久々に次男服(140サイズ)


作文読む順番なんか右からでも左からでもどっちでもよかろーが!←ジムキョクチョー心の叫び
面倒臭いの終わるまであと十日!がんばれわたし。

なんだかんだで今季3本目の兄用

c0227932_22552413.jpg
大雪で、トーカイまでが遠い・・いつまでもゴム入れられず。
にしてもこのテーパード感。この角度最高!!

名著杉本善英さんの「メンズパンツの本」よりイージーテーパード、ウエストゴムなのに、社会の窓だけ作る謎パターン。
もちろん今回割愛。ついでに、玉縁もやめて、フェイク。
c0227932_22564031.jpg
なかなかいいでげす・・芥川賞の「おらおら・・」を読んでるので、おらの中の柔毛突起が突如しゃべりだすのでがす。
(いやー、やっぱり芥川賞純文学は難しいのぅ)

大きな服・・のイージーパンツスリム2枚を洗い替えに履いてるのですが、やっぱりこっちの方がきちんと感出るなぁ。
ほんのちょっとテーパードの角度が違うだけだと思うんだけど。

なんとなく、次男の学校ホームページを覗いてましたら、懐かしの写真が
1年生のマルコメ次男。
c0227932_22595667.png

これこれ!息子シャツを縫い始めた結構初期の作品。(紫のブロックチェック・・確か東大門総合市場で買って来たネル)
パターンは、R&D.M.Co-さん本だった。というか、すっかりイモジャージ息子に育った次男がシャツ着てるのが驚き。
ボタン留めるのも面倒だったろうに、母親に押し切られて着てたんだろうな。なんといじらしい・・

ま、でもハンドメイドのいいところは、後で写真を見るだけで、作ったアイテムのストーリーが一気に蘇るところですわねぇ。

・・と、たまたま思ってたりなんかしたせいだかどうだか、私にしては超久しぶりに、子ども服のパターンと生地を買い、即形にしましたって話。

もうね、muniさんに謝りたい(泣)せっかくのパターン台無しにしてしまって。
c0227932_23052141.jpg
ボア生地で縫おうと(パタ○ニア風)思いついたまではナイス閃きだったと思う。
しかし届いた生地が、「ストレッチ」というかほとんどゴム状に伸びるボアだった!
c0227932_23054746.jpg
ポケットもまっすぐ縫ったつもりだったのになー。
タフタ生地もわざわざ用意した!
この胸ポケット、さすがのmuniさん「お手軽なのに、手が込んでる風に見せる」スピリッツ満載の作り方でした。(いろんなパターンに無駄に付けちゃいそ)

ニットオンリーではなく、布帛と組み合わせるのがなんとも好きなんだなー、ってこれ全然生きてないけど。
c0227932_23064699.jpg
たぶん、ニット縫い得意の方だと、差動の調整で、こんな並々にならずに縫われると思うんだけどね。
c0227932_23073132.jpg
結果、140サイズが、メンズS・・

あー、例のサッカー謝恩会のワンピ、トレースすらできてない、どうするどうする!


先週仕事がらみで上阪の折、ディープな2スポット満喫してきました。
c0227932_23101477.jpg
お初天神で串カツ。
曽根崎心中の舞台になったところですが、ここの商店街にある神社が、恋のパワースポットらしい!?
あの…心中って成就してないですよね?そんなこと気にしないのがザ大阪。
境内というか、小路を入って行くと、ちょうど前には、ふらふらの酔っ払いシルバーカップル。昼間から濃ゆいわ~。

あと鶴橋も初体験。
c0227932_23161608.jpg
フレーニさんが、明朝体ハングルの街!の名言を発しておられましたが、ほんと、新大久保よりもソウルの庶民の街の雰囲気が漂ってます。

アリラン食堂にて
c0227932_23192820.jpg
パンチャン(前菜)、韓国の食堂で頼んでないのに付いてくるお通し的な。
こういうおかずが食べたかったんだ~。
そうそう、韓国ネタといえば、ブロ友黒やぎさんが、ただいま平昌オリンピックのカンヌンアリーナ、フィギア会場に!
あすが羽生選手登場だけど、本人より客席の黒やぎさんを探してしまいそうである。

