カテゴリ:Couleure( 32 )

Quoi?Quoi?「デイリーウエア」よりクロップドパンツ2

大作の後、わずか7パーツのパンツくらい3日でできるわ、と高を括っておりましたが、毎日チョビ縫い、10日ほどかかってしまった。生まれ変わったら睡眠時間5時間でいい人になりたい。

c0227932_18235452.jpg

冬の間、こんなコーデが多かった。

c0227932_18243120.jpg

一昨年までは、パンツはレギパンだったはず。

最近クルールの(お手軽)ニットジャケットに、ちょっと太めのパンツを合わせるのが気分です。

ストライプのパンツ、出来上がった折には、「新撰組」の呼び名も高く(笑)とか自分的には駄作の部類に入るものだったのですがなかなか使えています。

c0227932_18273924.jpg
うむ、また脇がツレツレだな。(kiyolileaさんによると、ミシンのスピードが早すぎてもこうなるらしい、とくに薄地)太めだから、ワイドパンツ?ガウチョパンツ?みたいなネーミングだったかなと思ってたのですが、意外にも「クロップドパンツ」でした。

そうか、チビが穿くと、ワイドパンツ風になっちゃうのですね。

c0227932_18313165.jpg
後ろ姿、扁平尻には寂しい感じになるので、ポケットを付けようと思ったのに、気力なくこのまま。

そうそう、生地はクルール:30Sコーマバーバリーストレッチ(カーキ)

我が愛するソレイユ、コーマビンテージ(夏パンツに最適な生地)にストレッチが入った風な生地です。(珍しいかも)

前作の「新撰組」は、ストレッチなくてもいけたのですが、まぁ伸びた方が着心地もよかろうと買ってみました。

うん、いわゆるツイルストレッチの無骨な風合いとは違う、サラリと都会的な雰囲気。

この生地リピ買い決定。

c0227932_18302324.jpg

前開き、今回も弱気すぎて樹脂製のものを・・

金属製のものと違い、ジップを上げた後の処理をちゃんとしないといわゆるソーシャルウィンドー問題が発生しますので、結局、金属製(YGファスナー)が安心なんだけどね。

取り付けは楽だけど、着用時に気が抜けないのがネックです。(なんとなく一日中前チャックに神経集中)

次こそYG。


ほんとは、春トートも完成させて、一緒に撮りたいところでしたが。

c0227932_18304830.jpg

こうして見ると「足みじけえな」、だけど、いつもより縦長に見えない?と本人は思っています。



サッカー小僧用パンツ140サイズ、豊富にあるはず、と思ってました。(長男、激太り期だったのでほとんど穿いておらず)

c0227932_22044058.jpg

と余裕かましてたら、全部ウエストぶかぶかで、補正したりゴム入れ替えたりしなきゃいけないのばっかり。がーん。



我が家のお笑い入学式騒動。興味のある方は↓




More
[PR]

by uteomma | 2017-04-12 22:29 | Couleure | Comments(20)

息子シャツ完成と、「明日着る服」カーディガンなど

今回も折り伏せ縫いやるやる詐欺発動でした。無念・・

c0227932_10425454.jpg

こうしてみると、快晴堂さんパクリの前立てテープ、なかなかいい仕事しますねぇ。(生地はC&S:インディコブルーコットン起毛クロスチェック)


パターンは ベーシックスタイルのメンズ服、台衿つきシャツS。

smile life小森さんのパターン。小森さんと言えば、洋裁始めた7,8年前はconoriという名前のパターンショップを運営されてて、いつかはconoriのホリディシャツ(だっけ?)縫えたらいいなぁなんて思っていたものです。


んがんが、小森さんが悪い訳じゃないんですが、この本、仕様書のミスが多すぎました。

洋裁本、初版にそういうのが多いと聞いたことがありましたが、版を重ねて改善されてることを祈りつつ・・

c0227932_11002211.jpg

袖口は3種類より選べたので、やったことのないカフスを付けるだけバージョン。

しかし、仕様書のとおりやると、どうしても表側に裏地を折り込むことになるんだよね。

ヨークの縫い合わせも、仕様書に騙され(?)ほどいてやり直した後だったので、もう元気なく、このまま続行。

(まぁ、表裏にさほど違いがないので、強行突破なのだけど)


んー、今回も力づくで付けた感(笑)

c0227932_11034282.jpg


いつもと違って、台衿のカーブが顕著(な気がするんですが)。

c0227932_11055067.jpg

だからなのか、台衿周り浮いた感じが??

身頃もなにやらぶかぶかだと言うんだけど、GAPの160㎝サイズのシャツと比べてもほとんど変わらない。ほんの少しの身頃の絞りとかが着心地にも影響するんだろうねぇ。洗濯で少し縮み、フィットすることを祈る。(いつもそれw)背中に哀愁↓


c0227932_11065850.jpg


唯一の成功点は柄合わせ。(気負わないとキマるのである)

c0227932_11114148.jpg


手持ち生地消費月間。1.5mちょっと残っていた、mittelのポンチニット。

このところのワードローブが、タイトスカート中心なので、前ボタンのカーデがほしくなる。

あすきるふくー、作例のように、コーマ天竺・・みたいな感じがイメージですが、ポンチニット使い切りたいのでした。

c0227932_11135275.jpg

いやー、カーデといえば、ことごとく左右が段違いになっていたあのころー。

少しずつでも技術は進化してんだなとしみじみ。(元石田の変貌もすごいけど)

c0227932_11161637.jpg














↑先のシャツと違い機嫌よく縫い進めていたのですが、最後に思わぬ落とし穴!

