カテゴリ:自分服TOPS( 32 )

「やさしい服」よりショートジャケットとタックスカート、puriko帽新作

pom+さんに教えてもらったインスタ#天下一洋裁会2016、すっかりランチタイムのお供になっております。
今日のお題は、ミシンのときのBGMだったかしらん。
c0227932_2392837.jpg

1か月にわたり洋裁に関するお題が与えられて、参加者のみなさんがそのお題に沿った投稿をされるというもの。先週のお題にあった、お気に入りパターンだったかな?なかなかのマニア揃いで(失礼)、楽しませていただきました。
3年前MMMに参加したの思い出すな~。

さて、このパターンが縫いたくて買ったborn「やさしい服」
c0227932_23101256.jpg

mittel実店舗でまさに「アテ買い」(←酒の・・にあらず)した、ロウ引き加工(パラセット加工)が施された生地で作ってみました。
c0227932_23103222.jpg

ほ、ほそい・・
身長がSサイズなので、トップスもついSサイズを選んでしまうのですが、その瞬間背脂の存在をすっかり失念してるようです。
このようなトップスのサイズ間違い3回はやらかしておるな。(前回は、C&S本ノーカラーコート)

ほそいと言えば、この連休宝塚詣でに行ってきましたが、歌劇の殿堂での、早霧せいなちゃんの衣装が
c0227932_23112761.jpg

5号?ってくらい細かったのにびっくり。それでもウエストのくびれを見せないように男役さんは胴布団(?)みたいのを巻いてるのにね~。

ちと脱線

何が好きだったかって、この正面のピンタックなのですが、この生地、まさにタックを折るために生まれてきたような生地で折り紙のごとく、ピシーっと折れて気持ちよかった。(けど、タック幅が危ういね)
c0227932_23114751.jpg

身頃の切り替えのデザインも気に入ったポイントでした。
c0227932_23123599.jpg

袖は専門用語でなんというかわからんのだけど、このひとこぶラクダ風、
c0227932_23271991.jpg

縫い上がると真後ろに縫い目が出るのが
c0227932_23125825.jpg

なんとも好き。

さっきから好き好き言いまくっておりますが(笑)、出来上がったものは明かに1,2サイズ下という悲劇。
現実は、洋裁百科の、この例のごとく。
c0227932_23133649.jpg



当初は、最近使えて仕方ない、かなさん本Ⅰの白のタックパンツを合わせるつもりだったのですが
あまりの身頃丈の短さに、こないだataroさんがおっしゃってた「短ラン」という単語が脳内駆け巡り、このジャケットを何とかして着るなら
スカートだと思い至る。

スカートというと、ブロガーさんこぞって作っておられる「明日着る服」のミモレ丈スカートですが、突如このジャケットを明日どうしても着たいという気持ちに捕らわれ、時短でできるミモレ丈スカートは・・とざっと手持ちの洋裁本を見てみると
まさに「やさしい服」に載ってるじゃありませんか。
c0227932_23144062.jpg

長方形の生地を2枚切り出し、上に前後それぞれ3つのタックを入れ、脇と裾縫い。上は三つ折りしてゴム通し、完成。
2時間あればできるなと思い、昨晩8時すぎから取りかかる

が、このインタックの末端部にベルトの三つ折りの縫い目を通す・・というのが、私にはどうも難しく(いつもいかにいい加減なソーイングをしてるか)
c0227932_23151296.jpg

あと、裏地を付けたので、ゴム通しの三つ折りが面倒で、なんだかんだでできあがったのは11時半だったな~。
c0227932_2314564.jpg

生地は、羽島・マテリアルセンターの500円均一ハギレ山からの、いたってフツーのツイル地。(折れ目が色ハゲしてるので、もっと安くしてもらったやつ)
1.5mほど。

ほんとは、ボーダーの天竺ニットを合わせたかったのだけど、腕のあたりが寸分の隙間もないくらいピタピタなので、使えるインナー、クルールカフスTブラウス。当然前ボタン留められず!
c0227932_23253428.jpg

なんだろ、こうやってミモレ丈スカートと合わせると、雑誌リンネル?ナチュリラ?風。ほんとはInRed風の着こなしが好きだけど(笑)
やっぱり、かなさん本のタックパンツ合わせるかな~。
c0227932_23155868.jpg

ちなみに↑ヅカ詣でにも穿いていきました(笑)
突貫作業のミモレ丈のスカートは、ボートネックと合わせたり結構使えそう。

今年のpuriko帽新作。
c0227932_23162363.jpg

サッカーのときにかぶり始めましたが、今年のもなかなかの評判です。
私にしては結構冒険した、ピンクの顔周りのラインですが、このピンクが顔と帽子を自然につないでなかなかいい塩梅。
purikoさん今年もコレクションありがとう!!!

