<   2017年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

palletウエスタンシャツを発表会シャツに・・と、船場レポ


先週はじっくりベイカーパンツ作りに励もうと思っていたところ、まさかの事態。


地区の小学校が数校集まって開かれる連合音楽会でうちの次男、先月我が望海風斗様が立たれた舞台(オーバードホール)に、立つことになりました。

合唱曲はミュージカルライオンキングの「サークルオブライフ」なのですが、チビで甲高い声のうちの息子、冒頭のズールー語の♪ナーツゴンヤー○×&%#をアカペラで歌う役に抜擢されました。

c0227932_21461686.jpg
(右側が次男。まさに先月の宝塚の舞台で望海様が「抱きたい・・」と言った地点であるw)


始まってみると、考えてた以上にソロの尺が長い!急にテンパりはじめたわたくし、ビデオカメラの一時停止ボタン30秒も押していた。


それもであるが、洋裁趣味的ひっかかりとしては、「なにこのよれよれのポロシャツは!?」である。(衣装ケースの底から出て来たやつ)

ピシーっとアイロンのかかったドレスシャツみたいのを着てる子もいる中、長男お下がりの10年パンツは若干大きめ、極めつけは黄色いシューズ。ちーん。

週末には、学校での学習発表会でこの合唱をご披露するチャンスがあるので、それまでにシャツを縫うことにしました。


オーバードホール帰りにトーカイに行くと、丁度、元劇団四季所属の店長(脚本できすぎw)

経緯を話し、「できれば、本番後は普段使いもできる素材がいいんだけどねー。キナリでもいっかなー」というと

「いいや、舞台では、きちんとした白の方が映えるのよ!絶対これ」

c0227932_21472011.jpg

・・と、化繊混のブロード地を押しつけてくる。(上は接着芯)


この時点で火曜日か。本番は土曜日。


以前さんざん作ったichicaボーイズシャツの縫うつもりでいたのに、どこを探してもパターンがない!(あ、ichicaさんといえば、新作のワイドパンツ、ポチっとしました)ようやく見つけたのが、palletの、よりによってウエスタンシャツ(笑)後身頃はじめ3パーツほどない。

↑新たにトレースしたのが問題あったか、これよ。

c0227932_21511196.jpg
なんで袖  余るかなー。(余った分、同じ幅で袖先まで紐状に切ったのは言うまでもない←意外に大丈夫!)


なんせ3日しかないので、悠長に剣ボロやってる暇もないから、逝ってこい(黒やぎ用語)始末にしたんだけど

c0227932_21570000.jpg

結果的に、剣ボロやるのと変わらないくらい時間かかった。

c0227932_21584548.jpg
以下、やっつけ感満載でお送りします。

c0227932_21594603.jpg


どこを撮っても、粗目立ちますな。

c0227932_22002182.jpg
しかし、この化繊ブロード地、カーブ縫うの大変!裾はこんな感じだし、袖山もなみなみになってしまった。


完成したのが発表会当日6時。すぐ着せてみる。

c0227932_22034082.jpg

縫製がまずくても、着せるとそれなりに見えるのがシャツですわね・・


お友達が砂かぶりの席から、撮ってくれた映像は、結婚式で流します(笑)

c0227932_22040655.jpg
それにしても、久々にpalletのパターンを縫いましたが、やっぱり好きだなーと思う。
そして、このフツーのシャツ用ブロードを勧めてくれた四季店長にも感謝。真っ白よかったと思う。

palletパタ―ン再発見てことで、2年前くらいに縫った、元石田用カバーオールも、今年のpuriko帽と合わせると、いい感じに。私が着ます!

c0227932_22060569.jpg


先週末の上阪の折、繊維・アパレル卸のデパート、「船場センタービル」に馳せ参じました。横長にビルが連なっており、全長1キロだっけ??(1~10号館まであり)

c0227932_22065487.jpg

インスタのステキ洋裁家さんで、こちら生地屋のワゴンで400円/mくらいの生地をものすごい作品に仕立てる方がいて、ずっと気になってました。


足を踏み入れれば、数年前に行った、ソウル東大門総合市場だね、こりゃ→こちら


c0227932_22135576.jpg

土日は閉めてるお店が多いと聞いてたけど、教えてもらった「キタガワ」さんやってました。

c0227932_22143709.jpg
このように店先に反物も置いてあるけど、ワゴンに集中。


これだけお持ち帰り。

c0227932_22151467.jpg
c0227932_22153743.jpg
クラボウ萌え(笑)

