クルール版チェスターコート

年末から格闘してたやつ、辛くも完成・・
c0227932_2231619.jpg

縫い始めてまもなく、MPLさんでも暮れにチェスターコートがリリースされたことがわかり(こ、このわしが気づかんとは!)、そこからは、縫いモチ、急下降・・

裏地、よりによって、一番目立つところが、アイロンでジュっと行ってしまい(秋頃から突然高温になったり、怪しいなと思っておったのです)
c0227932_22314680.jpg

ここからは、消化試合になりました。あ、いつものことか。(笑)

しかし、この「クルール・チェスターコート」で検索するも、世のソーインガーさん方、みなさんさらっと作っておらて、製作苦労話みたいのは全くお見かけしません。
もー、ほんと、みなさんレベル高いなぁ。(そりゃそうか)
私は自分史上もっとも苦労した縫い物でしたので(2位はポルカ・ニットジャケット)、例によってこってり書きますよ、覚悟。

c0227932_22323676.jpg

ま、でもこの黄金の裏地、新年らしくていいでしょ~。


結論から言って、コートやジャケットの、テーラーメイドの領域に差し掛かるようなパターンに関しては、やはりMPL仕様書に導かれた方がいいと思うのです。
クルールさん、ある程度洋裁の基礎がある人じゃないと、その辺は「とうぜんわかってるよね?」という感じで進んで行くので、至るところで仕様書を読み解き、パーツの形態を頭にたたき込みという作業が必要となるので、えらく効率悪かった。

その点Mさんだと、一番最初工程の糸印油地獄(仮称)で、泣きそうになりながらも、この鬼の工程のおかげで、全体像が把握できていくのかなーと思いました。

まぁ、新年からクルール仕様書で、ものすごく脳細胞活性化された印象(笑)MPLは考えなくても、その通りやれば完成。ボケ防止には、断然クルール仕様書ですな。と初老に差し掛かった私は思ったのでした。

例えば、永遠の素人の私は、途中まで◎のところに糸印をしてました。(正しくは、その延長上の線が交差するところ)
c0227932_22332830.jpg

そろそろ、洋裁学校の門をたたくべきかな~。自己流ソーイングの限界を感じたところです。


全体にしゃきっとしない仕上がりとなりましたが、一番いら~っとしたのが、袖。

裏地のツレか、袖がすとーんと落ちません。(涙)
c0227932_22341287.jpg

これねー、思い当たるふしあり。袖が付いた段階で着てみたところ、袖丈長い。適当に表地、裏地とも2㎝ずつ詰めたのですが、それが仇となったか。
なのに、開き見せのところは、丈詰めなしで行ったので、袖先がアシメっております。(だから、ツレるのね・・)
c0227932_22371444.jpg



思い出したわ!昨年作った、muniトリニティーコートの袖ツレ。
c0227932_22373338.jpg

↑コートとか裏地付きジャケットのこんな袖つれほど悲しいことはない。

一方MPLの成功例
c0227932_223849.jpg

やっぱり、MPLの仕様書で、手取り足取り導かれるのが、私には合ってるのだと思う。
「ここを間違えると、袖ツレの原因になります!!」←きっとこんなフレーズがあったんだろうな。


後半戦は「ツレ・ツレ・ツレ」どうでもいいけど鳳蘭の宝塚時代の愛称はツレちゃん のオンパレード。

極めつけは、↑こんな袖ツレみたいな可愛いもんじゃなかった。
c0227932_22384417.jpg

ベンツ部分のツレ!なかなかの作品では?(笑)

この段階で、製作開始から2週間目、もう「キーーッ」となる気力もなく、「あーい、とぅいまてーん」(←相当おかしい)と素直に裏地をほどきました。
c0227932_22391769.jpg

そして、ベンツ部の裏地をかなり上の方で縫い付けることにより辻褄を合わせたつもりですが、そんなに改善されませんでした。(涙)

あきみせのところのボタンは、あんず堂店長さんセレクト。
c0227932_22394514.jpg

当初私は面白味のない金ボタンを選んでたのだが、黄金の裏地(これも、店長さんが奥から持ってきてくれたもの)ならこっちかな?と選んでいただきました。

生地はクルール、特価ウールメルトン・スィートキャラメルです。
c0227932_2247664.jpg

そうそう、以前からどんでん返し成功の爽快感を味わいたくて仕方ないのですが、今回はベンツ開きだったので(両サイドから返すパターン)、またしても返らず!


嫌な予感がしながらも着用してみましたが・・
c0227932_22405077.jpg

そこにいたのは泉ピン子。(笑)
正月で2㌔増だしなぁ。というか、チェスターコートの似合わなさぶりに、感動すら覚えたわ(笑)



本来は決してロング丈ではないですが、150㎝が着ると、ロングコート風。こちらはうれしい誤算。インはたまねぎヘザー&QuoiQuoi本ワイドパンツに7㎝ブーディー。
製作中のイメージとしては、お嬢さん方が来てるような、ニット帽にスニーカーと合わせてもいけそうなチェスターコートでしたが、このへちまカラー風がマダムでしたね。
チビにはワイドパンツコーデはバランス悪いので、今後はテーパードパンツだろうなと思います。

おまけに今朝1番に会ったコンビニのハシモトさんに
c0227932_22422231.jpg

「肩の線、これでいいがけぇ?」と言われ、「うん、こういうデザイン」と即答できない自分がいた・・
とんでもない間違いをしてそうで、ああ心配。



新年からのコート縫いのお供は、山梨で買ってきたうわさの一升瓶ワイン。(比較対照用に普通のワインと)
c0227932_22425091.jpg

うちは夫がほとんど家では呑まないので、ほぼ一人で飲んだな~。これと、苦戦のクルールチェスターコートはセットの思い出となりました。
あー、でも懸案一つ片付いてすっきりー。さー、次はあれこれ縫いたいもの縫うぞー。
[PR]