珍しくクルール新着に出くわし、新作のフロントボタンタイトスカートと推奨布を購入。職業用のボタンホーラーも買って、いざ縫うのみ、だったのですが、まさかの事態。
来週末、我が家にサッカーの県外チーム受け入れが決定しました。二人だけど!
いやー、4年生の男の子ふたりにしても、めったに他人様を受け入れることがない我が家、えらいこっちゃです。ということで、ソーイングは2週間ほどドロン(死語)させていただきますが、この縫いモチ上がってるときにほんとに悔しいわっ。みなさまの秋物縫い拝見しながら、悶絶の2週間を過ごすことになりそうです。
[PR]

by uteomma | 2016-10-11 23:29 | 自分服TOPS | Comments(20)

Hooray!「ワークジャケット」

2週間メンバー集めに奔走させられた、住民運動会もようやく終了。
c0227932_17102235.jpg

雨が多くて、行く夏を惜しむ間もありませんでした。こうやってみると空はすっかり秋ですねぇ。

こないだのまゆみさんのブログ、たまねぎ工房のデイジーの圧巻の着画シリーズで思い出した。
ここ3年の住民運動会、ichicaスリムスウェットパンツを穿き続けておる(笑)
暇なので、3年間分並べてみた。(なぜか毎年同じポーズw)
c0227932_17261860.jpg

来年も役員逃れられそうもないので、デイジーを作ろうと思う。フレンチフライスで。


先日の岐阜布狩りツアーのときに、treetopさんで見つけた、コットン100%のつやつやツイル(?)地。ワイドパンツを縫おうと思って買ったはずですが、この晩夏、仕事の際
この一重のジャケット(MPLクロプトスイングジャケット)が使えたので、ジャケットが縫いたくなりました。しわしわごめん。
c0227932_17112648.jpg

毎日見てる、早霧せいなちゃんの(たぶん)サテンのジャケットのつやつやにつられ、もうつやつやツイルしか考えられなくなった(笑)
c0227932_17115138.jpg


パターンはひさびさのhooray。新作のワークジャケットに食いついてみました。
c0227932_17345352.jpg

ノーカラージャケットフェチなので、こちらのパターンはショールカラーもいけるけど、ノーカラーを選択。
袖口と裾は、ゴムあり、ゴムなしを選択できる・・が、これが仇となったか?
縫ってる途中から、北の将軍様臭が満載。この後ろ姿なんか完璧ね。
c0227932_17132956.jpg

hooray店主さんも、これは生地選びを慎重にしないと、作業着っぽくなるとブログに書いておられますが。(ま、コンセプトがワークジャケットなのだけど)
まさにその生地選びを間違えた例、になってしまいましたが。

せめても、と、treetopさんの自由にお持ち帰りくださいコーナーからいただいてきた、お花のボタンを投入。
しかし、家庭用ミシンのボタンホール機能が瀕死の状態で、使用に耐えられぬ感じ。
c0227932_17134569.jpg

ジャケットといえば、イセ込みの工程は避けて通れませんが、Mパタさんの「縫い代ふりふり」に翻弄させられる身としては、この度hoorayさんの「布端が少し波打つ程度」という表現が、すーっと落ちたというか。(出来はともかく、気持ち的にねw)
c0227932_17253238.jpg


前回、濱田本(「大きな服・・」)のブルゾンがひっとつも似合わねぇと思ったくせに、また似たようなものを作った感・・ 
c0227932_17144951.jpg



この生地、1mちょい余ったので、この生地の雰囲気のボトムスも厳しいので、少ない用尺でできる、MPLフレアーブラウスふたたび。この色のトップス、今年は重宝しそうだし。
c0227932_17151170.jpg

↑ジャケットを表地であろう、つやつやな方を表にしたので、こちらはタイプライターぽく、マットな雰囲気がよかろうと、裏地?で作ってみる。
c0227932_1716497.jpg

前回のポリエステル地バージョンより、生地の落ちがないので、袖フレアが強調され、そう悪くもないかな。

でも、やっぱり最初にこれ縫おうと閃いたものは、ちゃんとそれにした方がいいね、という話でした。直感って大事かも。

次も懲りずにジャケットの予定。リベンジするぞ~。

さて、最近の読み物。夏の高峰秀子ブームもひと段落したので、次は楊逸。
BOOKOFFで買った「すき・やき」がすごくよかった~。
母国語ではない日本語で、これだけ高度な文章を書けるってどんな頭してるんだろ??(この半年、授業で韓国語の小説を翻訳したりしてたんだけど、韓国語の技術はともかく、自分の母国語の表現力の拙さに情けなくなる思いでした・・)
c0227932_17164348.jpg

[PR]

by uteomma | 2016-10-02 17:36 | 自分服TOPS | Comments(18)

「大きな服を着る、小さな服を着る」のフレアプルオーバーが優秀!


もはや何枚作ったかもわからない布帛T、また追加。
c0227932_7425074.jpg

たしか松本の500円均一コーナーにあったリップル地?
c0227932_7434175.jpg


ほぼ毎日着ている布帛Tですが、こないだ河川敷のグラウンドに着て行ったらば、翌日お腹のあたりにぶつぶつが。すわ、いい年こいて汗疹?だったのですが、よくよく考えると、風通しのよい布帛T、虫も一緒に入って来て虫さされだった模様。
1枚で涼しく着られる布帛T、アウトドアではご注意というお話でした(笑)

唐突ですが、夏はコードレーンですね~。
夏休み前の参観日に、コードレーンのワンピをお召しのママがいて、例によってじっくり観察してしまった・・ので、コードレーンのワンピを作ったかと思いきや、元石田用の横幅がご自慢の方用パンツですが(↑因みにママのワンピは、ポルカさんの夕涼みワンピ風)
c0227932_7551759.jpg

こないだkokoさんがストライプ地をバイヤスで取って、ブラウスのカフス部や裾切り替えに使っておられたのを真似して、ヨークだけ地の目を変えてみました。
そういえば、去年はコードレーンで夫ハーパンを作りましたが、パツパツで日の目を見てないな、そっか、元石田用にすればよいのか。
そんな元石田、本日、富山県の6年生が必ず挑む夏の通過儀礼、立山登山に本日出発しました。あー、またも、学校ホームページを5分おきにチェックする2日間となりそうです。