最近手なずけた感のあったボタンホーラーが、全然いうこと聞かず。ポンチニットの弾力のせいか、ニット針がいかんのか、レジロン糸が悪いのか、ボタンホールを縫いこまない。

そこで、仕方なくスナップボタン。


c0227932_11135788.jpg

ま、でもそれはそれで悪くなかったかな~。仕事着にしようと思ったけど、こういう休日コーデでお出まし願う感じに。

わわ!今気づいたけど、合わせが逆になってる!息子シャツにつられた~


c0227932_11140154.jpg



 しかし、ボタンホーラーのボイコット事件は謎だわ。ニットは無理なんかな。











はい、話題沸騰「誌上・パターン塾パンツ編」、まずは自分のサイズを知ろうという、初回の講義にのっとり、かつてドレメ式を学んだ90歳の祖母に採寸を頼む。


オババ「うわー、わしらのときは、ウエストとヒップと股下だけ測ればよかったぞいね!」

「もう、あんたのウエストどこにあるかわからんわ~」いつもの毒舌全開ながらも、自分で測れそうなの以外は測ってくれました。

オババ総括として「こんなにウエストがないのも珍しいわ、ま、既製服合わんかったやろ~」

だから、こうやって自作のパターンで縫おうとするんでしょうよ(笑)これも導かれし運命なのか。納得。

c0227932_11280558.jpg

今妄想してるのは、シルエットがお気に入りだった「明日着る服」のストレートワークパンツを後ヨークを足して前ファスナー、デニムパンツ化。


長男卒入学で、オケージョン服が縫える状況にありますが、なんだかやる気が出ないので、トレンチコートを縫おうとしています。

トレンチの布といえばどこで刷り込まれたのか、ギャバ。fabさんで探すと、コート推しのギャバは売り切れで、後のはみんな「ワークパンツにぴったり」とか書いてある(笑)

あちこちフラフラしましたが、ネウラヤランカさんのヴィンテージハード30バーバリーってのを発見。

まぁ失敗しても、ワイドパンツでも縫おうと思ったので、気軽にポチっとしてみたのですが、届いてみるとなかなかの名品。

c0227932_11285026.jpg

ネウラさんの命名が「はしばみ」色(確か店主さん美大ご卒業なのよね~)

トレンチコートのイメージとして、おねいさんが着てるようなピンクベージュのきれい目じゃなく、銭形のとっつぁんなので、これ採用だな。(Mさんのサンプルも濃いめのベージュでした)

Mパタ、3号か4号かで相当悩みましたが、このパターンはバストと腕周りで決めるとよいとあったので、4号にしたのですが、裾丈は若干詰めんとあかんかなー。来月半ばまでに仕上げなきゃ。


さて、話題のあの映画、初日に参戦(笑)




More
[PR]

by uteomma | 2017-02-26 11:58 | Couleure | Comments(34)

お手軽ソーイング3種と、我が家の下剋上受験!?(もどき)

昨年暮れ、個人的にすごいニュースが飛び込んで来た。

保育所時代のママ友Gちゃん、第二子出産!!

Gちゃんといえば、「敗北タートル」の名付け親で、子どもの学校が分かれてからは

会わなくなっても、タートルの季節になるたびに↑この話を思い出す人であったのですが。


共通の知人の消息を尋ねようとLINEをしたら

「会長(未だに保護者会の役職で呼ぶw)、うち今年出産したん!男の子。もう8か月」の返信。

ひゃ~!!矢継ぎ早に、相手はどなた?(Gちゃん、当時はシングルさんであった)と聞きたい衝動を抑え

「年明け、顔見にいくよー」と約束したので、作りました。90㎝男児服。

メールに添付してあったのは、ヒョウ柄のチャンピオンのロゴ入りジャージを着て笑う男の子。Gちゃんぶれへんわ~。ヒョウ柄ジャージ(笑)


なので、動物繫がりで、puririさんのペンギン柄キルトニットなのですけど。(ataroさんのお嬢さん二人もこの柄のワンピ着て可愛いかった~)

幼児服の感覚が忘却の彼方で、はたして1歳くらいの子が90㎝を着るのかも定かではないけど、家にあったポルカ本の「フードベスト」一番小さいサイズでつくりました。

が、いつものケチケチ精神で布端からギリギリの裁断をしたりしたらば、これだ(涙)


ペンギン、中央部に密集事件。

c0227932_17285065.jpg

後の

c0227932_17290353.jpg


こんな、ペンギンほどよく拡散配置が、イケてるんだと思うわーたぶん。


ま、昨年人生大激変を遂げたGちゃんの話を聞くためだから、なんかできてりゃいいんだけどw

にしても、私が息子たちのトレーナーだとか作っていた頃は、裏毛のニットなんかは「安くてなんぼ」でしたが、このpuririさん、お値段もなかなか(最近のニットソーイング界ではこれくらいの値段設定が標準なのかもしれませんが)ですが、それ相応の品質を提供してくださり、そんな生地で作ると、私腕上がったかしらん?と思ってしまうのねー。ニットこそ、いいものを選ぼう・・と今さらながら思いました。


↑・・と思ったくせに、さっそく失敗した話。

チェスターコートの下に、1枚で着られるニュアンス系ニットはないものかと探してました。

パターンは、C&S「スタンダード」本のカットソータートル。前回はスパンフライスで作ったけど、もっと厚みのある生地で1枚で着れるようなやつと思ったのです。

c0227932_17291169.jpg

クルールで見つけた「モダールキュプラストレッチ裏毛」思いっきり「裏毛」に騙されました。

届いて見ると、厚みはフライス、このオケージョンっぽいツヤは???


