<   2016年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

C&S お気に入りをてづくりで「フレンチスリーブのワンピース」

C&Sさんの新刊、表紙のワンピースを。
またしてもC&Sさんの世界観思いっきり無視。すんませーん!
c0227932_14411230.jpg


聞いてくださいよ~!
当初はこれ作ろうと思ってた。
c0227932_14415792.jpg

洋裁を始めて最初に買った月居良子さんの大人のクチュール。
いつかは作りたいと思ってたワンピ、ようやく職業用のコンシールファスナー押さえと、ローン地3m弱用意でき、いざ取かかろうと思ったらどなたかの投稿
「胸の開きが、マリリンモンローの衣装ばりのセクシーさ」に萎えました(涙)
慌てて書店に走り、海外竜也さんあたりのお出かけワンピ的なのを買って来ようと思ったんだけど、C&S新刊の、「作りたいパターン3アイテム以上」が勝ちました。
で、これまたあんまり好みではなかったけど、表紙の「コンシールファスナーと用尺3m弱」が一致するので作ってみた次第。
(ああ長い、ごめんちゃい)

表紙のワンピはお嬢さんのスタイルと、黒無地生地で素敵に盛られておりますが、この懐かしい雰囲気の形、柄生地で作ると思いっきり昭和になる気配満々。
このスカート部の逆台形コクーン型にくじけそうな心を奮い立たせたのであった。
c0227932_14524148.jpg


このパターン、パッと見は、簡単そうなんだけど、無駄に(失礼)洋裁の達成感を盛り込ませたい意欲満々。スラッシュポケット。
c0227932_14555917.jpg

そう、このスラッシュポケットで、ん?と思い巻末を見たらば、パターン&グレーディングは水野佳子先生でしたわ(笑)

このポケットがよりコクーン化に一役買うのかな??
c0227932_1592336.jpg


裾、袖に見返しですよ
c0227932_1458754.jpg

あー、いちいちクソ面倒くせ~という感じでしたが、出来上がるとやっぱりしっかりしてるというか、自立します。

ようやくコンシールファスナー押さえを買って、付けようと思ったら、普通の樹脂ファスナーでいいでやんの。
慌ててトーカイに行き、店長さんに言ったら
「あら~、私はこっちの方が好きよ。アイロンかけやすいし」そうなのか。
しかし、ファスナーの色合ってないし(笑)
c0227932_1553459.jpg

ファスナーを覆い隠すカバー的なやつの幅が最初太くなりすぎ、横にもう一度ステッチ入れたら、ダブルステッチ。これもデザインに。(ならんって!!)
c0227932_157314.jpg


かくして後ろ姿はこんな感じ。(あー、ヒドイ)
c0227932_2037559.jpg


ローウエストの感じがいまどき風なのかしらん。
c0227932_1583243.jpg


それにしても、C&Sさんの水野さんパターンの本は、回を重ねる度にレベルアップしてない?
今回は裏地付のワンピパターンもある。
まぁ、洋裁マゾとしては、つい挑みたくなってしまうところですが(笑)

着画は、想定通り、ミセスのおでかけ風ww
c0227932_15124092.jpg

アルバムにこんなワンピ着た母親の写真があった気がする。
これをいまどきにするには、表紙のように単色づかい、ローヒールのパンプスでパリジェンヌっぽくって感じ?
あ、大事なこと書き忘れ。生地は、久々ひできさんで、YUWAの海外向けブランドMIKIMOTOの60ローン地でした。やっぱりリバティーのあのしなやかには程遠く・・

まぁでも、久々のパンツのチャックではないファスナー付け、もっと上手く付けれるようになりたいという気持ちが芽生えました。また似合わないワンピ作ってしまいそうだな~。

毎年恒例の職場主催書道展の祝賀パーティ、受付チーフの仕事のときに着て行こうと思ってます。(これが毎年難航して、作れず終いですが、今年は形になった)

ここ3か月くらいで読んでた本
c0227932_15173540.jpg

高峰秀子さんが面白い!
ばあちゃん子である私は、生きてたら祖母と同年代である作家の本を好んで読む傾向にあります。向田邦子しかり、澤地久枝しかり。今だと、暮らしの手帖の大橋さんもそうだな。澤地さんは生きていらっしゃるけど、生きてたら彼女たちは今のきな臭い世の中についてなんて言ってるだろう・・なんて思います。
三島由紀夫の小説はさっぱり読めないんだけど(笑)、↑これは面白かった!
[PR]

by uteomma | 2016-08-19 15:24 | C&S | Comments(18)

