カテゴリ:たまねぎ工房( 10 )

たまねぎ工房、ソフィア(ドレープカラーコート)をやっつける。

たまねぎ工房、ソフィアやっつけました。

c0227932_19390975.jpg
1/25、ボタンを付けた画像に差し替えております。


いや、もう、雪が降り始めてからはダウンしか着ないし、ウールのコートの必要性もないのですが届いちゃったのですよ。コレが。

c0227932_21154495.jpg

松本、招待状(笑)

こうなると、ミシンの足元で幅を効かせる、11月に松本で購入したウール地が気になって仕方ない。

当初は、mplノーカラーラップコートの予定でしたが、なんか違うよなー、と悩んでたら、kokoさんが「この生地どこかで見た。そうだ、たまねぎ工房のコート」とナイスパスを放ってくれました。

ならば縫いましょう。洋裁好きにも、布ヲタ、着ヲタ、パターンヲタ、いろいろあると思いますが、私は絶対縫いヲタだと思ふ(笑)その割に技術が向上せんのですが


このパターン、一番難しいのが、芯貼りと店主さんや諸先輩方がおっしゃってますがそのとおり。

コート作りの難関、襟だの、ベンツなどはないので、肝は、芯貼りと、ボタン付けかなぁ。(↑ボタンの付け位置を体型に合わせて調整せねばならんので1番上だけ仮付け)


接着芯がなくなったので、トーカイに行くと衝撃の事実に遭遇。

洋服の接着芯は、不織布じゃあかんのね~。ああ、知らなんだ。

織物のを使わなきゃいけなかったらしい。

トーカイ店長「えー、ウテさんずっと不織布の使ってたのー。あれは洗濯しない小物用よ~。お洗濯したら剝がれて来たでしょ」

あう!織物の接着芯を持ってきてくれたのですが、給料日前には厳しいお値段。

結局、いつもの不織布に。コートだから洗濯しないしね。

c0227932_21162799.jpg


あー、でもなんだろこの敗北感というか・・次回は織物の接着芯で!


c0227932_21170179.jpg

「地味に苦戦したシームポケットー」(卒業式の呼びかけ風に)

2回もほどいたときには、布端がフリンジ化してきた・・恐怖。


裏地は、今見るとなんじゃこりゃーなシロモノですが、松本催事でのテンション高いときには、白地にこの内布のセンス、どうよ?なイケイケ状態だったもんな。(あな恐ろし)

c0227932_21172673.jpg

いつもは知らぬ間に消滅している、後のキセも、なんとか生きながらえてくれたようです(?)


c0227932_21173196.jpg


どんでん返しも成功しルンルンだったのですが、中綴じが甘かったか、裏地がたるむー泣 ま、表からは出て来ない程度なんですが。


袖口の裏地と表地縫い合わせるところ、いつも理解するまで30分は要するので、記録しときます。

c0227932_21191591.jpg

ああ、この風景、萌えます(?)

c0227932_22044689.jpg


店主さんや諸先輩方がおっしゃるよりは、結構往生したコートですが、できあがってみればこの生地、すごくいい!仕立て映えする。

これなら、Mさんノーカラーラップコートもいけたような気がなきにしも・・

c0227932_21285729.jpg

改めてこの形見て見ると・・

c0227932_21435338.jpg

紐とか、面倒なのはしないタイプなので割愛しましたが

この形、どこかで見たことあるぞー。

これだ

c0227932_21292264.jpg

原田知世、私をスキーに連れてってのスキーウエア。

この映画に憧れて、大学に入るとわざわざ苗場までスキー行ったもんなぁ。(地元にスキー場あるのにw)

なんとも郷愁を誘うコートが出来上がりました。


おっと着画忘れそうに(いらんけどw)こうやってボタン留めて着るのを想定して作ったんだけど。

それにしても、コーデのイメージが全く湧かない。fabさんテーパードと。

c0227932_21311801.jpg

意外と開けても行けるんじゃない?

c0227932_21361848.jpg
ま、いずれにしても、懐かしさ漂うデザインでございます。
サイズは38、手が短いので袖丈2㎝ほど詰めたらば、短くなりすぎました。


ボタンは、今回も美栄さんで選んでもらいました。

c0227932_21303695.jpg

内掛けボタン二つは、お買い得品の。

そうそう、蓄熱裏地の名称わかりました「東レ オフェリア」←東レまでしかあっておらず

おばちゃん「今から縫う服にこれ付けたら、汗かくよ」またまた出ました、汗かく裏地発言(笑)ほんとに温かいんだねー。



それから、前回のラップタイトの後姿。

c0227932_21371385.jpg


一日着用した後なので、座り皺が若干ですが、すっきり見えるでしょ??



週末知人のお子さんたちのユニットが出演するライブに行って来ました。

c0227932_21375530.jpg

いや~、ライブいいっすねー。

若いギタリストの激しい指の動きを見てると(砂かぶりの最前列でした)、ついうちの長男の「マイクラ」の指さばきと重なり、ギター弾けるんじゃない?とか妄想(笑)

運動苦手の長男、何か楽器させるんだったなぁ・・とちょっと思ったりしました。

音楽に青春をかけるのもかっこいいよね。


[PR]

by uteomma | 2017-01-23 22:09 | たまねぎ工房 | Comments(27)

アイスポップ(息子用)とタックスリーブボトルネックプル(クルール)

kokoさんの、嵩張る冬生地は、冬の間に使い切ろう運動(?)私も追随いたしました。
c0227932_21564497.jpg

ミシン横の棚の上でこの2か月ほど、恐ろしい存在感を放っていた、アクリルパイル地。ようやく消費。すっきり~。この爽快感なら、もっと早めにやっつけるんでした。

裾のみ、直線ミシンでたたく工程がありますが、勢いつけてダーっと縫ったなら、下糸がぐじゃぐじゃに・・なので、そろりそろりと一周縫い進めましたが、ちょっと気を抜くとぐじゃぐじゃ~発生。(何かの修行か)

