タグ:クルール ( 2 ) タグの人気記事

ハンドメイド服の断捨離と、クルール*マチ・底板付トートバッグ3

世のソーインガーのみなさん、ハンドメイド服、週一ペースで縫ってたりすると結構な量になりません?

私は2年くらい前から、しばらく着ないものは潔く捨ててます。


子どもの図工の作品とか、写真に撮って残しておくあの感覚で↓

チーム・クルールでは、レギパンとシガレットパンツ。(いずれもよく穿きました)

c0227932_22071905.jpg
やや、玉縁ポケット、今より断然うまいんですけど。

c0227932_22074929.jpg

チーム・MPL
c0227932_22065246.jpg
ワンタックスリムパンツ。カーキは色あせ、小花柄はパジャマにしか見えないという理由。手の女シャツ、6分袖の出番がまったくなく・・

チーム・トップスは、
c0227932_22082624.jpg
へちまブラウス(貝ボタンは別のアイテム移植済)に、fujiko、パタレの後じゃばらブラウス(名前失念)。この頃こん平さん色に嵌っていたらしい。

ポルカドロップスのニットジャケット
c0227932_22084863.jpg
これ、出来はさておき、縫製難易度が自分史上最高だったので、2年ほど着ましたが、やっぱり下手なものは着てても気分上がらず。形は好きだったので、もっと簡単に作れるものにリニューアルしていただきたく。


この作業のおかげで毎年思わぬ発見があるんですが、今年はFU-KO本パンツ。
c0227932_22091873.jpg
ひゃ~、このパンツってインでこそ、魅力を発揮するパターンだったのか。
上はfktkのシンプルシャツだったか。(白シャツの腹のあたりがおっさん風情であるが)
今年の味付けにするには、もっと抜け感のあるシャツがいいだろうなと、クルールの比翼風ドロップショルダーシャツをポチっとしたんだけど、生地が決まらず2週間。
クルールさんでは、完全タイプライター推しなんだけど、これからの季節暑いよね。


↑こんな妄ソーイングばかりで、全くミシンが踏めない毎日が続いてますが、ようやく縫いたかったものを1つ。

c0227932_22103384.jpg
C&S綿麻10号帆布

このサイズ感と形が相当気に入っており、3作目。
こちらの気候、晩秋から早春までは雨が多すぎるゆえ、合皮のバッグになりますが、お天気がよくなってくるとこのバッグに移行。

相変わらず、生地と糸のミスマッチやら、しゃきっといかない出来となっておりますが。
c0227932_22111166.jpg
内布は、コットンランダムウエッジに。
c0227932_22121370.jpg
この△部分が、生地の厚みゆえ毎度きれいに縫えないから、縫い代カットしようと思うのに、ここの工程に来てから気づくといふ。
c0227932_22123357.jpg
ま、でもこの緑、やけに気分が上がるのはなぜでしょう。
さっそく、本日より使用。
c0227932_22130394.jpg
やっぱり紺との相性いいなぁ。
「やさしい服」のジャケットは、前ボタンをえいやと留める・・(冬の間さらに背脂増殖)
パンツは、C&S本のくるぶし丈パンツをワイド化したやつだけど、巷にワイドパンツ溢れすぎているので、もはや定番といった感じですね。
無印のボーダーが敗北感いっぱい。(ほんとは手作りしたいんだけど、ニットとなると二の足を踏むワタス)

土曜日、小・中学校の参観日があり、長男は、国語の授業で詩の朗読をさせられるから絶対来るなというので素直に従い、小5次男の参観に。
c0227932_22133293.jpg
唯一真面目にやってる風なのが撮れたので。
これ、長男が2年前に着たオックス地のシャツ。かなり強引に「参観日にハンドメイドシャツの会」継続なる(笑)
c0227932_22142079.jpg
クラスメイトママに、一人だけシャツでかっこいいよーと褒めていただきましたわん。




フレーニさんに捧ぐマニアック韓流ネタ↓↓↓





More
[PR]

by uteomma | 2017-04-24 22:30 | 小物 | Comments(13)

mittel生地で2アイテム

mittelさんのネットショップで、少し前から気になってた「モールクロスストレッチ」
残りわずか、の表示を見て慌てて購入。50㎝360円のお買い得さも手伝い、圧倒的に足りない元石田のパンツと思ったんだけど。
c0227932_22535931.jpg

届いてみると、ほれぼれするほどいい生地でした。
これ、クルール新着の2タイプスカートの台形スカートの方の生地「ウィンターモールスキンストレッチ」と似てるんじゃないかな。
それからは、自分のスカート縫いてぇ!という思いしかなく、元石田用fabさんルーズフィットパンツの裁断もこれ以上ないケチケチで。
80㎝ほど余ったので、明日着る服のタックタイトにしようと思ったのですが、悲しいかな、この生地110巾だった!(と気づいたときはもう遅い)

c0227932_2254523.jpg


できあがったパンツは、小学生男児には贅沢やわ~ というか、スモーキーな色とタックの様が、バブル時代のスーツのズボンを彷彿(大学生の頃4年生の男の先輩が穿いてたよな)
当然、来年サイズアウトした場合には、私が穿くことを想定。無駄なステッチやタグはあえて省略(うそ、面倒だから)
c0227932_2256642.jpg