夏の布帛ブラウス研究家(自称)の私、名作候補を発掘いたしました!(いや、インスタでとっくにヒットしてる可能性大だわww)
「大きな服を着る、小さな服を着る。」よりフレアプルオーバー小
c0227932_8174526.jpg

いつぞや日暮里トマトの500円ワゴン内で見つけた、堅い麻混地。
c0227932_820878.jpg

この工事現場的配色な見返しバイヤスですが、当初はこの黄色で本体を作ろうとしてたのですが、フレアだけあって、見頃幅が結構広く、黄色地は断念・・のなごり(笑)
c0227932_8224477.jpg

これは後ろ身頃ですが、前身頃は一枚取れなかったので、真ん中で接いであります。

c0227932_8234560.jpg

こね太郎さんみたいなインスタ風着画を撮りたくて鏡の方向変えましたが、結局変わらんな。
このボトルネックな襟周りは、私のデコルテむっちりをほどよく補正してくれます。
何より優秀なのは、一日着用しても、布帛ブラウスにありがちな、前か後ろどちらかに下がる傾向が全くない。(わたくし、ババシャツチラ見え同様、前後下がりも恐怖)前回のアネパタ6Shonaは、気が付くと前方がだらんと下がって来ます。
6Shonaならずとも布帛ブラウスは、1日着用すると形崩れは致し方ないアイテムですが、これは比較的着用時の形状を保っています。
・・まぁ、結局は珍しく私の体型にぴったりあったパターンだったということでしょう。でも、たまーにそういうパターンに出会うとガッツポーズしたくなりますね~。
これ、次はリバティで作ってみるつもり。

c0227932_841356.jpg

双子のリリーズ、いや裕子と弥生の衣装!?(いずれも古っ)

c0227932_8421187.jpg

声楽グループ活動してるママ友の10周年記念コンサートの衣装を少しご協力させてもらいました。
サッカーのチームメイトも出演するので、仲間のサッカー小僧たち3人かぶりつきの席で。
プレッシャー与えまくり(笑)
サウンドオブミュージックのマリア先生と子供たち・・のテーマなので、水色ギンガムチェックまではよかったけど、マリア先生のエプロンが、首の紐まで付けるとザ・エプロンになるので、胸当てを安全ピンで留める式を、マリア先生が発案(笑) これがばっちりだったわ~。アンドレキムもうれしいです(←コアな韓ドラファンしかわからんネタでごめんね~)

シソ仕事。
なぜか私の周り、紫蘇ジュースを作るのが流行ってます。
先の選挙戦のときも事務所にこのジュースがあって、疲れた体に即効性ありました。
c0227932_8535577.jpg

[PR]

by uteomma | 2016-08-02 09:09 | 自分服TOPS | Comments(14)

fktkシンプルシャツとFOP「横幅がご自慢の方用パンツ」

また更新が開いてしまいました。なかなかミシンまでたどり着けないため、お針子ネタがない。

GWもなかなか家族全員が休みが揃うことなく、唯一MAX3人揃った前半戦のある日(旦那は仕事)金沢へ。

全国的にも有名なあの美術館ですが、撮れた写真はぐだぐだ
c0227932_845890.jpg

代表的なプールの作品も、他人様を撮っても一つも感動なし(笑)グループで行った場合は、地上組と地下組に分かれ、連携を取りつつ、撮影すべきものなのですな…


21世紀美術館から、香林坊までの300mほどを文句たらたらで歩く若い衆。途中工芸美術館的なのや、画廊なんかがポツポツあったのに、心は六角堂(←悶絶するほどうまそうなCMで有名なステーキ店)のためどこも覗けず。
・・GWの真っ最中、予約なしで人気店のランチに突撃はやはり無理でしたね。


GWのとある日のイベントでお会いした某ミニシアター支配人のMさん、映画を観に行く度に密かにそのコーデを注目していたのですが、思い切って撮らせてもらった
c0227932_8473212.jpg

グリーンのシャツコートに、ボーイフレンドデニム、刺繍のブローチ・・ああ~、こういう雰囲気めっちゃ好きだぁ。写ってないけど、首回りは鎖型べっ甲のがっちりしたネックレス。高いものと安いもののミックスコーデがほんとお上手~


さて、白シャツ縫う縫う詐欺になりそうでしたが、意を決して作りました。
c0227932_858957.jpg

fktkシンプルシャツ、生地はC&S綿麻シャンブレー

シャンブレー地今年来てるのかしらん?いろんな生地屋さんで推しておられますね~。

息子シャツを縫い始めて間もない頃は、「台襟」が夢に出てくるほど苦手でしたが、回を重ねると最近では、このパーツが鬼門って感じで。
c0227932_913971.jpg

これは成功した左のカフス。どうも袖とカフスの接着部の生地がぼこっと出てしまう。(これは珍しくまっすぐ縫えた例)おまけに、縫い合わせ部分、ダブルステッチじゃないけど、例のごとく針が落ちちゃったのですよ。

c0227932_954980.jpg

脇スリットが思いの外面倒くさく(笑) まぁでもこのシャツのデザインのポイントはこのスリットなんだろうけど。

c0227932_9151286.jpg

このたたずまいからして似合わない気満々でしたが。

c0227932_975073.jpg

ひらりバッグで、ごまかしてみましたが、シャツって二の腕むっちりの首レス星人にはほんっと似合わない!
c0227932_9204142.jpg

↑なりたいイメージこんな感じなんだけどな~。(ソーイングナチュリラのモデルさん)現実を突きつけられまする・・

長男元石田が太り出してから、この時期の風物詩・ハーパンジプシー。
しかし、ことしは勝利の予感ですよ。これ見つけたから(笑)
c0227932_9332076.jpg


