カテゴリ:C&S( 6 )

C&S お気に入りをてづくりで「フレンチスリーブのワンピース」

C&Sさんの新刊、表紙のワンピースを。
またしてもC&Sさんの世界観思いっきり無視。すんませーん!
c0227932_14411230.jpg


聞いてくださいよ~!
当初はこれ作ろうと思ってた。
c0227932_14415792.jpg

洋裁を始めて最初に買った月居良子さんの大人のクチュール。
いつかは作りたいと思ってたワンピ、ようやく職業用のコンシールファスナー押さえと、ローン地3m弱用意でき、いざ取かかろうと思ったらどなたかの投稿
「胸の開きが、マリリンモンローの衣装ばりのセクシーさ」に萎えました(涙)
慌てて書店に走り、海外竜也さんあたりのお出かけワンピ的なのを買って来ようと思ったんだけど、C&S新刊の、「作りたいパターン3アイテム以上」が勝ちました。
で、これまたあんまり好みではなかったけど、表紙の「コンシールファスナーと用尺3m弱」が一致するので作ってみた次第。
(ああ長い、ごめんちゃい)

表紙のワンピはお嬢さんのスタイルと、黒無地生地で素敵に盛られておりますが、この懐かしい雰囲気の形、柄生地で作ると思いっきり昭和になる気配満々。
このスカート部の逆台形コクーン型にくじけそうな心を奮い立たせたのであった。
c0227932_14524148.jpg


このパターン、パッと見は、簡単そうなんだけど、無駄に(失礼)洋裁の達成感を盛り込ませたい意欲満々。スラッシュポケット。
c0227932_14555917.jpg

そう、このスラッシュポケットで、ん?と思い巻末を見たらば、パターン&グレーディングは水野佳子先生でしたわ(笑)

このポケットがよりコクーン化に一役買うのかな??
c0227932_1592336.jpg


裾、袖に見返しですよ
c0227932_1458754.jpg

あー、いちいちクソ面倒くせ~という感じでしたが、出来上がるとやっぱりしっかりしてるというか、自立します。

ようやくコンシールファスナー押さえを買って、付けようと思ったら、普通の樹脂ファスナーでいいでやんの。
慌ててトーカイに行き、店長さんに言ったら
「あら~、私はこっちの方が好きよ。アイロンかけやすいし」そうなのか。
しかし、ファスナーの色合ってないし(笑)
c0227932_1553459.jpg

ファスナーを覆い隠すカバー的なやつの幅が最初太くなりすぎ、横にもう一度ステッチ入れたら、ダブルステッチ。これもデザインに。(ならんって!!)
c0227932_157314.jpg


かくして後ろ姿はこんな感じ。(あー、ヒドイ)
c0227932_2037559.jpg


ローウエストの感じがいまどき風なのかしらん。
c0227932_1583243.jpg


それにしても、C&Sさんの水野さんパターンの本は、回を重ねる度にレベルアップしてない?
今回は裏地付のワンピパターンもある。
まぁ、洋裁マゾとしては、つい挑みたくなってしまうところですが(笑)

着画は、想定通り、ミセスのおでかけ風ww
c0227932_15124092.jpg

アルバムにこんなワンピ着た母親の写真があった気がする。
これをいまどきにするには、表紙のように単色づかい、ローヒールのパンプスでパリジェンヌっぽくって感じ?
あ、大事なこと書き忘れ。生地は、久々ひできさんで、YUWAの海外向けブランドMIKIMOTOの60ローン地でした。やっぱりリバティーのあのしなやかには程遠く・・

まぁでも、久々のパンツのチャックではないファスナー付け、もっと上手く付けれるようになりたいという気持ちが芽生えました。また似合わないワンピ作ってしまいそうだな~。

毎年恒例の職場主催書道展の祝賀パーティ、受付チーフの仕事のときに着て行こうと思ってます。(これが毎年難航して、作れず終いですが、今年は形になった)