大阪といえば、船場センタービル7号館のキタガワさん。
c0227932_23263472.jpg
ご主人のおじいさん、今回もいい味出してました。
前回クラボウのT/C生地(ichicaワイドパンツにした)カーキがよかったので、黄色を買った。2m千円。
まさか覚えてくれてたわけではないだろうが
「これクラボウだから、すごくお買い得」
私「クラボウって潰れたんでしたっけ」←おいおい何を言い出す私
「んもー、何をいうてんの、あっちにおっきなビルがあるがな。(と言って指さす)」
次回はクラボウビル前で記念撮影だな。
T/S生地黄色、スカートかワイドパンツか悩んでます。


[PR]

# by uteomma | 2018-02-15 23:44 | こども服 | Comments(9)

クルール「脇ボタンタイトスカート」など


LEE2月号でうっかり腰高パンツ教に入信しそうになりましたが、やっぱりラップスカート熱には勝てず。クルール「脇ボタンタイトスカート」作りました。(実はもう1つラップタイトスカートパターン手つかず)
c0227932_22124734.jpg
とは言え、腰高パンツの誘惑も捨てがたく、春用ワイドパンツの生地はしっかり買ってあります(笑)
C&Sさんのコットンツイル地、ツヤツヤでいい塩梅♪
c0227932_22164623.jpg

さっそく着画ですが
c0227932_22252379.jpg

先達の松子さんが、ラップの合わせが深くないので、ウエスト幅の調整は出来上がってからでは厳しいかなーと教えてくれたので、前もって左右1㎝ずつウエスト幅広げたらば、ずとーんとしてしまった。まぁ、おかげでインも楽々なのですけど~。

それよりもスカート丈がね・・ちとスケバン丈・・というか、昔やったパーティーコンパニオンのスカート丈つか。
インスタに上げると、やさしい皆さんがこの長さもアリと言ってくださったので、サッカー父母会総会の司会時に着用しました。

c0227932_22474272.jpg


去年、いや、もうおととしになるのか~。岐阜のpomさんに連れてってもらった、tree topさんで、ご自由にお持ち帰りくださいコーナーにあった金属ボタン。

生地は、あのイーグルさん、おらが街にも来たのよ~。確か着分ダブル巾1.2m1,000円だったか。
よーくみると黒地に紫混じりの毛糸が織り込んであるツイード。

ラップスカート、見かけの重厚感の割に、縫製が簡単なのがいいねー。
なので、もうこの工程に来ると逃げ出したくなるので(表から落としミシンすりゃ必ず落ちるのでね)
c0227932_23095427.jpg
一杯やりながら挑む。なんとかセーフ。
このテリツヤ裏地もイーグルさん。

なにやらまわしっぽいね。
c0227932_23135619.jpg

そうそう、今回、パッチポケットは、キワを攻めました。いや、世の洋裁家さん大絶賛の段付押さえを使えば、なにもこんな必死に攻めなくてもいいのにね~。(ほらマゾだから・・)
c0227932_23175145.jpg
そうそう、私のこのところのイーグル贔屓を知ってか知らずか、このタイミングで松本催事の案内。
c0227932_23201731.jpg
うんうん、部長全面に押し出したフライヤー、よいと思います。
今回も「これが逆効果」とか意味わかんねー(笑)

クルールさんの隠れた名作「2タイプネックプルオーバー」
c0227932_23255179.jpg

mittelさんのプレミアム天竺(だったか)
今回もネック部若干のかまいたちコント化・・
私の中では、憧れのハイネックブラウスへの道、ちょっと練習の意味合いも込めて。
一枚だけ着ると、恐ろしく似合わないので、コーデを考えます・・

それにしても、平成の大寒波ですか、我が地方もアルプスの麓の村みたいになってます。
c0227932_23303757.jpg
奇跡の雪の晴天。
今回の大寒波による雪道運転、アイスバーンの方がよっぽど運転しやすいことを思い出す。
少し解けて轍ができたボコボコの雪道は、モトクロスバイクか、サファリパークの運転かってくらい、体が上下に揺さぶられ、自分の運転で酔いそうになる(笑)まぁ、おかげで運転技術めっちゃ上達した気になるけどー。


c0227932_23365663.jpg
昨夜寝付けなくて、昭和の洋裁本「装苑作り方シリーズ4 こども服の作り方」を眺めてたら、衝撃。
ブルゾンの袖口リブ、自前のゴム編みをひっつける!!
いやー、これぞ究極のハンドメイドだよね。私編めないので、編める人、クルールの新作ブルゾンで試してほしい~。(冗談)