横幅がご自慢の方用のパンツパターン発見。

full of patternsさん(以下略してFOP)のシャレの効いたこの企画、全国40万の(知らんけどw)ぽっちゃり息子を持つハンドメイド母の救世主と言っても過言ではありません!

c0227932_9383032.jpg

これまでは、2サイズUPして、丈を詰めて・・だったのが、身長に即したサイズでパンツを縫えるのが何よりも感動。(感動のハードル低すぎ)
生地は、ソレイユさんのコーマビンテージワッシャー・オレンジ(のはず)去年ポルカさんが新作のハーパンをこれで作っておられた記憶。

夢の後ろヨーク。(今までデブのパンツにはヨークはご法度と刷り込まれていた)
c0227932_942255.jpg


あきみせも、プロっぽい感じ。
c0227932_9424979.jpg

あ、↑後ろポケットは、仕様書を読み違えダサい感じにしてしまいました。ほんとはポケットの上部の折りが細くてもっとスタイリッシュです。

c0227932_9434734.jpg

元石田も、これは穿きやすいっ、と喜んでおりました。
コーマビンテージワッシャーの風合いと発色も、このデザインに合うねー。色ちで作りましょう。

この間のムキ教作品。
c0227932_9455163.jpg

巻きロックのは母親に。
フレンチスリーブの襟ぐり周りなどは、ムキ仕様ミシンのジグザグ縫いで作りましたが、このミシン何がすごいかって、返し縫いをするといわゆる「玉結び」になって止まるのね。びっくりでした。
教室で使うエアのロックミシンの、エア以外の糸通しを、手動でしようとするのでいちいちイラっとされてます(笑) あの自動糸通しの仕組みが何回見ても覚えられない。
[PR]

by uteomma | 2016-05-16 09:59 | 自分服TOPS | Comments(18)

「大きな服を着る 小さな服を着る」よりクルーネックブルゾン(小)

この春は、例年に比べて洋裁本の出版ラッシュ?な雰囲気ですが、わたしゃ乗っかりませんよ~と思ってたのに、しっかり3冊買ってるし。(笑)
c0227932_23181225.jpg


MPLさんの本については、さらっと目を通しただけですが、新作パターンのトレンチコートをポチっとするように誘導されてしまう感じ。(気のせい?)なんとか踏みとどまりましたが。


この中から、「大きな服を着る 小さな服を着る」のクルーネックブルゾンを作りました。
c0227932_23201426.jpg


なんたってブルゾンと言えば、この春注目アイテム。店頭でもMA-1ブルゾンが幅を利かせてたり。これはタイムリーと在庫布(ファッションクリエイター松本・別珍)で作ってみた。

この持ち出しからのファスナーが、本で見て萌え~だったのです。
c0227932_014172.jpg

服としてのたたずまいが、この形ほんとに好き。

このファスナー付けが、さぞかし難しそうと思いきや、パンツのジップの工程1/3くらい?気が抜けるほど簡単でした。
本ではオープンファスナーとの指示しかないので、ボビンさんで、M4~M8のYKKオープンファスナーから、テケトーにM5を選んだんですが、後でしれっと「バッグに最適」なんて書いてあったのを目撃。M4くらいでいいのか?
c0227932_08561504.jpg
見返し留めは、すべて千鳥かけ。(にしてみた)薄手の生地ならステッチを見せてもいいかも。
裾は「裾見返し」と珍しい仕様。折り上げるのが普通かと思いますが、私はこれ、結構好きかも。
c0227932_2335576.jpg


このロイヤルブルーに、黒霜降り柄、結構コーデが難しい。
c0227932_23392596.jpg

困ったときの白パンだろうと、忘れ去られていたC&SリネンツイルのたまねぎEVANと。しわしわ。
これね、ファスナー閉めて着ると、間違いなく、北の将軍様です。(私の場合・・)
愛しの持ち出しからのファスナーを見せつけるべく、前開きで着たいものです。(強がりw)
首レス&二の腕太の私には、着やせという意味ではもひとつな形ですが、洋服としては好きな形なので、もっと薄手の生地で、もう少し似合うように作ってみたいものです。

あ、袖口はかなり縮めてるので、かなりぷっくりします。
c0227932_23432990.jpg





今年一年間、町内会の班長の仕事に忙殺され(どういう訳か、お葬式×3に、ゴミステーション新設、あげくに道路陥没・・日々役所との交渉事に追われておったのです)、そんな自分にご褒美と、東京一泊旅に。


今回は週末だったので日暮里はやめて、二子玉川の手芸総本山に・・
オサレ洋裁ブロガーさんの、二子玉川のリゼッタで【手芸資材】買ってきました的なのをいつぞや目撃したような気がして。
c0227932_23484979.jpg

リネンバードにカフェリゼッタ。
c0227932_23501066.jpg


じゃ、手芸用品のリゼッタは??
c0227932_0102746.jpg

カフェリゼッタの隣もリネンバードですぜ??