ここ3か月くらいで読んでた本
c0227932_15173540.jpg

高峰秀子さんが面白い!
ばあちゃん子である私は、生きてたら祖母と同年代である作家の本を好んで読む傾向にあります。向田邦子しかり、澤地久枝しかり。今だと、暮らしの手帖の大橋さんもそうだな。澤地さんは生きていらっしゃるけど、生きてたら彼女たちは今のきな臭い世の中についてなんて言ってるだろう・・なんて思います。
三島由紀夫の小説はさっぱり読めないんだけど(笑)、↑これは面白かった!
[PR]

by uteomma | 2016-08-19 15:24 | C&S | Comments(18)

「みんなのてづくり」キルティングベストとmany dropsオフタートルベスト

丁度昨年の今頃だったか、リサイクルショップで見つけた昭和の洋裁趣味のご婦人大放出生地。
c0227932_2091668.jpg


みなさんに「リバティのpuffみたい~」と言われ、この中でも↑一番形にするのに緊張しましたが出来上がったのは
c0227932_201349100.jpg

ソウル東大門で2万ウォン・・チーン。

パターンは、C&S「みんなのてづくり」のキルティングベスト大人サイズM。
着画は、私の首レスおよび顔ぽっちゃり風情が、このおじょうちゃんのそれとほぼ相似形(苦笑)
このチャイナ襟が、まぁ似合わないので、着るならボタン留めはなしだな。
c0227932_2021278.jpg


裁断したときから、ん?という感じでしたが、製作途中に母親(アラ古希)が、自分のものと勘違いしてくれたので(笑)、よかったとしよう??

そういうときに限って、パイピングが結構うまくいったりする。からし色は昨年暮れの染色体験のとき白地を染めたもの。
c0227932_20261855.jpg


chocottoさんのビ二コバッグの見返しのリボンつなぎ目にタグ作戦、やってみようと思いましたが、同じ大きさのタグの手持ちなく残念。
c0227932_20305046.jpg

息子たちのキルトジャケット以来のメートライン、やっぱり苦手でしたわ。
・・というか、この全体に漂う「東大門感」は、この茶色メートラインのせいでしょうか?
色変えたら、puff柄もっと素敵に生かせるかしらん・・っていうのもあと2m近くもある!

サッカー小僧にこれ着てサッカー応援行ったら怒る?って言ったらやめてくれー、と。なので、妄想コーデで終わりそう。
c0227932_2035485.jpg

「てづくり本」ご推奨の、パーカの上にベスト、可愛いわ~。あー、やっぱりリベンジしよ~。
メートラインの色、何色がいいでしょう?賢者のみなさま教えてくださーい!


久々にmany dropsさんのパターン。確か新作です。
そこは私なので、人気のなんとかワンピとか、パンツとかではなくw
c0227932_2043181.jpg

オフタートルベスト
生地は、Filerのはんぱ生地祭りで買った、ウールテレコ

子どもの体操着入れくらいの手間で作れるものですが、私、洋裁6、7年目くらいにして初めてわかった縫い代の裁断術
c0227932_204539.jpg

洋裁本などで自分で縫い代を付けるときこのやり方が書かれていますが、いまひとつピンとこなかったけど、こう裁断すると仕上がり線の前後で対照の縫い代が作れるのねー、って当たり前ですね。(ああこういうの苦手)

着画、小物は幼なじみより。(懐かしのバネッサブリューノ、今持つと新鮮)
c0227932_2050950.jpg

うむむ、なにやらビブスというか、アテネというか!?うーん、manyさんのフリーサイズは、私にはやっぱり大きいのですね。丈もうすこし詰めてみます。

元石田とオデッセイ行ってきました。
c0227932_2121891.jpg

やっぱり裏地が出ておる・・

ここまで絶望的な状況なのに、底抜けに明るい映画初めて観た。(笑)
マインクラフトおたくの小学生男児と、80年代洋楽エアチェック母がともに楽しめる映画でした。エンディングの♪ I Will Survive まで、ずっとシャレが効いてるというか。
深い教えとか生き方などには無縁の映画ですが、エンターテイメントとしては抜群にセンスのいい映画だったと思います。

オデッセイで、いいリズムが付いたのか?
c0227932_2114224.jpg

久々にブッグエンドに行くと、私の好きなお三人の料理エッセイが揃ってました。

左端のフードコーディネーター高橋みどりさん、この本がきっかけで大ファンに

私の好きな料理の本

高橋 みどり / 新潮社


おたくぶりが、どうもわが身とかぶって仕方ない。興味のある方は図書館で探してみて~
[PR]

by uteomma | 2016-02-28 21:26 | C&S | Comments(28)

