の問題なのだろうか。
で、今回は素直にパッチポケットで。
c0227932_20450222.jpg
このパターン、空き見せもあります。こういう仕掛け大好き。
c0227932_20460551.jpg
トップスは、クルール族のみなさま方より、再発見されこの夏話題の「カフスTブラウス」、バッグもクルールパターン、全身クルールで。
c0227932_20462450.jpg
やっぱりこのパンツの形好きだぁ。
ただ、ウエストゴムだけあり、動きに合わせてずり落ちてくる(ゴムゆるめ?)こともあるので、やっぱり誌上パターン塾で、ファスナー開きにアレンジしたいなー(とか、言ってみるw)


友達ご一家に釣りに連れ行ってもらったサッカー小僧。
(パタレキッズパンツ着用)
c0227932_20465588.jpg
キャプションがなくても、なんとなく日本海だってわかりますね~。海の色がそうなのか。
この日は大量のキスが釣れるはずで、天ぷらの用意をして待っておったのですが、残念ながらでありました。


今週の1冊。
c0227932_20473984.jpg
前回の「間取りと妄想」で味をしめ、新聞書評で気になったのを即図書館予約作戦成功。
長嶋さん、今回の作品の着想として、「声優の内海賢二さんが亡くなったとき、世の中の大方の反応は、アラレちゃんの海苔巻先生亡くなる、だったが、私は夜中の通販番組のナレーターのイメージでした。そんな意外性にヒントを得て、さまざまな訃報を盛り込んだお話」(わかるようなわからんようなw)なんだそうです。のっけから長嶋ワールドに引き込まれウホウホです。





[PR]

by uteomma | 2017-07-31 21:02 | Couleure | Comments(22)