こちらのじいちゃん店主が見るからに可愛いんだけど(中国人バイヤー?と、私がいた10分ほど、まったくかみ合わない不思議な会話が繰り広げられていた)

c0227932_22181637.jpg

話し出すと、新喜劇のおとぼけお爺・井上竜夫(今は亡き)でおまんにゃわ。

お会計の段になり、えー、これが1200円やったな、これは1000円やったかな・・と3枚分をチェックして、最初の1枚に戻りえー、これいくらやったかな、×3回繰り返しました。(なかなか足し算できないw)

心の中で「やや、ここは客が何か言わなきゃならんシーンなのではあるまいか??合計500円ね!とか」と焦りまくりましたが、3回繰り返した後あっさり足し算が終わり、結局いくらも負けてくれてないし(爆)


まぁ、じいちゃん可愛いから許す。


こちらの帆布ばっかり売ってるお店の、ロウ引きの帆布、パネルで800円くらいだったかな?持って帰りたかったけど、次の日程が宴会だったので

泣く泣くあきらめる。

c0227932_22184295.jpg

今回も例によって3、40分の滞在でしたが、半日くらいかけてじっくり回りたいなー。前述のインスタ洋裁家さんのように、格安生地を大物に化けさせる喜びに目覚めてしまいそう。


今週の一冊

c0227932_22225798.jpg

平松洋子×安西水丸×戌井昭人(解説)の私の好きな人3人のコラボエッセイ。即買いでしょう。

なんとなく心が落ち着かない日々にあって、一日の終わりに2,3編読んでから眠りに落ちる・・のにぴったりの作品でした。

表題作のアジフライは「予想を裏切ることのない、揚げ物界のご隠居さん」。しびれる~。

この方、韓国の大衆食堂にも詳しいんだけど、平松洋子といく、韓国ソウル庶民の味ツアーなんてのか企画されたら絶対行くんだけどなぁ。





[PR]

by uteomma | 2017-10-25 22:33 | こども服 | Comments(20)

Quoi?Quoi?「デイリーウェア」のノーカラージャケット

インスタ天下一洋裁会連日楽しませていただいてますが、自身は無理なお題はしれっとスルーして、3日に1回くらいの投稿で現在進んでいます。

それにしても、世の洋裁家さん、なんてお片付けがお上手なんだ!
ミシン周りといい、パターンや糸、ハギレのいたるまで、すべてカオスな状態の私は「カオスゾーン」でしか参戦できないyo!
今日カオスゾーンをモザイクいれて投稿してる方がいましたが、激しく共感いたしました。(この手があったね)


前回のブログで、中野ユカリのちょっとよそゆき・・のペプラムジャケットの裁断シーンをアップしといて(結局裁断は未遂に終わる)、なんか、どうもひっかかり、結局コアコア「デイリーウエア」のノーカラージャケットを縫いました。こっちの方がオンオフ両方いけるのではないかという下心。(ああ、ビンボ臭い・・)
c0227932_22300668.jpg
ノーカラージャケットって裏地つけなかったら、Tシャツ縫うくらいに簡単なんだけど、最後にやっぱり落とし穴。

イセ込みですね。
c0227932_22305228.jpg
今回はステッチ糸で本縫いまでやらかし、そのまま袖ぐりギャザーも30番手ステッチ糸で行う。
なんだかいつもより上手にできてない??この段階での丸み

と思って、機嫌よく袖付けをしたのですが、出来上がってみると、いつも何ら変わりなかったこと。
c0227932_22314265.jpg
あせって、Mさん仕様書のいう「縫い代フリフリ」のギャザーをアイロンで押さえてみたりもしたのですが。
このイセ込みだけ、集中講義していただける洋裁教室あったら絶対行きたい。

んな訳で、玉縁ポケットに並ぶ洋裁苦手箇所なので、人様の服もピンポイントで確認してしまう。
c0227932_22330830.jpg
職場の姐さんの、2タックいり袖山。
イセ部にギャザーが入りがちな私はこの作戦もいいなーと思った!

