<   2012年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

大手町服装工房さん

ども。ウオ万手です。(もうしばらく彷徨いたします)

我が富山県も久しぶりの大雪となりました。

朝起きると玄関アプローチから自宅前の道までの雪かきが日課となっておりますが
これがやりはじめると、ランナーズハイならぬ、クライマーズハイならぬ、雪かきハイ(?)となり、時間を忘れ没頭→遅刻の悪循環を繰り返しております。
c0227932_1554893.jpg

出かける頃には、また5cmくらい積もったりして。

さらに豪雪に見舞われている、新潟や長野、東北日本海側の皆様のご苦労にくらべれば可愛いものですが、このところ暖冬が続いたせいで慣れない雪道での運転などは、非常に消耗いたします。
‥ということで週末は迷わず引きこもりですが

一日中、壺庭で雪遊びに興じる子たち。
c0227932_15542980.jpg

おかげでじっくりソーイングにも向かえようというものです。
まぁでも来年あたりにスキーデビューさせないとなぁ。
実は母、雪国育ちですが、スキーは基本のボーゲンしかできず。
バブルの余韻残りし大学時代、当時流行のピタピタパンツのウェアに身を包み、
苗場のテッペンからボーゲンで降りてきた
という逸話を残しています。
来年は息子とスキー教室に入ろう。(と、一応記しておく)


さて、以前から気になってた大手町服装工房さん。
男の子ママなら思わず食いつきそうな、シンプルながら一ひねりあるデザインが魅力ですが
1月上旬、サイトに行くと
「閉店セール」ぬわんですとーーー!!
こちらを知って間もなく閉店の憂き目‥
そんな訳でヘンリーネックたら、ジップカーデやらいろいろ注文しました。

閉店セールなので、こんな切り離しパターンが1000円→500円!
c0227932_15572130.jpg

‥と喜んだのもつかの間。
仕様書がねぇ。(涙)
これ、相当上級者の人しか理解できないんじゃないろうか。と日頃の私ならスゴスゴ引き下がるところですが
このところの雪かきハイに見られるように、困難にぶつかるほど出てくるモルヒネ効果で、仕様書および大手町服装工房の縫製工場所属のヤンさんと戦う気満々に。

まずはハーフジッププルオーバー

仕様書と現物の比較。
c0227932_16819.jpg

????????
この難解な仕様書からここまで来れただけでも自分を褒めたいわ。
(実はこの後の肝心のファスナー付けで、見事撃沈したのであった)
せっかくのRoh!さんの生地なので、暇になったらやり直すつもりー。

結論。難しいジップ物は、迷わず親切な写真解説付きRRさんの仕様書で。
と思ってRRさんに行ったら、ジップ物のパターンってないのねぇ‥ってオチ。

気を取り直して、新ワイドVヘンリーTこの形って大手町さんでしか見たことないけどどうかな。

一応完成。
c0227932_1604132.jpg

ネックのところは、店主さんのブログの図解で見つつもなんか手さぐりって感じ。(やる気はあっても頭脳がついていかず)あと2,3枚作ればコツはつかめそう!?
c0227932_1613684.jpg

ほんとはダミーのボタンホールがいりますが、このスパン地では無理でした。

生地は前回と同じく、ソウル東大門生地です。
c0227932_16195799.jpg

ポリ混(?)ジャージ素材の裏地にフリースが使われています。

着画。
c0227932_16243825.jpg


うむむ。スパン部分細っ。ネック周りも浮いてきてるから、押さえステッチがいるかなぁ。(これに言及した解説は一切見当たりませず)
あとやっぱり、このパターンはもっと薄手の生地で作った方がいいと思われます。
スムースとか?伸びがよければネック周りも同布でいけると思う。

大手町さん残念ながら閉店されてしまいましたが、仕様書がもう少し素人向けだったらヒットしただろうになぁ‥と。(余計なお世話)

魅惑のオブロング様が昨日到着しました。(検索すると一番上にランタ茄子さんの記事が出て来ます)MPL史上最も難易度が低いこのパターン(ランタさん談)、次着手しまーす。
[PR]

by uteomma | 2012-01-28 16:17 | こども服 | Comments(23)

東大門生地で

どーも。魚天馬です。(突っ込み不要)

年末に観た「ニューイヤーズイブ」がかなりよかったのです。
詳細については、nagi*さんsuuさんの記事参照のこと。
一言で言えば、豪華スターが次から次に登場、さながらハリウッド版紅白歌合戦。油断してると思わぬところにカメオが登場したり、年末年始にふさわしい娯楽度満点(ほろりと来るエピソードもありの)な映画でした。ところでsuuさんの記事を読むまで知らなかったのだけど、この彼、デミムーアの元夫ですってね。
c0227932_19334641.jpg