一枚で着ると、お肉を拾いますねぇ。

悔しくて、ググってみましたら、数年前流行ったドレープカットソーをみなさんこの生地で作られてました。

まぁ、インナーの色に悩みあんまり出番のなかったニットジャケットに、このツヤ感がいい仕事をしてよかったのですが。

c0227932_17291457.jpg


愛してやまない、「明日着る服」のタックタイト様。

洗い替えを作る(笑)

c0227932_17291965.jpg

長男元石田に、暮れに作ってやったルーズフィットパンツのモールクロスストレッチ残り80㎝でできました。


裏地もいつぞやのなにやらで・・

c0227932_17292218.jpg

ウエストベルトの始末、毎度必ず落としミシンで針を的から外す私も↑コバステッチ様に裏側も縫えちゃう「明日着る服」の解説すばらしいです。

最近は学校の先生みたいなコーデ多し。

c0227932_17293193.jpg













ウエストは一周ゴムなので↑若干もたつくので、前だけベルトもありかな~

ま、でも、裏地付けても作業時間2時間で、まさに「明日着る服」の代表格みたいなパターンだと思います。

ずっと作り続けるつもり。


我が家の下剋上受験について、興味のある方は



コチラ
[PR]

by uteomma | 2017-02-05 19:55 | Couleure | Comments(28)

mittel生地で2アイテム

mittelさんのネットショップで、少し前から気になってた「モールクロスストレッチ」
残りわずか、の表示を見て慌てて購入。50㎝360円のお買い得さも手伝い、圧倒的に足りない元石田のパンツと思ったんだけど。
c0227932_22535931.jpg

届いてみると、ほれぼれするほどいい生地でした。
これ、クルール新着の2タイプスカートの台形スカートの方の生地「ウィンターモールスキンストレッチ」と似てるんじゃないかな。
それからは、自分のスカート縫いてぇ!という思いしかなく、元石田用fabさんルーズフィットパンツの裁断もこれ以上ないケチケチで。
80㎝ほど余ったので、明日着る服のタックタイトにしようと思ったのですが、悲しいかな、この生地110巾だった!(と気づいたときはもう遅い)

c0227932_2254523.jpg


できあがったパンツは、小学生男児には贅沢やわ~ というか、スモーキーな色とタックの様が、バブル時代のスーツのズボンを彷彿(大学生の頃4年生の男の先輩が穿いてたよな)
当然、来年サイズアウトした場合には、私が穿くことを想定。無駄なステッチやタグはあえて省略(うそ、面倒だから)
c0227932_2256642.jpg

この程よい毛並のモールのおかげでステッチがキレイに見えるような気がします。
うーん、でもこうして見るとこの生地、やっぱりスカート向けかなと思う。


クルールと言えば、ミモレ丈ワイドキュロットの商品説明のくだり「このデザインはウエストを通常のサイズにするとファスナー分開きを足してもヒップの通る大きさにならないデザインのため、ギリギリまでウエストが大きくとってあります。」
てのを見逃さなかったもんね~。と思ったらnonさんが作られてた!ウエスト細い彼女は、相当詰めたそう。間違いないわ、絶対買おう(笑)


またも、ファッションリーダー松子さんの後追い企画。
クルール「2タイプネックプルオーバー」。松子さんの投稿で、「前ちょっとインしてもいいかも」っての見逃さなかったもんね~×2
後開きのB衿を作る。
c0227932_22592687.jpg

ほんとは生地もじっくり吟味したかったところですが、週末の忘年会に間に合わせたかったので、昨年買ったmittelのプレミアムポンチ(って名称だった、たぶん)
この生地、先のmittel実店舗ツアーで、お店にあったのを見て、ニットマイスターpom氏をして「いいポンチやわ~」と言わしめたとっておきのお品である。当時は、たまねぎ工房のジップアップカーデ・ピオニーを作ろうとしてたらしいのだが、この色で!?ポンチニットで?甚だ謎である。
さらに、出来上がったところを見ると、せっかくの名生地、もっとぴったりのパターンがあったのでは・・と少し悔やむ。(まだ1.3mほど生地があるので、じっくり考えます)

それはともかく、このパターンの最大の売りは、後下がりのフレアー。
c0227932_22595087.jpg

そういや、ニットの裾二つ折り直線ミシンは久しぶりだったのだけど、昔、フレンチフライスで子のロンTを作ったとき、裾が波打ってしまったのでそれ改善のため、ジャノメ送りジョーズを買ったのを思い出す。(あのシャカシャカ音なつかし)
今回は、ポンチニットのおかげでギリギリセーフ!?


袖は、袖先リブの切り替え付きですが、手~短か族の私はどのパターンも3㎝ほど袖を詰めるのが常なのに、今回は失念・・気づいたときには袖が付いてしまってたので、リブは割愛しました。

毎度おなじみ、やらかしてますがおわかり?
c0227932_230306.jpg

ここの解説すっとばしたのバレバレ。(笑)正しくはループが右に。よく見ると先端部も力技で縫ったようで、ヨレっと。
c0227932_2304428.jpg
あと、この後ろ開き、ババシャツが見えてしまうのが恐怖でボタンを遠めに付けたのですが、安心してください、GUに後ろ開きが広いババシャツ売ってるそう。(松子さん情報)


もともとインするのを目的に買ったパターンですが、これはわざわざインしなくても、イン様のシルエットが楽しめる。なんて優れたパターンなんだぁ。
c0227932_231468.jpg

職場の忘年会はこのカッコ。(なぜなら、今年もビンゴ係で会場を右往左往必至だからです)
あと自分の習い事とサッカーのが控えておりますが、何着ようか~

今週ショックな出来事が一つ・・
c0227932_2312279.jpg

新聞に載った己の姿、し、しどい・・
昨年作ったクルール・チェスターコートですが、当時から泉ピン子臭たっぷりだな~と思ってたけど、さらに貫禄が!
いやー、自分では前からの着画しかわからないけど、私のような厚みのある体型の人は横からのショット、とっても大事。というか、もうこのコート無理~。早く新作作らなきゃ!!!

