<   2012年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

赤毛のアン手作り絵本

あれは遡ること一週間前、前日の飲み会での飛ばしすぎがたたり、一日中回る天井、自分が今起きてるのか寝てるのかわからない状態で、ふと思い浮かんだ
「赤毛のアン手作り絵本3冊セット」。
もう一度読みたい!中学のときに買ってもらって、上京するときも荷物に入れた気すんだけど‥と思いながら、すーっと眠り込んだのでありますが。

そして、翌日だったか、ノラさんののらくらマイナーを訪れるとこの本の話題が展開されてるじゃありませんかっ。あー、びっくり。生き別れた姉じゃないかしら。復刻版が出てるってことで、さっそくパートⅠだけをポチったのでした。(姉もしっかりポチっておられました)
翌日、念のため実家の書棚をあさってると、かなりキレイな状態で残ってるじゃありませんか。(笑)
c0227932_16395340.jpg

当時、赤毛のアンとか洋裁とかお料理とかのかけらもない娘に、いろんな願いを込めて贈ってくれたのであろう父が一言
「あんた、ひっとつも読んでおらんかったやろ」
いやいや、その思いも30年後ようやく実を結んだってことでしょ。お父さん泣くところ。

赤毛のアンのアピソードに合わせ、こんなベッドで寝ていたであろうベッドカバーのパッチワークとか、マリラが焼いたケーキ、ダイアナのポプリ‥美しいイラストと写真で再現、作り方も紹介されています。
ノラさんちでも話題になっていたこのページ。
この寝巻きもといナイティ、中学生のとき私も着てみたかった。これ、作ろうと思えば作れるんだなという事実にいたく感動。
c0227932_1640481.jpg

ナイティより先に、クッションカバーはお手軽そうだったので、作ってみました。
c0227932_16414656.jpg

ロケ地、実家。(←うちよりカナダの匂いがしたので)
このまっすぐにつないでいくパッチワークは南フランス風なんだそうです。
ほとんど自分の服を縫った生地のハギレで作成。愛おしさでいっぱい。(笑)
これ、総リバティーなんかで作ると圧巻でしょうなぁ。
赤毛のアンはこの本限定落ちでしたので、本家を新潮文庫版「赤毛のアン」を買って来て、読み始めることにしました。
いざ40からの赤毛のアン。(どこぞのカルチャー教室の講座名にありそう)

運動会シーズンですね。
我が家は2運動会が終了。
厳密に言えば、1つは雨で中止になったんですがね。(住民運動会、今年はパン食い競争にエントリー)中止の知らせに小さくガッツポーズでしたわ。

運動会対策服。
c0227932_16421278.jpg

フツーのボーダーシャツがほしかったので、filerのワンコインセールで買った「リラックスボートネック」パターンを採用。
生地はRoh!さんで大量購入した双糸天竺。

欲を言えば、袖がもっと細めの方がよかったかもですが
c0227932_16422943.jpg

アラフォーにはこのゆとりが、ちょうどいい~

保育所最後の運動会。
年長になると、張り切るところを見られるのが恥ずかしいモードに突入か、どれもこれも仏頂面で写っております。
そんな中隠し撮り状態でようやく撮れた一枚。80年代のアイドル風。(笑)
c0227932_16424969.jpg

[PR]

by uteomma | 2012-09-30 16:49 | お針子よもやま | Comments(19)

mplサンプラ セミストレートパンツ

パンツスパイラル、依然継続中。
mパターンおたくとしては、避けて通れなかったサンプラのセミストレートパンツ。
ワンタックスリムパンツのラインを踏襲(パッと見ね)、ウエストゴム始末
こりゃ手軽に出来そう~と食いついたものの・・

この形、「セミストレート」というより、「テーパードパンツ」と言った方が
よさそうな。
c0227932_1395064.jpg

この後ろのポケットが、好きなんだな~。絶妙な位置加減!

生地は、夏の初めに、「ねじねじパンツ」を縫おうと地元の杏堂さんで購入した
麻袋みたいな生地。織り目が大きめで風を通しそうなんだけど、がっちりした印象。
この厚さなら秋冬行けそうと思ったのが、間違いの元だったか
c0227932_13395883.jpg

↑うーん、うーん、どことなくもっさりした印象。
サンプラの使用生地もツイードのような感じだったので、重めでも大丈夫かと思ったんだけど。
因みに推奨生地は「中薄~中厚程度のソフトな布地」だそうです。そのとおりだ。(涙)

ウエストは紐で調整(共ヒモもしくは、リボンとあったので、迷わずリネンテープを用いた)
とあるので、カジュアル系のパンツかと思いきや、意外とキャリっぽい生地が雰囲気かなと。
(パターン表紙のモデル着用画をご覧くだされ)

ブラウス用の生地もたいがい迷いますが、パンツもそのデザインに即した生地選びって
大事ですわねー。シガパン=サテン生地の法則のように、このセミストレートパンツにぴったりの生地って何でしょう。Sさん!(と振ってみる)

【追記】
この後、普通に洗濯機に放り込み天日干ししたらば、程よいシワと縮みっぷりで
しっくり。カジュアルに着こなせそうな感じ。きっと、↑は生地が硬かったのだね・・

この3連休は、突入直前に喉の痛みと高熱に襲われ近くの内科に駆け込むと
おなじみの「扁桃腺が膿んでいる」の診断を受け、ひきこもってたのですが
そんなときの↑作品ってシャキッとしないものなのねぇ。(体調のせいにする)