[PR]

# by uteomma | 2018-01-30 23:48 | Couleure | Comments(18)

MPL「Vネックノーカラーコート」とおばちゃん青春の旅 in 東京

恒例の年越しコート製作、今年はMさんにしてはキャッチーな形、Vネックノーカラーコート。(MPLサイズで4号。袖のみ3㎝詰め)
c0227932_22062219.jpg
コクーンに見えるIラインシルエットもなかなか気に入っておりやす。
この生地、松本の催事ですったもんだの挙げ句(詳しくはコチラ)、コート地たたき売りコーナーで、部長に「お嬢はピンクベージュ」の鶴の一声でゲットしたもの。
もう生地段階では、避難所の毛布にしか見えなかったけどね。

裁断を始めると、よりによって右身頃の一番いいところに
なにこれ!マジックでチョンと付けたような点!!

と思って、少し生地が余ってたので、差し込み裁断したのが仇となった・・↓最初、松本め、色褪せ生地押しつけやがったな、って思ったわ。(笑)
c0227932_22123110.jpg
くー、久々の「毛並み」問題に泣かされた・・
右身頃のみ逆毛だと思ったら、袖も差し込み裁断していたらしく、右袖も逆毛っぽい。
図らずもモードなコートが完成しそう。

さすがノーカラーだけあって、Mさんもおっしゃるように「衿が無い為、縫いやすくとても簡単に仕上がる」
コートは何が大変買って、衿とベンツなんだろうと思った。(あとボタンホールか)

なんて気分よく縫ってたらやっぱり落とし穴。
ツレちゃいましたわ。
中綴じはずしても事態は変わらず。インスタで賢者の皆様にお聞きしたら、見返しと裏地縫い合わせでないかが起こった可能性。
c0227932_22130151.jpg
それは自覚あり!裏地の端と見返しを縫い合わせたとき(ほぼ最初の工程)、なじぇか、上の襟ぐりの辺りで裏地が2㎝ほど余った。でもまぁいっかーってその後肩を縫い合わせた・・そこだ!

まぁでも着たらなんとかなるのがコートですわね。

新年ヅカ詣でに。
c0227932_22132195.jpg
ツレもあんまりわからなくなってる!?

しかし、ブログ更新しようと、改めてトルソー撮影したらば
c0227932_22134560.jpg
ななな!えらいことになっとる!!!
ツレたどころの騒ぎじゃなかったわ。こんなガタガタに縫えって言われても縫えんわ・・なんで(泣)

裏地は、先日おらが街にもやってきたイーグルさんの催事で、2.5m500円でゲットした、ストライプのキュプラ。
c0227932_22142190.jpg
まぁでも今日辺りの大雪の日に着てたら、蓄暖のやつの方があったかいのだろうねぇ。東京では、室内に入る度に汗が・・でしたけど。

c0227932_22143888.jpg
それからあんだけツレといて何ですが、一番神経使ったのはやっぱりスラッシュポケットかなー。日頃、1,2センチの誤差は当たり前なテキトーソーイングだから、スラッシュポケットは1ミリもずれてはいけません・・な雰囲気なので、緊張した。
c0227932_16284127.jpg

さて正月のお江戸では、ヅカ詣でとおばちゃん青春プレイバック・・てな旅となりました。(長いのでお時間ある方のみお付き合いくだされ)

ヅカ公演が11時~なので、こちら発6時台の新幹線に乗り、8時半に東京駅着。(東京まで2時間半って夢みたいである)
公演前に、広島在住の、大学時代の学生会館(田舎の女子が入る女子寮的な・・今もあるのかな)で共に暮らしたUちんが丁度東京に来ていることがわかり20年ぶりの再会。
いやはや、最後に会ったのUちんが立山黒部アルペンルートの添乗で富山入りした24歳のときだって!!