冬の間に脂肪を溜め込んでしまうのはこのせいでもあるんですけど・・
c0227932_234030.jpg

久々に韓国映画観ました。
この邦題からして、全く期待がもてなかったんだけど、見終わって、韓国映画には珍しいなんてセンスのいい映画なのかと!
言うならば、韓国版ラブアクチュアリー?
今リアル韓国は、大統領と親友の問題で、韓国ドラマ顔負けの展開となってますが、この映画、韓国映画のくせにその要素薄し(笑)
登場人物の衣装、インテリアもなかなかだわーと思ったら、女性監督。なるほどな。
ま、内容は軽いラブコメなのですが。

登場人物がやたらと焼酎の緑色の瓶(チャミスル)を傾けるシーンがあり、映画見終わった後買ってくる。
c0227932_2342864.jpg

このチャミスルは、大きな酒屋さんにしかないので、その後は「鏡月」に移行。
韓国焼酎は、麦と米の混合らしいんだけど、そりゃ太りますわな。ああ~。
[PR]

by uteomma | 2016-12-07 23:29 | Couleure | Comments(22)

クルール:フロントボタンタイトスカート

あやうく狼少年になりそうでした、フロントボタンタイトスカート、ようやく完成!!

c0227932_22333228.jpg

chocottoさんの真似して、まずは平置きで。
(1日着用後なので皺っております)
ややっ、こうしてみるとボタン小さかったなー。例の次男アンコンジャケットから移植したものです。

クルールさんのパターンを推奨布、作例通りで、ドMな私にはちょっと物足りなくもなくはありませんでしたが、何がよかったって、このチノストレッチ。(20Sチノストレッチ)
パンツ縫いが趣味なだけに、この手の生地は幾度となくお目にかかっておりましたが、チノクロスのくせに(くせに?)このマット感!ようやく出会えましたね~って感じ。
c0227932_22451290.jpg

たまに市場調査に出ると店頭にならぶチノ系のパンツは、ツヤがない、こんなマットなのが多いような気がします。カーキの発色もほぼ理想。ネットで注文し、送られてくるのは、カーキってよりオリーブ?と思うのが多かったので、ほんとに出会いに感謝。リピ買いすると思う。

ポケットのゆとりで、ベルト通しを作るデザイン、なるほど~。
c0227932_22384395.jpg

パターンの難易度もそう高くなく、最後のボタンホール開きまではスムーズに行きました。そしていよいよ、ボタンホール。職業用ボタンホーラーを購入しましたが、2ヶ月ほど放置プレイしておりまして、意を決して箱を開けた。
c0227932_2239835.jpg

そして↑ここに至るまで、2時間!(なにげにchocottoさんの記録を更新w)
JUKIのミシンには、専用のボタンホーラーがないそうで、ブラザー製だからかどうかわかりませんが
針板が安定せず、板の穴と針が落ちるところを合わせるのに、針3本がさようなら~。よく見たら、その微調整のために樹脂製のネジが取り付けられてることがわかり、なんとか手なづけられましたものの・・

そして、多くの職業用ユーザーさんのコメントにあるように、このボタンホーラーで縫っても、びっくりするほどきれいでもない(笑)
c0227932_22431093.jpg

ま、でも家庭用のボタンホーラーで、ツイード地を押しながら縫い進めたあの日に比べれば、天国ですね~。

ボタン付けの段で、デフォ通りの位置だと、入らない気が満々でしたので、FCより右にずれること、1,2㎝にボタン留め。
c0227932_224473.jpg

そのせいかもしれませんが、ボタンの1,2番目の間がくの字に開きます。
(・・と思ってクルールモデルさんの着画を拝見すれば、若干の開きが見られ、ちと安心)
この身長だと、インでないとこのスカートは穿きこなせないと思ったのですが、逆にこれインにしないと下着チラ見えが発生!?
カーデはMサンプラ、ローブドカーデ。

そうそう、最近流行の「ロングカーデにワイドパンツ」、チビにはNGのはずですが、雑誌のSサイズモデルの真似して、インナーニットをインしてウエストマークで着てみた。前から見る分はいいんだけど、後姿が・・羽織りに袴の応援団長のそれ。チーン。


文化の日は、息子二人を全国統一小学生テスト♪に送り込み、半日ぽっかり時間が空くので、懸案の元石田パンツを縫い上げる予定だった。
パターンも、フルオブパターンのイージーパンツ、もともとサイズ設定が大きめなこちらのパターンだし、今年の定番化なるかと期待だったんだけど・・
c0227932_22443339.jpg

ベルト部折り上げる前に穿かすと、まさかのお尻入らーず。
しかもこれ、脇のスラッシュポケット風が、なんだかよくわからない仕様(FOPさんのパターン、仕様書は1枚に図解のツンデレ)で、1時間も立ち往生してたので(あげく断念)、ここまで来るのに3時間かかったのによ~。しかもがっつりステッチ。悔しいので↑上げておく。

さぁ、アピタでB150のパンツ購入か!?となったところに、ふと浮かんだ、この夏いくつもつくったfabさんルーズフィットパンツ。
c0227932_22453696.jpg

入った!(笑)
これ、この夏穿きすぎて、色あせまくりのC&Sホリディ。シャカシャカがアウトドアブランドみたいな雰囲気を醸すことに期待。無理か。
今年の冬は、ルーズフィットの後は玉縁なしで、元石田に作ろうと思う。すごく心が軽くなったんだけど~。

Mパタの新作ノーカラーラップコートで、コートモチが急上昇したところに、このお知らせですよ。ファッションクリエイター松本の催事。
c0227932_22455670.jpg

最終日のお昼休みになんとか時間が取れて、行ってきましたよ~。
久々にイヤミ部長ともがっつり絡んできました。

戦利品(笑)
c0227932_224631100.jpg

詳細は、次回ゆっくりね~。

我が家のトイレの棚、ヅカやらSWやら無法地帯ですが、今朝入ったらこんなことに。
うちの男子三人ともこういうことやりたがりなので、誰の仕業か特定ならず。C3POが動物を手なづける図。
c0227932_22465025.jpg

[PR]

by uteomma | 2016-11-10 23:02 | Couleure | Comments(28)

ポンチニットでタックガウチョパンツと寒中禊

元ネタはこちらでした。
お正月明け早々に目に飛び込んできた松子さんのクルールタックガウチョのポンチバージョン。

c0227932_21254412.jpg


それがね、似て非なるものというか、まずポンチの素材が全然違うものでした。

松子さん=クルール:モダールキュプラプレミアムポンチ(じゃないかと思うんだけど~)
ウテ=ニット生地を得意とされる某ネット通販生地屋さんのレーヨン混ポンチニット。  

たぶんお値段3倍は違う。(笑)  