久々にトルソーちゃんに着せようとクローゼットから出したら、8月下旬に縫ったたまねぎ工房オパールをまだ着用だったの怪(ちょっとドッキリしたw)
c0227932_22364792.jpg
ステッチ糸でお知らせしています。
c0227932_22374089.jpg
c0227932_22381089.jpg


何の面白味もない着画。(あ、髪型は面白いわw)
c0227932_22383144.jpg
うむ、袖がもうちょっと細くてもよかったかな。
昨年同じ生地で作ったノーカラージャケットの前ボタンが留まらないという悲劇からリベンジしたジャケット作りでしたが、まぁ面白味や斬新さはないものの、定番ぽいのができたと思う。このmittelさんのパラセット加工地、パリパリと紙のようですが着るうちに馴染むのに期待しよう。

週末の上方入りの折、このジャケットに合わせて旅行コーデができないかと考えてるところ。でもなかなか思い浮かばず、今のとこ考えてるのはpuriko帽をかぶろうということだけ。(puriko帽の季節になりました♪)

インスタの洋裁家さん方の影響で、補正、アレンジをしてみようと思い立った。(あれだけ自分のサイズに合わないパンツを増産するのも、さすがにいかがなものかと思い始めた)
c0227932_22480618.jpg
今人気爆発のシンゾーンのベイカーパンツ、MPLのワンタックスリムパンツから作ってみよう計画。 

高めウエスト部(ベルト見返し仕様)のみ雰囲気一緒という理由(笑)
まずはウエスト幅出しする・・うーむ、これで業務終了にならんようにがんばります。

久々に見たいなと思った「ドリーム」行ってきました。
c0227932_22511245.jpg
舞台は人種・男女差別が根強く残る60年代のアメリカ、ソ連としのぎを削っていたNASAの宇宙開発合戦の折、アメリカ人初の宇宙飛行士による地球周回軌道を成功させた影には、3人の黒人女性の存在があったってお話(実話)
差別ガチガチの話なのに、全体に流れる明るさ。ばかばかしい差別を明るく笑い倒す余裕というのかなぁ。類い稀なる才能の持ち主だった3人があらゆる差別を乗り越え、NASAにおいて確固たる地位を確立していくのですが、教訓めいたところもなく、とてもセンスのいい映画でした。洋裁好きとしては、60年代の働く女性ファッションも一見の価値ありです。お仕立てもののワンピがステキ~。

そして今週の一冊が
c0227932_22584903.jpg
インスタで再びご縁のできたかずさんおすすめ伊吹有喜さん、新作のこの作品は来年の宝塚月組公演の原作と来たもんだ(運命感じた!)
こちらもプロフェッショナルとは!?と考えさせられたり、チームで一つのことを成し遂げる際の高揚感も感じられる作品です。
アムロちゃんの引退や望海風斗さんを通して、プロとは?芸とは?なんて思うことが多くて(才能や資質だけではない、それに見合う努力もこれアリとか)タイムリーな2作品でした。



[PR]

by uteomma | 2017-10-12 23:13 | 自分服TOPS | Comments(22)

メンズリラックスパンツM(クロップド丈)

昨年、pom+さんと岐阜に布狩りに行ったとき教えてもらった、インスタの「天下一洋裁会」。

10月の1か月間、洋裁に関するお題が毎日与えられ、お題に則した投稿をするというもの。今年も開催されました。

思い切って参戦してみました!・・が現在4日目にして、早くも行き詰まりちう・・(やっぱりね、やっぱりね)

それでも、愛用のミシンや道具のpost(=投稿 使ってみたw)から垣間見える、洋裁に対する姿勢や思いは洋裁家さんそれぞれで、飽きないなぁ、面白いなぁ。どうもロム専になりそうな気配満々ですが、1か月のお祭り楽しみたいと思います。


以前ちょこっとやってたインスタですが、以前フォローしてくれてた方から、おかえりって言ってもらったり、ブログ見てます!と言って見つけてくださったりするのがとってもうれしいですね。


でも無駄に長文家なので、やはりブログを書かないと、心の安定を保てない感じ(笑)


祭り参戦にあたり、今月は自分の服を縫いたい気持ちでいっぱいですが、元石田の塾に行く格好が裸の大将化してきたので、慌てて作りました。(というか、どうにも、やる気がでず、なかなか進まなかったー)
フルレングス、アンクル、クロップドと丈は選べますが、155㎝にはクロップド丈だろうと。
生地は、ぽぷりさんの40チノクロス(だったか??)

c0227932_22535407.jpg
yurilyさんちのお兄ちゃんはSサイズだったけど、うちはお尻が入らない悲劇が多々あるためMサイズをチョイス。


特徴的なのが、股のマチですが。
久々に思い出したわ!