とりあえず買ってみる。(笑)だるま糸の企画展だったので。
c0227932_23541064.jpg

このセット買ってみました。私の作る洋服に合いそうだという視点でしたが、もっとポップな色合いや、北欧っぽい組み合わせもあり、ブロガー○○さんならこっち選ぶかなぁなんて思いながら、買い物するのが楽しかった。

しかし肝心のリゼッタどこや~。(二子玉川のリゼッタはカフェだけなのかもしれぬ・・)
結局たどり着けぬまま、時間切れチーン。


夜は、門前仲町のちゃんこ屋さんに。
c0227932_0104982.jpg

何を隠そう私、大学時代は相撲おっかけギャル(今ならなんて言うんだろ?)で、両国界隈によく出没していたのです。
そのときに一番好きだった元小結浪ノ花さん、こないだダウンタウンの番組で、ちゃんこ屋店主になられたことを知り、行って来ました。
現役時代の浪ノ花さん。ミニウルフ(千代の富士に似ている)と言われててかっこよかったのですよ~。いつぞや館内で撮った生写真。(笑)
c0227932_0144180.jpg


20年経っても、その片鱗はありますねぇ。(って思うの私だけ?)
c0227932_2358615.jpg

相撲ファンでもなんでもない友人たちも付き合ってくれました。

また相撲おっかけ趣味復活しようかなと思ったりしましたが、今度はリアル能町みね子になるので、ちょっと躊躇するところ。
門前仲町初めて降り立ちましたが、ほどよい下町情緒と、川沿いの風景が結構気に入りましたよ。
(駅前の塩大福屋さん、買って来なかったの、かえすがえすも後悔)

次回は、神楽坂編。またお付き合いください。
[PR]

by uteomma | 2016-03-21 00:18 | 自分服TOPS | Comments(26)

J'adore!ルーズボートネックTと松本催事レポ!

夏にはWildberryさんの布帛Tという運命の出会いがありましたが

冬の運命の出会いが
c0227932_16532936.jpg

J'adore!さんのルーズボートネックT。

生地とぴったりなオリジナルタグも。ありがとうございます。
c0227932_1654289.jpg


いや~、ほんと、ボートネックについては一言在りなわたくし。(好きなのに、まーったく似合わないつーこと)
10代でセントジェームスに出会ってから、自分に似合うボートネックを追求してきましたが「首が太く短い」といかんともしがたい体型ゆえ、まーどれもこれも似合わない。
c0227932_16553150.jpg

これが唯一いけるかな、の確かミツミネで20数年前に購入。ウール天竺かな。これ以上の形に出会えないので、くったりして来たとこだし、解体しようと思ってました。

まさにそんなときに、ジャドールさんのカートオープン。
店主愛華さんの着画、ただでさえ華奢な彼女が、さらに華奢に見えるデザインってどんなだ?
という探求心で買ってしまったもの。
例のガウンコートの残り生地です。
c0227932_1657334.jpg

数回着用したものの、どうしても岡本知高さんが浮かんで来てしまい、90の祖母にあげました。
(デイサービスに着てくよ、と5千円くれました←未だにばあちゃんにおこづかいもらうアラフォー孫、日本の縮図です)

前身頃のドレープ感からわかるように、後より前の身頃幅が広いデザイン。
c0227932_16563671.jpg

裾にかけてゆるやかにすぼまるので、店主さんおっしゃるように裾がもたつきません。

C&Sスタンダード本のサブリナパンツと。(スキニー系は卒業といいながら、チビには合わせやすいのでなんだかんだで活用)
c0227932_1658597.jpg


店主さんのスカートにインの着画もステキだったので、去年作ったワークスカートと。
c0227932_16584469.jpg


ほんとこの形気に入りました。今年のニットの定番化しそうです。

続いてたまねぎ工房fujikoちゃん
c0227932_16594696.jpg


去年は、タートルネックバージョンをよく作ったのですが、今年はクルーネックの気分なので。
生地は、当初息子たちのトレーナーを作ろうと買ったfab-fabricのミニ裏毛。(確か)
息子ジャージ系トップスは、GUとZARAでほぼ間に合ったので、ありがたく自分のものを作ることにしました

・・・・・というのが思いっきり仇となり。

このパターン、縦横伸びる2ウェイニットが推奨なのに、テンション低い裏毛ニット。着脱の際は相当気合が必要となります。

久々のバインダーがこれまた
c0227932_1794832.jpg

落ち込みました。

ニットソーイング1勝1敗の巻。
ちょっとみなさま、きれいめでお手軽ニットパターン、おすすめ教えてくださいまし!


次は、いよいよ、松本11月催事レポ。
こってり書きましたのでちょっとたたみます。

More
[PR]

by uteomma | 2015-11-15 17:41 | 自分服TOPS | Comments(30)

Wildberry女子布帛Tほか

Wildberryさんづいてます。

もっちさんの「ウテさん、布帛T作ってみない?」(作って~とか作れ!ではなく、作ってみない?の勧誘系にめっぽう弱いワタクシw)のコメントを読み、その足でポチっとな。

こちら、カード決済の場合、翌々日にパターンがポストインの豪速対応。
とはいえ、襟ぐりの開き神経質と申しましょうか、ババシャツやブラ紐が覗くのがとっても怖いわたくし、いささかの不安がなかったわけではありませんでしたが
オサレソーインガーmevoさん の着画が後押しとなりました。

生地は、トーカイのセールで半額になってた、リネンシャンブレー(中国製)←と書いてある。つい気がゆるんで、裏と表間違えたようです。(合掌)
c0227932_16421138.jpg



c0227932_1644468.jpg

途中なんとなく開きが大きいかなと思い、自主的に襟ぐり布を2㎝ほど幅広にしてみました。
出来上がりの印象は、mionさんとかなんとかさんとかかんとかさん(笑)で見覚えのある、ドロップショルダープルオーバーの態。
c0227932_17363350.jpg

ですが、着てみてわかる、前身ごろの落ち感とか(若干裾にかけてシェイプしてあるのかな)研究を重ねて完成された感たっぷりです。

これは七分袖バージョン、次回は半袖作り、もっと襟ぐり幅詰めてみるかな←どんだけ恐怖症

↑ガウチョパンツ系より、店主さんおっしゃるようにテーパードパンツに合うだろうなー。これから、fabさんのルーズフィットパンツに着手予定。合わせて着たいと思います。


