<   2013年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

TAMANEGI KOBO- Heather(後ろ下がりプルオーバー)

いやいやいや~
c0227932_1723671.jpg

週末観た「恋するリベラーチェ」で頭いっぱい(*´∀`*)←なんか知らんが急に顔文字が出るように
このポスター写真からしてヅカ&美輪様好きの私にとっては「観なきゃダメ」感たっぷりだったのですが、なかなか行けずようやく上映最終日に間に合いました。

アメリカで実在した派手なパフォーマンスで有名なピアニストの晩年の色恋を描いた作品ですが
完全「色もの」目線で挑んだものの、見終わったときには良質の恋愛映画を一本観た感じ。

マイケル・ダグラスとマット・デイモンの役者魂がぶつかり合う真面目な恋愛(ボーイズラブ)映画。
それでも3分に1回はクスッなんですよ。シリアスと笑いの緩急の付け方がソダーバーグ節?(あんまり観てないけど)
c0227932_17232731.jpg

劇中、二人とも整形しまくる設定なので、元の顔が思い出せないから、出しておく。(笑)

それから、我が青春のロブ・ロウが久しぶりに銀幕に登場ってのも注目でした。
怪しい整形外科医らしく(役作りだったのか)お直し感満点のお顔で登場でしたが。
(一緒に行った友達が「マイケルジャクソンになっとるー!」とつぶやいた)
ロブ・ロウ見れたのもうれしかった。


この時期、縫うものがいっぱいですねー。縫いたい思いに反してなかなか手が進まんのですが。

2013脱タートル化計画、たまねぎ工房さんでいい塩梅のプルオーバーが出てたので。
c0227932_17235357.jpg

こないだのあらゆる生地ウエダ産「ブークレーニット」

ほんとは、スヌードを作ろうと買ったのですがあまりに地味だったので、洋服にしてみました。
プードルちゃんの毛並みっぽいね。

ちょっと後ろ下がりなのです。
c0227932_17243786.jpg

襟ぐりはデフォ通りだと大きすぎるかな?思ったので2cmずつ書き足しました。
ってことは左右前後で4cm狭めたことになるけど、なんとか頭が通りました。
c0227932_1725080.jpg

たまねぎさんの説明では、小さめサイズではスカートにぴったり、大きめではパンツに・・
なので、パンツに合わせたいのでいつもの36を38で出力してみましたが(たまねぎさんのPDFは全サイズ記載ってのが太っ腹ですよねー)、着てみると、大きめにした意味あんまりなかった?

と思ってみたら、印刷の際に出てくる10cmの確認線、測ってみると9cmくらい!?
90何パーセントで出力してんじゃん!(黒やぎさんお仲間)
今までダウンロード型紙はなんか小さいなと思ってたんですけど、そういうことだったのかー。

結局36サイズ。
ぴったりサイズなのでスカートに。
毎度この柄ですいませんww(このスカート使い勝手がいいので、ウール地あたりで作りたいなぁ)
c0227932_17253155.jpg
この後ろ下がりがなんかいいニュアンスです。
しかし、横からの着画が不細工すぎる・・(オーラさんに着せてみたい)

ちょっと変わった生地で作るとフツーのプルオーバーも俄然新鮮味が増すような気がします。







古本熱も高まっておりますよー。
地元の古本屋さん「ブックエンド」さんで一箱古本市界のカリスマ、「古本よあけ」氏が一日店長ってことで行ってきました。
c0227932_17255489.jpg

今回は、古本趣味仲間のT先生も一緒に。(←実は子供の保育所の先生、たぶん干支一回り下?のお嬢)

「よあけ」氏を囲んで、古本談義にも花を咲かせ、今回の戦利品。
c0227932_17261553.jpg

「よあけ」氏の持ち込み絵本たちがどれもこれもツボでかなり迷ったんだけど
c0227932_17263551.jpg

「うんこ」と「平野レミの子供料理本」(挿絵は御子息たちなんだけど、お父さんの絵のタッチをもろ受け継いでるところが面白い)「韓国の絵本」(町並みや人物のディテールを書き込んでるのがツボ)