Quoi?Quoi?「デイリーウエア」パンツと、C&S「てづくりのシンプルスタイル」ベルスリーブ

毎朝、去年の今頃何着てたんだろーっと思うくらいトップスがないのに、明らかに足りてるガウチョ系、しつこく作りました。あー誰か止めて~
c0227932_21175446.jpg

Quoi?Quoi? 「デイリーウエア」 チェックパンツ(クロップドパンツ)
fabfabric コットン×ストライプ(アッシュブラウン)×チノクロス

コアコアさんのご提案は、リネンやコットンなどの、やわらかく素材の味が出る生地でということでしたが、fabさんで一目惚れのストライプチノクロスで作りました。

が、どう見ても新撰組にしか見えず!!形とストライプ?

c0227932_21192773.jpg

これまでに作ったタック入りではない、ウエスト周りスッキリデザイン。
前はパッチポケット、後はポケットがないので、どれよりも早く完成。

どちらかというと、トレースの方が往生しました。
c0227932_21211277.jpg

ウォーリーを探せ、これ極まれり。
図書館本なので、印も付けられず、大変苦労しました。
最近の洋裁本のパターンは、2枚3枚組なのでここまでの作品あまり見ないような気がする。


ヒップハングなので、お腹周りも若干楽。(笑)
c0227932_21225323.jpg

かといって、インするとなにやらバランスがいまいちなので、ベルトループ省略し、ボタン開きもホック止めに変更しました。


うむ、この生地、fabさんいわく「ワークパンツに最適」ですが、コアコアさんのリラックス感漂うデザインとは相性はもひとつだったかなぁ。


こういうガウチョに合う、短い丈トップス、意外に持ってることが判明。
c0227932_21235449.jpg

MPL B1500ボートネック(裏付き)ブラウスと。C&Sホリディ。
パンツ丈、もう少し長くてもよかったかも。


あと久々に、作ったことをすっかり失念していて、発掘され、あれ?案外といいやんと思ったのが
c0227932_21241391.jpg

MPLサンプラ プルオーバードレスブラウス丈。C&Sコットンパピエ

やっぱりMさんのデザイン好き。


・・といいつつ、C&S本「てづくりのシンプルスタイル」からトップスを作りました。けど↑なんかよう似てるな
c0227932_21245896.jpg

ベルスリーブのワンピースを、ブラウス丈に。
できあがりをリビングに置いてたら、母親が
「おねえちゃんにはこれ地味じゃないけ??」自分にくれとばかりのアピールを繰り広げました。
確かにファーガスのこの色って地味だなー。パフスリーブどかギャザーとか可愛い目のデザインの方がよかったかも。
1回着て、地味すぎたらあげます。(笑)


去年、大川本のキモノスリーブのプルオーバーがかなりのヘビロテだったので、
c0227932_21273589.jpg

同じような袖長めのを。
キモノスリーブ、惜しむらくは、襟ぐり脇から、ババシャツがちらちら覗くのが難点でしたが(作るとき、詰めろっての)、これは、ちょっと今どきっぽい、襟ぐりの開きが狭め。ブラウス丈にするために25㎝ほど詰めました。
c0227932_2128711.jpg

またしても、得意の(!)スラッシュ開き。

デザイン的に、ガウチョよりテーパード系のパンツが似合いそうなので、少し丈を長めにしてみました。

♪wind is blowing from the aegean(「魅せられて」ジュディーオング)な袖。
c0227932_2128393.jpg

今週の東京行きに着て行くつもり。白の「あすきるふくー」ワークパンツか、リネンツイルのたまねぎ工房evanに合わそうかな。
今週は、リバティ一枚でも大丈夫だと思うんだけど、都会の方々、季節先取りなんだろうなぁ。
街ゆくミリヤ(←先週東京に行った職場の若い子が「加藤ミリヤばっかりでした」というのでww)がどんなカッコしてるかとくと観察してきます♪