パタレ・フラップショルダーバッグ他

こちらで何度も登場しております、ひらり作家のワンハンドル肩掛けバッグ(こんな名称でないと思われるが)も週末ごとの炎天下の同行で、ビンテージ感が漂いはじめ、それはそれで味があっていいのだけれど、2号機を作ることにしました、サッカー同行用バッグ
c0227932_2021516.jpg


生地は、TANDEYの本から何かしら作ろうと思って買っておいた8号帆布ですが、TANDEY本の副資材も自前で揃えなきゃならないのが億劫になり、パタレさんに頼ることにしました。も一つ好みではなかったけど(笑)
売り切ったら廃盤の札(ふだ?)が出ていたので、人とかぶることはないかな~と思い。もつろん、付属セットも購入。
c0227932_2091590.jpg


出来上がると↑前言撤回です。ハンドメイド感薄~!アウトドアブランドまでは行かないけど、買ってきたようなバッグになってる~。
c0227932_2012032.jpg

内布はいつぞや、旦那が母校の学園祭の岡山デニムB反コーナー(?)でただでもらってきたストレッチ水玉地、まだ子供のパンツくらい作れそうなほど余ってるけど。

c0227932_2014118.jpg

↑この後ろ姿、背の部分から一回り小さいフラップ部が接合してるところ、萌えます。(意味不明)バッグのこんな部分異様に好きなんですけど。

c0227932_20171216.jpg

マジックテープもとい、面ファスナーで留めるのです。

これがまた簡単なんですよ。縫ってたのは半日くらいだったか。
パタレさんの仕様書は、洋服の場合は、くどいくらいの懇切丁寧さに辟易することもありますが、バッグ解説においては、そのおせっかいぶりが(失礼)、丁度いい。まぁ、単純に私ほとんどバッグを作ったことがないからでしょうねぇ(笑)
バッグを作るときはパタレさんに決めました。

唯一難を挙げるとすれば、フラップ部の斜めのチャックが使い勝手悪いかなー。
今日もこのフラップチャック内にしまった、えこまいか(地元のSuica)を出そうと下方をまさぐれば、上方の直角三角形の90度のあたりにカードが収まってるー。このチャック内の小物の動きが予測できません。

150㎝がサイズMを着用した場合
c0227932_20282240.jpg

このところの暑さで袖があるものは着れなくなりました。
この↑腕のツートン焼けを見て、二の腕の生白さにぎょっとなり、この後炎天下で焼きましたら、真っ赤になりました(涙)
にしても、今年は周りのサッカーママたちが軒並みサーファー化してます。30代まではね。
我ら40代は、漁師??

前回、リバティーで作ると予告した、「大きな服を着る・・」のフレアプルオーバー。

c0227932_20341921.jpg

ホビーラ店員さんの、この柄なら秋口まで・・につられ、買ったんだけど。
リバティーは明るい色が好きだな。↑着画のたまねぎ工房ノビータも。
ま、でもリバティはほんと夏に着ると涼しいですね~。

うちの長男の自由研究、今年もネタ元はYouTube。
運べる水、Oohoだそうですが、作ったはいいがこれをレポートにまとめるのが大変なんでしょうが~。(このまま8月末まで放置されそう)
c0227932_2045847.jpg


リオオリンピックの盛り上がりで、車の中でもブラジル音楽的なのを聞きたくなり・・
探してみましたが、がんばって、キューバ、中南米止まり(笑)
ブエナビスタのお姉さまと、グロリアエステファンがやっぱり夏だなーと思う。(でも、結局スペイン語だけどww)
c0227932_20474194.jpg


こないだ幼なじみと久々にランチしたらば
「去年しょーこちゃんが作ってくれた、ガウチョパンツ風のがすごくお気に入りでそればっかり穿いてるからゴムが伸びてきた」とうれしいことを言ってくれるので、姉妹用に作りました。90、100サイズ、可愛ええ~。
c0227932_2052480.jpg

うちも保育所時代は、パンツはおそろにしてたなぁ。
このパターン、ソーイングナチュリラvol.2の男女兼用ゴムパンツ。
デザインは?と見れば、Quoi?Quoi?さん。やっぱりなー、運命感じたわ。
ソーイングナチュリラでもこの2が特にお気に入りみたいで、今数えたら6アイテム作ってました。いやはや。やっと職業用のコンシールファスナー押さえを手に入れたので脇ファスナーのパンツまた作りたいな。
[PR]

by uteomma | 2016-08-13 21:12 | 小物 | Comments(20)

「大きな服を着る、小さな服を着る」のフレアプルオーバーが優秀!