# by uteomma | 2016-01-15 22:55 | Couleure | Comments(39)

10年パンツおんなのこラインとたまねぎ工房Heather

あけましておめでとうございます。
このいかにも間口の狭そうなブログに奇特にも足をお運びいただく心優しきみなさま、今年も変わらず、マニアックでドMな洋裁を追求していきたいと思いますのでどうぞよろしくお願いします。


今年も河口湖畔のコテージで1泊。今年も中国からのお客さんが多かった。
朝食は本館でバイキングとなるのですが、そこで我が家のぽっちゃり長男、配膳スタッフの人に「ラーイス?」とか、聞かれておりました。どうやら中国人富裕層の子どもに間違えられた模様。(笑)
c0227932_1952917.jpg



暮れは、比較的時間があり、駆け込みミシンを。
c0227932_19523812.jpg

次男の10年パンツが、ツボにはまってしまい(穿かせると、おしりがプリっとして萌える)、ぽっちゃり元石田用も。
もつろん、おんなの子ラインで作りました。

いくらおんなの子ラインといえども、ストレッチ必須だなと思い、かと言ってネット通販も年内に到着は厳しいと思い、久々に「スタイリストゴトウ」さんへ。

しかしできあがると、元石田いわく「作業服のズボンだ」
c0227932_19534659.jpg


そうだー。(涙)生地の段階では某Sさんのような「フレンチネイビー♪」みたいなネーミングが脳内駆け巡ってたのですけど。

150㎝用を5㎝ほど膝の辺りで詰めたので、ポルカさんの繊細なラインを壊してしまったかもしれない・・が、おんなの子ライン(つまりぽっちゃりライン)でもあの美ラインは変わらんかなー。

残念ながら!元石田のような出っ腹ではしゃがむと背中、下手したら尻の割れ目見えの恐れあり・・
だが、久々にまともなズボン(このところデブ向けイージーパンツとかばっかりだったので)に、元石田もなにやらうれしそう。次回はちょっと股上補正して作ります。
印象的なおちりのポケットは、ぽっちゃりが穿くとタックがひし形に広がります。


暮れも押し詰まってから、あんず堂さん詣で。
c0227932_20294491.jpg

恒例のセレクト福袋、年明けは、平日のみのOPENになるので無理言って暮れに受け取りました。
確か、下から2番目のツイードと一番上のカーテン地風のがわたくしセレクト。店長さんが、一番下の柄ツイードを「ウテ、かなり気になってたけど結局選ばなかった」のを見ていたようで、入れてくれました。あと、シマ圧縮ウールは、今回購入。裏地はサービス。
あんず堂さん、とくに冬生地がわたくし、萌えます。

さっそく↑圧縮ウールを形に。

当初はクルールのブレードニットジャケットにするつもりだったけど、後ろ身頃2枚合わせの柄合わせが自信なかったので、おなじみたまねぎ工房ヘザー
c0227932_204383.jpg

第一印象、pom+さんが作られるお洋服みたい!
ほどよい抜け感、都会の女性が着てる風な感じ、出てません?(←ああ表現が・・だけど)
過去3ヘザー中、一番うまく行ったかも~。(袖、裾とも3センチほど出しました)

このところ作った作品のまとめ着画が残ってましたので。
c0227932_2081337.jpg

私、ヘザー&あすきるふくーのワークパンツ。
息子たち、10年パンツ。
ヘザーは、パンツに合わせるならもっと丈長くてもよかったかもですが、例によっていろいろ使い回したいので、これは致し方なしかなぁ。

↑東京に行くと必ず入る、いきなりステーキ。(笑)これは、渋谷センター街店。
YouTube命の息子らが渋谷のLoftに行きたいというので、渋谷散策となったのですが、25年前、この辺が通学路だった母、意気揚々とLoftに向かったつもりがハンズに到着( ̄◇ ̄;) 私が知る109全盛時代の渋谷とはまったく別物になってましたねぇ・・渋谷駅リニューアル中だし、完成したあかつきには、私の知る渋谷ではなくなってるんだろうなぁ。

最近の読書関係
c0227932_20214550.jpg

右がゆく年、左がくる年読んだもの。戌井さんと津村さん読んでりゃ私はご機嫌なんだなぁと思いまひた。(津村さんのお仕事小説のキャラがおぜうさんとかぶって仕方ないww なんだろ発想とか表現とか)

紅白見ながら芯貼りして、年明けもちまちま縫っておりますが、まだ2合目くらいのチェスターコート
c0227932_2021556.jpg

こりゃわたくし縫い物史上、もっとも往生しそうな予感がいたします・・
んな訳でしばらく更新できそうにありませんが、みなさんお元気で~
[PR]

# by uteomma | 2016-01-04 20:33 | たまねぎ工房 | Comments(36)

ポルカさん「10年パンツ」とあすきるふくー「タックタイトスカート」

どうも年末にポルカさんとご縁があるようで。

昨年は、ぽちガマ、見事当選!
c0227932_17311317.jpg


そして今年はポルカさん新作「10年パンツ」ですよ!!
c0227932_17314579.jpg


私を息子パンツ縫いの世界へ導いてくれたと言っても過言ではない。ポルカさんの子どもパンツパターン。
長男の入園グッズ作成のために買った15,000円のミシンで、初めて作ったのがクールワイドパンツでした。
あの面倒なタックのポケットがうまく作れるとうれしくて、当時の息子らの写真こんなんばかり。
c0227932_17321733.jpg

おそらく90サイズ。オムツ?