久々に飲みネタ。
お付き合いいただける方はこちらかどうぞ↓

More
[PR]

by uteomma | 2015-09-14 21:45 | C&S | Comments(26)

ソーイングの日々「くるぶし丈パンツ」をワイドパンツに。

なーんか例年この時期は、パーティー服パーチー服と騒いでる気がするのですが、というのも、会社の主催事業(○○書道展)の祝賀会に参席しなきゃならないので。

どうもこの時期のタイミングとか諸々バイオリズムが悪いのか、まともに作れた試しはありません。
いつぞやは、クルールのカシュクールワンピ失敗して、ギリシャ人のそれになったり。

結論から言って今年も神風は吹きませんでした・・

松本ボタニカル柄で、クルール「あすきるふくー」(←困ったときの明日着る服、のぶ代のドラえもんでどうぞ、by松子さん)、のスタンドカラーワンピを作ろうとしてたのだけど、そもそも柄物が全然似合わないし、この柄でワンピとなるとどうしても健康ランドの利用者用ムームーを思い出してしまい潔く撤退。

クローゼットを漁って、なんとかそれらしいものを。(3年前に作ったレーヨン地?のワンピ)
c0227932_16453582.jpg


これ元々は襟付きのワンピ。
c0227932_16463942.jpg

3年くらい前の作品ですが、あまりのダサさにびっくり。(笑)
なんで襟が紺色なのか。

リメイクは襟外しただけ。ちょっと詰まり気味の襟周りが今年風と思えなくもない?
切り替えのゴムも、ゆるめにして、たくし上がらないようにしました。

潔く撤退したボタニカル柄はこちら。
c0227932_16482189.jpg

撤退で正解でしょ?なんとかショートパンツくらい作れないかと思ってます。


週末1週間ぶりにミシン。
c0227932_16515432.jpg

前回のウエスト閉まらなかったガウチョ以来、なんとかインして着たい思いがつのり、C&S本ソーイングの日々のくるぶし丈パンツ(テーパード)をワイドパンツにしてみようと思って。


THE素人な型紙補正の図。
c0227932_16535680.jpg

愛用の「洋裁百科」にもそのような補正の仕方は掲載されておらず、なんとなく股ぐりのところから
裾にかけてまっすぐ落とせばよかろうということで。


連続14日勤務の間、布買いに行く時間もなかったので、使いそびれていたソレイユさんのコーマビンテージワッシャーのベージュの方で。


このパターン、ファスナー開きだけど、ウエストゴムなので、そもそもファスナー開きの利点があんまり感じられんというか。(笑)こんなことなら、ひらりさんみたいに、ウエストゴム&ベルトループ付けりゃよかった。(そもそもこのパターン、ファスナー開きではあるけれどみなさん開きなして作っておられるよね!)

・・と途中で、自分がいったい何のために、このパンツを作ってたのかわからなくなるという・・

おまけに、
c0227932_1735228.jpg

ベルトを縫い付けるときに、なんか持ち出しが飛び出しておるぞ、チョッキンとやったらば、この飛び出しがベルトの幅だったという大失態。研修医に縫われた我が帝王切開の傷跡彷彿・・

ベルトループは付けるつもりですが、気力がなくなり着画。
インしたら
c0227932_1763048.jpg

若干デカパン感ありますが、チビにはやっぱりこの手のパンツインの方がいいかな。

秋口にヘビロテ、MPLオブロングと。
c0227932_1774345.jpg



結論・・
やっぱりクルールのタックガウチョパンツの形が好きなので、今度はストレッチ生地でウエスト問題クリアしたいものであります。


夏の終わりに柳原良平さんが逝かれました。
c0227932_17103261.jpg

親子2代で柳原さんの絵本にはお世話になったし、ほんの数年前出会った、柳原さんのエッセーが開高健、山口瞳を知るきっかけになって、私の読書人生においては、超重要人物。
横浜には記念館や、駅構内に柳原さんのキャラがあったりするそうで、今すぐにでも横浜巡礼の旅に出たいところ・・ああ、私の好きな昭和3大親父の最後の1人が亡くなってしまいました。ご冥福をお祈りします。
[PR]

by uteomma | 2015-08-30 17:27 | C&S | Comments(26)

