<   2011年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

フラットカラーブラウスとアンデスの女

冬布帛気分はまだ続いておりまして、これを作りました。
c0227932_17265576.jpg

きっと何かを間違えたんでしょうなぁ。衿付けの際、またも前中心まで衿が届かーず。
強引にひっぱりましたら、左右不均等‥
生地は、C&Sのお買い得生地コーナーでポチッた、500円/mのダブルガーゼ杢グレーです。
ダブルガーゼのブラウスは初めて作ったと思うのですが、これがあったかいのね。びっくり。

しかし、出来上がってみると、首レス、童顔の私が着ると限りなく園児?
c0227932_17272143.jpg

♪スポーンジボブズボンは四角、じゃ、ありませんが、着用すると四角い印象。
ヨーク部分のシャーリングが肩から滝のごとくなだれ落ちる(?)のですが
これでいいのでしょうか‥
思ってたより甘めのブラウスで、も一つ似合いませんが思い切って森ガールになってみようかしらん♪(←と♪で励まし、ドンマイ)

これだけじゃ寒いので、ポンチョを羽織ってみました。
c0227932_17274438.jpg

これねー。
浮かぶのはやっぱり♪高ぁく鳴きながらーぁ飛ぉぶー、コンドルぅ~♪ではなかろーか。
(合唱コンクールで歌いませんでしたか?)
どうしてもアンデス山脈が目の前に広がります。そこの原住民エマ(仮名)‥って感じ??


実は、チーム150(身長150cmのお仲間)のじゅ。さんがとっても素敵に着こなされていて、私にもいけるんちゃう?と、ブログを見たあと、ジャガードニットを探しに近くのスタイリストゴトウに走ったのですが、ダブル巾のジャガードニットがあいにく品切れ、仕方なく近くにあったジャガード風ウール地(例えるなら冬物カーテン地)を買ってきたのでした。
c0227932_1728476.jpg

裏地を両面フリースにしたもんだから、さらに厚味が増し、ただ毛布を巻く人になりました。
こういうポンチョの類は、布のドレープ感が大事なんだわーと思った次第。

このポンチョのレシピ(その名をヒロシポンチョという)は、アームウォーマーで有名なかえるさんが公開されていて、ソーインガーの間でまたも空前のヒットを呼ぶような勢いであります。
というのも、これを昨日、生活発表会に巻いていったら、保育所のソーイング仲間のくれもなさんが、非原住民な素敵生地で作っておられました。お友達に、くれもなさんのと本当に一緒の型紙なのか?と問われた。(泣)
リベンジする元気もないので、このまま原住民ポンチョ、肩こりに悩まされつつも着用するでしょう。

こんなに分厚いんだから。
c0227932_17283385.jpg

つくづく、推奨生地を守るべし。を実感した出来事でありました。(でもさすが、ウール×フリースの強力タックルでブレッサーモ巻いてるみたいよ~)
[PR]

by uteomma | 2011-11-27 17:37 | 自分の服 | Comments(22)

男児カーデとRoh!さん新着

木曜日、例年より早く(?)マーライオン化した次男が保育所より呼び出し。
(←いわゆる感染性胃腸炎です)
思えばこの次男、病に伏せるのは今年に入って初めてではないのか??
思いがけない平日休みにさぞかしかしミシンもはかどりそうと思ったものの、人間時間があると思うと貪欲さを失うものです。金曜日は、キッズステーションに子守をさせ(幸いマーライオンは1回のみの軽症)、長男帰宅の15時まで寝まくってしまいました。

んな訳で、通常の週よりもお仕事量少ない。↓最近、伸縮できるテーブルであることが判明し、喜んで伸ばしたらツートンカラーに。ガーン。
c0227932_11401297.jpg

カーデ男子計画続行中。
ちるさんの作品を見てきゅんとなったこのパターンようやく作りました。
(が、師匠の作品とは別物のような、ステッチの汚さはご容赦ください)