息子らの保育園時、フルレングスのパンツといえば、ほぼこちらで、当時は私も兄弟おそろで作ってたので、軽く20本は縫ったんじゃなかろうか。
その後、ポルカさんの洋裁本で名パターン「ほそパンツ」が発表され、こちらも縫いまくったものです。

んな訳で、クールワイドパンツとほそパンツの特徴を合わせ持ったリニューアルパンツとくりゃ、当然鼻息荒くなるってもんです。

さっそくダウンロードし、作りました。生地は、在庫にあった高密度ツイル系。
c0227932_17383075.jpg

クールワイドパンツの最大の特徴にして最難関だった後ろタックポケットも、ポケットの形が直線になり、かなり縫いやすくなりました。(kupiさんの真似して、合皮のタグ・・全然目立たず)

丁度、もっち商店のパーカーが届いたところだったのでコーデ
c0227932_17415259.jpg

クールワイドパンツは、いいとこの子に見えるところが好きだったのですが、その雰囲気を見事踏襲、ほそパンツのカジュアルさも取り入れ、さらに汎用性の高いパンツになったのでは!!

着画。
c0227932_17444756.jpg

この人、ほんとにもっちさん(NOTRE SOLEIL)のお洋服似合うんです。
襟元がちと不器用なことになってますが

後ろ姿。筒幅が絶妙だな。
このパンツ、次男のようなスレンダーくんのみならず、140サイズ以上には、「腰回りの丸みに対応したライン」(つまりは元石田のようなぽっちゃり向け?)もあるので、期待も高まります。
c0227932_17473613.jpg



前回の裏地付きプルに合わせようと思ってた、あすきるふくーの「タックタイトスカート」
c0227932_17571087.jpg

前にレギパンを作って、なおも80㎝ほど余っていた、松本ストレッチ別珍地で。

いや、これ名パターン!
驚くほど簡単なのに、両サイドのタックがいい仕事するのか、スタイルよく見える気がする~!
裁断のとき、とくに前スカートのパーツ、下辺が短い台形型にワクワクしましたね。そして出来上がるとこうなるのかーと。
デフォでは、ひざ上スカートで穿くものなんだろうけど、チビの私は丁度ひざ下に裾が。そうなるとスカートの筒幅が狭い感じですが、のびのびストレッチなので助かりました。裏地を付けています。

たまねぎ工房、ヘザーと。
c0227932_1834453.jpg

ヘザー同様、たくさん作りそうな予感♪
[PR]

# by uteomma | 2015-12-26 18:08 | こども服 | Comments(22)

M153 裏地付きプルオーバードレスその2

今年の忘年会、そのうち1つは、仕事場のごく親しいメンバーで高級フレンチと相成りました。

そうなると、作るでしょ。そりゃ。(笑)
c0227932_2182685.jpg

mplサンプラ裏付きプルオーバーブラウス

以前作ったのがコレ

9月で日暮里パキラで買ったこの生地が
c0227932_211551.jpg

ニットなのかツイードなのか、いったいどっちや~!!byブラマヨ吉田 な生地で。
購入時、なんとなく香田あおいさんの新刊表紙のコートを作るつもりで

パキラのお姉さんに
「裏地なしのコートはどうでしょうね?」と聞いたらば
しばし沈黙ののち
「裏地付けないか・・ああ、今でいうコーディガンみたいな?」って
反応でしたので、素直に行けば裏地付けるもんなんだろうな、と思ってました。

そうこうするうち、ファッションクリエイター松本の催事でこの生地が
c0227932_2116310.jpg

このような裏地付きジャケットになってたのを見てついに観念しました、裏地つけよ、となったのです。


このパターン、長女は(ミセスIさん風)、私にしては襟ぐり開きが大きいなと感じたので、
(こないだこれにノーカラーコートで外に出ましたらば、首のシワが気になって仕方なかった←近所のSちゃんにウテさん、墓参り行ってないと首のシワ増えるらしいよ~と言われました、思い当たるフシあり)

左右1㎝ほど詰めました。

見返しは、まだ残ってたファーガス。さすがに使い切りました。
c0227932_21172225.jpg

襟ぐりを縮めたのが災いしたか?この後襟ぐりがなんか、山型になっておる。
c0227932_2118021.jpg

着脱も行きはよいよい、脱ぐときは、スーパーの袋をかぶります。(笑)

このパターン難関の一つ、襟ぐり見返しは、表地に縫い付けるのですが、こういう生地なので多少縫い目が粗くてもケンチャナヨなのがよかったわ~。

長女のときより、若干、タフタ縫いの技術も向上したか?(長女のときはまだ家庭用だったっけ??)