おそらく、ニット針に替えず、普通針で縫ってるところに起因するのでしょうが、そろりと縫えば縫えてしまうもので、職業用にしてから、ニット針買ってないことに気がつきました。
針の問題じゃない気もして(往生際悪い)、糸調子もあるのかぁ・・このもやもやが私をニットソーイングから遠ざけるのであります。

c0227932_21574380.jpg

あまり意味のない置き画は、ズックの自慢したかっただけ~。(笑)

週末の上京を計画してますが、田舎者って旅行に行くとき靴を買うものなのね。たぶん。
春ごとに白のスニーカーを新調される、白スニーカーレジェンドpurikoさんに、今年は何を買うか聞くと、「スペルガ」という答えでしたので、私も真似しました~。チビなので、少しでも背が高くなりたい厚底タイプです。

上京といえば、前回9月の下旬、季節はずれの寒波襲来でダウン姿の人までいた東京に、コットンパピエ一枚で乗り込んだ私に、相当肝を冷やしたらしい友人が「近くなったら、暖かいか寒いかメールするから服の参考にするように」とメールが入ってきました。(笑)



この春、ご子息たちが中学校に入学されるkupiさんが、学生服スラックスのファスナー難易度高い・・とおっしゃってたので、うちの、来年お入学の、ゴムパンツに慣れすぎた元石田にジップ付きパンツ。
c0227932_2202411.jpg

パレット・3Dパンツのジュニア版のようなたまねぎ工房アイスポップ(pom+さん教えてくれてありがとー、purikoさんちでコメント拝見)
バナナカット(がに股風)パンツです。

パンツって吊り画にすると、どうも個性がなくなってしまう感ありますが、これはなんか存在感ありますね~。と思わずひとりごちてしまった。


縫製手順も、何百回もたどったパンツ工程に準ずるという感じで鼻歌交じりで縫い進めましたが、唯一ご冗談でしょっと思ったのが
c0227932_2241038.jpg

前後パンツの縫い合わせ、股下を縫ったあと脇の縫い合わせとなるのですが、そうなると脇のステッチは、筒の状態で!?

たまねぎさんは筒の広い方からのぞくようにしてコバステッチとおっしゃるのですが、覗くという表現がよくわからず、生地を下にたぐり寄せてたぐり寄せて(2回言った)縫い進めたら、縫えた!(笑)


c0227932_2255151.jpg

鬼門のベルト周り、撃沈に近いものがありますが、ファスナー付けの解説は、たまねぎ工房のが一番うまく行くような気がします。
ウエストは、元石田の腹回りに合わせてホック止めの予定。


最近、3回連続くらいで、ヨークのステッチ交差するところがずれております・・
c0227932_227479.jpg



たまねぎ店主さんのブログか何かで見た「ウエストとヒップにあまり差のない女性にもおすすめ」というのをふと思い出し、私だよ!!とばかり、穿いてみました。(笑)

たまたま、ヘザーを着ていたので、たまねぎコーデで。
c0227932_2284316.jpg

150を、140くらいの裾丈にしておりますが、このガニ股シルエットが、穿いてみるとストレートのシルエットに。
いや、ストレート+αな絶妙なニュアンスが加わりとてもいい感じ。
ヒップ周りも絶妙にフィット。と思い確認すると、黒やぎ学説(後パンツの脇線のカーブがヒップ周りのフィット感を左右する)を証明するように
c0227932_22222779.jpg

緩いカーブを描いておりますぞ。
黒やぎ教授の説が証明され、鼻息荒くなってしまいました!!

これ自分用の作ろうっと。ただし、脇線はこんなに↑お知らせしない方向で。


4月からの半年間の充電期間に、あと1つノルマが残ってた学校PTA役員やっつけようと、広報委員に立候補。
先日、役職決めがあったのですが、広報委員の席で、見知ったオーバー40ママ二人と遭遇。
3人とも年のせいか、地域の役員などに組み込まれてしまいがちなのが共通点。3人とも委員長だけは避けたいということでそろって副委員長に立候補。当選。くじ引きで決まった委員長は、2人目を産んだばかりで育休中の20代のママ。
若いママを、3人の姑(小姑?)が支えるという構図になりました。
さっそくラインでグループになり、小姑Aがグループ名「委員長○○ちゃんの名前取ってチーム○○ちゃんでどうよ?」とか言い出し、おばちゃんだけが楽しい感じになってきました。委員長ごめん。
ま、結構過酷な広報委員らしいですが、おばちゃんパワーで乗り切ろうと思います。

役員といえば、地域のもろもろ、今年度で一掃かと思ったら、体育協会理事、が残留となりました・・泣(今年も住民運動会のビブス姿撮るんだろうね)



新聞の日曜版で荒野さんの連載が始まりました。
c0227932_2212764.jpg

荒野さんゆえ朝からなまめかしい気持ちになるのかなと思いきや、さにあらず(そりゃそうだ)、テーマは終活なのかな。アラ70、私の親世代の夫婦が主人公。
「キャベツ炒めに捧ぐ」とか「静子の日常」とか、中高年女性を主役に据えた作品の方が個人的には好きなので、日曜朝の楽しみが1つできました。
[PR]

by uteomma | 2016-03-10 22:33 | たまねぎ工房 | Comments(26)

10年パンツおんなのこラインとたまねぎ工房Heather

あけましておめでとうございます。
このいかにも間口の狭そうなブログに奇特にも足をお運びいただく心優しきみなさま、今年も変わらず、マニアックでドMな洋裁を追求していきたいと思いますのでどうぞよろしくお願いします。


今年も河口湖畔のコテージで1泊。今年も中国からのお客さんが多かった。
朝食は本館でバイキングとなるのですが、そこで我が家のぽっちゃり長男、配膳スタッフの人に「ラーイス?」とか、聞かれておりました。どうやら中国人富裕層の子どもに間違えられた模様。(笑)
c0227932_1952917.jpg



暮れは、比較的時間があり、駆け込みミシンを。
c0227932_19523812.jpg

次男の10年パンツが、ツボにはまってしまい(穿かせると、おしりがプリっとして萌える)、ぽっちゃり元石田用も。
もつろん、おんなの子ラインで作りました。

いくらおんなの子ラインといえども、ストレッチ必須だなと思い、かと言ってネット通販も年内に到着は厳しいと思い、久々に「スタイリストゴトウ」さんへ。

しかしできあがると、元石田いわく「作業服のズボンだ」
c0227932_19534659.jpg


そうだー。(涙)生地の段階では某Sさんのような「フレンチネイビー♪」みたいなネーミングが脳内駆け巡ってたのですけど。

150㎝用を5㎝ほど膝の辺りで詰めたので、ポルカさんの繊細なラインを壊してしまったかもしれない・・が、おんなの子ライン(つまりぽっちゃりライン)でもあの美ラインは変わらんかなー。

