タグ:たまねぎ工房 ( 3 ) タグの人気記事

50万アクセス御礼と行事合わせワンピ

2009年から始めたこのブログも、先週初めについに50万人様ご訪問を達成しました。ここに御礼申し上げます。

いやー、世の中、オサレなブログや、インスタはゴマンとありますが、こんなセンス0、被写体ブサイク、縫製下手クソ、3拍子揃った洋裁ブログも他にはないのかも、そんなニッチな市場に食い込んでるのではないかしらん?と自己分析(笑)

いつもウテオンマのツッコミどころいっぱいの作品を楽しみにして来てくださるみなさま、これからも、センスの向上は望めませんが、ほっこり笑っていただけるようなブログを目指し精進していきたいと思っております。


にしても、典型的な双子座気質(要はミーハー)で、何事も3日坊主な私が、8年も洋裁ブログを続けられたのが本当に不思議。

洋裁趣味のとっかかりは、よくある子どもの入園グッズ製作で、当時は1万5千円のミシン、5年目で職業用ミシンを買ってからは、生活の中に自然に洋裁がある・・という境地になったかなぁ。(いや洋裁の中に生活かw)あと、MPLのパターンに出会ったのが、この世界にぐっとのめり込むきっかけとなったような気がします。簡単に縫えるものよりも、苦しみながら縫い上がったときの達成感と高揚感を味わいたくて、縫ってるかな。

今後は、先輩洋裁ブロガーさんのように、「パターン:自作」なんて言ってみたいものです。


さて、毎年恒例、職場主催書道展のパーティー服。

去年は、こちら


在庫布の中に、なんでこんなもの買ったんだろーというのがありまして。(おそらくファッションクリエイター松本の布)
サテン混みたいな。

c0227932_20455324.jpg

旅番組で見た

c0227932_20462344.jpg
名脇役姐さんの、このトップスがなんともステキで、再現できないかなーと妄想してましたが(生地の質感は全然違うのだけど)、ふと気がつくと盆が過ぎ、Vネックワンピのパターン探してる暇がねぇ!、困ったときのたまねぎ工房だぁ~、で。

できあがったのはオパール(ラップ風ドレス)・・・全然違ーう(笑)

c0227932_20495189.jpg
着用後エマールで洗ってそのままなので、かなり皺っております。
さすがに今回はこの形、アラフィフが着てもいいのか?と自分でもツッコミましたが、本番まで一週間を着ると、ファスナーワンピを縫う時間はなし、あきなしのものしか選択肢になく、身頃を地味な色にしたらありじゃね?と思い、踏み切ることに。
(冷静になれば、あきなしのワンピいろいろ思い浮かぶんだけどね)


トップスは「スタイリストゴトウ」で慌てて見繕ってきたタイプライター地。

楽勝と思って縫い始めたものの、ギャザー地獄パターンに気づきガーン。
でも、この肩下(胸ゴムシャーリングの記載)ギャザーはゴムたたきつけ。
いやーん、あたりまえだけどギャザーが均等に。これ、私のようなギャザー苦手な人にはいいやり方かもー(裏を見ると悲しくなるけどw)


c0227932_21002905.jpg
シャーリングに気をよくして縫ってたら、肩の接ぎ1㎝ずらす(後ろ襟ぐりをバイアス始末するために)のを忘れ、やり直すも、襟ぐりのステッチが1周つながらない悲劇。
c0227932_21070557.jpg

わたくし基準では、珍しくうまく行ってるギャザー袖。
chocottoさんのギャザーの均等ぶりを見た後には、あんたこんなのよく出すよね、だけど(笑)
c0227932_21085806.jpg
裏側針落ちてないってだけで異様にうれしいワタス。
c0227932_21094543.jpg
トルソーちゃんの柳腰では映えるのだけど、寸胴の私が着ても、あんまり生きなかった、4タック
c0227932_21105864.jpg
ウエストは、ベルトの上下にゴムたたきつけ.