こども服はコスパ重視ですので、ニット工房の500円/mのミニ裏毛。
作業の際もさもさが落ちることもなく(いや、落ちることは落ちるが気にならない程度)
ストレッチもほどよく効いてて着心地も悪くないんではないかなぁ‥と思われ。
(来月のソウル布買いツアーに向け、ポリ何%とか覚えておこうと思ってサイトに行ったら混合率不明でありますた)

ポケットステッチのデザインがなんともイカす感じであります。
但し一番上のボタンは飾りなので止めないこと。(マジメな石田は必ず上まで止めるので危険である)

例によってあまり意味のない着画。
c0227932_11414996.jpg


石田の学校は、あろうことかフード付きの服は禁止なんですね。
今年はhibi+のあれとか、これとかいろいろ妄想してたのですが、ということならカーデばっかり作ろうっと。


そして、我が家(というか私か)、来月のソウル行きに向けて節約生活をしておりますが
(気分は「クイズ100人に聞きました」のトラベルチャンスですね。あの「お見送り」の旗を持つことになるか否か)
そんな折、大好きな生地屋のRoh!さんがまるで知ってるかのような絶妙すぎるタイミングで、給料日の前日にカートオープン!一日オープン日がずれてたら買えなかったであろうこの生地。
c0227932_11423729.jpg

今年の気分のカラーネップ入り畝りニットです。
画像で見るとダークグレーっぽいんだけど、ネイビーです。
迷わず私のカーデにします。(笑)


c0227932_1143347.jpg








そうそう、Roh!さんと言えば先日のスポンジボブトレーナー。
異様に似合ってます。(マーライオンの後で若干弱りぎみ)
この生地まだあるので、何を作ろうか構想中。











【追記】

富山手作りファションマーケットというイベントがあり、行って来ました。
今回は地元の師匠ちるさんが出店されていて、ブログを見て決めていた、双糸天竺のロンT120サイズ無事ゲット!
こういうシンプルなロンTって案外ないのでうれしー。(しかも、入り口の抽選箱で300円の商品券が当たり、お安くゲットできました)
c0227932_17273532.jpg

それにしても、相変わらずの気負いのないナチュラル接客術で、お客さんもリラックスしてつい財布の紐がゆるくなるのか(笑)、2日目の3時時点で、大方の商品はなくなっておりました。恐るべし。看板娘のみーこちゃんも動くトルソーがんばってました。

帰りは、会場と同じ建物内にある薬膳カフェ「春々堂」に寄りカメゼリーパフェをば。香港の漢方スウィーツでコラーゲンたっぷりなんだって。ちょっと食べてから撮影。
c0227932_1730416.jpg

[PR]

by uteomma | 2011-11-20 11:47 | こども服 | Comments(18)

製作こども服の理想と現実

勉強も運動もごく平均的、これと言って特色のない我が母校がどういう訳か
高校サッカー県大会決勝で元日本代表の柳沢の母校を下し、全国大会に
初出場することになりました!!
たまたまテレビで決勝の模様を目撃したので、同窓生数人にテンションの高い
メールを送りつけたのですが、全員反応うすーく返ってきました。(爆)
39歳のOBってそんなもんかい?みんな熱くなろうぜ、イエーイ!といいたかったんやけど
久々に、3年間追い掛け回したサッカー部の君に連絡してみようかしらん♪と心は弾みます。
(相当あちらもいいおっちゃんになってることを忘れている)

今日はこども服のお話。
作品には、全く反映されてませんがほんとは北欧テイストのこども服を作りたくて、(はい、言うことだけはいっちょまえ)
CHATOY(チャットイー)さんのサイトに日参しております。お値段もなかなかいいので、ほとんど見てるだけ~なのですが。(ごめんちゃい)
あるときBleu Horizon のページを見ていてインスピレイト。
ちょうどRoh!さんで買ったうってつけの布があったので作ってみました。
c0227932_16251371.jpg