T先生はこの絵本をジャケ買い。
c0227932_1727880.jpg

絵本に群がってた大人たち、誰も子どもに読ませようと思って買ってないのが可笑しかった。
「かこさとし」マニアが世の中に結構いるんだな、ってのもこの度の収穫。伊藤まさこさんもお好きみたいだしね。
[PR]

by uteomma | 2013-11-24 17:39 | たまねぎ工房 | Comments(24)

ジャージな二人(クルール・ソフトテーラードジャケット&大手町・ラグランジップアップジャケット)

このところヒッキー生活を満喫してますが
意外に縫い物が進まず。

昨年、ツイードでコートを作ったときの達成感が忘れられなくて
今年は早々にmplのコートパターンを購入し、生地も用意したものの
なかなか手が付けられない。

そうこうしてるうちに、コートシーズン突入。
c0227932_20305422.jpg

去年作ったmplノーカラーコートがいい仕事してくれるので、今年はもういいかな~。
1人まさこ女子!?(←えみぞうさんと「伊藤まさこ」風な着こなしのときそう呼ぶ)
あ、でも、ただノーカラーなだけでした。(チーン)
ニットジャケットも下に着られるのでなかなか重宝。
ポルカさんの無料型紙ワンハンドルバッグが、有料化したのでここぞと出してくる女・・


purikoさんのブログで気になって気になって仕方なかった、
あらゆる生地うえだ」さん。
わたし的に「ヨーロッパ生地ひでき」、「スタイリストゴトウ」に続く衝撃店名ですが
噂に聞くアナログな注文&余り布で生地を包んでくれる「贈り物包装」を体験したいばっかりに
買ってみました。

噂どおり、サイトにはカート機能はなく、メールに商品名と分量を注文しやり取りする方式。
purikoさんのおっしゃるとおり、振り込んだ翌日に何の連絡もなく届きましたww
c0227932_20383224.jpg

期待した贈り物包装は、オーガンジー風?purikoさんみたいに裏毛ニットみたいのは
もっとたくさん買ったらなのかしらん?

c0227932_20385473.jpg

裏毛ニット390円/mと、ブークレーニット980円/m

CSさんや、fabさんなどの出所のはっきりした手堅いネットショッピングもいいのですが
私はバクチ的な買い物が好きみたい。バクチ系といえば、他にミッテルさん、mikasfactoryさんあたり?このたびうえださんも仲間入り♪


旦那が母校の大学祭で買ってきた岡山産激安ジャージニット、400円/3m。
ほんとに生地の質感は、運動服そのものなんです。

とりあえずニットジャケットが欲しかったので、ポルカさんのニットジャケットのパターンも取り寄せてみたんだけど
「ベンツ」やら「ラベル」やら「きざみ」やら、本格仕様に恐れをなし(パーツ数もいっぱい)
パーツ数たった「5つ」のクルールのジャケットにあっさり寝返りました。(←そういう訳ですsuuさん)
だって、こんな安い布でがんばって作ってヘンだったら目も当てられないじゃない~。
c0227932_20393734.jpg

GWの旅行前に半日で仕上げたパターン再び。

組み立てるとジャージに見えない?ない?ない?
Mさんとちがって、衿のところとか、「見返しを控える!」とか小姑がましく言わないのが
クルールさんのいいところ。おかげで自主的に控えましたw
(子育てに通づるものあり)

こうやってアップにすると、運動服の生地だけどねー。
c0227932_2040269.jpg

着画。

c0227932_20421357.jpg

これ驚くほどあったかい!びっくり。
こころなし釦を留めるときついー。(想定内)