パーティーの受付をしながら、20~80代さまざまな年代の女性のパーティー服をチェックしてましたが、今年はテロテロ地のノースリトップスに同じくテロテロワイドパンツの組み合わせが多かったかな~。ハイウエストでウエストリボンのワイドパンツもよく見ました。
そんな中で、↑80年代のアイドル服デザイン(笑)の私は、なんだか時代錯誤な人だったけど、服の色調のみ、ちょっと今年風でした(マットなベージュの人多数)

あ、でも、このトップスのデザインは、私のような上半身デブはほどよく着やせして見えたような気がします。
たまねぎさん曰く「バストの大きな方は収まりよく、そうでない方もふっくらボリュームアップ」。
なので、これを作られた方、襟ぐりと胸シャーリングのデザインを生かしてブラウスを作られたりしてます。

まぁでも実質3日で作ったので、終いには、学生のときの応援団の衣装のときみたいに、1回着られりゃいいか~と、だんだん雑な仕事になってったなぁ。
そして、もう2度と出番はないような気が・・(ああまたやってしまった)

今年も恒例の告知記事に写り込む人(わざとらしいw)
c0227932_22432557.jpg
先週末は↑だったので、今日で10連勤か?日頃は暇なので、忙しい自慢してみたい(笑)
今週末は、サッカーの大会が。イケイケ―!(この間に、作り置きおかず始めました。にんじんをまとめて切って塩で炒めておくだけで、ものすごく便利ね)

そうそう、お盆にサッカーの試合で黒部に行ったとき、器のお店UROCOさんに立ち寄りました。
c0227932_21372680.jpg
こちらのお店の民芸のお皿を買い集めてますが、焼き物の名前すぐ忘れるので、店主さんにメモをもらった。
↑左上の写真右側のが石見焼(島根・江津 半磁器←頑丈なので食洗器OK)、左が小代焼(熊本県・荒尾)新たに仲間入りしました。




[PR]

by uteomma | 2017-08-22 21:45 | たまねぎ工房 | Comments(22)

たまねぎ工房、ソフィア(ドレープカラーコート)をやっつける。

たまねぎ工房、ソフィアやっつけました。

c0227932_19390975.jpg
1/25、ボタンを付けた画像に差し替えております。


いや、もう、雪が降り始めてからはダウンしか着ないし、ウールのコートの必要性もないのですが届いちゃったのですよ。コレが。

c0227932_21154495.jpg

松本、招待状(笑)

こうなると、ミシンの足元で幅を効かせる、11月に松本で購入したウール地が気になって仕方ない。

当初は、mplノーカラーラップコートの予定でしたが、なんか違うよなー、と悩んでたら、kokoさんが「この生地どこかで見た。そうだ、たまねぎ工房のコート」とナイスパスを放ってくれました。

ならば縫いましょう。洋裁好きにも、布ヲタ、着ヲタ、パターンヲタ、いろいろあると思いますが、私は絶対縫いヲタだと思ふ(笑)その割に技術が向上せんのですが


このパターン、一番難しいのが、芯貼りと店主さんや諸先輩方がおっしゃってますがそのとおり。

コート作りの難関、襟だの、ベンツなどはないので、肝は、芯貼りと、ボタン付けかなぁ。(↑ボタンの付け位置を体型に合わせて調整せねばならんので1番上だけ仮付け)


接着芯がなくなったので、トーカイに行くと衝撃の事実に遭遇。

洋服の接着芯は、不織布じゃあかんのね~。ああ、知らなんだ。

織物のを使わなきゃいけなかったらしい。

トーカイ店長「えー、ウテさんずっと不織布の使ってたのー。あれは洗濯しない小物用よ~。お洗濯したら剝がれて来たでしょ」

あう!織物の接着芯を持ってきてくれたのですが、給料日前には厳しいお値段。

結局、いつもの不織布に。コートだから洗濯しないしね。

c0227932_21162799.jpg


あー、でもなんだろこの敗北感というか・・次回は織物の接着芯で!


c0227932_21170179.jpg

「地味に苦戦したシームポケットー」(卒業式の呼びかけ風に)