なーんか心配になったのは、袖口から裏地出て来ないかなっつうとこ。
c0227932_21192321.jpg

裏地に2㎝ほどのゆとりが取ってあるためです。


一方これは、mplケープコートの袖口。ゆとりなし。
c0227932_21215288.jpg


次回作るならゆとり1㎝でよいかなー。

あすきるふくーのタックタイトスカートを合わせるつもりが時間切れチーンで、シルエットがもひとつだけど、クルールふんわりタックスカートを合わせました。
c0227932_21325751.jpg
うむ、トップスの丈ちょっと長かったかな~。前にme+miさんが、このパターンをセットアップにして、セレモニー服にされてたけど、その際は、3㎝ほど丈詰めされてた記憶・・



そういえば!
前回のサックワンピース、あろうこと脇下のマチ針残ったままだったのですよ。
朝コンビニで小銭を差し出したら、脇の下にとんでもない痛みが。ヒッエ!!
みなさん、裏地付の洋服のときのマチ針の始末くれぐれも慎重に。(ま、こんな奴滅多におらんやろ、ですが)


12月の恒例行事になりそうな、ご近所の染色作家中田先生の工房で染色体験。
昨年に続き2回目。
c0227932_21382259.jpg


ご近所の和風のハンドメイドがご趣味のI先輩と2名で参加させていただきました。
今回は「家にある染めたいものみんな持って来い企画」にのっとり、染めるものが多そうなので敢えて化学染料のみで。

3人とも、我先としゃべりたい方なので、たびたび手元がおろそかになりながら、3時間のかしましい染め体験でした。

途中、洋裁バカの私のために、作品に付けるタグのアイデアを真剣に考えてくれてるお二人。(別に付けるつもりはありませんがww)
c0227932_21385778.jpg

(眼鏡と針のモチーフ?)

↑上掲左下が紫がモチーフのI先輩の作品群。


これまたご近所の、綿を育てたり、オーガニックの布ナプキンを製造販売してるお友達から分けてもらった未晒し木綿を、なんちゃってしぼり染めで染めてみました。
c0227932_21405121.jpg




先輩の紫に、C&Sナチュラルコットンダブルガーゼで作ったシャツを突っ込んでみた。
c0227932_21412489.jpg

今の時期もタートルの上の上っぱりにして着たら、すごくよいです。

もう単純に布を染めるってなんて楽しいの!
来年に向け、↑I先輩のように、しぼり染めでワンポイント入れてみたり、構想を練りたいと思ってます。
[PR]

# by uteomma | 2015-12-20 21:51 | mpl | Comments(20)

たまねぎ工房バジルと、ぽちゃ息子用shinobiワークパンツ

9月に日暮里パキラさんで、とくに目的もなく、つい流行りに乗って買ってしまったところの圧縮ウール。

なんとなくカーデかなと思ってましたが、気温ヒトケタ台になると俄然浮上するのが、ポルカふゆタートル欲求。裁断直前まで行ってふと思いつき、たまねぎ工房版ふゆタートルな立ち位置のバジル(Basil)を作ってみました。
c0227932_2223534.jpg


この合皮パッチを一度体験してみたかったのである。
c0227932_2225261.jpg


この形、たまねぎさんではロングプルオーバーにして、ワンピ的に着るのがデフォルトのようですが
私にはないなと思い、ふゆタートルの長さにしました。
襟はハイネックより気持ち高さを上げてみました。
c0227932_2233758.jpg



が、この形、自分でも驚くほど似合わなくてびっくりした。(笑)
サイズも38といつもよりゆったり目にしたのが災いしたか、全体のシルエットが四角く、不思議な国のアリスに出てくるトランプの兵隊さんのようである。
・・と思いっきりサイズのせいにしてしまったが、私の寸胴体型がそのまま出ちゃうようなのね。
その辺くびれのある幼馴染行きの予定。



↑バジルに合わせようと思って、一度は封印したはずのクルールレギパン、作りました。(笑)
c0227932_2283218.jpg

冬の装いは、長めのカーデや、ゆったりトップスが多く、結局チビにはレギパンがバランス取りやすいことが判明。(街で見かける痛い着こなしベスト3と言われようとも背に腹はかえられないのである)

松本催事でもとめたストレッチ別珍(霜降り)、2種類のうち、パンツにするならグレーかなと思い。もう一つの明るいブルーははスカートにするかなー。

パンツ縫うのが趣味なので、それこそ鼻歌交じりで縫い進めてましたら、これだ!
c0227932_2291959.jpg

かぎ裂き!ヒッエ!!(いやみ部長の名セリフ)

裁断の際にもまーったく気がつかなかったけどなぁ。↑は、まつり縫いでふさいだ後ですが、まぁ生地の霜降り感が幸いしましたかねぇ。
もう、次回の松本催事の折には、これを材料に強気で攻めてみるつもりであります。


ある日の長男元石田のコーデ
c0227932_2295936.jpg

きゃ~、おじいさん!
着用するとカーデの出っ腹が、教頭先生のそれにしか見えず。


こないだ久々に授業参観に行って、世の男児の着こなしをとくと観察してましたが、みなさん差し色使いお上手!緑とかオレンジとか。
元石田おじいさん脱却を図り、派手目のパンツ製作に挑む。

近くの生地セレクトショップあんず堂さんが珍しく日曜営業だったので(こちらは年末に、セレクト福袋販売が恒例なのですが、店長さんいわく「ウテさん来ると思って今日オープンしたよ」って。ツイード地2点を自らセレクトし、あとは店長セレクトの生地がいくつか。正月の受け取りが楽しみ)


買ってきました。
よく見ると生地の織りはヘリンボーン。
c0227932_22114957.jpg

パターンはポチャ息子業界においても注目のmuniさんshinobiワークパンツ。
かなり前からパターンは所有しておりましたが、ハーフパンツの時期を過ぎ、フルレングスに。

c0227932_22122710.jpg

↑トランプの兵隊合皮がまだまだ余ってたので、ポケットに。
muniさんの好きなところは、パンツパターンのポケット、毎回新しい形をご提案してくださるところ!