残念ながら!元石田のような出っ腹ではしゃがむと背中、下手したら尻の割れ目見えの恐れあり・・
だが、久々にまともなズボン(このところデブ向けイージーパンツとかばっかりだったので)に、元石田もなにやらうれしそう。次回はちょっと股上補正して作ります。
印象的なおちりのポケットは、ぽっちゃりが穿くとタックがひし形に広がります。


暮れも押し詰まってから、あんず堂さん詣で。
c0227932_20294491.jpg

恒例のセレクト福袋、年明けは、平日のみのOPENになるので無理言って暮れに受け取りました。
確か、下から2番目のツイードと一番上のカーテン地風のがわたくしセレクト。店長さんが、一番下の柄ツイードを「ウテ、かなり気になってたけど結局選ばなかった」のを見ていたようで、入れてくれました。あと、シマ圧縮ウールは、今回購入。裏地はサービス。
あんず堂さん、とくに冬生地がわたくし、萌えます。

さっそく↑圧縮ウールを形に。

当初はクルールのブレードニットジャケットにするつもりだったけど、後ろ身頃2枚合わせの柄合わせが自信なかったので、おなじみたまねぎ工房ヘザー
c0227932_204383.jpg

第一印象、pom+さんが作られるお洋服みたい!
ほどよい抜け感、都会の女性が着てる風な感じ、出てません?(←ああ表現が・・だけど)
過去3ヘザー中、一番うまく行ったかも~。(袖、裾とも3センチほど出しました)

このところ作った作品のまとめ着画が残ってましたので。
c0227932_2081337.jpg

私、ヘザー&あすきるふくーのワークパンツ。
息子たち、10年パンツ。
ヘザーは、パンツに合わせるならもっと丈長くてもよかったかもですが、例によっていろいろ使い回したいので、これは致し方なしかなぁ。

↑東京に行くと必ず入る、いきなりステーキ。(笑)これは、渋谷センター街店。
YouTube命の息子らが渋谷のLoftに行きたいというので、渋谷散策となったのですが、25年前、この辺が通学路だった母、意気揚々とLoftに向かったつもりがハンズに到着( ̄◇ ̄;) 私が知る109全盛時代の渋谷とはまったく別物になってましたねぇ・・渋谷駅リニューアル中だし、完成したあかつきには、私の知る渋谷ではなくなってるんだろうなぁ。

最近の読書関係
c0227932_20214550.jpg

右がゆく年、左がくる年読んだもの。戌井さんと津村さん読んでりゃ私はご機嫌なんだなぁと思いまひた。(津村さんのお仕事小説のキャラがおぜうさんとかぶって仕方ないww なんだろ発想とか表現とか)

紅白見ながら芯貼りして、年明けもちまちま縫っておりますが、まだ2合目くらいのチェスターコート
c0227932_2021556.jpg

こりゃわたくし縫い物史上、もっとも往生しそうな予感がいたします・・
んな訳でしばらく更新できそうにありませんが、みなさんお元気で~
[PR]

by uteomma | 2016-01-04 20:33 | たまねぎ工房 | Comments(36)

たまねぎ工房バジルと、ぽちゃ息子用shinobiワークパンツ

9月に日暮里パキラさんで、とくに目的もなく、つい流行りに乗って買ってしまったところの圧縮ウール。

なんとなくカーデかなと思ってましたが、気温ヒトケタ台になると俄然浮上するのが、ポルカふゆタートル欲求。裁断直前まで行ってふと思いつき、たまねぎ工房版ふゆタートルな立ち位置のバジル(Basil)を作ってみました。
c0227932_2223534.jpg


この合皮パッチを一度体験してみたかったのである。
c0227932_2225261.jpg


この形、たまねぎさんではロングプルオーバーにして、ワンピ的に着るのがデフォルトのようですが
私にはないなと思い、ふゆタートルの長さにしました。
襟はハイネックより気持ち高さを上げてみました。
c0227932_2233758.jpg



が、この形、自分でも驚くほど似合わなくてびっくりした。(笑)
サイズも38といつもよりゆったり目にしたのが災いしたか、全体のシルエットが四角く、不思議な国のアリスに出てくるトランプの兵隊さんのようである。
・・と思いっきりサイズのせいにしてしまったが、私の寸胴体型がそのまま出ちゃうようなのね。
その辺くびれのある幼馴染行きの予定。



↑バジルに合わせようと思って、一度は封印したはずのクルールレギパン、作りました。(笑)
c0227932_2283218.jpg

冬の装いは、長めのカーデや、ゆったりトップスが多く、結局チビにはレギパンがバランス取りやすいことが判明。(街で見かける痛い着こなしベスト3と言われようとも背に腹はかえられないのである)

松本催事でもとめたストレッチ別珍(霜降り)、2種類のうち、パンツにするならグレーかなと思い。もう一つの明るいブルーははスカートにするかなー。

パンツ縫うのが趣味なので、それこそ鼻歌交じりで縫い進めてましたら、これだ!
c0227932_2291959.jpg

かぎ裂き!ヒッエ!!(いやみ部長の名セリフ)

裁断の際にもまーったく気がつかなかったけどなぁ。↑は、まつり縫いでふさいだ後ですが、まぁ生地の霜降り感が幸いしましたかねぇ。
もう、次回の松本催事の折には、これを材料に強気で攻めてみるつもりであります。


ある日の長男元石田のコーデ
c0227932_2295936.jpg

きゃ~、おじいさん!
着用するとカーデの出っ腹が、教頭先生のそれにしか見えず。


こないだ久々に授業参観に行って、世の男児の着こなしをとくと観察してましたが、みなさん差し色使いお上手!緑とかオレンジとか。
元石田おじいさん脱却を図り、派手目のパンツ製作に挑む。