作ろうと思ったのは、まずなんといってもガウチョをニット素材で作った際のドレープ、とろみ感ですな。

まぁそれは安ポンチでもクリアできたとしよう、問題は、タイツ着用の際のまとわり付き問題。
クルールの高級生地は、厚みとウール混なので、まとわり付かないらしい。

ところが、こちら、どう見てもまとわり付く気配満々。
丁度kokoさんの、「バルーンスカートに裏地を付けたにもかかわらず、まとわり付く?冬のまとわりは強烈」記述を目にし、あなおそろしやと、手持ちの生地で裏地を付けました。
c0227932_21305083.jpg

ので、こんなチョコレート色。


裏地パターンはなかったので、ハーフパンツの裏地を真似しました。が、ファスナー裏の本体との結合部がもう、無理矢理付けました感満載ですね。ああヒドイ・・
c0227932_21323827.jpg


まぁでも!
この裏地効果か、まとわり付き感は全くありませんでした。ニット+裏地で保温効果もアップしたし。

c0227932_21332554.jpg

しかーし、相変わらず、タックが左右非対称。(どんぐりさん喜んでいただけましたか?)
どうも根本的なことがわかってないような気がしてなりません・・

ベルトは本来はボタン開きですが、ホック止めにしました。

そういえば・・
わたくし、クルールパターンで前ファスナーものを作ると必ず、ファスナー部見返しからファスナーチラ見えが常だったのですが、最近うまく行ってるかも!


トップスは頼れるたまねぎ工房ヘザーと。
c0227932_2135831.jpg

前回の布帛バージョンのときから薄々気づいてましたが、どうもこの形、私のようなチビが着るとちょっともさっとするかな~。

150㎝台は、こっちの、タックのないワイドパンツの方がすっきりするようです。
c0227932_21353268.jpg


でも、なんかいまどき雰囲気のパンツができて満足です。(ウエスト楽だし~w)



先週末、地元の神社で寒中禊(みそぎ)に参加してきました。


氏子の若い衆の間で3年前から始まったこの行事、昨年まで旦那が参加しておりましたが、今年は社員旅行と日程が重なり、いろいろありまして私が参加。(雑念が多すぎるわたくし、取り払うのにいい機会かと)
前日下痢になるくらいの緊張感でしたが

c0227932_21364084.jpg

左側にあるビニールプールの水をかぶるのです。(以下画像は武部国政様よりお借りしました)


いきなり冷水をかぶると死ぬので、鎮魂の所作で体を温め
c0227932_21374359.jpg

ふんどしお父さん、勝手にお尻の出演申し訳ありませんが

c0227932_21381182.jpg

右端に撮影する次男と友達。


かぶりました!浴びました!
c0227932_21383435.jpg

3回水かぶりの業がありますが、いろんな撮影者の方の映像に映り込んでいて、FBの映像で私の姿を見た旦那、「あんた1回だけかぶって、思いっきり逃げとるやん」・・バレたか。


その後、近くの銭湯まで猛ダッシュ。
c0227932_21391048.jpg

思い切り集団より遅れるわたくし。(撮られておりました)


なので、銭湯前で待ち構えていたテレビクルーおよび新聞記者につかまり、ローカルニュース番組に登場。(涙)
c0227932_2139393.jpg

このニュースがまた、ベッキー最後の出演で視聴率が高そうなイッテQの後に放送されたもんだから
終わるやいなや、携帯鳴り止まず状態。
「冷たさが心地いい」←うそです!!


禊=魂が生まれ変わるという意味ですので、2月から、生まれ変わったウテオンマとして生きております。(笑)

ほんとか。

新川神社舩木禰宜様始め、若鷹会の若い衆、奥様方スタッフの皆様お世話になりました!


禊の前日、自宅で精神統一をはかるつもりでしたが、誘惑に抗えず
長男元石田とスターウォーズへ。(あ、軽くネタバレあるかも)
c0227932_2142472.jpg

もちろん、先週からはまってるオスカー・アイザックの確認です。

しかし、SWの知識0なわたくし、冒頭の「いままでのあらすじ」ですでに、めまいがしてましたが
冒頭から↑ポーさん出演に興奮、主要メンバーじゃない~すごい!
その後も、BB-8たら、C3-POたら、R2-D2たら、意味のないアルファベットの羅列が一番苦手な昭和母、いちいち元石田に聞いてたら、終いに無視されましたわ。(平成ゲームおたくはこういうの得意ね~)
ハンソロとレイア姫の老いらくの恋がいいじゃないか。立ち回りの度に少し不安になるハンソロの老人力も何やらツボでした。(ストーリー1/3ほどわからなかったけどね~)
ま、ポーさん次回作も確実に出そうなので楽しみです。
[PR]

by uteomma | 2016-02-02 22:05 | Couleure | Comments(34)

ブレードニットジャケット、fujiko、トッポンチーノ

今年はついに敗北タートル(←の由来についてはコチラ)の着用ならずか、と思ってたら、例年どおりの雪国の風景であります。
c0227932_18165236.jpg

今週末の激烈寒波で九州にも数十センチの雪が積もったそうですね。車の運転の折、スタッドレスタイヤはないでしょうし、備えのない地方での雪ほど厄介なものはないと・・くれぐれもお気をつけて。

1月の下旬まで積雪がなかったのは統計開始以来初めてのことらしく、久々に雪かきに精を出してると、近所の人たちと「これまで楽させてもらったからね~」なんて言い合う謙虚な県民性よ。
ってことで、私の縫い物計画(春物シャツなど縫う気満々でしたが)も、極寒仕様に逆戻りです。

今年の敗北タートルは、去年に引き続きたまねぎ工房fujikoのタートルバージョン。
c0227932_18201710.jpg

デフォでは、ボディブリファーが付いてますが(股下で留めるやつ、赤ちゃんのロンパースみたいな)、割愛し、裾3㎝ほど出す。

このカッティングと、後のラグラン切り替えが、私の二の腕、首の長さの難もすっきり見せてくれるような気がして、3着目。(まぁ1枚で着ることはないけど)
c0227932_18203521.jpg