c0227932_22545765.jpg

わたくしマチ縫いが何より苦手。

あー、見て、この先端部のひどいこと。

なぜなら、縫い代をどちらに倒せばいいのかわからなくなるから(笑)


kirinjunさんの夏のメンズパンツのpost見て、このバックルベルト使いのパンツ作りたいと思ったのでした。

c0227932_22560304.jpg
そうそう、ベルト通しのボタンホールが、わたし史上一番うまくいった件!!(うーむ、気負わないことが大事)

c0227932_23002285.jpg

思えば、JUKIのシュプールに純正のボタンホーラーがないので、ブラザー(ジャノメ)のそれを買ったのですが、当初は針板に針がぶち辺り、通算10何本はお陀仏になったのではなかろうか。その板の位置も回を重ねるにつけ、微妙な位置も体が覚える感じとなり(職人か)、最近は鼻歌まじりでボタンホール作業(笑)

いやー、何がうれしいって、当初からいろいろ問題のあった我が家のシュプール号が、こんな難しいことができるようになったと(感涙)←出来が悪い子の親の気持ち・・シュプール号、我が家の三男坊の立ち位置です。

c0227932_23012942.jpg
でも、同じボタンホーラーユーザーさん同士でよくいうのは、「家庭用ミシンのそれよりクオリティー低いよね」ちーん。


挟みタグを思いっきりポケット表に付けてしまう失態(なんでやねん!)もありましたが、なんとか完成。

c0227932_23034559.jpg

ビフォーアフター

c0227932_23041950.jpg
名前のとおりルーズなフィットが、どうかなーと思いましたが、穿いてみると悪くないかも。なんとか、アンクル丈で着地。
そういや去年の冬は、fabさんのルーズフィットパンツのSを穿いてたのだった、この人。

さあ懸案も片したので自分服計画。

晩夏ものの1枚で着るようなトップスは異様に充実しているので、ジャケツ系ほしいー。


去年作った、自分はSサイズだと思い込んでたせいでボタンの止まらぬノーカラージャケット(「やさしい服」より)

c0227932_23111386.jpg

この生地がダブル巾で1mちょっと残ってるので(生地はmittelさん実店舗で購入)

c0227932_23120554.jpg
また、ノーカラーのペプラムジャケットを。

それと、サッカーのときに、我がチームのファッションリーダーが

「ウテさん、ことしはファー来るよ~」と言ってたので、ファーの何かを作りたい。



なーんて、お針子妄想に熱が入るのも、理由がありまして

c0227932_23144174.jpg
サッカー小僧の少年サッカーのチーム、6年生チームは、市内でも強豪の一つに数えられておりますが(たぶん)

全日本少年サッカー大会(少年サッカーのいっちゃん大きい大会)でまさかの1回戦負け。5年生の息子はベンチメンバーなので、私も応援に行ったのですけど

あ然・・・

今まで見て来たあの強い6年生はどこに行ったのか、まったく自分たちのサッカーをさせてもらえず(相手チーム相当研究してきた!)ホント、つらい幕切れでしたわ。

ってことで、10月は思いがけなく洋裁時間取れそう!(この切り替えの早さ何?息子のサッカーの試合中、毎度切り替え!切り替え!って叫んでるだけあるw)

中旬には半分お仕事で大阪入りしますが、「船場センタービル」突撃しようと思います。(情報求む!!!)



先週、人生最高のアテとの出会いを果たしました。

c0227932_23151883.jpg
富山湾名産バイ貝と肝を和えたもの。

富山駅前「寿司晴」さんの名物です。

大将に、この肝ってバイの肝?って聞いたのですが、ムニャムニャ・・言ってたので、何の肝なのかは謎。一応バイ貝の肝になってるけど!?

これを食べた後、3日間は口の中に旨味が滞在しておりました・・妄想アテで呑めた(笑)


プレミアム焼酎の3Mの一つ、魔王が手に入りました。

c0227932_23162029.jpg
(アテはほたるいかの黒作り)いやー、すごく期待したのですけど、私の好きなザ・芋感は抑え目で、さらっとスマートな飲み口だったのが残念・・


今週の一冊。

先月あたりまでの、新聞の書評見て新刊すぐに図書館に予約作戦も、最近はライバルが多いみたいで、待てども読みたい本がいっこうに来ません。

いつものように、新刊を予約行った帰り、新着本棚で発見

c0227932_23184716.jpg

戌井ワールドにしばし逃避して、「天下一洋裁会」で踊る心をクールダウン作戦。(なんだかんだで、戌井昭人、相当読んでると思うw)






[PR]

by uteomma | 2017-10-04 23:34 | こども服 | Comments(16)