近くの生地セレクトショップあんず堂さんが珍しく日曜営業だったので(こちらは年末に、セレクト福袋販売が恒例なのですが、店長さんいわく「ウテさん来ると思って今日オープンしたよ」って。ツイード地2点を自らセレクトし、あとは店長セレクトの生地がいくつか。正月の受け取りが楽しみ)


買ってきました。
よく見ると生地の織りはヘリンボーン。
c0227932_22114957.jpg

パターンはポチャ息子業界においても注目のmuniさんshinobiワークパンツ。
かなり前からパターンは所有しておりましたが、ハーフパンツの時期を過ぎ、フルレングスに。

c0227932_22122710.jpg

↑トランプの兵隊合皮がまだまだ余ってたので、ポケットに。
muniさんの好きなところは、パンツパターンのポケット、毎回新しい形をご提案してくださるところ!

c0227932_2213223.jpg

c0227932_2213145.jpg

今回も、ちょい面倒ながらも、心地よい達成感を与えてくれるデザイン。

ベルト部分も、珍しい4㎝幅の見返し後に折り返し仕様で、muniさん、世のパンツ縫い族(非常にニッチな市場)のマニアな欲求も必ず満たしてくれます。muni店長さん、私と同じパンツオタク(NGワードになりそう)に違いない。

c0227932_22135540.jpg

股下のマチの効果で、ぽっちゃり息子対策もばっちりのはずでしたが、元石田の反応
「お尻が苦しい・・」
うおー、忘れとったぁ。ポチャ息子、ストレッチ入りじゃないとあかんのでした。
こうして、2年後の次男用のパンツが積みあがっていくのであります。
あー、でもmuniさんのパンツ縫いは楽しい~。


気ぜわしくなってきました。来週から忘年会3回ほど続きます。
それに備えて、今週は基本キッチンドリンカーの私もしらふで台所に立つ苦行を・・(←威張ってるようですが偉くありません)
なにかと体調を崩しやすい頃ですが、みなさまご自愛くださいませ~。
[PR]

by uteomma | 2015-12-10 22:28 | たまねぎ工房 | Comments(22)

フラパンとevanとお届け物いろいろ♪

オサレ感度の高いママさんたちがよく作っておられるcozyさんのフラパン。

またしても、履かせたいより作りたい思いが先立ち作ってみました。(120サイズ)
c0227932_15385411.jpg


おそらくパターンナーさんの世界観に真っ向から対抗するような上品仕様で。(笑)
裾リブをやめ、丈を延ばしてフルレングス、前パンツの特徴的な斜めの接ぎ合わせのところのボタン省略(←これは単に面倒なだけ)
c0227932_15391949.jpg

生地は、fabさんの縦横方向ストレッチツイル。

できあがって、次男、「絶対学校に着て行かんからねっ!!」

キリさんがシャツに合いそうとおっしゃてたので、それはおそらくオックス地みたいな上品なやつだろうけどその辺にあった、ネルシャツを。
c0227932_15405787.jpg

ゆったり目の股の部分は、ニットの方がそのドレープがきれいに出るかなーと思いました。
あとフルレングスにするにあたり15㎝出したけど、8分くらいの丈になったので、20㎝出せばいいかもー。

cozyさんのパターンは、型紙段階ではなんじゃこりゃですけど、形にするとあるほどな、って工程が楽しいね。
以上、流行り物縫ってみましたコーナー。



今年は届いた布は鮮度の高いうちに使おう作戦なので、さっそくC&Sリネンツイルホワイトを。
c0227932_154352100.jpg

裁断の段階で、こりゃ春物を通り越して夏だな、って印象でしたけど、強行突破。(笑)
パターンがねー、相変わらずパンツジプシーで、自分の中で定番パターンが定まってないので新しいパターンで。

たまねぎ工房、evan。

私としたことが、このパターン無料パターンだって知らなくて。
前開きの本格仕様のパンツが無料だなんてたまねぎさんも太っ腹!
c0227932_15452214.jpg


hiro師匠にしてリネンツイルはずれるずれる、とおっしゃってたので、難航は予想されましたが、その通り。
ポケットは左右対称にならんは、ニットとは別の意味の柔軟性ありすぎる生地。
c0227932_15443062.jpg


あと、この特徴的な3タックがねー。これも夜中の死闘2時間ですよ。タック寄せるだけで。(二週連続楳図かずおの恐怖漫画顔・・)
このパターンに限らず、私この手のタック、左右対称にならんのね。何で!??

evanは、たまねぎさんのパターンの中でも、1番くらいみなさん作られてて、よく着画も拝見しますが、それは無料って意味もあったのかと今回知った次第。(笑)

試みに、他メーカーのタックパンツと比較。(以下、マニアの世界ですw)

mplワンタックスリムパンツと。
c0227932_154938.jpg


C&Sソーイングの日々 くるぶし丈パンツと。
c0227932_15503439.jpg


白パンツは流行なので、スタイリングは雑誌等を参考にしていただくとして
作ったものの手持ち服と全く調和しないmuniトリニティーコートを救済すべく、考えてみました。
(雑誌で見るミニソックス?わざわざGUで買うてきたぜw)
c0227932_1614984.jpg

さすが白パン、微妙なアイテムとも調和しますなぁ。
パンツの形もなかなか今年風のシルエットでないの??