先週作ったもの。
シガパンと一緒に購入したものの、すっかり記憶の外に追いやられていた
「クルール、バックボタン脇パネルブラウス」
仕事で地域のお年寄りの敬老会に参席することになり、カジュアルちょい上ラインが
ほしかったので、作ってみました。
一回洗濯後
c0227932_13104097.jpg

一見、サクサクと行けそうなデザインですが、ところどころに落とし穴が仕込んであるような(?)油断のならないパターン。思惑どおり穴にはまり、袖口の落としミシンと袖ぐりのイセ込みが見事に攻略できておらず。(進歩ない~)
c0227932_1311513.jpg

この生地、満を持して登場させたC&Sのやさしいリネン、ネイビーなんですがね。
よりによって、あの美生地を、バラバラに切り刻んだのが心もとなく。
c0227932_13162785.jpg

me+miさんのように、この生地の風合いを最大限に生かすべく、ワンピや
もっとパーツの少ないプルオーバー的なものにすべきだったと強く思う!!

そして最後に、次男用のチョコレート&牛乳シャツが、あき部分に失敗し、チョコ生地がなくなりカフェオレを挟んでしまいました。おじいさんだ。
c0227932_1312865.jpg

‥失敗3連発の記録でした。気を取り直してがんばります。
(それにしても夏風邪ってなかなかすっきりしませんのね‥)
[PR]

by uteomma | 2012-09-17 13:24 | mpl | Comments(17)

夏の宿題~クルールシガパン~

子の自由研究より、↑に囚われていた2012年夏。(笑)
ようやく、8月最終週で着手、完成しました。
(オオカミ少年になりそうだったのでね)

シャツを縫い始めると「いつかはクリオネシャツ」と思うように
パンツ作りを始めると「いつかはクルールシガレットパンツ」なんじゃなかろーか!?

クルールシガパンの先駆者、keron氏、suuさん、nagiさんのブログで
毎回悶絶しながら作品を拝見していたのですが、ようやく現物と対面。
このパンツについては、工程より、このパンツ現物見てみてぇ!履いてみてぇ!が
先立ったな。
c0227932_1823149.jpg

こうして見ると、いたってフツーなパンツですが。
(あまりに写真がアレでしたので、夕陽の力に頼ってみました)
生地は、例の巣鴨布・・もとい、「クルール リネンピケストレッチグレー」。
優しいkeron氏が、この生地はもっとゆるいラインの方が生きると言ってくれたにも
かかわらず、やっぱりシガパンにしました‥だって、早く縫わないと夏生地を持ち越してしまうからん~。
もっと違うときに出会いたかったぜ!生地段階では、巣鴨布というだけあって
なかなか出来上がりがイメージできんのですが、仕立てるとお店で売ってるパンツ風に
なります。ガチで作るとしたら(←この使い方でよいのか)、ワンタックスリムパンツ‥かなぁ。

やっぱりこのパンツ、履いてなんぼのパンツでした!
初片玉とか、ジッパー部分とか突っ込みたいところはいっぱいですが
とりあえず着画を。
ノラさんと同じくブツがよく見えるよう捲くってみる。(両サイド一緒の画だ↓)
c0227932_1051782.jpg

この形を知ってしまったからにはこればっかり作ってしまう気持ちわかります。(笑)
まぁ、この短足着画では、このパンツの魅力を1/10も伝えきれないとこですが
絶妙なパンツの筒幅、膝から下のまっすぐなラインが計算されつくした形って感じがします。
若い頃、アダムエロペの、これとほぼ同型のパンツを色違いで3本揃えて履いていた
のを思い出します。kero万手、suuさん、シガパン教えてくれてありがと~!!

工程については(もう、スルーしちゃいたいとこですが)
なにやらマゾ根性がふつふつと沸きあがって、クルールのクールな仕様書で苦しみながら
作りたい気になりまして(?)
ファスナー部も、あれ?意外とイケるじゃんと思ったんだけど
c0227932_1054641.jpg

ついぞ、閉じられることのない横穴が出現。強引に塞ぎました。
(次回は、mplの仕様書で)

初片玉は、こんな感じ。(泣)
まだまだ修行が必要ですね。
c0227932_106533.jpg

仕組みがわからないから、やたらめったら印を付けまくったのですが、半分はいらなかったね。
少しわかってきたところで、keron氏推奨のさる玉動画を見ながら今度はリベンジするぜっ。

あ、↑デフォ通り作るとフルレングスになりそうだったので、3cmほど詰めてあります。
次回は、脇スリットなして作ろうかなぁ。なくてもよくねぇ?と思ったのですが。
結構めんどいし。

夏の宿題も終わり、浮かれ気分でこの本のこども服に着手。

1patternで1week

坂内 鏡子 / 文化出版局



大好きな坂内鏡子さんのこども服本。
男の子ものも充実で、片っ端から作りたい気にさせられるのですが、まずはこれ。
c0227932_1063385.jpg

実はラガーシャツフェチ。
ラガーマンのほとばしる汗の匂いに萌え~・・ではなく
単に、ニットと布帛を組み合わせるのが好きなんですなぁ。
あきのところは、ボタンにしようか悩みましたが、本通り、プラスナップ留めで。

長男石田用(130)ですが、夏休みのゴロゴロぶりがたたり、2キロ増加しております。
「ノンスタ石田」の異名返上となる日も近そう・・。
[PR]

by uteomma | 2012-09-04 10:13 | Couleure | Comments(27)