大学のときは、日雇いバイトを一緒にやったもんだけど(下落合に内外学生センターってのがあって、ドヤ街の職業紹介所ばりに壁に張り出される日雇いバイトに学生が群がり、ワレ先に近くの公衆電話でアポイントを取る)、その時からやけに器用というか、ドロ臭く1枚ずつDMチラシを折りたたむような私と違い、どんな仕事も画期的な方法を編み出し、同じ時間で人の倍の仕事をする子でした。社会人になっても、添乗員に始まり、雑貨屋店長(当時の仕事仲間が今DEAN&DELUCAの日本本部にいるらしい)、住宅メーカーでインテリアコーディネーター、現在は中医薬膳師として、オサレ教室を主宰。今でいうキラキラさんですね。
まぁでも、久しぶりに話して、お互い就職超氷河期世代だったおかげで、他の世代のように、4大を出て、そこそこの会社に就職し、結婚し、家庭に入り、子育てに専念し・・みたいな生活だったら、満たされすぎて今みたいにどん欲にいろいろやろうなんて思わないんじゃないか?なかなか就職できなくて、いろんなバイトをして、いろんな世界を見ても、まだ満たされない自分がいる・・ぎゃー、結局は欲求不満の塊なのか我々は(笑)
c0227932_22185444.jpg

・・と盛り上がる東京宝塚大劇場向かいのMUJIカフェで、店員さんが誠に申し訳なさそうな顔で近寄ってくる
(小声で、脇に手をやりながら)「横のチャック開いてます」
c0227932_22150579.jpg
着ていたのは↑、かまいたちコント@たまねぎ工房エーデルワイス・・がーーーーん。
Uちん一言「しょーこちゃんそんなところも変わってないね!」

この後用事のあるUちんと分かれ、今度は24,5歳頃、地元で辛酸をなめていたころの友達のOちんが(何、この世代「ちん」付けるのはやってた?)
一緒に観劇してくれるというので、多摩から出張ってきてくれた。
国立大卒のOちんも当時は思うような職種に就けず、一緒にくすぶってたのですが、今ではJUKI本社近くに住んで(ある意味聖地)、得意の語学を活かして外資系企業で活躍中。
前日にOちんより「観劇にはどんな服装がよいか」と問い合わせ。
というのも、彼女は歌舞伎の片岡仁左衛門さんのおっかけで、昨年は活動に数十万つぎ込んだらしい・・さすが私の友達(笑)娘二人には日舞を習わせる徹底ぶり。
観劇後は、当然有楽町のガード下になだれ込む。

ただ吸い込まれ、店の看板すら見ておらず(どんだけ飢餓状態w)
c0227932_22152562.jpg
肝心なソーセージの8種盛りが映ってなく、スマホの画像に残されてるのは、謎の魚(ウケる)
c0227932_16303268.jpg
2杯くらいで酔っ払ってしまい、かなりご機嫌で、新丸ビルに共に向かう。
インスタのフォロワーさんが、アーツ&サイエンスでラスクだかスコーンだかを買ってきたというpostを見て、われもと思ったので(笑)
お店に行くも明らかにないような雰囲気だけど、聞かずにはいられない田舎者。「こちらでは取り扱いございません」。青山とか表参道のお店だろうな。
となりにはマリメッコ。
酔っ払ってつい気が大きくなるわたくす、1mほど買っていこうかなんていうと、Oちん、やめときーって。

4階の手頃な雑貨屋さんにて、半額のバッグ、オソロで買うことに
c0227932_22200501.jpg
望海さんストラップ付き。

旧友との再会2連ちゃん、気持ちは20代当時のままだけど↑こうやって振り返ると、おばちゃんの生態そのまんまやね(笑)
ま、でもこういうお互いが定まってない頃の友達って会うと一気にその当時に戻れるのがすごい。
二人とも共通していうのは「しょーこちゃんて、昔はずっと部屋に引きこもってたのに、最近はやたらアクティブだよね」そうなんだ、そうなんだ。行動力のあるおたくとして、次は還暦まで突っ走りたいものです。