リネンツイルとはいえ、ちょっと透け感気になるかなー。まぁゆったり目パンツなのでものすごくでもないけど・・雰囲気は、春を通り越して、夏のリゾート風です。



あちこちからお届け物がやってくる一週間でした。
自慢の品々は、moreからどうぞ。



More
[PR]

by uteomma | 2015-03-08 16:14 | たまねぎ工房 | Comments(23)

たまねぎ工房Heatherをバルキースムース地で。

フレンチコーデュロイのブルーグレイが2mあり、MPLサンプラのプルオーバードレスにするか、CS本の「ミッドナイトブルーのワンピース」にするか、しばらく悩んでいたのですが、これらを着て行きたかったサッカーの謝恩会(立食パーティー)まで一週間を切り、時間切れ。
c0227932_2317681.jpg

折よく、クルールの特価布「バルキームース」が届きましたので、これ幸いと、トップスを作ることにしました。
c0227932_233228.jpg

たまねぎ工房、ヘザー(38)


明日の謝恩会は、このカッコで行く予定。
c0227932_2335884.jpg

スカートは、ストレッチツイルで作った同じくたまねぎ工房、チューリップ(36)←忘年会ぶりの登場ゆえ、シワっております

もういっちょ、クルールのふんわりタックミニスカート、グログラン地
c0227932_2342463.jpg




やっぱり同じところのパターンは、コーデも決まりますね~。

・・・なんてことを特に思うのがいずみさんのコーデ画像を見たとき。
ご自分のお洋服はほぼクルールさんの型紙なので(ですよね?)、もちろん、その生地選びもいずみさんのテイストに、かなうものばっかりですが、やっぱり統一感があって美しい。

パターンに限っては好きなところのがいっぱいありすぎてなかなか絞れませんけど
せめて生地選びくらい、テイストそろえないとアカンのと違うか・・とpom+さんの布お買い物を見て思うのでありました。


こないだの、息子シャツのヨーク部分に流用した、茶色デニム、無事ワークスカートに裁断完了。(←業務連絡)




先週末、長男元石田の1/2成人式がありました。

と言っても、仰々しい式典ではなく、授業参観の一環で、クラスごとに全員が作文を読み、将来の夢や感謝の気持ちなどを親たちに伝えるというものですが
これがまた!
元石田のクラスでは、やんちゃなHくんが、順番最初の方で、涙で作文が読めなくなるというアクシデントが起こると、次に続く男子たち、つぎつぎ涙が感染・・(反面女の子は気丈なのか、そんな男子を見て、にやっとする図)我が元石田も例外でなく、作文を読み終え退散する際に。
c0227932_2372169.jpg


事前に、作文のための取材と称して、親から小さい頃の話を聞くという宿題があったのですが、相当いい加減に答えたもんだ。「おかあさん、いつもゲームをやりすぎる僕を注意してくれてありがとう」」←めっちゃ苦し紛れ
他の子は、小さいとき入院して心配かけた、とか、野球部に入るとき、野球の道具を1日で準備してくれた、とか、涙のエピソード満載なのに、元石田の作文はカラっとしてました。もちろん、いつも僕の服を作ってくれてありがとう、はない。(笑)


油断してたら、代表して感想を言わされ、「小さい頃は、ただ元気でいてくれさえすればいいと思ってたのに、大きくなるにつれて、勉強も運動もできる人になってほしい。願うことばっかりになりました。でも今みなさんの作文を聞いて、赤ちゃんの頃に思ったただ元気でいてくれれば・・という気持ちを思いだしました。ほんとに10才まで元気で育ってくれてありがとう。」のようなことを言ったつもりですけど、例によってテンパリまくるので、元石田には、何言うてるかひっとつもわからんだわー、とダメ出し。

まぁでも、こんなに心に残る授業参観は初めてだな~。号泣男子軍団につられ、親たち、ハンカチ絞れるくらい泣いてましたな。
この調子じゃあっという間に成人式。今までの10年よりもっとアップダウンの激しいものになるのは間違いない・・覚悟しています。




あまりにニット縫いが苦手なので、(縫いというか、買い物の段階から、特に裏毛ニットとリブ、まともに買えたことがない!)
もう、縫うのはやめることにしました。(笑)
もっち商店で、2着目購入。(前回は切り替えTシャツ)
c0227932_17543150.jpg

※2/23フィルター機能で写真を明るくしてみましたが、ロケ地のひどさは相変わらず。

もう~私のイメージどおりやった!デフォでは、もっと襟ぐりの開きが大きいパターンですが、もっちさん、大きめの130なら襟ぐり開きはさらに大きくなるので、詰めて作るよー、と言ってくださいまして。
そのおかげで、開き問題もばっちり。
おまけに、お笑い命の次男にぴったり、プリントは「人類は一つのとても効果的な武器をもっている。それは笑いだ。」って言葉が入っています。
まともな裏毛ニットを1から買ってパターンそろえても結構なお値段。自作のヨレヨレなトレーナーを着せるより、作家さんモノを買った方が賢いわー、私の場合。


買ったといえば・・私もこれ買いました!
c0227932_2393190.jpg

書店の手芸書コーナーで、スタイルブック春(夏?)号を立ち読みしてたとき、視界の隅に入ってきた、明かにこのあたりの本のテイストとは違うスタイリッシュな装丁のパターン本。手に取ってみたら、えみぞうさんが数日前買われた(IG情報w)あの本じゃないか。
佐藤かなさん(佐藤かよさんで検索してしまい、美しすぎるオネエが出てきましたけどw)監修のパターン本。
パターンの作り方とともに、かなさん自らがモデルとなり、収録されている比較的縫製が簡単でかつベーシックなお洋服の着こなしをいくつもご提案してくれるという内容。

こんなん待ってましたよねー。

もしかしたら、ソーイングを趣味にするもの共通の悩みかもしれませんが、作ったはいいが、どう着たらいいのか、何と組み合わせるのか・・その悩みに明快に答えてくれる指南書がなかった。(まぁそれで、ソーイングブロガーさんの着こなしを参考にするのですが)
という訳なのかどうか、この本売れまくってるみたいですねー。わかるわー。絶対買っちゃうよな。
そのうち、こんな大人カジュアル系の他に、キャリア系、ナチュラル系、とか、テイストを買えた亜流本が次々発刊されるやも・・と期待。


それから職場近くの複合ビル(役所の支所やら、図書館やら、お店やらいろいろ入ってる)プラプラしてたら、洋服のリサイクルショップで、生地問屋が持ち込んだか、愛好家の放出品か・・な服地発見。

c0227932_23104510.jpg

鼻息荒く物色し、これだけ買いました。
緑ギンガムは、カナリアさんが丁度ブラウスを仕立てておられたので、思わず。(笑)

よくよく見れば、こんな手書きのキャプション入り。
c0227932_23113626.jpg

おそらくは、若いころ洋裁趣味で生地を買いすぎたおばあさん、しまってあった在庫布をこの度手放されたのではないでしょうか。(と物語を作り上げるわたし)
手前の、ちょっとリバティpuff風の紫地に黄色は、キルト地です。全部で3mほど、550円。
なかなかいい買い物ができたかも♪これらをどう生かすか、プレッシャーかかります。
[PR]

by uteomma | 2015-02-20 23:28 | たまねぎ工房 | Comments(30)

当選御礼とたまねぎ工房snowdrop

ほんとは、お品が届いてから、自慢したろーと思ったのですが(笑)
やっぱり我慢できない。
c0227932_23125846.jpg

ポルカさんのぽちがま、当選いたしましたー!!