次男用に、高密度ツイル(杏堂さんで購入)でハーフパンツ。
c0227932_1765214.jpg

坂内鏡子さんの洋裁本のパターンですが、去年も120サイズで数枚作った、お気に入りの形。
これ以上、そぎ落としようのないシンプルな形がツボです。
(kiriさんの真似して無理やりあじさい写り込み)

palletさんのワッペン。
c0227932_1773965.jpg


我ら子どもパンツ縫い族注目のmuniさんで、また魅惑のパンツパターンが出ましたね!
kupiさんが、ポルカさんのジュニアパンツに似てない?って言ってたけど(んだんだ)、クライミングの動きに対応した股マチを激しく縫ってみたい衝動にかられております・・て子パンツは十分に足りてるんだけどねー。


今週の家呑み。
c0227932_17145142.jpg

「うまいも」2㍑パックを飲んでしまったので、新しいのを買ってきました。
が、本日のサッカー時、観戦仲間Aちゃんが芋焼酎は体臭が酷くなる・・!?とかウソかホントかわからんこと言ってたけど
トマトピラフ(こちら)西原理恵子とえだもんの「おかん飯」のレシピだけど、これトマトをヘタだけ取ってまるごと炊いただけのごはん。ケチャップライスがくどくなってきたお年頃(?)にぴったりの味でした。これ時短レシピとしても優秀だわー。毎週やっちゃいそう。


先週のアメトーーークの読書芸人、又吉、光浦、若林3芸人の選ぶ10冊というのを興味深く見ましたが、私は又吉のセレクトが一番よかったなー。(うちの小説読まない夫は、三人とも西加奈子を挙げてたから、読みたいと言ってた。当分文庫化しなさそうな「サラバ」買うてくれ)

んで、さっそく又吉セレクト(又吉のみ10冊に絞り込めず13冊でしたが)から、こちらポチっと。
c0227932_1718678.jpg

深沢七郎さん、私も数年前から心密かにはまってたのでうれしかったー。これは未読だったやつ。
赤頭巾ちゃん・・は、実家の親の書棚にもあって、幼い頃からタイトルのみ目にしてたやつ。
青春小説の傑作というのが気になります。(なんとなく「横道世之介」みたいのかなーと思ってる)



久々に映画に行ってきました。
韓国で空前の大ヒットの大河ドラマ。
朝鮮戦争後の激動の韓国を生き抜いた、おじいさんの半生を振り返る・・的な内容。
c0227932_17185954.jpg


劇場に着くと、近くの韓国料理「三浩」のママ(ソウル出身)がいて、隣に座るよう促される。(笑)主人公が、この60年の韓国を代表するような事件や出来事に全部絡んでいるという設定なのですべてに、ママの解説が入るww


設定が設定なので「そんな奴おらんやろ」と頭では思うのですが、何があってもくじけない主人公の姿にいちいち涙腺決壊。
人気者、東方神起のユノが、実在の歌手の役で登場。
c0227932_17224565.jpg

ユノとユノ演じる、国民的歌手ナムジン。
私はナムジン様の方が断然タイプだけどー。(笑)


まぁ、外国人の私が見ると突っ込みどころ満載なおじいさんの半生ですが(そんなことママには言えんけど)、韓国人が見ると、主人公の生き様と自分や、自分の父親とを重ね合わせてしまうのだろうなぁ。日本人が「三丁目の夕日」を見て感じた郷愁を、韓国の人はこの映画で感じるのでしょうね。
[PR]

by uteomma | 2015-06-28 17:33 | 自分服TOPS | Comments(22)

FU-KOさん本より「肩ギャザーのブラウス」ほか

昨夜、篳篥のお教室から戻ったら
c0227932_20201756.jpg

こんな悪意に満ちた似顔絵が!
(最近のユニクロブラトップ姿の二の腕の様、似すぎて笑えるわ!)
隣のヴァンヘイレンは今日のお昼に買って来たものです。
我が家の母の日。

たけし映画面白かったです。
c0227932_2021697.jpg

この田舎では珍しい、劇場ほぼ満席。
30秒に一回は爆笑。
よって、子供からの「なんでヤクザは、飲み屋に集金して回るの?」などの質問にも、解説を加えながら見ることができました。
北野映画と言えばのピストルバンバンのシーンも、音だけ、もしくは、さっと画面が切り替わり、たけし監督もファミリーで見られる映画を目指したのでしょう。
↑キャラ設定が細かいのは、「七人の侍」のオマージュのようでうほうほ。

日記にこの映画のことを書いた3年生、担任の先生の書き込み
「北野たけしさんの映画でしょう!!!」びっくりマーク3つ付いてましたわ。(笑)
まぁ、文科省推薦映画では明らかにありませんがね。
でも、子供と映画体験を共有できるのってうれしいねー。


あんなに期待したGWのお針子仕事は、これだけでした。
c0227932_2022995.jpg

おなじみコットンフレンド冬号の後ろファスナーのプルオーバー。

この生地、3月に姑さんが大阪から持って来た(おそらく10年は寝かせてあった)生地。
化繊系のアパレルっぽい生地なので、ちょっとよそいき風に。

c0227932_20224470.jpg

このファスナーのデザインが肝ですが
c0227932_20225999.jpg

またも、残念!左下端・・

小物揃える元気なくて、こんな置き画でご勘弁。
c0227932_20233043.jpg



今週のお仕事は、FU-KOさん新刊から「肩ギャザーのブラウス」
c0227932_20234636.jpg

ほんとは、綿麻ワッシャー地で縫おうとしてたのだけど、水通ししたら思いっきり縮んでしまい、とても用尺足りず、3mも買った「(特価)綿麻ペンシルストライプ」で。C&Sさん。