c0227932_2213223.jpg

c0227932_2213145.jpg

今回も、ちょい面倒ながらも、心地よい達成感を与えてくれるデザイン。

ベルト部分も、珍しい4㎝幅の見返し後に折り返し仕様で、muniさん、世のパンツ縫い族(非常にニッチな市場)のマニアな欲求も必ず満たしてくれます。muni店長さん、私と同じパンツオタク(NGワードになりそう)に違いない。

c0227932_22135540.jpg

股下のマチの効果で、ぽっちゃり息子対策もばっちりのはずでしたが、元石田の反応
「お尻が苦しい・・」
うおー、忘れとったぁ。ポチャ息子、ストレッチ入りじゃないとあかんのでした。
こうして、2年後の次男用のパンツが積みあがっていくのであります。
あー、でもmuniさんのパンツ縫いは楽しい~。


気ぜわしくなってきました。来週から忘年会3回ほど続きます。
それに備えて、今週は基本キッチンドリンカーの私もしらふで台所に立つ苦行を・・(←威張ってるようですが偉くありません)
なにかと体調を崩しやすい頃ですが、みなさまご自愛くださいませ~。
[PR]

# by uteomma | 2015-12-10 22:28 | たまねぎ工房 | Comments(22)

【Mパターン研究所】ストレートサックドレス

好きな生地は?と問われると、ツイードなんだろうなぁと思う。
冬になると、毎年ツイードが触りたくなります。
なんだかんだで毎年この時期裏地付きの洋服を縫うことにしてますが、今年はコレ。
c0227932_2201164.jpg


久しぶりのMパターンさん。
それにしても、懐かしの縫い代フリフリさんと再会。(笑)
c0227932_2245058.jpg

これ確か、Mさんで初めてジャケット縫ったときかなー。
袖山のイセ込みの解説の段で、突如「縫い代フリフリ」なる、Mさん文体にそぐわぬ浮かれた擬態語が登場。当時のブロ友さん方と、この「フリフリ」で大いに盛り上がったもんです。

c0227932_2273874.jpg

このフリフリ縫い代をアイロンで押さえると、自然に肩の丸みが出るという、仕様書の中でもMさん一番気合いを入れて語っておられますが・・

できあがりはビミョーである。
c0227932_228417.jpg


Mさんの仕様書は、一度縫い上がると、しばらくお目にかかりたくなくなる(?)ほどのドSぶり(「ここ間違えるとあなた死ぬわよ」的な・・cla:sia先生語録)で有名ですが、間を置くと、会いたくてたまらなくなる。己のDMぶりを自覚いたします。


ほんとは、先週末の某祝賀パーティーに間に合わせたかったんだけど、ちょっとムリとわかってからは、1日1工程を目標にちまちまがんばりました。


第一の難関、ベルトループ。
c0227932_2292224.jpg

ループ上部の裏面をひっくり返しながら縫うという、アクロバット技を駆使しましたが、やっぱりベルト上部は斜めっとるなー。

見返しはほんの少し残ってたリバティーファーガス。
c0227932_22101641.jpg


その後はさほど難しいところもなく鼻歌交じりで縫っておりましたが、私の鬼門忘れとったー。
どんでん返しがどうしてもできない。何か間違ってるんでしょうねぇ。1時間格闘の末、裏地がしわしわに。
c0227932_22104495.jpg



思えば、ノーカラーコート縫ったときも、裾はおばばに千鳥がけしてもらったものでした。コチラ

今回も裾は奥まつりしました。手まつり下手と裏地の落ち感で、本体から出てきそうな恐怖が。
c0227932_221356.jpg

またしてもどんでん返しに至らず。いつにあったらあの爽快感を味わえるのでしょうか。


ファッションクリエイター松本の催事で購入したものの、その後あんず堂さんに行き、かなり好みのツイードを見つけ、ハンケチを嚙んだものでしたが、出来上がってみると、そう悪くもないかしらん、このデニム調ツイード。
c0227932_22134971.jpg


裏地については、縫い上がるごとに、次は、ピンクとか水色とか派手目のお色で!と思うのに毎度忘れて、同系色買っちゃうのでした。


と、ここまで縫って気づく、サンプラにも似たようなのあるじゃーん。(ブラウス丈を縫ったような気がします)
c0227932_22143616.jpg



ま、でも久々に裏地付きパターンに着手しましたが、出来上がっての達成感がハンパない。(笑)
調子に乗って次は、サンプラの裏地付きプルオーバーにしようかなと思ってますよ。

今月半ばの忘年会まで、登場はなさそうだけど、一応着画。
c0227932_221459100.jpg

150㎝の私にしてこの裾丈。普通の方だと相当短いんじゃなかろうか。たぶんツイッギーが70年代ミニスカートブームのときに着ていたサックワンピのイメージなんでしょうねぇ。今回は3号にしてみました。(未だMさんのサイズ感習得できずですが

タートルネックと重ね着できるよう6分袖だそうです。んー、重ね着より1枚で着るかな。



先の3連休、久々に映画に行けました。例によって、ミニシアターですが。
先日、なんちゃって通訳をしたとき、仲良しになった韓国人女性画家ケスクさんが、「6、70年代好き(この時代の韓国ドラマが好きと言ってました)なウテさんがハマりそうな映画がある」なんて
教えてくれた「セシボン」、偶然にも富山市の映像祭で特別上映されたのです。



韓国映画らしく、相変わらずエピソード盛り込みすぎの散漫さは否めずでしたが、久々に景色のよかナムジャ(男)発見ですよ。カンハヌル氏。
c0227932_22263639.jpg


一緒に行った友達と、歌う口がいい、とかマニアックな視点で盛り上がっておりましたが、60年代後半のフォークソング業界を舞台にしたドラマで、若手俳優たちは吹き替えなしの生歌を披露。
最後に現代のシーンになって、40代になった主人公たちを韓国映画の有名人たちが演じておりますがそれも吹き替えなし。韓国の俳優って歌うまいのね~。(まぁオーディションの結果でもあろうが)トンイの子がヒロインです。

サントラまで買ってしまった。(笑)
c0227932_22274412.jpg

当時の韓国の音楽シーンは、洋楽に韓国語の歌詞を付けて歌ったものが流行っていたらしいので、私らでも聞き覚えのある曲が多くて楽しい。
[PR]

# by uteomma | 2015-12-01 22:38 | mpl | Comments(30)

息子参観日シャツその5?とfu-koさん本バレルパンツ

息子参観日にシャツを縫う部5回目??