生地はJ&Bさんのコーマ糸フライスニット。いつもより張り込んだおかげで、いつもの激安フライス地で作るよりも作品のクオリティーUP?のような。

まぁ、色はちょっと失敗し、おとっつぁんのらくだの下着風ではありますが、インナータートルだからいいのだ。
しかし、裾を見ると毎度心の中で叫んでしまう、カバステほすぃ~~。
c0227932_18233462.jpg

失礼いたしました。


中途半端に残っていた、ファンシーツイード風ニットを消費すべく買った、クルール「ブレードニットジェケット」パターン。
c0227932_18264416.jpg

ノーカラージャケットは、昨年C&Sの水野佳子先生監修本(タイトル失念)のそれを極厚ツイードで作ったのがかなり重宝していたんだけど、コートの下に着られないので、コートと共存できるものが欲しくて。

大物の後に「パーツ数4」に油断しました。
c0227932_1829785.jpg

この二つ折りニットブレードというアイテムで縁取る訳ですが、当然わかりやすく難航。

むかーし、子のキルトジャケットでメートラインと格闘したのを思い出しますが、メートラインのニット版という態なので、洋服本体もニット・・のびてのびて当然こうなりますわな。←どんぐりさん喜んでいただけましたでしょうかww
c0227932_18303375.jpg
 
前回の教訓・・着てしまえば意外に難は目立たず、今回も踏襲。(笑)
ラクダの敗北タートルと合わせます。
ジャケットの生地は、日暮里で買いましたが、松本にも同じものがあったせいもあり、どうしてもミセス感は否めず。
それを払しょくしようと、困ったときの白パンでしたが
c0227932_18333025.jpg

ぎゃあ、学校の先生か。やっぱり、別珍のタイトスカートあたりと合わせよっと。(汗)万能白パンも、マダム臭には勝てませんでしたな・・


年明けに出産した従姉妹に、出産お祝いグッズ。
c0227932_18345999.jpg

この枕のような物体、トッポンチーノって言うらしいです。
使用法、効用?などはこちらをどうぞ。

作ろうと思い立ち、トッポンチーノの先駆者、おぜう先生の記事を何度もガン見、また、プレゼントグッズといえばこの方の、こね太郎さんのブログで見たnaniIROの生地で作りたいな~と思いながら、スタイリストゴトウへ。

中綿に至るまでオーガニックや自然素材にこだわろうと思う値が張るし(そうなると市販品買った方がいい?とか)こだわりとお値段のせめぎ合いで、まま妥当と思われる素材を集めましたが、日頃、他人様にハンドメイドの贈り物をすることはほとんどないので、生地選びが、ま~、難しかった。

なんでも速攻勝負の私が、お店滞在1時間!(あんず堂でも30分勝負の私が!)
おまけにnaniIROのダブルガーゼ地でカバーを作ろうと思ったのに、麻混みたいのしかないし!
c0227932_18512843.jpg

ヨーダを載せてみる。

カバーとスタイも。
c0227932_18522367.jpg

思い起すにうちの子どもたちは二人とも、やっと寝たと思いベッドに寝かすとギャン泣き(いわゆる背中スイッチ)の常習犯だったので、そのまま寝かせられるこういうグッズがあれば、もっと楽だったろうなぁと思う。

長々お付きいありがとうございます。ここからが本題です。(笑)

ここしばらく映画に行けてなかったので、まま評判のいいこの作品(都会では昨秋公開)、韓流仲間の姐さんを誘い(バーブラ・ストライサンド似なので、以下バーブラ姐)行ってきました。



新年から秀作に出会えて幸せ!!80年代NYの石油業界をめぐる社会派サスペンスという感じですが、音楽も画面の切り取り方もなみなみならぬセンスが感じられて、ストーリーも息もつかせぬ、緊張感の連続・・とまぁすごかったです。役者も実力はぞろい。
あんまり男の趣味が合わないバーブラ姐と今回は、共通してはまった主役の彼。オスカー・アイザック。
c0227932_1964173.jpg

ジョギングシーンで登場の際には、顔でかいし、手足短いし、スタイル悪いな~と思ってたのですが、後半は、見てるだけで妊娠しそうな(笑)色気ムンムン。このスタイルの悪さで色気感じさせるってすごくない?と言い合ったもんです。
で、いつもの出演作総見祭りが繰り広げられそうでしたが、メジャー作出演はそう多くなくレンタル店には一本きり。(「ギリシャに消えた嘘」・・これも上手かった)
・・って思ってたら、スターウォーズ最新作に出てるそうじゃないですか!!
来週、元石田に付き合わせて行ってくるよ~。hiroさん、この人出てたのわかる?

先ほど書店に、本谷有希子芥川賞受賞作を買いに行ったら売り切れでした。
c0227932_1914128.jpg

仕方なく、光浦靖子が人生の3冊の1冊に挙げてたこれ。
本谷さん、一冊だけ読んだことあるんですが、私の好きな、町田康、戌井昭人路線というか、脱力系ユーモアの光る作風です。しかし、受賞作本て出足早いよねぇ。
[PR]

by uteomma | 2016-01-24 19:55 | Couleure | Comments(30)

クルール版チェスターコート

年末から格闘してたやつ、辛くも完成・・
c0227932_2231619.jpg

縫い始めてまもなく、MPLさんでも暮れにチェスターコートがリリースされたことがわかり(こ、このわしが気づかんとは!)、そこからは、縫いモチ、急下降・・

裏地、よりによって、一番目立つところが、アイロンでジュっと行ってしまい(秋頃から突然高温になったり、怪しいなと思っておったのです)
c0227932_22314680.jpg

ここからは、消化試合になりました。あ、いつものことか。(笑)

しかし、この「クルール・チェスターコート」で検索するも、世のソーインガーさん方、みなさんさらっと作っておらて、製作苦労話みたいのは全くお見かけしません。
もー、ほんと、みなさんレベル高いなぁ。(そりゃそうか)
私は自分史上もっとも苦労した縫い物でしたので(2位はポルカ・ニットジャケット)、例によってこってり書きますよ、覚悟。

c0227932_22323676.jpg

ま、でもこの黄金の裏地、新年らしくていいでしょ~。


結論から言って、コートやジャケットの、テーラーメイドの領域に差し掛かるようなパターンに関しては、やはりMPL仕様書に導かれた方がいいと思うのです。
クルールさん、ある程度洋裁の基礎がある人じゃないと、その辺は「とうぜんわかってるよね?」という感じで進んで行くので、至るところで仕様書を読み解き、パーツの形態を頭にたたき込みという作業が必要となるので、えらく効率悪かった。