新年初読みは、安定の津村記久子の短編集。
c0227932_16371542.jpg
相変わらず笑いのツボを押してくるんですが、何回も生まれ変わる話や、浮遊霊の話、うっすら命の輪廻やら、生きるとは・・なんて考えさせられる。去年の1番だった長嶋有の「もう生まれたくない」を思い出しました。


[PR]

# by uteomma | 2018-01-13 16:44 | mpl | Comments(22)

muniパターン「ニットアイラインスカート」とオタクの展望

まさかの元日更新!?(2日になりました)


インスタで「発信欲」が満たされたかと思われる向きもあろうかですが、さにあらず。

洋裁ネタはこってりこちらで書きたいと思ってます。


今年も目指せ月2更新。


なかなかパソにたどり着けないだけで、ぼちぼち縫ってます。


11月以降、晴れる日は数えるくらいという我が地方、なかなか写真が撮れず。

c0227932_23151569.jpg
実際にはもっとショッキングピンク然してるかなー。先日の松本催事でゲットした、m2千円、イタリアン織物。従業員のサザエさんが「絶対エマールなんかで洗わんこと!」と言ってたにもかかわらず強硬突破したけど、意外に大丈夫。↓着画、エマール後。


当初は、ニット生地ではないのに、たまねぎヘザーを作ろうとしてましたが、やはり前回のかまいたちコントのエーデルワイスが脳裏をかすめ、攻めませんでした。


コットンフレンド2014冬号の名作プルオーバー。後ろのファスナーが特徴。

c0227932_23232351.jpg
なんだけど、この生地、毛並が長く、折り込んだはずなのにむくむくと起き上がるさま雑草のごとし。ほんと、出来上がった当初は、あー下手だわ~と思ってたもんですが、着続けるとどうでもよくなる、洋裁あるある。


見返し押さえ、袖、裾、手まつりで押さえたので、ミシンの工程より針をちくちくやってる方が長かった。


昨年(年明けたのでおととしか)作ったichicaパターンのラップタイトスカートが、ものすごく使えたので(というか、あのDカン、私も気が付けばはずれるよー、松子さん!)洗い替えに(?)ラップスカートのパターンばっかり見てポチポチやってたら、3パターンも揃ってた。

これがようやく1着目。muniさんのニットアイラインスカート。

c0227932_00412756.jpg

何がいいって、ヒップサイズに合わせて(5サイズくらい記載されたかな?)裁断できるとこ。

タイトスカートは、ヒップサイズさえあってれば、きれいに着こなせるのではないかと思ったね。


ゴムみたいに伸びのいいコーデュロイ。ニットで縫わなきゃと思ってたけど、ゴム状の布帛ならいいだろうと強硬突破。


今回もmuniさんらしい、目からウロコ工程が。

裏地はニット用のを使用。

c0227932_00423868.jpg

美栄さんの裏地棚より

c0227932_00431148.png

ベンファイン?パートナー?いずれにしても、旭化成ベンさんシリーズ(笑)


スリットはいわゆる開きみせ風、muniさん表現では巻きスカート風となってます。

タックの力でそのように見せるのねー。muniさんのからくり、ほんとに毎回上手だなーって思う。

c0227932_00434192.jpg

後ろはゴム。


ゴムの通らない前ベルトは芯貼ってもよかったなーと思う。



c0227932_00440911.jpg
ちょっと無理してインしてみる。
c0227932_00451368.jpg
ニット地のスカートってものすごく楽。実際には開いてないスリットも、足元あんまり気にしなくていいからよかった。またいいストレッチ地と出会えたら作りたいものです。

最近インスタで韓国のヅカファンの方とお友達になりました。

明らかに韓国の方の日本語のレベルが上なので、日本語でやり取りした方が早いのに、私の幼稚園レベルの韓国語につきあってもらってる(笑)

c0227932_00484606.jpg
海外だからより貪欲にヅカ知識を得ようとされてて、映像に一瞬写り込んだジェンヌさんも、絶対見逃さない。

いやー、私も結構なオタクだけど、上には上がいるなーと。韓国つながりで黒やぎさん、平昌レポ楽しみにしてます。丁度ワカサギ釣りシーズンだって。がんばって!