また性懲りもなくやってしまいましたわい。
c0227932_17252948.jpg

週末に裁断、月曜から縫い始め、参観日の木曜には間に合ったものの、シャツを縫う度に、「次こそ、丁寧にゆっくり」なんて思うくせに毎度おなじみ突貫工事。

とてもボタン付けまで間に合わんと思い、久々にスナップボタンにおすがりしました。
c0227932_17264387.jpg

出っ腹対策に着丈を5,6㎝伸ばしたところ、チュニック丈になってしまった。
c0227932_17261382.jpg

突貫工事のあかし。このビッミョーな柄ズレ。
あせりすぎて、ヨーク部だけバイアスで取るとかいう発想が余裕がなく全く浮かばなかった。(涙)


生地は、いつもお世話になりますfabさんのビエラ地ですが、確か説明文に「この生地を選ぶ人はまじめな人だと思います」とあり、確かに乙女座A型元石田、真面目を絵に描いたような男です。(笑)

パターンはmuniさんのシャツインセットのシャツ(150)


それが聞いてくださいよー。先に縫ったオックスフォード地のシャツ、脇が窮屈といいやがる。
おまけに出っ腹ゆえ、身頃丈がつんつるてん。
c0227932_1728342.jpg

洋裁百科を見ながら、この辺りを補正しました。
c0227932_17283398.jpg

・・のですが、脇下のツレちょっと危険。かろうじて脇の柄合わせだけ成功しとるな。
(次回から、素直にストレッチ生地で作ります・・ネルストレッチってあんのか??)


弟も、お下がりネルシャツ(ichicaパターン)で参戦。(ヨークが面倒で省略したけど、のっぺり感いなめず)
c0227932_17285748.jpg

にしても、弟3年生のクラス、うちのサッカー小僧はじめ、男子4,5人、競い合うようにハイハイ当ててくれとやかましい。保健体育の生活習慣の授業でしたが、ほとんど「笑点」大喜利のつもりでやってるだろ、君ら。
それに引き替え女子の大人しいこと。完全に↑「アホな男子たち・・」と冷めた目線を送っているのが印象的でした。これくらいの男女って特に精神年齢の差が大きいんじゃなかろうか。

c0227932_17292658.jpg

絵を習ってる兄よりうまいんじゃないかと思った友達を描いた作品。(親バカです)
タイトル「演奏上手ですね」←このタイトルもウケ狙いとしか思えず。


先々週だったか、まったく思いもしなかったC&S便到着。
フレンチフランネルネイビー2m、しばし考えて思い出した。

mevoさんのステキご自作パンツを見て、その足でポチっとした模様。(笑)

丁度、冬サッカー同行用暖パンがほしかったので、これ。
c0227932_17322330.jpg


fu-koさん「毎日着たい手作り服」よりバレルパンツ。

着画でやんす。(トップスはたまねぎ工房fujiko)
c0227932_17335393.jpg

ポルカさんぷちサルールのおかげで、この手のパンツの抵抗感が薄まったものですが、そのぷちサルよりも、サルエル感薄く、ワイドパンツに近い?
腹周りはもう少しタックなどでフィット感ほしいところです。(イン画像は、私の腹回りも相まって若干デカパン先生気味)

にしても、フレンチフランネルのパンツはいい!!
冬パンツ×フレンチフランネル、冬のテッパンになりそうです。

平日の参観日の帰り、久々にあんず堂さんにお邪魔できました。
c0227932_17432368.jpg

これは2年前の画像。
あんず堂店長さんも同じく子育て中のママ。お子さんの部活などもあり今年は平日のみの営業とされたので、なかなかopen日に間に合わず。
久々に行くとやっぱり、私好みの生地でいっぱいではないか。
シンプルナチュラル系よりちょっと個性的な生地の数々。
ツイードもめっちゃ好みのがあり、松本でちょっと妥協したそれ、かなり後悔いたしました。
かくして、冬布タワー。
c0227932_17463863.jpg



にしても、息子参観日にシャツ縫う会で取り付かれたようにシャツを縫い進めていた時分、同時に西村賢太ホリックにも陥っていて
c0227932_17471217.jpg

後ろは今年のボジョレー、友人実家酒屋さんで取扱いのルイテット社の
縫わなあかんけど、西村も読みたい一心で、異様に早く完成できたのだと思う。(笑)
まぁこの私小説の主人公、(=西村さん)のとある分野へ対するマニアックな執着は、私の洋裁(とか、韓流とか、ヅカとかw)甚だしくかぶります。古本屋の店主が「女性が読んで気分のいい小説ではないと思うんだけどー」と言うとおり、小説の90%は、女性への暴言暴力、金の話ですが、どうしようもないのにクスリとさせられ・・「私小説」の不思議な魅力に取りつかれています。
[PR]

# by uteomma | 2015-11-23 18:02 | こども服 | Comments(18)

J'adore!ルーズボートネックTと松本催事レポ!