その点Mさんだと、一番最初工程の糸印油地獄(仮称)で、泣きそうになりながらも、この鬼の工程のおかげで、全体像が把握できていくのかなーと思いました。

まぁ、新年からクルール仕様書で、ものすごく脳細胞活性化された印象(笑)MPLは考えなくても、その通りやれば完成。ボケ防止には、断然クルール仕様書ですな。と初老に差し掛かった私は思ったのでした。

例えば、永遠の素人の私は、途中まで◎のところに糸印をしてました。(正しくは、その延長上の線が交差するところ)
c0227932_22332830.jpg

そろそろ、洋裁学校の門をたたくべきかな~。自己流ソーイングの限界を感じたところです。


全体にしゃきっとしない仕上がりとなりましたが、一番いら~っとしたのが、袖。

裏地のツレか、袖がすとーんと落ちません。(涙)
c0227932_22341287.jpg

これねー、思い当たるふしあり。袖が付いた段階で着てみたところ、袖丈長い。適当に表地、裏地とも2㎝ずつ詰めたのですが、それが仇となったか。
なのに、開き見せのところは、丈詰めなしで行ったので、袖先がアシメっております。(だから、ツレるのね・・)
c0227932_22371444.jpg



思い出したわ!昨年作った、muniトリニティーコートの袖ツレ。
c0227932_22373338.jpg

↑コートとか裏地付きジャケットのこんな袖つれほど悲しいことはない。

一方MPLの成功例
c0227932_223849.jpg

やっぱり、MPLの仕様書で、手取り足取り導かれるのが、私には合ってるのだと思う。
「ここを間違えると、袖ツレの原因になります!!」←きっとこんなフレーズがあったんだろうな。


後半戦は「ツレ・ツレ・ツレ」どうでもいいけど鳳蘭の宝塚時代の愛称はツレちゃん のオンパレード。

極めつけは、↑こんな袖ツレみたいな可愛いもんじゃなかった。
c0227932_22384417.jpg

ベンツ部分のツレ!なかなかの作品では?(笑)

この段階で、製作開始から2週間目、もう「キーーッ」となる気力もなく、「あーい、とぅいまてーん」(←相当おかしい)と素直に裏地をほどきました。
c0227932_22391769.jpg

そして、ベンツ部の裏地をかなり上の方で縫い付けることにより辻褄を合わせたつもりですが、そんなに改善されませんでした。(涙)

あきみせのところのボタンは、あんず堂店長さんセレクト。
c0227932_22394514.jpg

当初私は面白味のない金ボタンを選んでたのだが、黄金の裏地(これも、店長さんが奥から持ってきてくれたもの)ならこっちかな?と選んでいただきました。

生地はクルール、特価ウールメルトン・スィートキャラメルです。
c0227932_2247664.jpg

そうそう、以前からどんでん返し成功の爽快感を味わいたくて仕方ないのですが、今回はベンツ開きだったので(両サイドから返すパターン)、またしても返らず!


嫌な予感がしながらも着用してみましたが・・
c0227932_22405077.jpg

そこにいたのは泉ピン子。(笑)
正月で2㌔増だしなぁ。というか、チェスターコートの似合わなさぶりに、感動すら覚えたわ(笑)



本来は決してロング丈ではないですが、150㎝が着ると、ロングコート風。こちらはうれしい誤算。インはたまねぎヘザー&QuoiQuoi本ワイドパンツに7㎝ブーディー。
製作中のイメージとしては、お嬢さん方が来てるような、ニット帽にスニーカーと合わせてもいけそうなチェスターコートでしたが、このへちまカラー風がマダムでしたね。
チビにはワイドパンツコーデはバランス悪いので、今後はテーパードパンツだろうなと思います。

おまけに今朝1番に会ったコンビニのハシモトさんに
c0227932_22422231.jpg

「肩の線、これでいいがけぇ?」と言われ、「うん、こういうデザイン」と即答できない自分がいた・・
とんでもない間違いをしてそうで、ああ心配。



新年からのコート縫いのお供は、山梨で買ってきたうわさの一升瓶ワイン。(比較対照用に普通のワインと)
c0227932_22425091.jpg

うちは夫がほとんど家では呑まないので、ほぼ一人で飲んだな~。これと、苦戦のクルールチェスターコートはセットの思い出となりました。
あー、でも懸案一つ片付いてすっきりー。さー、次はあれこれ縫いたいもの縫うぞー。
[PR]

by uteomma | 2016-01-15 22:55 | Couleure | Comments(39)

カフスTブラウス、白ローン地で。

秋に着る「白」。
こっくりカラーが席巻する秋にあえて着たい「白」・・・イーザッカマニアの広告より。
c0227932_15404631.jpg

(製作後洗うつもりなので、しわしわです)

クルールのカフス付きTシャツをC&Sオリジナルコットンローンsweetsで作りました。

・・ぷぷぷ、いかにも思惑ありげな冒頭でしたが、ただ単に夏に間に合わなくて9月の声を聞き、慌てて白生地駆け込み消費ですよっ。
こんなやつおらんやろ、と思ったら、あのfujikoさんもchocottoさんも白生地で縫っていらっしゃる。(きっと、私のようなお間抜けな理由ではないと思いますが)


これ、パターンの値段もお値打ち価格だし、もっとサクサクと縫えるかなーと思ったけど意外に往生しました。
c0227932_15435914.jpg

得意の(!、←あすきるふくーのドロップショルダーブラウスのとき、裏表間違えたので、ほどいて、切り込みの周りを息をつめて縫い合わせたという)後ろ開きのはずでしたが、こちらは、よくある見返し縫い合わせた後切込みを入れるものではなかったので、仕組みを理解するのにしばし時間を要した。
例によって、ループ返らーず&長すぎで、ボタンの位置遠い~。