2回もほどいたときには、布端がフリンジ化してきた・・恐怖。


裏地は、今見るとなんじゃこりゃーなシロモノですが、松本催事でのテンション高いときには、白地にこの内布のセンス、どうよ?なイケイケ状態だったもんな。(あな恐ろし)

c0227932_21172673.jpg

いつもは知らぬ間に消滅している、後のキセも、なんとか生きながらえてくれたようです(?)


c0227932_21173196.jpg


どんでん返しも成功しルンルンだったのですが、中綴じが甘かったか、裏地がたるむー泣 ま、表からは出て来ない程度なんですが。


袖口の裏地と表地縫い合わせるところ、いつも理解するまで30分は要するので、記録しときます。

c0227932_21191591.jpg

ああ、この風景、萌えます(?)

c0227932_22044689.jpg


店主さんや諸先輩方がおっしゃるよりは、結構往生したコートですが、できあがってみればこの生地、すごくいい!仕立て映えする。

これなら、Mさんノーカラーラップコートもいけたような気がなきにしも・・

c0227932_21285729.jpg

改めてこの形見て見ると・・

c0227932_21435338.jpg

紐とか、面倒なのはしないタイプなので割愛しましたが

この形、どこかで見たことあるぞー。

これだ

c0227932_21292264.jpg

原田知世、私をスキーに連れてってのスキーウエア。

この映画に憧れて、大学に入るとわざわざ苗場までスキー行ったもんなぁ。(地元にスキー場あるのにw)

なんとも郷愁を誘うコートが出来上がりました。


おっと着画忘れそうに(いらんけどw)こうやってボタン留めて着るのを想定して作ったんだけど。

それにしても、コーデのイメージが全く湧かない。fabさんテーパードと。

c0227932_21311801.jpg

意外と開けても行けるんじゃない?

c0227932_21361848.jpg
ま、いずれにしても、懐かしさ漂うデザインでございます。
サイズは38、手が短いので袖丈2㎝ほど詰めたらば、短くなりすぎました。


ボタンは、今回も美栄さんで選んでもらいました。

c0227932_21303695.jpg

内掛けボタン二つは、お買い得品の。

そうそう、蓄熱裏地の名称わかりました「東レ オフェリア」←東レまでしかあっておらず

おばちゃん「今から縫う服にこれ付けたら、汗かくよ」またまた出ました、汗かく裏地発言(笑)ほんとに温かいんだねー。



それから、前回のラップタイトの後姿。

c0227932_21371385.jpg


一日着用した後なので、座り皺が若干ですが、すっきり見えるでしょ??



週末知人のお子さんたちのユニットが出演するライブに行って来ました。

c0227932_21375530.jpg

いや~、ライブいいっすねー。

若いギタリストの激しい指の動きを見てると(砂かぶりの最前列でした)、ついうちの長男の「マイクラ」の指さばきと重なり、ギター弾けるんじゃない?とか妄想(笑)

運動苦手の長男、何か楽器させるんだったなぁ・・とちょっと思ったりしました。

音楽に青春をかけるのもかっこいいよね。


[PR]

by uteomma | 2017-01-23 22:09 | たまねぎ工房 | Comments(27)

たまねぎ工房バジルと、ぽちゃ息子用shinobiワークパンツ

9月に日暮里パキラさんで、とくに目的もなく、つい流行りに乗って買ってしまったところの圧縮ウール。

なんとなくカーデかなと思ってましたが、気温ヒトケタ台になると俄然浮上するのが、ポルカふゆタートル欲求。裁断直前まで行ってふと思いつき、たまねぎ工房版ふゆタートルな立ち位置のバジル(Basil)を作ってみました。
c0227932_2223534.jpg


この合皮パッチを一度体験してみたかったのである。
c0227932_2225261.jpg


この形、たまねぎさんではロングプルオーバーにして、ワンピ的に着るのがデフォルトのようですが
私にはないなと思い、ふゆタートルの長さにしました。
襟はハイネックより気持ち高さを上げてみました。
c0227932_2233758.jpg