でも白系で作るとやっぱり、聖歌隊化してしまいましたねー。

このパターン、ご覧のとおり至るところがギャザー。一生分のギャザーを仕立てた気になっております。

ほんっと、ギャザーは苦手。でも洋裁においてはマゾなので、自分を追い込んでみたかったのです。(ヘンタイ)
c0227932_20242937.jpg

最初の肩ギャザーで精根尽き果て(←早すぎ)、次のヨークのギャザー、あろうことか、後ろ身頃裾側にギャザーを寄せてヨークとドッキングさせてしまう。

なんて、誤りをあちこち犯しまくり、白生地をこねくりまわした結果、薄汚れ黄色っぽくなっています。

ヨークの真ん中にループ付けるのね~。
c0227932_20251119.jpg


chocottoさんお似合いそうな、ネック周り。(手まつりなんですよ、裏側)
c0227932_20253434.jpg


袖のカフスも手まつらなきゃですが、力尽きて、コバステッチ。
c0227932_20261249.jpg


この肩のぷっくりギャザーが特徴的。
c0227932_20264387.jpg


今回はMサイズで作りましたが、途中から、なんか大きくない?と思ってたら、やっぱり大きかった。

バランス最悪着画。(営業妨害すいません、すいません)
c0227932_2027124.jpg

あの素敵なFU-KOさんの着画とぜんぜんちゃいますやん。

↑ボタン5つめくらいでチョッキンしてみようと思います。
にしても、肩のギャザーが似合わなくてびっくりしましたわー。

作例とおり、薄手のリネンなどやわらかさの出る生地がイメージかなーと思います。
あと、いつものサイズより1サイズ落とした方がええかも。

パレットさんの太っ腹企画、また乗っかりました。うれちー。
c0227932_20283052.jpg

[PR]

by uteomma | 2015-05-10 20:40 | 自分服TOPS | Comments(20)

muniトリニティコート(チェスターコート)

連休に杏堂さんにお邪魔しました。


店長さん、↓「松本」紫ブークレーニットのロングカーデで登場。ああびっくり。
もちろん「服地の松本」で購入じゃないけど、店長が仕入れたのと、松本生地が同じタイプの生地。
ブークレーを作ってる工場ってそうそうないのかしらねぇ。

店長は、裏地に光沢フライス地を使って、お得意のアートな雰囲気のロングカーデになってました。
お店ブログから、画像拝借。
c0227932_16212771.jpg


c0227932_1622466.jpg

で、今回買って来たのも、ブークレーですよ。(笑)
この生地、相当気に入っております。
羽織物にすると、その温かさたるや・・雪の日はコレ以外着れましぇん。
今回のはクルールのボトルネックプルオーバーにする予定。
ストライプのウールストレッチは、店長が「ウテさん絶対買うと思った」だってww
あと、息子パンツ用、ストレッチデニムと。(元石田、正月休みでさらに腹回り成長し、待ったなし)


ここ数年、この時期にコートを1着仕立てるのを己に課しておりますが(大げさな)
3年目の今年もなんとかできあがりました。
c0227932_1750566.jpg

muniさんのトリニティコート(チェスターコート)


こういう大物縫いのときは、思い入れの生地を早く形にしたいという思いが
面倒な作業のモチベーションになると思うのですけど
今回は、なんで買ったのか全く思い出せない罪庫布ゆえ、気持ちを上げるのに大苦戦・・
白赤のヘリンボーン地。確かソールパーノさんの。
c0227932_1624572.jpg

今回の作業の原動力はただ一つ。流行りのチェスターコートを着てみてぇ!それだけか。(笑)


当初は、2週間くらいかかるかなと思ったのですが、そこは、「面倒そうな形をいかに作業工程少なく作るか」を追求したmuniさんパターン。
(勝手にゆうとるw)ポルカさんのニットジャケットで大苦戦した襟部分も拍子抜けするくらいに簡単にできました。
c0227932_16244770.jpg


muniさん、前回のワイドピッチプルといい、芦田まなちゃんではないがなかなか「インサイトをえぐられます」


裏地は、「服地の松本」で、m500円だったか、裏地にいいなと思って飛びついたら、お店の人が「これ裏地じゃないのよー」って言った生地。(笑)
c0227932_16253018.jpg

だからなのか、裏地を付けても格段のあったかさは感じられず・・ああ、発熱?ヒートテック裏地・・(毎回作ってから思い出す)
同時期に裏地付のコートを作っていたpurikoさんに「どんでん返し」ばっかり連呼してましたが、このパターン、思いっきり裏地はまつるタイプのものでした。(笑)
なんとなく、どんでん返しの爽快さを味わいたかった気もしますが・・
c0227932_1638253.jpg

本体は脇布と3面構造。袖も2枚仕立てで、トルソーちゃんの後ろ姿は、コクーンぽいんだけど・・
(なぜか、裾がマイナス2センチで出来上がってしまった)
着たら、真四角!
元石田が「旅のお方だ」(←「人」じゃなかった)だと。しばし考えたら、助さん格さん風情だなこりゃ。スリムパンツと合わせるのはよそう。
c0227932_16371710.jpg