でもこの後襟ぐりが、割と上まであるような気がして、背中に難を抱える私にはありがたい開きです。前も丁度いい感じ。

昨年の今頃作った、パタレフレアブラウスが、後のじゃばらの重みでおいらん道中のように、背中が下がってくるもんだから、こちらは安心感あります。

カフスの感じも、今どき感あってなかなかよろし。
c0227932_15561188.jpg


生地はローン、デザインも盛夏のそれですが、9月第一週になんとか着てみたいとこんなコーデを。
c0227932_1557197.jpg

クルール、コンフォートシガパン(ウール地)と。ビニコのローズオブペルシャは、ビニコにもかかわらず夏には難しい柄なので、今くらいの時期にぴったり。

短すぎずの丈なので、インもできるかも。
そうそう、インと言えば先週の、ウエストゴム&ファスナー開き、こんな感じで着てます。
c0227932_15583040.jpg

トップスは、「ソーイングの日々」のシンプルTだったか。
あの後ループを付け、ベルトと着用すれば、それなりになったかしらん。

c0227932_1610470.jpg

なんちゃって補正で↑作ったものでしたが、テーパードパンツをワイドに変えるやり方、香田あおいさんの新刊に出てました。

香田あおいのパターンレッスン 秋冬の服 ジャケット、コートへの展開もできます。

香田 あおい / 文化出版局


・・となるとウエストベルトも同時に太くしなきゃならんということか。

香田さん本、表紙のコートと、ジョドパーズ(ジョッパーズパンツ?)が作りたくて買ってみました。


盆返上で働いた自分にご褒美。
c0227932_16145280.jpg

リバティは、hiroさんのカフェオレ色のブラウスがずーっと頭にあって、毎度おなじみ(?)ファーガス。
それと気がつけば、ミシン周りが荒廃しておりましたので、整理用コンテナボックスを、ナガオカケンメイD&DEPARTMENTで購入。

無印の仕分け用ボックスなどで、ミシン周りの小物を細かく収納してみたのですが、このがさつ女が、元の場所にしまえる訳がない!
んで、この大きめのボックスで、ミシン周りの小物を大まかに3つくらいに分類し、放り込むことにしました。試しに庄三郎さん入れてみましたが、このBOXには、他に30㎝定規、チャコペン、リッパー、ミシン用ドライバーなど入れるつもり。

↑コンテナ買ってきたところ、こういうのにめざとい長男が
「あ、サンコー(の商品)だ」。よく見たらうっすらロゴ入り。
サンコー?お、そだそだ、これうちの近所に営業所がある!

後に社宅があって、こちらにお住まいの従業員ご一家の長女ちゃんとうちの長男が同い年で、赤ちゃん時代頻繁に行き来してたのです。
c0227932_16325710.jpg

サンコーさん、富山営業所。参考までに。(笑)

今は北海道にいる↑ご一家に報告したら、たいそう喜んでくれました。
ナガオカケンメイセレクトが、なにやら身近に感じられる出来事でした。


忙しい夏が終わり、週末サッカー試合同行つきあいながら、住民運動会(あれ、結構忙しいぞ)ぼちぼちやるかと思ってたら、またまた、襲いかかってきましたよ。
国・勢・調・査・員。

ほんと、頼まれると嫌と言えないこの性格、恨めしい・・
町内会長が「今年はインターネットでも答えられるから、あんたみたいな仕事持っとっても大丈夫だちゃ~。頼むちゃ~。」というので
気軽に引き受けてしまったんだけど、このインターネット回答のせいで、例年より2回分多く訪問しなきゃいけなくなることが、先日判明。(大泣)
みなさん、できるだけ、インターネットで回答しましょうね~。お願いしまーす。
[PR]

by uteomma | 2015-09-05 16:45 | Couleure | Comments(29)

クルール「タックガウチョパンツ」と女の子スカート

ここ数年、お盆休みのない私。男どもは、Jリーグ観戦の旅が定番化。
週末ようやく休みが取れ1年ぶりの貴重なおひとり様の到来に、縫って縫って縫いまくるぞ~だったのですが・・

c0227932_22455444.jpg

とりあえずこれ完成。
タックガウチョパンツ。
服地の松本、おつとめ品(色あせあり)バーバリー地。

これ写真撮ってから気づいた、タックの位置が左右対称になってない。
こういうデザインかという淡い期待を抱いて、最近このパターンを作られた松子さんのブログで確認したら、左右同じ位置にありました。(あたり前!!)
c0227932_22462220.jpg

ベルトがごつくなりそうだったので、見返しにストライプのボイル?地。

後ろは玉縁がんばりました・・
うそー!フェイクです。
c0227932_2246352.jpg

タックよりも何よりも大誤算だったのは・・
ゴムパンツで甘やかされたウエストが大成長しておりました。(大泣)
このパターン、インすることを念頭に置いてましたが、とんでもない。
(↑ボタンの位置を最大限ゆるめに取ったので、ファスナーぱっかーんしそう)

それでも無理やりイン。(妄想コーデ)
c0227932_2247916.jpg

タックのせいでしょうか、裾にかけて広がるガウチョパンツというより、ワイドパンツの態。

実際には、ちょい丈短の女子布帛Tとか。
c0227932_22472794.jpg

縫製のお手軽さとシルエットでいえば、

ソーイングナチュリラvol.4の脇ファスナーのパンツもなかなかです。
c0227932_22475055.jpg

にしても、ベルト開きのパンツが履けないのにはショック。
次回は、前ベルト、後ろゴムパターンだな。(←ウエストをなんとかしようという選択肢はないのか)

minneのtickle**じゅ。さん商店で買った、ヘアターバンが優れもの。
おうちでは前髪全開でしかいられない人になりました。(笑)
c0227932_91655.jpg

中島メロディが心地いいです。地味に秀作!
つづきはMoreからどうぞ

More
[PR]

by uteomma | 2015-08-16 09:20 | Couleure | Comments(24)