もはや何枚作ったかもわからない布帛T、また追加。
c0227932_7425074.jpg

たしか松本の500円均一コーナーにあったリップル地?
c0227932_7434175.jpg


ほぼ毎日着ている布帛Tですが、こないだ河川敷のグラウンドに着て行ったらば、翌日お腹のあたりにぶつぶつが。すわ、いい年こいて汗疹?だったのですが、よくよく考えると、風通しのよい布帛T、虫も一緒に入って来て虫さされだった模様。
1枚で涼しく着られる布帛T、アウトドアではご注意というお話でした(笑)

唐突ですが、夏はコードレーンですね~。
夏休み前の参観日に、コードレーンのワンピをお召しのママがいて、例によってじっくり観察してしまった・・ので、コードレーンのワンピを作ったかと思いきや、元石田用の横幅がご自慢の方用パンツですが(↑因みにママのワンピは、ポルカさんの夕涼みワンピ風)
c0227932_7551759.jpg

こないだkokoさんがストライプ地をバイヤスで取って、ブラウスのカフス部や裾切り替えに使っておられたのを真似して、ヨークだけ地の目を変えてみました。
そういえば、去年はコードレーンで夫ハーパンを作りましたが、パツパツで日の目を見てないな、そっか、元石田用にすればよいのか。
そんな元石田、本日、富山県の6年生が必ず挑む夏の通過儀礼、立山登山に本日出発しました。あー、またも、学校ホームページを5分おきにチェックする2日間となりそうです。

夏の布帛ブラウス研究家(自称)の私、名作候補を発掘いたしました!(いや、インスタでとっくにヒットしてる可能性大だわww)
「大きな服を着る、小さな服を着る。」よりフレアプルオーバー小
c0227932_8174526.jpg

いつぞや日暮里トマトの500円ワゴン内で見つけた、堅い麻混地。
c0227932_820878.jpg

この工事現場的配色な見返しバイヤスですが、当初はこの黄色で本体を作ろうとしてたのですが、フレアだけあって、見頃幅が結構広く、黄色地は断念・・のなごり(笑)
c0227932_8224477.jpg

これは後ろ身頃ですが、前身頃は一枚取れなかったので、真ん中で接いであります。

c0227932_8234560.jpg

こね太郎さんみたいなインスタ風着画を撮りたくて鏡の方向変えましたが、結局変わらんな。
このボトルネックな襟周りは、私のデコルテむっちりをほどよく補正してくれます。
何より優秀なのは、一日着用しても、布帛ブラウスにありがちな、前か後ろどちらかに下がる傾向が全くない。(わたくし、ババシャツチラ見え同様、前後下がりも恐怖)前回のアネパタ6Shonaは、気が付くと前方がだらんと下がって来ます。
6Shonaならずとも布帛ブラウスは、1日着用すると形崩れは致し方ないアイテムですが、これは比較的着用時の形状を保っています。
・・まぁ、結局は珍しく私の体型にぴったりあったパターンだったということでしょう。でも、たまーにそういうパターンに出会うとガッツポーズしたくなりますね~。
これ、次はリバティで作ってみるつもり。

c0227932_841356.jpg

双子のリリーズ、いや裕子と弥生の衣装!?(いずれも古っ)

c0227932_8421187.jpg

声楽グループ活動してるママ友の10周年記念コンサートの衣装を少しご協力させてもらいました。
サッカーのチームメイトも出演するので、仲間のサッカー小僧たち3人かぶりつきの席で。
プレッシャー与えまくり(笑)
サウンドオブミュージックのマリア先生と子供たち・・のテーマなので、水色ギンガムチェックまではよかったけど、マリア先生のエプロンが、首の紐まで付けるとザ・エプロンになるので、胸当てを安全ピンで留める式を、マリア先生が発案(笑) これがばっちりだったわ~。アンドレキムもうれしいです(←コアな韓ドラファンしかわからんネタでごめんね~)

シソ仕事。
なぜか私の周り、紫蘇ジュースを作るのが流行ってます。
先の選挙戦のときも事務所にこのジュースがあって、疲れた体に即効性ありました。
c0227932_8535577.jpg

[PR]

by uteomma | 2016-08-02 09:09 | 自分服TOPS | Comments(14)