↑どちら様ですか。(みなさまの突っ込み)
子にはスポンジボブと言われました。(ブランドのデザインはそうそう真似できるものではない)
これのどこがBleu Horizon様かという論議はさておき、このパターン

Rick Rack ロックミシン基礎BOOK ~いちばんわかりやすい&いちばんていねい!~

御苑 あきこ / 毎日コミュニケーションズ


この本のロンTパターンを使ってみたのですが、ありがたい縫い代込みパターンなのね!!(買って相当塩漬けにしていた本なので全然知りませんでした)
洋裁本のパターンの縫い代付けほど面倒なものはありませんが、縫い代込みパターンがこの業界のスタンダードになってくれることを切に願う‥

スポンジボブトレーナーを作ったあと、長らく漬け込んであった「こん平ちゃんリブ」を思い出し、調子に乗って作成。(本体は客人用Mサイズユニクロパジャマリメイク)
ノォォォォ!
c0227932_15533431.jpg

やっぱりパジャマでした。
せめてものRoh!さん生地のポケットで北欧化でしたが、大きさを間違え、遠近法(?)がおかしい。

そんなチャットイーさん、最近は韓国のおしゃれな子ども服も扱っておられます。
そういや、私も年1でソウル東大門(衣類、生地系の問屋が集まってる)に行くのですが
一度もおしゃれな子ども服には遭遇したことはなく。(子の変なパンツとかは買ってくるのですが)
あのカオス状態の中から、探し出してくるバイヤーさんのセンスというか嗅覚(?)、心から尊敬いたします。

チャットイーさんでも取り扱っているSHUSHU RABBIT のカタログページを見つけました。
こちら女の子服中心なのですが、どことなくヨーロッパの香りが。
韓国子ども服なかなかやりますなぁ。
来月、ぜひともリアルで見てこようと思ってます。

チャットイーさんでの最新の戦利品はこちら。
c0227932_1554828.jpg

カーデばっかり作ってるので、着こなしの変化にこんなロンTがほしかったんですよね~。
これも韓国ブランドです。

昨日作った我が相棒ようこ氏への誕生日プレゼント。
c0227932_15543134.jpg

パタレのドレスバッグタイプAです。
背景が汚なすぎ。(ソーイング愛好者=お家も片付いてるイメージがあるかと思いますが、私は例外ざます)ついでにステッチも汚なすぎ。ごめん。
ついにコウノトリが訪れたようこ氏、赤ちゃんの着るもんはまかしとけ!とkeronさんのご子息の月齢別のワードロープの記録を夜な夜な紐解いております。
相当長い付き合いになるけど、お母さんでないようこ氏とのつきあいも後数ヶ月かぁ‥

もういっちょ。
ちるさんちでつぼった「地産地消」布。(笑)
地元の有名ニット布屋さんhanky panky で買ったヒッコリーソフトデニム。
これは優れ布でした。厚すぎず薄すぎず、しなやかで縫いやすい。息子パンツには丁度よかった。
ニットを得意とする布屋さんで、布帛の掘り出し物に出会うことが多いのは気のせいか。
c0227932_16322387.jpg

この生地ほんとは、703*さんちで一目ぼれしたパターンK'S Bam Booのカーゴパンツを作ろうと思って買いもとめたはずだったのですが、パーツの多さに萎え、しれっとお手軽ポルカ本のほそパンツに変更‥






以下は週末見た映画の記録。
鴛鴦(おしどり)歌合戦
戦前の日本初(?)のミュージカル映画。
のっけから殿様が「♪ぼくは若い殿様~」とお供を引き連れて浮かれ調子で出てきたのにはびっくり。ひたすら能天気に話は進んでいきます。
戦争の色も濃くなり始めたあの時代にこんなおバカな作品を作っていたことに驚き。始終笑いっぱなしでした。日本人ってほんとはラテンの血が流れてる?と思わせるザッツエンターテイメントな作品。(DVD買うかも)