相手役がgleeのレイチェル。(相変わらず濃いー役どころでした)
この人、大味な女性とご縁があるのかしら~。(ってどうでもいいね)

これを観た劇場、5割方埋っておりましたが
私の隣、2席空けて座ったカップルが座りました。ツレのようこちゃんとカメオの度に、「ホレ、〇〇に出てた人!」とかブツブツ言っていたら、鋭い視線を感じること10回ほど。
そのうち、男性の方がうちらが口を開くたびにはぁ~っとため息。
申し訳ないけど、黙って観てられない映画だったの!
つか、いちいちうちらの方を観てると貴重なカメオを見落としてますって。

暮れから言いたかったセリフ。(笑)
睨まれないようにこういう映画は、お茶の間で突っ込み入れながらワイワイ観たいものです。
ワイワイと言えば我が敬愛なる中野翠センセが、WOWOWのオスカー授賞式中継をお友達と観る会(?)を毎年かしましく開催しておられますが、その様子を実況中継していただきたいなーと思う。

保育所のお友達からお洋服の修繕を頼まれました。
c0227932_19345959.jpg

フリルが取れたんですと。
日頃手にすることのない女の子服と関われるまたとないチャンスと二つ返事でOKしたのだけど(ハイ、ほとんど親父です)途方に暮れました。
どうやって付けるかわからず。
c0227932_204318.jpg

ひっくり返したりしているうちに、なーんだチュールと本体フリルを一緒に直線縫いするだけじゃんということに気づく
c0227932_1936032.jpg

はい元通り。
しかしこのチュールって便利ですねぇ。始末いらずでこうやって重ねて縫えば、ボリュームアップするんですな。(ってこんな図解入りで展開することもないけど)

やっとできました。
韓国東大門でゲットした生地のシャツ。

この本からです。

スタンダードな子ども服―R & D.M.Co‐ boys & girls

しむら 祐次 / 文化出版局


えみぞうさんがゆうぞうくんに作ってたシャツにきゅんとなりすぐ本を買いました。
パタレさんのドレスシャツのような袋縫い油地獄もなく、剣ボロもなく、えみぞうさんいわく、シャツにしては工程が少ないとのことで楽勝?と期待しつつも、私の腕では結構難儀いたしました。

相変わらず苦手な台襟部。こんな汚いことに。(大泣)
c0227932_1940186.jpg

台襟を襟ぐりに引っ付けるときの位置加減が毎回うまく行かず、3回に1回は失敗。
ここの時点で、破り捨てたい衝動に駆られたけどなんとか我慢。

生地が、いわゆるネルよりもちょっと厚めのような気がします。にもかかわらず。台襟を別布とこれまたえみぞうさんの真似をしたのはいいのですが、厚手生地にして、さらにボリュームアップ!(まったくミシンが動きませんがな)

c0227932_1942387.jpg

ま、なんとか完成いたしましたがね。
よく見れば奇跡的に柄合わせが成功している!?
タグ?ワッペン?を保育所の手芸師匠くれもなさんが、見るに見かねてくれました。(笑)
私好みのベタキャッチーな、ヤングマン!

まぁいろいろありましたが、出来上がるとやっぱり好みの形です。
次は本のようにリネン地でさらりと作りたいなぁ。

着画。
c0227932_19435895.jpg

石田は意外に、こういうシャツがお好みのようです。トレーナーよりも。
※メガネは母の演出にあらず。
[PR]

by uteomma | 2012-01-22 19:54 | こども服 | Comments(21)

ねじdeツイード

どうも週刊ウオマンテです。(←気に入っている)

昨日Lee2月号をぺらぺらめくってたら、巻末の方にある子育てパパのリレーエッセイ、
今回はコウケンテツさんだったのですが、5枚ほどの写真のなかの1枚に釘づけ。
キャプションは「最近妻が取り付かれたように舜の服をつくっています」。
妻の手作り子供服を撮ったものなんですが、これがまた市販の服?に見まごうばかりの色使い&デザイン。コウケンテツ妻ただ者ではない、と見た。

試しに「コウケンテツ 妻 ハンドメイド」とググッてみたのですが、何も出てこず。
コウケンテツの奥様、ハンドメイドブログなどされてはいませんかねぇ?

さて、こんなコウケンテツの奥様のような腕前とセンスを持っていたら、喜んで自作の子供服のお下がりなどもお友達にあげようものですが、私のような初心者手芸愛好者の微妙な縫製&デザイン子供服古着ほど扱いに困るものはない。捨てようにもなんか怨念が宿ってそうで。(?)