オタクといえば、この本。藤野さんの自叙伝的小説。

c0227932_00491769.jpg

漫画オタクぶりがすごい。オタクネタの中に自然にこの作家ならではの(マイノリティーネタ)を軽く放りこむ。90年代はじめ、当然今以上にセクシュアリティについては世の中無理解で、藤野さんと思しき主人公は可哀想な目に遭うけども、不思議と悲壮感はなく、たくましく生きていく…毛色の変わった青春小説として読みました。


唐突に、昨年のアテ大賞。

c0227932_00495084.jpg
ご近所飲み会(@染色家先生のアトリエ)で、先生仕込みのさす(カジキマグロ)の昆布締め。


んでもって、大晦日、Kちゃんが正月用に持ってきてくれた新潟十日町のお酒「松乃井」。

c0227932_00502597.jpg

かぶら寿司とともにいただきます。


暮れは、スポーツ観戦巡業に出たメンズたちの消息をテレビで確認する羽目に(笑)

富士山女子駅伝。

c0227932_00505192.jpg

サッカー選手権大会、地元富山第一高校の応援。

c0227932_00510731.jpg

今年は公私ともに慌ただしい年になりそうですが、オタク活動がやっぱり最大の息抜きでかつ、パワーの源になってるのは間違いないので、心にオタクをモットーにやっていきたいものです。

引き続き、お付き合いいただければ幸いです。








[PR]

# by uteomma | 2018-01-02 00:55 | 自分服BOTTOMS | Comments(12)

ichica「ハイウエストワイドパンツ」


なかなかミシンにたどり着けない日々が続いておりますが・・

来年度、サッカーの事務局長が決まりました。引き続き、放課後グラウンド直行の毎日確定。まぁ、時間があるとすぐ買い物しちゃう芸人なので節約にはありがたいですわ。(やけくそ)


もたもたしてるうちに街ゆく人の装いもすっかり冬仕様。世の中のお嬢さん方の着こなしを見てますと、太めストレートパンツ×ニットトップス全面イン×大きめコート・・って感じですねー。

まー、どれもこれも似合わないアイテムばっかり。あの「死ぬほど作ったテーパードパンツー(卒業式の呼びかけ風)」が、全く出番ありません。

・・なんて、私のオサレ師匠「むらさきのいと」の松子さんに愚痴ってますと

これ流行ってるやつだよね~。」って流行りもんに対する感度の良さを褒められるより、「すごく似合っててステキ!」って言われる方がうれしいし^^ また、そういう、人のアンテナに引っかからないくらい自分の一部になってるアイテムがあるのもある意味強みだと思うしね♪


↑勝手に引用スマン!でも、ほんとそれだよねー。アラフィフ世代、若い頃一通り流行りものを試して、自分に合うか否かをわかってるはずなのに、つい流行ものに乗ってしまいたくなる愚かさ。私がお洒落だなと思う人は、たぶん、↑松子さんのような境地に達してる人。


にもかかわらず、明らかに似合わないアイテムを試してみたくなるオサレブスなワタス。

c0227932_22062233.jpg

今回は、なんとか完成させただけでよしとする。ichicaさんのハイウエストワイドパンツSサイズで作りました。


だって最初の段階でこれだもん。

c0227932_22064848.jpg

いや、でもね、この片玉縁ポケットもいろんなパターン屋さんのやり方で縫ってますが(でも技術は比例せず!)、なんというかichicaさんのやり方は、洋裁学校で習うような正統派なやり方なんじゃないかな。いつも以上に納得しながらできたような。でも、痛恨の内側の布の幅違い。悔やまれまする。


裁断の段階から、やけにパーツ多くね?なんて思ってました、前あきの辺り。

これも、正統派と(思われる)作り方。ファスナーを前もって持ち出しに付けておくのは、初めて。

あと、みかえしに裏コバをかける一手間、これでなんとなく洗練された風になるのは気のせいでせうか。

c0227932_22071788.jpg

そして何十着とズボンのこの工程踏んで来ましたが、誰も教えてくれないから適当にやってるよ工程の第一位(知らんがな)