1911
久々にシネコンに行き、「すてきな金縛り」の長蛇の列を横目に見ながら、ポリスストーリー以来のジャッキーチェンを見ようと思ったのが運の尽き。どおりでお客少ないと思ったのよねぇ。
ストーリーは、辛亥革命の全容を描いたものなのですが、話が教科書的で非常に眠かった。(と思ったら、ばりばり中国政府が製作に絡んでる映画でした)エピソードを盛り込みすぎ、孫文が主役なのか、ジャッキー演じる黄興なのか、はたまた袁生凱(←テスト前に書いて覚えた記憶あり)なのか?散漫な印象は拭えず。あと、ジャッキーチェンの一生懸命シリアス演技してまっせ表情が笑えて仕方ない。文句なしの本年度ワースト1作品。(と相棒と一致しました)

[PR]

by uteomma | 2011-11-13 16:03 | こども服 | Comments(12)

脱敗北タートル(ほんとはタートル着たいのよ、の巻)

この時期行事が目白押しですねー。
子運動会×2と町会運動会をこなしたと思ったら
息つく間もなく、発表会シーズンに突入。
先週は、長男石田の学習発表会(キャラにぴったりの地味~なナレーター5人衆役で、ずっとステージ隅にぼんやりたたずむという意外な儲け役)今週は地区の文化祭@小学校。
今年も、公民館勤務ということで、地区のサークル発表会の司会を仰せつかったのですがね。
例えば、おばあちゃんたちのハワイアンフラダンスの発表のとき最後に
「〇〇校区のアグネスラムちゃんたちありがとうございました」とか
お年寄りの社交ダンスの発表のとき
ルミ子&賢也も真っ青な華麗なるステージを‥」
とかを脚本に盛り込んだのですが(若干表現が古め)、何一つ言えませんでした。かけつけ3杯ほどいけば言えるんですがね
あらためてみのもんたやきみまろ氏の偉大さを思う2011年秋。

さて秋も深まってきて、タートルネックが恋しい季節となりました。
例年ならば、保育所のヤンママに敗北と言われようと(こちら参照)連日ユ〇クロのヒートテックのタートルを愛用しているところですが、今年はちと考えました。

いつぞやの着画。
c0227932_18434049.jpg

ひどい!ひどすぎるっ。
首のしわと、2重アゴ及び短首という己の欠点をこれでもかと強調するデザインではないかっ。
タートルって私にとって鬼門ともいうべきデザインだということが、不惑の40前に気づいたのでした。
かといって、くだんのヤンママのように、冬でも開きの広いカットソー一枚では絶対無理なので、これを作ることにいたしました。

スタンドカラー、というやつです。
着てる人というと羽田元首相と料理研究家の服部先生くらいしか思い浮かびませんが。
c0227932_101618.jpg

とりあえず試作です。(←ってランタ師匠みたいに使ってみたかったの~)
うそ、しっかり外に着ていこうとしてるけど。

たぶん子のブラウスを作ろうと大量買いしていたギンガムチェックのブロード生地。380円/mの激安だったはず。(縫ってるときは、C&Sの海のギンガムと思い込ませていた笑)
パターンはソーイングナチュリラVol.3チュニックシャツ。
しかし、こうしてみると寝巻き感が否めず‥

久々に、パターンを写し取り作業をしたので、最後まで絶対どこか間違えてるーとドキドキだったのですが、
初体験の落としミシンも意外に難なく?全体的に苦労もなくしれっと作れました。
でもそんなときに限って寝巻きなんだよなぁ。
c0227932_10164959.jpg

昨年韓国で大量に買ってきた緑のウール地(空港で麻薬の運び屋と勘違いされるおまけつき)やモ・ダール様と合わせてみました。
c0227932_10173265.jpg

袖の開きが結構ぶかぶかなのが残念!重ね着すると特にそんなところが気になります。

息子らの似非北欧柄トレーナーもこの週末で作ったのですが、これは次回に回しまーす。
[PR]

by uteomma | 2011-11-07 10:20 | 自分服TOPS | Comments(14)