つづいて、この生地ときたら、ジップアップしか考えられんでしょ
ジャージ。(次男用)
c0227932_20432724.jpg

大手町工房さんがお店をたたまれるときに、半額で買ったジップアップジャケットの
パターンがひょっこり出てきました。
ただこちら、仕様書が付いてないんですよね。こんだけ。

洋裁4年目の実力を試されるときがきたとばかりに取り組んでみましたが。
c0227932_20434573.jpg

んもー、ジップが付いてりゃいいでしょ、ってレベル↓↓↓

スラッシュポケットは、「洋裁百科」を見て作りましたが
c0227932_20441144.jpg

これ、ポルカさんの「クールワイド」のポケットで死ぬほどつくったやつだね。
さすが三つ子の魂100まで←使い方違う!

私ポケットってなんだかんだで好きかも~。

・・と気をよくしたのもつかの間、一番目立つところのジップ上部がこの有様なり。
c0227932_20464345.jpg

アンの木パターンの、リバーシブルのジップジャケットなら作ったことあるんですが
リバーシブル効果で、ジップ裏の汚いところを隠してくれるのね。でもこの仕様だと
裏ジップがそのまま見える=洋裁の実力が如実に現れる!

なんか中途半端に手持ちのクルールパーカーの仕様書見たもんだから
そこに出ていたようにサテンテープで隠したつもりだけど、隠れてない。

うーむ、既製服を見ても、この辺はバイヤスで包むべしなのかな。

着画。

c0227932_20474075.jpg
坊主頭にテッパンみたいなジャージですが。
ファスナーの上のもさもさにピケを縫ったので、痛そうである。
久々に敗北感だったなー。ズボンにジップ付けるのは結構好きなんだけど。











鉢植えの花も速攻枯らす私が、順調にお部屋緑を増やしております。
c0227932_20482424.jpg

お友達が「子育ては思う通りにならないけど、植物は手かけた分だけ答えてくれるからねー」だって。子育てに疲れた母親は、緑に走るのでしょうか・・
[PR]

by uteomma | 2013-11-18 20:59 | Couleure | Comments(28)

ポルカドロップス・ほそパンツ他

c0227932_15341615.jpg
釣キチおじさんのイメージしかありませんでしたが
初・開高さん、まさかの陥落!?
この本のコピー「開高健が男の世界の森羅万象を語り尽くした魅力あふれる教養エッセイ」
ありますが、まさにその通りで、エロネタの合間にノブレス・オブリージュの概念やら
宗教やら原発問題に至るまで(80年代に書いてたのがすごい)、博識なのはもちろんのこと
行間にダンディズムが漂い・・なんなんだこのかっこええおっさんは!!(お顔はあんぱんマンですがw)

最近「ザ昭和の香り」にはまっておりまして。
実家の父上様蔵書(私の独身時代の蔵書含)をあさりに行ってきた。
c0227932_15343658.jpg
2年ほど前に廊下に設置した、文庫本本棚。(震度4くらいで全部落ちそう)

c0227932_15351129.jpg
今回の出土(?)品
(後ろのアイビーちゃんとメープルクッキーは、お洒落ママTちゃんちからもらってきたもの)
開高氏「オーパ」あたりなかったかな~と思ったんだけど残念っ。
荒野さんパパが読みたかったので持ってきました。井上光晴。
懐かしい再会は桐島洋子の「女がはばたくとき」
これ確か大学2年くらいのときに、大失恋?かなんかでものすごく落ち込んでたときに友達がくれたんだよねー。
いまだに人生のバイブル。高校の先生になった彼女は、今でもこうやっていいタイミングで生徒に本を与えてるんだろうな。

昨年作った、mplサンプラ「ナックギャザー釦あきブラウス」こちら
c0227932_15361677.jpg
生地が縮んだか、太ったのか(こっちの可能性大)、肩まわりが窮屈になったので
この辺がほっそりしている87才の祖母に差し上げることにした。

そのときは「あれ~、手作りのいいがかいね」と喜んでるように写ったのだが
ババとしては、白に抵抗があった模様で
近所に住む染色の先生に、「なんか染めるついであったら染めてくたれ」と頼んだそう。