もうびっくりびっくり。問い合わせフォームから、名前住所をお知らせするときなんか、手が震えてタイピングミスりまくり。
応募しようと思ったのは、昨年当選したオーラさんが、ブログでさんざん見せつけてくださったおかげなので(笑)、もちろんオーラ神社にお礼参りに行ってきましたよ。

ポルカさんといえば、洋裁歴はかれこれ5,6年経とうとしておりますが、その黎明期、最初の最初に始めて作った子供服のパターンが、クールワイドパンツでした。
c0227932_22515755.jpg

当時の写真を探してみましたが、この面倒なポケットを作れたというのがよほどうれしかったらしくこんな後ろ姿の画像しかない。(笑)確か、次男用に90サイズから。当時の子パンツパターンの定番といえばクールワイドで通算20本は作っただろうなぁ・・
あのちょっと面倒なスラッシュポケットも、「このやり方を覚えるといろんなパターンに応用できます」というお言葉を励みにがんばったものです。


その後、ポルカさんが洋裁本を出版され、その中にあった「ほそパンツ」がそのお手軽さゆえ、ヘビロテパターンに躍り出ましたが、洋裁の達成感と、シルエットの美しさでいうなら、やっぱりCW(二コルにあらずw)が1番に君臨。

そんなポルカさんへのオマージュ作品。次男用ほそパンツ。ストレッチカモフラ柄@服地の松本
c0227932_22533199.jpg

迷彩柄を見ると、なぜかゴールド系のステッチを施したくなるわたくし。

気がつけば、次男の冬のワードロープ、長男のお下がりを含めて、ほそパンツが5本となりました。
c0227932_2254345.jpg

布帛のベルトは、私必ずベルト内側を縫い落としてしまうので、最近はリブニットにしております・・この中では、ベージュのC&Sまいにちのコットンのが、なんともオサレーな感じなのです。
ガリガリ男子は、ほそパンツ、やっぱり一番似合います。

このカモフラ生地、幅広なので、ほそパンツを縫っても相当残ります。
長男用パンツ?と思いましたが、デブの迷彩パンツってなんかイメージ悪いので(笑)例によっての、履きたいより、縫いたくて仕方ないパターンを。

c0227932_22545166.jpg

たまねぎ工房新作のsnowdropです!!


できあがって見れば、女子なら1度は着てみたい、輪っか入りスカート(80年代アイドル風)風じゃないですか、この広がり。
ほんとは、たまねぎさんのパターン説明に「体型が変わりやすい方におすすめの、後ろゴム」っていうのが、後押しになりました。


c0227932_22553816.jpg

このタック、げ、折り紙苦手な私になんてこと・・だったんですが、たまねぎさんのこういうところの説明ってほんとわかりやすい!(作ってから水通しするので、折りじわ付いてます)

さらに今回、スカート作りにおける我が2大鬼門(というか、毎度無視というか)を克服しましたよー。
c0227932_22561517.jpg

裏地のきせ
c0227932_22563281.jpg

この説明、MPLさんを超えました。

はじめてループ成功しましたよー にしても裏きたねーな・・
c0227932_22571080.jpg

うそです。ロックの空カンです。脇の縫い代をロック始末したときに、10㎝ほど長めに空カンを作っておく。
裏地に縫い付ける、以上。コレダ。


チビがこのスカートを履くには、やっぱりインしか選択肢がないようで。(どうでもいいですが選TAXI、はまってます)
151㎝、40キロ後半の小太りが、36サイズ着用。
c0227932_22574864.jpg

インにすれば、チビでもこの形いけそうだけどどお?

前のボリュームに比べ、後ろはすっきり台形スカート風。
c0227932_22581937.jpg

先週、車のドアの取っ手に指を挟み、裂傷&骨折の大けがを負った次男が暇そうに家にいたので撮ってもらった。(うむ、この悲劇のおかげの、ポルカ当選説も浮上!?)

この形好きだわー。
いつもこっそりお邪魔してる、カリスマブロガーさんが、スカートといえば必ず自作のパターンで作られるのだけど、私も、後ろスカートはこのパターンを利用して、自作パターン作ってみようかしらん。
ゴムスカなので、いくらでも食べられるし、忘年会これで行こうかな~。
c0227932_2259559.jpg

前回のは、スタイリストkiriさんのアドバイスで、こんな感じにすると忘年会用に。
スカーフは偽エルメスみたいのいっぱい持ってたと思うんだけど(あの雅子さんブームのときあたりに頻繁に使用)現在残ってるのは、母親の台湾みやげで最近もらったこんなんのみ。なんで!?


今年流行のカモフラスカートを2つも作ってしまいましたが、来年の秋冬には間違いなく懐かしの・・になっているはず。今年、履き尽くします・・

本読みあるある。
休みの前に積読本がないとどうにも不安。
c0227932_23104120.jpg

話題の奥田英朗「ナオミとカナコ」。我が心の師匠、中野翠女史も雑誌エッセーで絶賛してたので購入。ここ数年、年末に奮発して買う単行本「横道世之介」とか森絵都の「この女」とか、アタリが続くので期待してます。
久々お邪魔したブックエンドさんで、昭和親父三人衆も。(これはコレクションの世界ww)
[PR]

by uteomma | 2014-12-15 23:31 | たまねぎ工房 | Comments(24)

クルールシガパン&たまねぎ工房FUJIKOと、NOTRESOLEILさんロンT(120)

先週のHeatherから一気にたまねぎ工房熱アップ中。
今ならMMMも辞さない勢い・・?
しばらく寝かせていた、fabさんのいい感じのストレッチチノで、クウォーツ(クロップドパンツ)を作ろうと型紙を引っ張り出してきたところパーツが1コ足りない!右前ベルト。
DLパターンなので、古いメール探せば見つかるかもしれん、と思ったものの面倒になり、クルールのシガレットパンツ。
c0227932_16402129.jpg


