2017年 09月 10日 ( 1 )

ツインショルダーバッグとデイリープルと宝塚


書道展が終わり、サッカー5年生大会が終わり、さぁミシンできるぞと思ったのもつかの間、
今月もがっつりびっしり試合日程が(そうだ、シーズンはこれから)
c0227932_21085606.jpg
そんな折、みっこさんが地元のハギレ市でのお買い物の様子を投稿をされてて、あたしも↑シュトフ(mittel実店舗)が呼んでる~。
ああ、pomさんと岐阜布狩りツアーへの思いは募るばかり・・ですが、やっぱり身動きとれない(涙)

先週の日曜日は、ついに1か月ぶりくらいの半日オフ!今後も週末の試合が続くので、今日しかミシンできない、の絶体絶命の心境で(大げさな)2週間ぶりのミシンに挑む。ミシンに埃がかぶってるのを見るのは久方ぶり。
c0227932_21092650.jpg
ataroさんがさっそく作っておられて、こりゃ運動部ママにありがたいバッグーだなと思い作りました、パタレ・ツインショルダーバッグ
そういやパタレさんもご子息サッカー部でしたね。部活の送迎や試合に持って行きたい「ちょい持ちバッグ」。日頃は小ぶりのトートバッグや肩掛けバッグを使っているのですが、かばんの中で、携帯やら部室の鍵やら、ペットボトルやら大会プログラムやらがカオスのようにこんがらがり、毎度瞬時に取り出せない悩みがありましたが、バッグインバッグを使わずともこれだけの仕切りですもの。(ユーカさん風w)
c0227932_21102343.jpg
パタレさんの作例のまま、C&Sオリジナル10号帆布で作る。(この夏愛用してたトートバッグのハギレがまだ少しありました)
このグリーン、ほんとに使える!カジュアルからきれい目まで、コーデを選ばない感じ??
c0227932_21105787.jpg
この位置のタグが憎い。
タグ付けはホントに苦手なのだけど、パタレ仕様書のおかげで、既製品ぽく。

さすがに内ポケットまでは取れなかったので、ストライプ地で。
c0227932_21115748.jpg
ぱっと見はシンプルなマルシェバッグ風なのだけど、このマチが、横から見ると厚みを出してくれ、ちゃんとしたバッグに見えます。
普通に袋を縫って折りたたんだだけですが、この発想がすごいよね~。
私はパタレさんのバッグアイテムが特に好きです。
c0227932_21124132.jpg
崖っぷちミシン、もういっちょ作りました。
c0227932_21130912.jpg
今さら感たっぷりなC&Sデイリープルオーバー。
C&Sさんのおまけレシピでは最古参なイメージで、ほんといろんな方が作っておられ、オンラインショップでは、今もガンガン作例として登場しますね。
ブロ友、フレーニさんがこの夏作られてました。
フレーニさんによると、最近、お店スタッフが作られてるものは、身頃を2㎝幅詰めて、袖幅を広げたのかな?
んが、まずはデフォ通りいっちゃおうと。
c0227932_21134223.jpg
(実はこの生地、前回のドッキングワンピの際、用意していたもの。タイプライターの方を採用したのでした)
前後身頃肩で縫い合わせた時点で着てみると、こりゃババシャツが丸見えでんがな状態の開きの広さでしたので、
肩の縫い代、2㎝で縫い合わせててみる。(←こういうところが素人の発想ですねー)
c0227932_21145014.jpg
袖幅片面15㎝!うーん、さすがに小さいな。糸買いに行く暇もなかったので、家であったもので。

どんなものができるのかどきどきでしたが・・
c0227932_21155440.jpg
結果、身頃幅とこじんまりした袖のバランスがなんともいえない味を出してます。
友人より「おばちゃん方がよく着てるチュニックよりオサレ感出てる」との評。
このデイリープルと同じポジション(?)の大川友美本「キモノスリーブプルオーバー」(毎年着ている)より、好きかも~。
みっこさんに「今年はグレンチェック」と教えてもらったので、手持ちのfabさんクロップドパンツ(グレンチェックもどき)と。

↑この撮影の後、宝塚雪組全国ツアー、北陸巡業(金沢・富山公演)おっかけ。
c0227932_21171168.jpg
いやー、もうね、この道30年の私ですが、この度3回目ほどのブーム(ピーク?ウェーブ?)を迎えそう。
今回の公演で雪組新トップの望海風斗(愛称だいもん)にずキューン!(死語?)
真矢みき現役時代以来の、私設ファンクラブにも入りそう。そう、あの、劇場前で5列横隊でならんでる集団ね(笑)
それにしてもだいもんさん、ショーのときに「今日はにんぎゃっかしいのう(賑やかだなぁ)」などと大関レベルの難易度の富山弁をおっしゃったときには椅子から落ちそうになったけど。きのどくな(ありがとう)も連呼。とっさにつかえんよー(どういたしまして)と呼応するわたしw 地方公演は本拠地の公演とは違い、大衆演劇ばりの客席との一体化がたまらんのよね。
c0227932_21174040.jpg
どなたかのインスタの投稿より。
後ろの〇がわたくし、2列前に、他のところで公演をしていた雪組2番手の彩風咲奈が観に来ていて、気になって仕方なく。(顔ちっさ、首ほっそり〜、背筋ぴしーっと崩れず)

この後、この間呑んだもの日記も予定してましたが、あまりに長くなるので次回に(笑)

今週の1冊
c0227932_21225928.jpg
没後20年は経つのかな?殿山泰司というと、何に出ていたかは具体的に挙げられずとも、顔を見れば、あの人ってわかる名脇役さんです(スキンヘッドのね)
戦前、戦後の映画界やその周辺を俳優視点で語り、その語り口が誰かに似てると・・そう!町田康だ。と思ったら、最近の文庫本のあとがきは町田康だって!(こういうの異様にうれしい)
パンク調の文体で、撮影秘話などを語っていくのですが、ミステリー通でならした御大だけあり、古今東西の名著をさりげなく盛り込むなど(「今日はコレ読んで寝る!」ってなね)はかっこいいー。私の目指すところです。

[PR]

by uteomma | 2017-09-10 21:28 | C&S | Comments(14)