1週間後できあがったのがこちら
c0227932_15364588.jpg
こっくりチョコレートないいお色!白でどことなく寝巻きチックだったのが、ちゃんとお洋服になってるー。

もう少し落ち着いたら、私も↑先生に染色を習おうと思ってるんだけど
自分で染めた布で洋服を作るのって一番贅沢な手仕事じゃないでしょうか。



4本ロックになって、ニット生地も厭わずになり、友達の1歳児へ。
c0227932_15373399.jpg
ありゃ、これ、人間が着れる!?(どう見ても人形サイズ)
未だロックミシンのメスでカットになれず、縫代1cm、メスで5㍉カット、残りは何ミリ?な
感覚がわかりませんww ワンサイズは小さめになってるような気がしてならず。

不思議な現象が起こりまして。
4本ロック買う前に、例えばほそパンツの脇のロックの工程だけで、必ず3回は糸が
はずれて付け直しのダメダメちゃんだった3本ロックが
なぜか、4本が来て以来、一度も糸がはずれません。
新人の出現で、身の危険を感じたのか。(笑)
機械にも心が宿る、アニミズムなんだよ、諸君。(開高センセ風)

ロックが調子よくて、すいすいと作れた久々、ほそパンツ。
やっぱりいいっすねー。ヨーク大好き。
c0227932_1539102.jpg
長男のブカパンツばっかり作ってたので、ほっそりフォルムがなーんかなつかしい。

purikoさんの真似して、次男のイニシャル「K」をステッチ。
c0227932_15393295.jpg
思わず筆記体、検索してまで臨んだ割には中途半端。(purikoさんみたいなセンスが…なかった)
そうそう、右の革タグは地元であった手芸イベントで1枚30枚で買ってきたんだけど
わざわざ「HANDMADE」ってお知らせする必要はあるのでしょうか・・
c0227932_20222426.jpg

タグはfabfabricさんの。(息子のネル生地買ってみた)

旦那がウソもの革タグと正露丸のラッパのマークみたいのが
パチモン感満載やな~と感想を述べましたが
確かに、ハンドメイド=究極のパチもんである。意外に深い・・
[PR]

by uteomma | 2013-11-10 15:43 | こども服 | Comments(25)

C&S本STANDARDより「サブリナパンツ」他

とくにまさこさん信者ではないのですが
c0227932_14105044.jpg

これ買ってみました。
料理本骨董趣味ww、まさこさんもだったのですねー。
去年出た骨董料理本のバイブル、高橋みどりさんの「私の好きな料理の本」
ほどのマニアっぷりはないですが、それでもこんなコアな業界
あなたもでしたか!とわかってうれしい~。
TIME社の「世界の料理」全集、あっしもほしいです!!

文化の日、地域の文化祭に行きました。
小学校、公民館を会場に、子どもや地域の人の作品展示、バザー、模擬店などが
ところ狭しと並び
昨年までは地区センター勤務だったので、地域の拠点となる施設の職員として、
会場を備品を持って駈けずりまわってましたが
今年は一住民として、満喫してきました。(←友達に「えらく満喫してんじゃん」といわれたのでw)
c0227932_14111641.jpg

戦利品。
イタリア靴風、本革パンプス(新品)300円!
というのも理由があって、21.5cmの纏足サイズ。
会場当番のご近所さんに「ウテさん足小さいから履いてみな」と言われ履いたら
なんとかおさまった。日頃は22.5cmですが、革だから伸びるんじゃないかと。



例の岡山水玉、形になりました。
c0227932_1412211.jpg

右のわざとらしい飾りは、インスパイヤーかっかさん。(どこが?とみなさん突っ込みましたね)
こないだC&S本「STANDARD」を古本屋で500円で買ってきたので(型紙もまっさらなまま)
この本からサブリナパンツです。