片玉縁はお友達♪←一回言ってみたい
c0227932_16415460.jpg

自分の腕は棚に上げてですが、この玉縁、ストレッチの強い生地で作ったら、当然うねうねになるよね。このfabさんのストレッチチノ、me+miさんは細パンツを作っておられましたが、やっぱりレぎパン的なものがぴったりだったかも!

c0227932_16452828.jpg

ファスナー、FCより5mmずれの法則は守ってるはずなのに、持ち出しからチラリズム。(涙)
CS本や、PALLETさんのやり方だと、私失敗しないので。(笑)
みなさん、それぞれ相性のいいパターンってありますよね。

そうそう、クルールシガパンと言えば、suuさん!
suuさんの定番サテンストレッチのような、よそいき系生地がこのパターン合いますね。
cla:siaさんの最新パンツも素材選びが絶妙だった。パンツこそ、生地選びを慎重にしないとこんな風にとんちんかんになるんだなー。


続いてFUJIKOちゃん(たまねぎ工房)。38サイズ。
c0227932_16501534.jpg

最近お知り合いになったpom+さんのMMMの記録を見てたら(奥深くから目ざとくごめんちゃい)FUJIKO絶賛記述が多々あり(あの黄色のタートルFUJIKO、ハンドメイドに見えない!)
我も着てみんとして、するなり。

この生地は、去年生地の方向を間違い、鳥が昇天してしまったいわくつきの(?)接結ニットが用尺ぎりぎりかなーくらい残っていたので、使いました。
先日あった地元のハンドメイドイベントで、カリスマちるさんが、この生地のワンピを着てたのが印象的で。

このラグランが、スタイル2割増しの要因であろうか。
c0227932_1654612.jpg

いや、ほんと、お肉が重力の法則に従いつつあるアラフォーの肉体もちょっと盛ってくれる(?)よな。タートルはこのパターンに決めました。

・・という割に説得力ない着画だけど。(笑)
c0227932_16572072.jpg

篳篥女子、まだ続いてますよ~。
この組み合わせはないけどね。
やっぱりクルールシガパンは、きちんとした素材で作るべしでした。

じゅ。さんの羽織りものの撮り方いいなーと思って。(真似させていただきました!)
c0227932_16595950.jpg

明日この組み合わせで行こう。

巷で話題のジビエ料理、連れてってもらいました。
c0227932_1704099.jpg

鹿のハム!地元紙で見た食用の雷鳥(フランスでは普通に食べてるらしい)の料理を見て、現物見てみたかったのですがあいにくこの日はなく。確か我が富山県の県鳥であるところの雷鳥(立山に生息)、県民感情的には食すのは憚られる感じですが
マスターいわく、「○○パーク(地元の動物園)の園長さん、お好きですよー」だって。
野生の命をいただくジビエ料理、ちょっと調べてみるかなー。鹿のハムは、めっちゃうまかったです!
・・って話を昼休み、ランチ仲間に話してたら
「そうそう、鹿っておいしいんだってね。高校の奈良女子大出身の先生が、奈良公園で鹿を仕留めて、鹿の肉食ったあの味忘れられん・・とか言ってたもん」(実話です)




そしてそして、こちらがメイントピックス。
あの有名ハンドメイド作家さんの作品が我が家に!!!
minneで発売のもっちさんの切り替えロンT。
長男に来たロンTのお下がりの充実ぶりに比べ、次男のが少なすぎるので、何か買おうと思ったんだけど、どうせお金出すなら、1点もののハンドメイド作品で、と思ったのですよ。
c0227932_1725353.jpg

シンデレラのガラスの靴ばりに残ってた120サイズ。

チビ・ガリ次男は、まだまだこのサイズでもいけます。(優しいもっちさん、サイズ大丈夫?って何度もメッセージをくれました)
ばっちりでしょ!
朝練明けで機嫌悪くてすいません

私のひどいニットソーイングしか知らない次男、これホントにお家で作ったものなのかとびっくりしてました。
切り替えロンTは憧れのアイテムだったんだと。
ここぞというときに着せます。

もっちさんの謙虚すぎるお言葉「酔っ払いの親父のお土産(寿司おり)からおばちゃんの贈答品くらいに成長させました」
c0227932_1735466.jpg

このオサレなラッピング見て見て。


ソーイングの技術は年々上達してる気はしますが、↑のようなセンスは一向に磨かれないわたくし、自分のハンドメイドを販売する機会は永遠に訪れないとの思いを新たにいたしましたわ。

[PR]

by uteomma | 2014-11-09 17:14 | たまねぎ工房 | Comments(28)

TAMANEGI KOBO- Heather(後ろ下がりプルオーバー)

いやいやいや~
c0227932_1723671.jpg

週末観た「恋するリベラーチェ」で頭いっぱい(*´∀`*)←なんか知らんが急に顔文字が出るように
このポスター写真からしてヅカ&美輪様好きの私にとっては「観なきゃダメ」感たっぷりだったのですが、なかなか行けずようやく上映最終日に間に合いました。

アメリカで実在した派手なパフォーマンスで有名なピアニストの晩年の色恋を描いた作品ですが
完全「色もの」目線で挑んだものの、見終わったときには良質の恋愛映画を一本観た感じ。

マイケル・ダグラスとマット・デイモンの役者魂がぶつかり合う真面目な恋愛(ボーイズラブ)映画。
それでも3分に1回はクスッなんですよ。シリアスと笑いの緩急の付け方がソダーバーグ節?(あんまり観てないけど)
c0227932_17232731.jpg

劇中、二人とも整形しまくる設定なので、元の顔が思い出せないから、出しておく。(笑)

それから、我が青春のロブ・ロウが久しぶりに銀幕に登場ってのも注目でした。
怪しい整形外科医らしく(役作りだったのか)お直し感満点のお顔で登場でしたが。
(一緒に行った友達が「マイケルジャクソンになっとるー!」とつぶやいた)
ロブ・ロウ見れたのもうれしかった。