が、この形、自分でも驚くほど似合わなくてびっくりした。(笑)
サイズも38といつもよりゆったり目にしたのが災いしたか、全体のシルエットが四角く、不思議な国のアリスに出てくるトランプの兵隊さんのようである。
・・と思いっきりサイズのせいにしてしまったが、私の寸胴体型がそのまま出ちゃうようなのね。
その辺くびれのある幼馴染行きの予定。



↑バジルに合わせようと思って、一度は封印したはずのクルールレギパン、作りました。(笑)
c0227932_2283218.jpg

冬の装いは、長めのカーデや、ゆったりトップスが多く、結局チビにはレギパンがバランス取りやすいことが判明。(街で見かける痛い着こなしベスト3と言われようとも背に腹はかえられないのである)

松本催事でもとめたストレッチ別珍(霜降り)、2種類のうち、パンツにするならグレーかなと思い。もう一つの明るいブルーははスカートにするかなー。

パンツ縫うのが趣味なので、それこそ鼻歌交じりで縫い進めてましたら、これだ!
c0227932_2291959.jpg

かぎ裂き!ヒッエ!!(いやみ部長の名セリフ)

裁断の際にもまーったく気がつかなかったけどなぁ。↑は、まつり縫いでふさいだ後ですが、まぁ生地の霜降り感が幸いしましたかねぇ。
もう、次回の松本催事の折には、これを材料に強気で攻めてみるつもりであります。


ある日の長男元石田のコーデ
c0227932_2295936.jpg

きゃ~、おじいさん!
着用するとカーデの出っ腹が、教頭先生のそれにしか見えず。


こないだ久々に授業参観に行って、世の男児の着こなしをとくと観察してましたが、みなさん差し色使いお上手!緑とかオレンジとか。
元石田おじいさん脱却を図り、派手目のパンツ製作に挑む。

近くの生地セレクトショップあんず堂さんが珍しく日曜営業だったので(こちらは年末に、セレクト福袋販売が恒例なのですが、店長さんいわく「ウテさん来ると思って今日オープンしたよ」って。ツイード地2点を自らセレクトし、あとは店長セレクトの生地がいくつか。正月の受け取りが楽しみ)


買ってきました。
よく見ると生地の織りはヘリンボーン。
c0227932_22114957.jpg

パターンはポチャ息子業界においても注目のmuniさんshinobiワークパンツ。
かなり前からパターンは所有しておりましたが、ハーフパンツの時期を過ぎ、フルレングスに。

c0227932_22122710.jpg

↑トランプの兵隊合皮がまだまだ余ってたので、ポケットに。
muniさんの好きなところは、パンツパターンのポケット、毎回新しい形をご提案してくださるところ!

c0227932_2213223.jpg

c0227932_2213145.jpg

今回も、ちょい面倒ながらも、心地よい達成感を与えてくれるデザイン。

ベルト部分も、珍しい4㎝幅の見返し後に折り返し仕様で、muniさん、世のパンツ縫い族(非常にニッチな市場)のマニアな欲求も必ず満たしてくれます。muni店長さん、私と同じパンツオタク(NGワードになりそう)に違いない。

c0227932_22135540.jpg

股下のマチの効果で、ぽっちゃり息子対策もばっちりのはずでしたが、元石田の反応
「お尻が苦しい・・」
うおー、忘れとったぁ。ポチャ息子、ストレッチ入りじゃないとあかんのでした。
こうして、2年後の次男用のパンツが積みあがっていくのであります。
あー、でもmuniさんのパンツ縫いは楽しい~。


気ぜわしくなってきました。来週から忘年会3回ほど続きます。
それに備えて、今週は基本キッチンドリンカーの私もしらふで台所に立つ苦行を・・(←威張ってるようですが偉くありません)
なにかと体調を崩しやすい頃ですが、みなさまご自愛くださいませ~。
[PR]

by uteomma | 2015-12-10 22:28 | たまねぎ工房 | Comments(22)