C&S「てづくりのシンプルスタイル」のシンプルジャケット

この週末は、わが地元、「悲願の」北陸新幹線開業で、お祭り一色。
久々のサッカー休みで、朝寝を楽しもうと思っていたのに、開業の土曜日は中継ヘリの音で起こされました。朝から記念番組をずーっと見てましたが、立山連邦をバックに走る新幹線の映像を見ると涙涙・・(まさに県民悲願の新幹線、なのです)

新幹線駅に新たに「とやマルシェ」という商業スポットができたのですが
これがまた、酒好きにはたまらん空間で
c0227932_2132304.jpg

例えば富山の地酒全種類揃った日本酒バーの「方舟」。
酒器が地元の鋳物メーカー「能作」の。←今ここのぐい呑みが一番ほしいww
通勤路がにわかに誘惑いっぱいになりました。


インスタのすてきフォロワーさんたちが付けておられて、どうしても欲しくなり買っちゃいました、キエリ舎のブローチ。
これを付けたいがばっかりに、ツィード地でノーカラージャケットを作りました。
c0227932_21325438.jpg

例の、リサイクルショップで見つけた生地、ようやく第一号。
パターンは、C&S「てづくりのシンプルスタイル」本よりシンプルジャケット。


このパターン、まつり縫い部分以外はと~っても簡単。
ノーカラーのジャケットは、個人的にものすごく好きなアイテムなので、この本を見たときに真っ先に作りたかったんだけど(本ではリネンツイル地)、このイセ込みのところに恐れをなし
c0227932_21415338.jpg

前にmplのショートジャケットをC&Sホリディで縫ったことがあるんですが、イセの部分がどうしてもうまくいかず薄地じゃムリだな~と断念。
この度の、分厚いツイード地。
裏は、起毛。
c0227932_21343249.jpg

この厚みで、イセの部分のマズさも、なぁなぁになってしまうのを狙いました。(笑)
全くイセ込んだ意識ないけど、生地の厚みでそれに見えなくもなく・・?

なんとなく↑学校の先生に見えなくもないので、困った時の白パン
c0227932_2134538.jpg

やっぱり白パンの威力絶大だな。

ちょうちょは、去年作ったツイルのノーカラーコートに付けました。
c0227932_21351210.jpg


このジャケットのサイズ感、本のモデル着画でおわかりかと思いますが、かなりのコンパクト仕様。
身長に即して、いつものSサイズを選びそうになりましたが、思いとどまりMサイズにして正解だった。(というか、このハト胸ゆえ、Mでもパツパツ感あるか・・)
あと、袖丈も、生地が足りなくて6分丈くらいになってます。



お次は、今、恐ろしくはまってる作家さんの話。

moreからどうぞ。

More
[PR]

by uteomma | 2015-03-15 22:03 | C&S | Comments(26)

C&S本STANDARDより「サブリナパンツ」他

とくにまさこさん信者ではないのですが
c0227932_14105044.jpg

これ買ってみました。
料理本骨董趣味ww、まさこさんもだったのですねー。
去年出た骨董料理本のバイブル、高橋みどりさんの「私の好きな料理の本」
ほどのマニアっぷりはないですが、それでもこんなコアな業界
あなたもでしたか!とわかってうれしい~。
TIME社の「世界の料理」全集、あっしもほしいです!!

文化の日、地域の文化祭に行きました。
小学校、公民館を会場に、子どもや地域の人の作品展示、バザー、模擬店などが
ところ狭しと並び
昨年までは地区センター勤務だったので、地域の拠点となる施設の職員として、
会場を備品を持って駈けずりまわってましたが
今年は一住民として、満喫してきました。(←友達に「えらく満喫してんじゃん」といわれたのでw)
c0227932_14111641.jpg

戦利品。
イタリア靴風、本革パンプス(新品)300円!
というのも理由があって、21.5cmの纏足サイズ。
会場当番のご近所さんに「ウテさん足小さいから履いてみな」と言われ履いたら
なんとかおさまった。日頃は22.5cmですが、革だから伸びるんじゃないかと。