この辺りの図解って初めて見たわー。裏側の縫い代は三角に折り込んでおく。

c0227932_22080488.jpg

生地は、船場センタービルの「キタガワ」さんのワゴン内で見つけた、クラボウT/C(テンセル×コットン)、これがなかなかアタリ。

縫製中にシワシワになるのはあたり前というパンツ縫いにおいて、最後までこの感じを保つって珍しい。でも、ネットで買うパンツ地でなかなかT/C素材って見かけない気がするんだけども。

c0227932_22233078.jpg


c0227932_22255074.jpg




なんとなく、ワイドパンツというより、太めのストレートっぽいパンツが欲しかったので、その点ではアタリ。

大流行のニットインの着こなしは、残念ながら相当苦しいですがね・・(みよ、このパツパツぶり↓)
たまねぎ工房ヘザーをバルキースムースで作ったんだけど、この厚みが限界かなー。後ろからのシルエットもワイドパンツというより太めのストレート。

c0227932_22145593.jpg

合わせるのは断然スニーカーだよね~。ああ、新たな物欲発生してしもーた。


あんまり意味ないけど、マフラー自慢したかっただけ(笑)

c0227932_22154425.jpg

この垂らし方は、貴乃花親方からインスパイヤー。(ぎゃー首短いのでこりゃひどいね。普通に巻きます)
コートはMPLノーカラーストレートコート。

これ、こないだ大阪に行った折、バス時間待ちにルクアのビームスに寄ったんだけど、パッと見てこれ買う(お財布内のお金で買えそうだった)と思って、店内一周してからレジに持ってこうとした。一周して戻ると、ヨン様風味の30代リーマンが、手触り、肌触りを確かめているー。(ヨン様のマフラーって話できすぎだけどw)どうしても欲しかったワタス、後からものすごい視線を送りつつ、店員に「これと同じの欲しいんだけど」と、プレッシャー大作戦。ヨン様ムキになって買う恐れもあり、一か八かの賭けに出ましたが、ヨン様、すごすごと陳列棚にお戻しになりました。かくして無事ゲット。(おばさん怖っ)



この間の、かまいたちのキングオブコントの決勝のネタ状態の、布帛で縫ったエーデルワイス。

松本催事のときサザエさん(従業員)が、脇ファスナーにすればいいよと教えてくれたのでやってみる。

c0227932_22191960.jpg

コンシール押さえ、職業用買った直後から用意してたものだけど、この度ようやく開封。


やや!家庭用ミシン時代、相当往生した記憶のあるコンシールファスナーだけど、道具の勝利?拍子抜けするほど簡単に付けられてびっくりしたー。このミシンの押さえが特別に優れてるのか??

c0227932_22194419.jpg

・・って喜びもつかの間、このスカートの脇コンシールくらいの長さじゃ、なんにもならんし、右脇に付けてるし、そもそも、脇のファスナーって下から上に向けて開けるんじゃなかったっけ??


まぁ、でも、この押さえのおかげで、ブルゾンのポケットとか(大きな服を着る・・のお気に入りの、ポケット開いてないのよね)コンシールポケットにしちゃいそう。ああ、調子こいてます。




のぞ様、ガード(宝塚の楽屋入り待ちの一群、ファンクラブによるそれをこのように呼ぶ)デビューしました。


入り待ちの集合時間が8:15なので、悠長にサンダーバードで行ってたら間に合わない。学生のとき以来の深夜高速バスですよ。

c0227932_22200233.jpg
ガードの中から見た、花のみち方向の画(笑)なにが、なんだか・・

劇場前には7:30着したというのに、全然あさっての場所で待ってた。待てど暮らせど、望海風斗監修の3色旗ストールご一行が来ないので、その辺の方に「のぞみさんのガードの方たちは?」と聞くと、親切な母娘の娘さんが「楽屋口にいらっしゃいますよ」と教えてくださる。

さっそく猛ダッシュで、花のみちを横切り、ご一行の列につけば、ファンクラブのお世話係の方が猛突進して来られ

「ここ横切ってはいけません!ちゃんと会則読んで来てください」

まぁでも、お隣に並んだ方が親切な人で、いろいろお作法教えてくださいました。

c0227932_22204528.jpg

ガードの基本姿勢は立って待つのですが、のぞ様以外のジェンヌさんが来られると邪魔にならないようにしゃがむ。

全盛期は、この動作を繰り返し、さながらビリーズブートキャンプの地獄のスクワットのくだり!ギブギブ、言いそうになりました。


最後に、10列横隊が、1列に並び直し、のぞ様にお手紙(ハガキ、宝塚のグッズ店で買ったのぞ様ポストカード推奨)を一人ずつ差し上げるご褒美が待ってます。

「お声がけは挨拶程度」とのことでしたが、あわあわ言ってる間に終了。富山弁の「きのどくな」(ショーのときにおっしゃいました)って言うんだったな!