そういうときには迷わず肉親に‥ですが、唯一の甥っ子が昨年、大人の事情で2度と会えないことになってしまい、長男・次男が着た微妙な子供服が溜まる一方になっていました。

が、救世主現る!
昨年男の子を出産した大学時代の旧友Pが引き受けてくれることになりました。
これで微妙子供服も成仏いたすであろう。なむなむ‥あとは煮るなり焼くなりしてくれ。(要は捨てる決断を誰かにゆだねたいってこと)

みなさん、着古したハンドメイドの子供服ってどうしてます?迷わず捨てる派?
申し訳ないので、Pの息子ちゃんによだれかけをば。
c0227932_17243161.jpg

久しぶりに小物作ったからか妙な緊張感。マジックテープはこれから付けます。

またまたmuniの「ねじねじパンツ」を作りました。
年末、映画を観に行ったとき、シネコンが入居するショッピングセンター内のまさに映画館の向かいにGLOBAL WORKがあって、少し時間があったのでぷらぷら見ていたところこういう生地のサルエル風パンツを見つけ、インスピレート。
c0227932_172459100.jpg

生地:トーカイ
ポケット見返しおよび、ウエストリブは、近くにあるスタイリストゴトウのカットクロス福袋から物色。
c0227932_17252115.jpg

確か5本目くらいなので、さくさく作れましたが‥と思ったんだけど、相変わらず仕様書ガン見状態。相変わらずねじ部がね。ステッチもデザインの重要な要素となってるのですが、ツイード地にステッチって微妙だったかなぁ。グレーの糸が浮いちゃってます。(なんで黒にせんかったかな)
c0227932_17253911.jpg
着画。

これ見よがしに(?)着ている綿入れ風ジャケは最近に友達にもらったのでこんな感じと業務連絡用だす。ニッカポッカ風、やっぱり好きかもー。
でもツイードなので、チクチクすんのよ。ツイード素材には裏地いりますね‥(あたり前体操)











あ、これおもしろかったです!

キャベツ炒めに捧ぐ

井上 荒野 / 角川春樹事務所


東京の私鉄沿線の、小さな町のささやかな商店街の中に「ここ家」がある。こだわりのご飯に、ロールキャベツ、肉じゃが、コロッケ、ひじき煮、がんも、あさりのフライ、茄子の揚げ煮、鰺のフライ・・・・・・、「ここ家」のお総菜は、どれもおいしい。オーナーの江子は61歳。友だちとダンナが恋仲になってしまい、離婚。麻津子は、60歳。ずっと想いつづけている幼ななじみの年下の彼がいる。一番新入りの郁子は、子どもにもダンナにも死に別れた60歳過ぎ。3人は、それぞれ、悲しい過去や切ない想いを抱きながらも、季節ごとの野菜や魚などを使い、おいしいお総菜を沢山つくり、お酒を呑み、しゃべって、笑って、楽しく暮らしています

井上荒野さん、まだ2冊しか読んでませんが、マイブーム到来の予感‥。
人生を達観しながらも、可愛らしさを失わないこんなアラ還になっていたいなぁと思います。↑登場する「ひろうす」が食べたくて食べたくて。
[PR]

by uteomma | 2012-01-15 17:29 | 自分服BOTTOMS | Comments(20)

クルール「ふんわりタックミニスカート」

次男の落書きがちょっと可笑しかったので。
c0227932_1639342.jpg

兄に「年上の人にはさん付けするように」と言われ忠実に守ったそうな。
2歳違いの兄とは常に対等なので、言うことを聞くことはほぼ0に等しいのですが
なぜか、これだけは心に響いたらしい。(笑)

しかし、最近やけにいじけやすい。
例えば兄のギャグを褒めたりすると
「どうせボクのは面白くないんでしょ」とひがむ。すべてにおいてそんな感じ。
幼い頃から、親が押し出しの必要な兄とはちがって、どこでも自由気ままに振舞える男。
親の手がかからなかったというのも事実です。そのツケが来たのであろうか‥
今年は、次男とじっくり向き合うのをひとつ目標としたいと思います。(などとたまにはマジメに)

目標といえば
先日放送の渡辺篤史の「建もの探訪」。
確か「柱とポジャギの家」だったかな。
ポジャギというのは、韓国のパッチワークなのですが
素材は薄地の麻、色合いが繊細で(韓国ならではの派手なのもありますが)タペストリーやテーブルセンターなどに使用するととてもいい感じになるのです。

こちらの家、奥様がインテリアデザイナーで、ポジャギが趣味らしく
c0227932_1639282.jpg

お部屋の仕切りにポジャギ。ああ素敵んぐ~。

年末ソウルの手芸問屋に行った割には、ポジャギのことは失念していましたが
今年はここ
c0227932_1640046.jpg

ダイニング、リビング仕切りのカーテンをポジャギ作品に替える!
(どうやって作るか皆目検討つかんけど)