例の岡山水玉、形になりました。
c0227932_1412211.jpg

右のわざとらしい飾りは、インスパイヤーかっかさん。(どこが?とみなさん突っ込みましたね)
こないだC&S本「STANDARD」を古本屋で500円で買ってきたので(型紙もまっさらなまま)
この本からサブリナパンツです。

久しぶりのコンシールファスナーでしたが、何かで読んだ両面接着テープで
ファスナーを仮留めしたのが、運の尽き?ファスナーは隠れないは、接着テープの
のりはガビガビ付くわ。
c0227932_14122331.jpg

ファスナーのムシのキワを縫うものだと思うのですが、こないだクルールのスカートを
縫ったときは、反対の端の方を縫ったよな!?(きっとこの迷いの結果ですわ)

水玉の柄合わせ、失念!?割れた水玉って悔しいわー。

凝った作りのズボンを作るのが趣味なので(←ヘンタイ)、ゴムパンだと
どこか逃げてしまった気持ちに囚われるのですが
ほどよく脇ファスナーなところが、そんなマニア心も満足させ
かつ驚くほど短時間でできるのがいいですね。パンツパターンはこれくらいが最適かも!

つづいて
ようやく、ジャケットやカーデを羽織り始め、とたんに浮上するのがインナー問題。
タートルも早すぎるしで、先週は手持ちの双糸天竺ボーダー、ボートネック一辺倒でした。
洗い替えがほしいなと在庫布(コスモさんの男の子天竺パックと思われ。双糸天竺?)から
C&S本「DAYS OF SEWING」のきれいめのシンプルTシャツ。
c0227932_14125175.jpg

これなんでもっと早く作らなかったんだろーーー!と。
(いや、me+miさんが確か作っておられて、作る気満々だったんだけどね)
ネック周りの開きの大きさとかほぼ理想的。

本来ならSサイズを作るとこですが、この生地、洗うごとに縮んでいくのを見越し
Mサイズで。
c0227932_14131015.jpg

タンスの奥からぐじゃぐじゃになってでてきたファーガス救出。
デフォどおり、裾、袖口、見返しの留めは手まつりで。
c0227932_14133344.jpg

はじめてやりましたけど、手まつりすると愛着が増します

実は、少し前に、2本針4本糸ロックミシンを買いましてね。(これまでは1本針3本糸)
MIKAWAジャケットあたりは、お店の展示品そのままの白糸で縫ってたのですが
さすがに今回、意を決して糸をかけました。

エアーのやつをお使いの緒先輩方からは、糸かけるなんてあり得ないーと
言われましたが、ヘンタイだから、あの糸かけやってみたかったのよ。(負け惜しみ)
あと5万円あればなぁーーー
↑で、糸かけ、これ人間にできるのか!?というくらいの複雑ぶりでしたが
2時間格闘のすえかけたときには、「栄光の架け橋」が流れました。
今後は迷わず糸と糸をつなぐ式で・・

着画です。

c0227932_14135626.jpg
全身1000円もいってないんじゃなかろうか、このコーデ。(爆)
300円パンプスも。
しかしこのTシャツ気に入りました。
首が短いので、タートルを着ると首はどこに置いてきたの?
といわれるので、今年は寒さに打ち勝ちこのパターンでいくかな~。

サブリナパンツは、このところ一辺倒のレギパンに比べると、かなり余裕があります。
どことなくパジャマっぽいのは水玉のせいか。
縫製のお手軽さの割りに美しいテーパードのシルエットに仕上がると思います。










すいません。三日月パンツでした。
c0227932_14155333.jpg

120サイズ、115cmの次男でこのありさま。
130cmの長男でこれ。
c0227932_14161111.jpg


どうも、サイズ把握が難しいパターンでした。


今回はボタンに合わせて、ステッチ糸を赤でと思い
買いにいったのですが、赤のバリエーションの乏しいこと!
c0227932_14163675.jpg

とくに30番手。
せっかく職業用ミシンのくせに、20番手の調整をしきらず、30番手専門なんですが
ほどよい赤ってない。左側のシャッペの朱色の次は、急にワイン色。
トーカイのお姉さんも、この番手の普通の赤ってないのよね~、だって。なんで?
[PR]

by uteomma | 2013-11-04 14:27 | C&S | Comments(26)