夏にはWildberryさんの布帛Tという運命の出会いがありましたが

冬の運命の出会いが
c0227932_16532936.jpg

J'adore!さんのルーズボートネックT。

生地とぴったりなオリジナルタグも。ありがとうございます。
c0227932_1654289.jpg


いや~、ほんと、ボートネックについては一言在りなわたくし。(好きなのに、まーったく似合わないつーこと)
10代でセントジェームスに出会ってから、自分に似合うボートネックを追求してきましたが「首が太く短い」といかんともしがたい体型ゆえ、まーどれもこれも似合わない。
c0227932_16553150.jpg

これが唯一いけるかな、の確かミツミネで20数年前に購入。ウール天竺かな。これ以上の形に出会えないので、くったりして来たとこだし、解体しようと思ってました。

まさにそんなときに、ジャドールさんのカートオープン。
店主愛華さんの着画、ただでさえ華奢な彼女が、さらに華奢に見えるデザインってどんなだ?
という探求心で買ってしまったもの。
例のガウンコートの残り生地です。
c0227932_1657334.jpg

数回着用したものの、どうしても岡本知高さんが浮かんで来てしまい、90の祖母にあげました。
(デイサービスに着てくよ、と5千円くれました←未だにばあちゃんにおこづかいもらうアラフォー孫、日本の縮図です)

前身頃のドレープ感からわかるように、後より前の身頃幅が広いデザイン。
c0227932_16563671.jpg

裾にかけてゆるやかにすぼまるので、店主さんおっしゃるように裾がもたつきません。

C&Sスタンダード本のサブリナパンツと。(スキニー系は卒業といいながら、チビには合わせやすいのでなんだかんだで活用)
c0227932_1658597.jpg


店主さんのスカートにインの着画もステキだったので、去年作ったワークスカートと。
c0227932_16584469.jpg


ほんとこの形気に入りました。今年のニットの定番化しそうです。

続いてたまねぎ工房fujikoちゃん
c0227932_16594696.jpg


去年は、タートルネックバージョンをよく作ったのですが、今年はクルーネックの気分なので。
生地は、当初息子たちのトレーナーを作ろうと買ったfab-fabricのミニ裏毛。(確か)
息子ジャージ系トップスは、GUとZARAでほぼ間に合ったので、ありがたく自分のものを作ることにしました

・・・・・というのが思いっきり仇となり。

このパターン、縦横伸びる2ウェイニットが推奨なのに、テンション低い裏毛ニット。着脱の際は相当気合が必要となります。

久々のバインダーがこれまた
c0227932_1794832.jpg

落ち込みました。

ニットソーイング1勝1敗の巻。
ちょっとみなさま、きれいめでお手軽ニットパターン、おすすめ教えてくださいまし!


次は、いよいよ、松本11月催事レポ。
こってり書きましたのでちょっとたたみます。

More
[PR]

# by uteomma | 2015-11-15 17:41 | 自分服TOPS | Comments(30)

冬物の展望ともっちTコーデ&TANDEYシンプルトート

松子さんのブログで、わしもわしもー!と思ってしまったのが
冬ボトム、やたらと縫ってるところ。(笑)

ほんとおっしゃるように、昨シーズンいったい何回着用したっけ?みたいのも多々見受けられます。極めつけは、たまねぎ工房のクロップドパンツ・クォーツ、松子さんのブログで思い出した・・
作ったものすら思い出せない危険な状況、試しにリストアップしとこうと思います。(ここ1,2年のものに限る)
c0227932_20375413.jpg


クルール:コンフォートシガレットパンツ、切り替えハーフパンツ、シガレットパンツ、ガウチョパンツ
たまねぎ工房:クォーツ(クロップドパンツ)、スノードロップ(前タックスカート)
Fab-fabric:クロップドパンツ、テーパードパンツ
ポルカドロップス:プチサルール×2
MPL:ワンタックスリムパンツ、セミタイトスカート
アネパターン:carre コクーンゴムスカート

もう今季はボトム作りませんっ!!言ってしもうたわ


全然足りないトップスの前に、息子服どげんとせんといかん。
元石田のぽっちゃり対応ズボン(muniイージーパンツテーパードバージョン)、3着目さすがに飽てきて
c0227932_2102017.jpg

オレンジのステッチ入れてみた。

サッカー小僧用は、ほぼ元石田ヤセ時代の大量のポルカほそパンツで間に合うのですが、なんだか可哀相になって、三日月パンツを。
c0227932_2044491.jpg

自分でもなんでこんな黒板色!?と思ったんだけど、元石田用シャツに買ったビエラ地(両方ともfabさん)に思いっきりつられたな。

晩夏に買った珠玉のもっちさんTとコーデ。(もっちTはもう十数回洗濯してるのにこの風合いを維持、凄すぎる〜)
c0227932_20443443.jpg

このボディバッグというんですか?うちに遊びに来る田舎の小三、小五男児たちにしても8割方持ってます。ここぞと、ハンドメイド母の本領発揮と行きたいとこですが、子どもの、まして小物・・なかなかふんぎりが付かず。