久しぶりのコンシールファスナーでしたが、何かで読んだ両面接着テープで
ファスナーを仮留めしたのが、運の尽き?ファスナーは隠れないは、接着テープの
のりはガビガビ付くわ。
c0227932_14122331.jpg

ファスナーのムシのキワを縫うものだと思うのですが、こないだクルールのスカートを
縫ったときは、反対の端の方を縫ったよな!?(きっとこの迷いの結果ですわ)

水玉の柄合わせ、失念!?割れた水玉って悔しいわー。

凝った作りのズボンを作るのが趣味なので(←ヘンタイ)、ゴムパンだと
どこか逃げてしまった気持ちに囚われるのですが
ほどよく脇ファスナーなところが、そんなマニア心も満足させ
かつ驚くほど短時間でできるのがいいですね。パンツパターンはこれくらいが最適かも!

つづいて
ようやく、ジャケットやカーデを羽織り始め、とたんに浮上するのがインナー問題。
タートルも早すぎるしで、先週は手持ちの双糸天竺ボーダー、ボートネック一辺倒でした。
洗い替えがほしいなと在庫布(コスモさんの男の子天竺パックと思われ。双糸天竺?)から
C&S本「DAYS OF SEWING」のきれいめのシンプルTシャツ。
c0227932_14125175.jpg

これなんでもっと早く作らなかったんだろーーー!と。
(いや、me+miさんが確か作っておられて、作る気満々だったんだけどね)
ネック周りの開きの大きさとかほぼ理想的。

本来ならSサイズを作るとこですが、この生地、洗うごとに縮んでいくのを見越し
Mサイズで。
c0227932_14131015.jpg

タンスの奥からぐじゃぐじゃになってでてきたファーガス救出。
デフォどおり、裾、袖口、見返しの留めは手まつりで。
c0227932_14133344.jpg

はじめてやりましたけど、手まつりすると愛着が増します

実は、少し前に、2本針4本糸ロックミシンを買いましてね。(これまでは1本針3本糸)
MIKAWAジャケットあたりは、お店の展示品そのままの白糸で縫ってたのですが
さすがに今回、意を決して糸をかけました。

エアーのやつをお使いの緒先輩方からは、糸かけるなんてあり得ないーと
言われましたが、ヘンタイだから、あの糸かけやってみたかったのよ。(負け惜しみ)
あと5万円あればなぁーーー
↑で、糸かけ、これ人間にできるのか!?というくらいの複雑ぶりでしたが
2時間格闘のすえかけたときには、「栄光の架け橋」が流れました。
今後は迷わず糸と糸をつなぐ式で・・

着画です。

c0227932_14135626.jpg
全身1000円もいってないんじゃなかろうか、このコーデ。(爆)
300円パンプスも。
しかしこのTシャツ気に入りました。
首が短いので、タートルを着ると首はどこに置いてきたの?
といわれるので、今年は寒さに打ち勝ちこのパターンでいくかな~。

サブリナパンツは、このところ一辺倒のレギパンに比べると、かなり余裕があります。
どことなくパジャマっぽいのは水玉のせいか。
縫製のお手軽さの割りに美しいテーパードのシルエットに仕上がると思います。










すいません。三日月パンツでした。
c0227932_14155333.jpg

120サイズ、115cmの次男でこのありさま。
130cmの長男でこれ。
c0227932_14161111.jpg


どうも、サイズ把握が難しいパターンでした。


今回はボタンに合わせて、ステッチ糸を赤でと思い
買いにいったのですが、赤のバリエーションの乏しいこと!
c0227932_14163675.jpg

とくに30番手。
せっかく職業用ミシンのくせに、20番手の調整をしきらず、30番手専門なんですが
ほどよい赤ってない。左側のシャッペの朱色の次は、急にワイン色。
トーカイのお姉さんも、この番手の普通の赤ってないのよね~、だって。なんで?
[PR]

by uteomma | 2013-11-04 14:27 | C&S | Comments(26)