はい、先日告知のクルールスカートです。
やはり、新年会には間に合わず、先ほど仕上がりました。

諸先輩方のいうように、MPLのそれと比べると、私のこと嫌いですか?くらい突き放しぎみの仕様書ですが。
c0227932_16402664.jpg

でも、こちらのおかげで、コンシールファスナーが初めて成功いたしました。
(ソーイングナチュリラの写真入りのでも失敗した私が)

まぁでも、私のような初心者向けの仕様書でないのは明らかで
そんなことぐらいわかってるでしょ、とばかり(ロック始末の指示とかね)端折られておりますので
縫い代の始末がかなりいい加減なことになってしまいまいした。裏地付けるとそのままでもいいのかな。
やたらと「裾から15cmまでロック始末する」って表現が出てきたけど。(それ以上はそのままでいいのか?とか)

初めての裏地付き、慣れないツイード素材‥で結構構えていたんだけど
半日くらいで出来上がりました。
クルールさんにしては、難易度低いのかしらん?

しかし、平置きするとこれだ。(あ、生地は同じクルールさんの年末特価?のやつです)
c0227932_1642481.jpg

なんか、ウエスト広くね?

初成功のコンシールファスナー。
c0227932_16461538.jpg

ホックは明日買って来ます。

広めのウエストに悪魔のささやき。「インでもいけんじゃね?」
c0227932_19522735.jpg
うれしーうれしー。憧れのセーターをイン。
(さー、深く吸って~)
でもこれ絶対偶然の産物よね?ウエスト幅測ると75もあったもん。(やっぱりタックの折り方間違えた)
インどころか下がってきておりますがな。

ブロガーさんによっては、うしろのタックが出すぎてカッコ悪いという声もありますが、私のような貧尻にはええかも。
ウエストのグログランテープも始末いらずで便利なシロモノ。
ミニとありますが、150cmには、7号の長さが短からず長からずで丁度よかったです。
春には、リバティーで作ってもいいかなぁ。1mでできるのが魅力ですわね。
[PR]

by uteomma | 2012-01-09 16:51 | 自分服BOTTOMS | Comments(14)

初縫い2点

あけましておめでとうございます。
みなさま穏やかにお正月をお過ごしでしょうか。

年末にかけての散財で、自宅引きこもり生活を余儀なくされ
c0227932_1613010.jpg

おせちというか、酒のアテばっかり作って篭城しております。
三が日は敷地続きの実家以外は、近くのスタバ(最近抹茶teaラテ中毒)に行ったくらいか。
しかし、午前中から呑みだくれ生活も今日まで。(社会復帰できるか非常に不安)

昨日今日は箱根駅伝をしっかり観戦。
繰上げスタートのシーンなんかは涙涙で、この年になると選手たちを母親目線で見ておりますねぇ。
我が母校、辛くもシード権を勝ち取り、来年箱根に応援行っちゃう?に。

そんな酩酊(?)状態で2作品作りました。
パンツが次々サイズアウトする石田用パンツ。
c0227932_16133380.jpg

タグというものが我が家から消え半年‥やっぱり今年はタグを付けよう!とmomoさんのブログを見て思いました。
今年はこのほそパンツ1本ですが、最後ベルト幅と胴回りの寸法が全く合わなくなるのはこれどうしたものか?このベルト部は特に意味はなく、単に生地が足りなかったからです。

そう!
この三が日、こってり子らのシャツに取り組もうとしてたのですが
接着芯がどこを探してもない。
頼みのトーカイは30日で年内の営業を終了していて、泣きそうになりました。
気を取り直して、自分ねじパンを作ろうとしたらこちらも接着芯が必要。
「接着芯」に泣かされた年末‥

気を取り直してこの時期いくらでもほしいプルオーバーを。
春に天竺で作ったことのあるHoorayのドロップショルダープルオーバー。
c0227932_16135626.jpg

しれっと週5タートル生活ですので、タートルに合わせる用にぴったりのデザイン。
布帛の見返しはなんちゃってソレイアードを。生地は売り人知らずの起毛ダンボールニット。
裾はゴムで絞ってあります。

このパターン、7部、長袖の両方が作れますが、150cmの短手には7部で十分かな。c0227932_16153187.jpg
着画。
こうして見ると、ユ〇クロのフリース素材に見えなくもなく!?

‥とちんたら書いてるうちに思い出しました。
新年会で履こうと買ったクルールの「ふんわりタックミニスカート」パターン&ツイード素材。
本番は7日ですぜ!もう無理だ~。
グログランテープってトーカイにも売ってるかしらん。(←最後のあがき)
[PR]

by uteomma | 2012-01-03 16:17 | 自分の服 | Comments(18)