いやー、これ着る人選ぶコートだった。
ほっそりした、コートの中で体が泳ぐ人に似合うパターン。
私が着ると、コートいっぱい、体がある感じ。(涙)
あと、あれだけ着たかったチェスターコートなのに、コーデが全く浮かばない。
mplのスリムタックパンツに、たまねぎ工房ヘザー、ブーティーを合わすと変だったので、白シューズ・・
んー、パンツより、スカートの方がいいのかなぁ。

なんとも、微妙なものできあがりました。まぁ簡単だったからいいか・・

久々の映画ネタ。
昨年秋から暮れにかけて、見たいものが全然なくて、劇場から遠ざかってましたが
久々に食指が動いたのが、「ビッグアイズ」。
60年代アメリカで大ブームとなったアート作品「ビッグアイズ」を巡るお話。
アメリカ現代アートに特に関心があるわけではないのですが(笑)、なんたって、最近お気にのこのおっさんが出演ではないですか。
c0227932_16385640.jpg

クリストフ・ヴァルツ氏
昨年のレオ様ブームのときに見た、「ジャンゴ」の狂言回しの役、その後に「イングロリアスバスターズ」のナチス将校役で、ドキューンと心臓を射られました。
日本で言うと、誰かなー。一見穏やかだけど、どこか狂気が潜む感じ。
光石研・・ちょっと昔の北村一輝?

予告編見て、ティムバートン監督映画とわかる。(笑)


それから、オスカーの候補にも挙がってるけど、「バードマン」も観たいな~。バッドマンのマイケルキートンが往年の戦隊ヒーロー役(現在はただのじいさん)って、自虐ネタもいいとこじゃない?

今年は、できれば、月2くらいで映画館に足を運びたいもんです。隙あらば。
[PR]

by uteomma | 2015-01-18 16:50 | 自分服TOPS | Comments(24)

パタレ・フレアブラウス

実は、今年の夏、パタレ学校夏講習用に、メンズシャツとフレアブラウスを鼻息荒く購入したんですが二つとも封すら切っておらず・・(ああこの光景、学生時代も見たよな)

なんとなくこのまま秋を迎えるのもなぁと思い、比較的早くできそうな(tyumaさん情報)フレアブラウスに着手。
こんな夏のブラウス的なものはいくつか作ったことはあるけど
今回さすがパタレ学校と思ったのは、襟ぐりパイピング、表側落としミシン止めにいたるまでの工程。前もって蛇腹みたいに折り目を付けておくんですねー。
c0227932_15284359.jpg

袖カフスも同様に折り紙でした。
私折り紙が非常に苦手なので、衿ぐりパイピングのところは裏側思いっきり針落としました。(一応報告)
さすがパタレ学校、自分の苦手を浮き上がらせてくださいます・・
c0227932_15291426.jpg

生地はぽぷりさんのタイプライターソフトマスタード。

ソフトというか、マスタードに赤味を足したような、柿とかみかん彷彿・・
パタレさんのMは、150㎝には大き目だったはずなんだけど
襟ぐりは今回理想的な開きでした。
c0227932_15294438.jpg

後ろのじゃばら。図形問題苦手すぎ、仕様書のタックの図が解読できず今回も撃沈・・左右非対称になっております。
あー、このパターン、苦手問題復習工程満載。さすがパタレ学校。(このフレーズ3回目ww)

後ろ裾が、燕尾服ばりに落ちてます。スタンダードなデザインでおなじみのパタレさんには珍しいね。(ああ毎度おなじみ脇線つれつれ、糸調子がまずいなー)
c0227932_15302983.jpg


この柿色に合わせるボトムが全く発想できなんだ・・
意外に万能選手の「cs本スタンダード」の水玉サブリナパンツを合わせてみる。(←友達に田植のとき履くやつと言われたが)
c0227932_15304963.jpg



先月の繁忙期に、ふとBS放送で観たこちらがね。
c0227932_1531734.jpg

小林明子の「恋におちて」創作ヒントにもなった映画ですよ。
確か20代で見たときは、ダサいおっちゃんおばちゃんの色ボケ映画で、ラストがこれまたちゃぶ台ひっくり返したいー・・になったと記憶してますが。
今回見始めたら途中で止められなくなった。あなたが思うように想像してください的なラストもこの年で見るとぐっと胸にせまるものあり。
当時はダサいと思ったデニーロ&ストリープも、あのイモくささがなかったら、作品として成立しなかったかも、なーんて。
瞬間的にデニーロラブです。

あー、これ観たいわー。
c0227932_1554376.jpg

あれ↑早くもDVDのパッケージが上がってるけど。日本では来週公開だけど、残念ながら我が地元では上映館なし。イーストウッド、ミュージカルの映画化、クリストファーウォーケン(←ディアハンターの彼、爺になっても色気たっぷり)のキーワードが私の趣向ドストライク!なんだけどな・・
(息子がサッカー始めて何がつらいかって、映画行けなくなったこと涙)


そしてそして、オーラさんに「ぶれへんなぁ」と言わせたいばっかりに買ってしまった(?)開高絶筆本の初版本とかあれとかこれとか。
c0227932_15314173.jpg


↑こちらの古本屋さんはお店を畳まれることになって、我が行きつけのブックエンドさんが商品、店舗とも引き継がれることになったんだけど、偶然、その引き継ぎをしているときにお邪魔して、どさくさで↑とっても安くしていただきました・・フガフガ。鼻息荒くすいません。
あー、本買いは楽しいねー。

この3連休サッカーに暮れた・・(観戦で油断してたらこの季節でも首の後ろ真っ赤)
写真家アキラくんパパ撮影です。
c0227932_15332346.jpg

息子初メダルいただきました!
c0227932_15333559.jpg

[PR]

by uteomma | 2014-09-15 16:09 | 自分服TOPS | Comments(18)