この程よい毛並のモールのおかげでステッチがキレイに見えるような気がします。
うーん、でもこうして見るとこの生地、やっぱりスカート向けかなと思う。


クルールと言えば、ミモレ丈ワイドキュロットの商品説明のくだり「このデザインはウエストを通常のサイズにするとファスナー分開きを足してもヒップの通る大きさにならないデザインのため、ギリギリまでウエストが大きくとってあります。」
てのを見逃さなかったもんね~。と思ったらnonさんが作られてた!ウエスト細い彼女は、相当詰めたそう。間違いないわ、絶対買おう(笑)


またも、ファッションリーダー松子さんの後追い企画。
クルール「2タイプネックプルオーバー」。松子さんの投稿で、「前ちょっとインしてもいいかも」っての見逃さなかったもんね~×2
後開きのB衿を作る。
c0227932_22592687.jpg

ほんとは生地もじっくり吟味したかったところですが、週末の忘年会に間に合わせたかったので、昨年買ったmittelのプレミアムポンチ(って名称だった、たぶん)
この生地、先のmittel実店舗ツアーで、お店にあったのを見て、ニットマイスターpom氏をして「いいポンチやわ~」と言わしめたとっておきのお品である。当時は、たまねぎ工房のジップアップカーデ・ピオニーを作ろうとしてたらしいのだが、この色で!?ポンチニットで?甚だ謎である。
さらに、出来上がったところを見ると、せっかくの名生地、もっとぴったりのパターンがあったのでは・・と少し悔やむ。(まだ1.3mほど生地があるので、じっくり考えます)

それはともかく、このパターンの最大の売りは、後下がりのフレアー。
c0227932_22595087.jpg

そういや、ニットの裾二つ折り直線ミシンは久しぶりだったのだけど、昔、フレンチフライスで子のロンTを作ったとき、裾が波打ってしまったのでそれ改善のため、ジャノメ送りジョーズを買ったのを思い出す。(あのシャカシャカ音なつかし)
今回は、ポンチニットのおかげでギリギリセーフ!?


袖は、袖先リブの切り替え付きですが、手~短か族の私はどのパターンも3㎝ほど袖を詰めるのが常なのに、今回は失念・・気づいたときには袖が付いてしまってたので、リブは割愛しました。

毎度おなじみ、やらかしてますがおわかり?
c0227932_230306.jpg

ここの解説すっとばしたのバレバレ。(笑)正しくはループが右に。よく見ると先端部も力技で縫ったようで、ヨレっと。
c0227932_2304428.jpg
あと、この後ろ開き、ババシャツが見えてしまうのが恐怖でボタンを遠めに付けたのですが、安心してください、GUに後ろ開きが広いババシャツ売ってるそう。(松子さん情報)


もともとインするのを目的に買ったパターンですが、これはわざわざインしなくても、イン様のシルエットが楽しめる。なんて優れたパターンなんだぁ。
c0227932_231468.jpg

職場の忘年会はこのカッコ。(なぜなら、今年もビンゴ係で会場を右往左往必至だからです)
あと自分の習い事とサッカーのが控えておりますが、何着ようか~

今週ショックな出来事が一つ・・
c0227932_2312279.jpg

新聞に載った己の姿、し、しどい・・
昨年作ったクルール・チェスターコートですが、当時から泉ピン子臭たっぷりだな~と思ってたけど、さらに貫禄が!
いやー、自分では前からの着画しかわからないけど、私のような厚みのある体型の人は横からのショット、とっても大事。というか、もうこのコート無理~。早く新作作らなきゃ!!!

冬の間に脂肪を溜め込んでしまうのはこのせいでもあるんですけど・・
c0227932_234030.jpg

久々に韓国映画観ました。
この邦題からして、全く期待がもてなかったんだけど、見終わって、韓国映画には珍しいなんてセンスのいい映画なのかと!
言うならば、韓国版ラブアクチュアリー?
今リアル韓国は、大統領と親友の問題で、韓国ドラマ顔負けの展開となってますが、この映画、韓国映画のくせにその要素薄し(笑)
登場人物の衣装、インテリアもなかなかだわーと思ったら、女性監督。なるほどな。
ま、内容は軽いラブコメなのですが。

登場人物がやたらと焼酎の緑色の瓶(チャミスル)を傾けるシーンがあり、映画見終わった後買ってくる。
c0227932_2342864.jpg

このチャミスルは、大きな酒屋さんにしかないので、その後は「鏡月」に移行。
韓国焼酎は、麦と米の混合らしいんだけど、そりゃ太りますわな。ああ~。
[PR]

by uteomma | 2016-12-07 23:29 | Couleure | Comments(22)