この時期、縫うものがいっぱいですねー。縫いたい思いに反してなかなか手が進まんのですが。

2013脱タートル化計画、たまねぎ工房さんでいい塩梅のプルオーバーが出てたので。
c0227932_17235357.jpg

こないだのあらゆる生地ウエダ産「ブークレーニット」

ほんとは、スヌードを作ろうと買ったのですがあまりに地味だったので、洋服にしてみました。
プードルちゃんの毛並みっぽいね。

ちょっと後ろ下がりなのです。
c0227932_17243786.jpg

襟ぐりはデフォ通りだと大きすぎるかな?思ったので2cmずつ書き足しました。
ってことは左右前後で4cm狭めたことになるけど、なんとか頭が通りました。
c0227932_1725080.jpg

たまねぎさんの説明では、小さめサイズではスカートにぴったり、大きめではパンツに・・
なので、パンツに合わせたいのでいつもの36を38で出力してみましたが(たまねぎさんのPDFは全サイズ記載ってのが太っ腹ですよねー)、着てみると、大きめにした意味あんまりなかった?

と思ってみたら、印刷の際に出てくる10cmの確認線、測ってみると9cmくらい!?
90何パーセントで出力してんじゃん!(黒やぎさんお仲間)
今までダウンロード型紙はなんか小さいなと思ってたんですけど、そういうことだったのかー。

結局36サイズ。
ぴったりサイズなのでスカートに。
毎度この柄ですいませんww(このスカート使い勝手がいいので、ウール地あたりで作りたいなぁ)
c0227932_17253155.jpg
この後ろ下がりがなんかいいニュアンスです。
しかし、横からの着画が不細工すぎる・・(オーラさんに着せてみたい)

ちょっと変わった生地で作るとフツーのプルオーバーも俄然新鮮味が増すような気がします。







古本熱も高まっておりますよー。
地元の古本屋さん「ブックエンド」さんで一箱古本市界のカリスマ、「古本よあけ」氏が一日店長ってことで行ってきました。
c0227932_17255489.jpg

今回は、古本趣味仲間のT先生も一緒に。(←実は子供の保育所の先生、たぶん干支一回り下?のお嬢)

「よあけ」氏を囲んで、古本談義にも花を咲かせ、今回の戦利品。
c0227932_17261553.jpg

「よあけ」氏の持ち込み絵本たちがどれもこれもツボでかなり迷ったんだけど
c0227932_17263551.jpg

「うんこ」と「平野レミの子供料理本」(挿絵は御子息たちなんだけど、お父さんの絵のタッチをもろ受け継いでるところが面白い)「韓国の絵本」(町並みや人物のディテールを書き込んでるのがツボ)

T先生はこの絵本をジャケ買い。
c0227932_1727880.jpg

絵本に群がってた大人たち、誰も子どもに読ませようと思って買ってないのが可笑しかった。
「かこさとし」マニアが世の中に結構いるんだな、ってのもこの度の収穫。伊藤まさこさんもお好きみたいだしね。
[PR]

by uteomma | 2013-11-24 17:39 | たまねぎ工房 | Comments(24)

Quartz/クロプトテーパードパンツ

通常記事ではお久しぶりです。

10日ほどスランプに陥っていました。
FSMIKIさんの前開きブラウス(hiroさんが前に作られてたやつ)、前開き部分の
裁断位置を間違え、キーとなり、ぐじゃぐじゃにしてポイしちゃいました。

そのときの残骸が、こちら。ポケットの内布に使ってみる。
(埃取るの忘れた。はずかち)
c0227932_13163641.jpg

えーん、この生地好きだったのになぁ。

雲母工房さんのプルオーバーも、テロテロ天竺がミシンに食い込みまくり
頭にきて切り刻む・・合掌。

もう仕方ないので、韓国のスーパースターナムジン様オンステージで現実逃避
(※ナムジン様とは韓国歌謡界のスーパースターで60年代には韓国製プレスリーと言われた人である、御年70ほど)
c0227932_1041981.jpg

無駄に大展開してしまいました・・

気を取り直して
cla:siaさんの「後ろの片玉縁ポケットさえなければ楽勝」の言葉に救いを求めて
在庫布にあったカツラギストレッチで、Quartzを作りました。
c0227932_1055148.jpg

こうして見ると何の変哲もないパンツですが。
c0227932_131712100.jpg

ダブル裾と、細すぎないテーパードぶりが足をまっすぐ見せてくれます。
(着画は、MMM企画で)

後ろポケットは、Mパタシガレットパンツの偽ポケットを流用。
c0227932_13173681.jpg

結構ストレッチのきつい生地で、よれよれであります。

今回のパンツ、何が気に入ったって、この見返しの布端パイピング始末。

c0227932_10774.jpg
ノラさんのスプリングコート思い出すなぁ。ロック始末じゃないっていうだけで
なんでこんなにうれしいんでしょう??(こんなことならもっと可愛い生地にするんだった)

ベルトや、ファスナーも、Mさんのそれは、なだかか全容がわからぬままに出来てる感じですが
たまねぎさんの付け方は、「こうなるから、こうなのね」と納得しながら進めていけました。

MMM企画に参加して思ったのは、私はシャツを縫うのは好きだけど
アイテムとしては、パンツが好き。(あれ?今に始まったことでない?)

よく街中で見かける、花柄パンツがほしくて、こんな生地を買ってみました。
c0227932_107503.jpg

そうそう、あのクルールさんもストレッチの柄パン用素材が今回豊富ですねー。
(クルールのパンツといえば、suuさんですが、やっぱり買われたみたいですよ)

この生地は、ストレッチがないので、ちょっとパターンに悩んでいますが
タック入りのものになるかなぁ。

そうそう、こちら届きました。
c0227932_1081447.jpg

聞いたことないネット本屋さんとか言ってごめんなさい。hontoさん。
注文した翌々日に届けていただきました。

mpl好き、シャツ好きにはたまらない本です。
そしてまた素敵な企画を、ピノとソーイングのakiさんが中心になって準備なさってます。
最近イベントづいてる私(笑)、エントリーさせていただきました。
早くシャツが縫いたいよ~。
[PR]

by uteomma | 2013-03-07 10:10 | たまねぎ工房 | Comments(15)