自分のバッグもかなりのやる気を出して作りました。
c0227932_2045494.jpg

週の半ばに、韓国の油絵作家お二人の県内観光にインチキ通訳として同行。
c0227932_20452411.jpg

↑春から愛用のone's oneカジュアルトートも、ちょっと季節はずれっぽくなってきた。

おなじく通勤用の弁当入るバッグとして今回は、TANDEY本から、シンプルトートを作りました。
c0227932_20462212.jpg

今回も、質感が大好きなロウ引き帆布を使いました。

内ポケットを作りたいので、シーチング地の裏地を付けてみたものの、
c0227932_20465913.jpg

算数苦手な私はどうしてもどんでん返しができず、無念のデフォ通りのパイピング処理・・
c0227932_20472161.jpg


ロウ引き帆布バッグ、3兄弟。
c0227932_20475419.jpg


もっともっとフツーのトート感漂うと思ったけど、そこはTANDEY デザイン、どことなくオシャンティな雰囲気。
150㎝が持つとこんな感じです。(パンツは松子さんのおかげで救出の、たまねぎ工房クォーツ)
このサイズ、ありそうでないような??底マチのおかげか、大容量なのにいかにも大きいバッグにならないのがいいわー。
c0227932_20481998.jpg



最近の御宅活動。(黒やぎセンセの真似)

9、10月は毎週行事がたて込み週末も休んだ気がしませんでしたが、11月はちょっとほっとできそう。(と思ったら、4週もれなく試合入りますた)
んで、久々に古書店ブックエンドさんで、年内読む物仕入れてくる。
c0227932_20484771.jpg

大好きなちくまちゃんがいっぱい。今月は映画観られるといいなぁ。

このところの春画ブームで(!!職場でも、永春文庫の春画展、行ってきた人もちらほら・・)、つい手に取ってしまった
c0227932_2049830.jpg

「春歌」(←昔、農作業しながら、性を明るく謳った歌)野坂昭如。puriko帽お供にしばしの癒しの時間でした。スタバの片隅でエロい本を読むおばちゃん


アキラくんパパ撮影の、どんなに下手でもそれなりに見える写真。(笑)
c0227932_20492898.jpg

いや、ほんと、あの嫌で嫌で仕方なかった息子サッカー同行も、夏の特訓の成果かようやく個々の技術力もアップしてきてゲームとしても面白くなって来たので、最近は機嫌よく試合についてっています。ああ単純なあたし~。↑ってこの後ゴール外すよ、確か。


そして!!これ本題ww

ついにファッションクリエーター松本の、催事案内ハガキ到着。
c0227932_20501199.jpg

↑広告担当者さんのはじけっぷりに注目。(笑)
今回はこのハガキは誰が作っているのか聞くミッションを何より先に果たしたいと思う。来週後半です。いざ!
[PR]

# by uteomma | 2015-11-06 21:08 | 小物 | Comments(19)

fab-fabric#012テーパードパンツと中野本「ガウンコート」

今年1番パンツとの出会いとなるか!?(いちいち大げさですいません)
c0227932_205365.jpg

fab-fabricさんの無料配信パターン、#012テーパードパンツ
生地:ポリエステル&レーヨン混×チェック(グレー)×サージストレッチ(fabさん)

共にDMパンツ道を歩んでいるこね太郎さんが、春先だったかな、このパターンを縫っておられ、着画のシルエットが大好物な感じで、作りたくて仕方なかったのですが・・

夏には、このパターン用に白デニムと、チェックの高気密ツイルを用意したものの、まったく手が付けられず、ようやく、サージストレッチ素材で実現とあいなりました。

にしてもこのサージストレッチ、史上最強の伸びを誇り(?)まるでゴム状態。

c0227932_2012242.jpg

なので、ベルトの角などはまったく決まらず、落ち込みましたが、

できあがってのこのドレープ感。ついでに、こんな中縫いのタックは大好物です。(最近タック萌えw)
c0227932_20125391.jpg


今まで、テーパード部門の不動の1位だった、MPLワンタックスリムパンツよりも、ヒップラインから裾までの角度が好みかも~。
c0227932_20132049.jpg


こんな理想のパンツができたのに、恐ろしく似合わないシャツとのコーデもテンション下がるところだけど(おぜうさんの読んだ着こなし本より・・チビは何がなんでも腕まくり)
c0227932_2013456.jpg

こんなサージやウール系よりもデニム、ツイル系の方がもっと垢抜けるかなーと思いました。
なぜなら、巣鴨マダム世代の母親が自分にくれとばかりに、このパンツ褒め殺す。(笑)
うむ、たしかにこの質感のストレッチ、長戸商店さんにいっぱいあったな。
かっかさんが、薄手のチノクロス地?で作られたのを見てそう思いました。


↑この着画で、早急に羽織物がほしくなり。
中野ユカリさん「大人の日常着」よりガウンコート。
日暮里トマトで買った圧縮ウールニットのつもりだったけど、布端の丸まりが天竺でないかなーニット。
c0227932_20144930.jpg

そうなんです、このロング丈いかにもチビには危険な匂い満点ですが、おぜうさんがウテが目指してるのはおそらくこの路線、と教えてくれたInRedで、奇しくもロング丈特集。
c0227932_2015999.jpg

「小柄さんも味方にできるロング丈」みたいな見出しについその気になり作ってしまいました。
念のため失敗したとき用に、mionさんのショールカーデも買ってありますww

c0227932_20164537.jpg

だは~。
c0227932_20165975.jpg

やっぱり着られた感漂います。
チビはインナーを上下とも同系色にして縦のラインを強調したらいいみたいです。
あわよくば、職場着カーデ要員を期待してましたが、これはどう見てもアウターですね。
しかし、ここ北陸においては気候的にこういう薄いアウターが着られるのはほんの一瞬でした。
まぁ、直線縫いだけで1時間半コースなので、明日着ようと思うとすぐ作れるのがいいな。


今週は、宝塚歌劇の富山巡業がありました。

興味のある方だけこちらどぞ↓



More
[PR]

# by uteomma | 2015-10-25 20:41 | fab-fabric | Comments(26)