このところ毎日着こなしをチェッしてる、お二人「有働さんと、地元KNB局アナ武道(ぶどう)さん」。
別々の日に似たようなデザインを着て登場。

c0227932_22340948.jpg

このヒラヒラ着てみたい~。ショートヘアならではの、こんなヒラヒラ着ても甘くならない利点あるよねー。

しかしどんだけ長いフリル作らねばならんのか・・


[PR]

# by uteomma | 2017-12-05 22:43 | 自分服BOTTOMS | Comments(20)

「大きな服を着る・・」リラックスパンツと松本レポ

水を飲んでも太るアラフィフ世代のわたくし・・

ちょっと前までは、代謝が低下する生理前などにご飯を控えたりすると、超えた体重も元に戻ったりしたのですが、近頃は体の周期に合わせたやり方も全く通用せず、甘い物への欲求はつのるばかり(これも更年期?)。とくに仕事をしながらのおやつが元凶だと気づき、口寂しいときはのど飴を放り込むことにしたのですが、これが頻繁すぎ、さらに太る。ついに先週から、仕事おやつは昆布にしてみた!また結果をお知らせいたします。


ぽっちゃり男子中学生のズボン研究会、インスタでいいアイデアを教えていただいたので作ってみました。

c0227932_22043761.jpg

名著「大きな服を着る 小さな服を着る」のリラックスパンツスリム。ああ、灯台元暗し~。

生地は、カツラギ。

先達のみなさんは、息子さんたちにサイズ1で作っておられたけど、あの作ったけどお尻入らずシーンがフラッシュバック(某さんのシノビパンツとか、あれとかこれとか・・)し、サイズ2で決行。


これはゴム入れる前。蔵前のお相撲さん御用達衣料店思い出す。

c0227932_20491155.jpg

ゴム入れる。なかなかのギャザータックな感じですが。

c0227932_20493833.jpg

意外と大丈夫なのよー、これが。

前回パタレ、メンズリラックスパンツMをクロップド丈で作ったところ、さすがに短かったようで、毎度、縮んだー縮んだーとやかましいのでこれでしばらく静かになろう・・

c0227932_20503125.jpg
トレーナーやらパーカーやらを買いにユニクロに行ったときに、ズボンも買うてやると言ったのに、「試着めんどい。作って。」というので、作った次第。ユニクロも、滞在時間5分で「これ?」「どれでもいいー」って、世界一買い物行ってもおもろーない、中1男。

あ、そうそう、スラッシュポケット成功したの初めてに近いかも。

c0227932_20512682.jpg



みなさまお待たせいたしました、久々の松本レポ。

c0227932_20515215.jpg

今回のフライヤー、イラストのタッチも絵画風となり、部長の似顔絵と、昭和キャッチコピーも成りを潜めたように見えますが、今回目を引いたのが

高級獣毛!(獣毛戦隊なんとかレンジャーっていなかったっけ??笑)


初日のお昼時間に「じゅうもう、じゅうもう」唱えながら、会場入りしたところ、さっそく部長より、「獣毛」コーナーに誘われた。

「これアンゴラ、本当にいいものはこうやってぐじゃぐじゃ~としても、すぐ戻るんだよー」

c0227932_21034149.png
ここまではインスタのストーリーにアップしたのですが、この後、部長おもむろに語りはじめる・・

「アンゴラというのは、アパルトヘイトの悲しい歴史を背負っているんだ・・20年前に南アフリカから仕入れた生地を、最近染色した」↑のがこの生地らしい。

c0227932_20533854.jpg
その後、「お嬢、この生地はすごいよ、メーター5万はするけど、デパートの催事に出したら、傷が出来てしまった。着分2.8m、1万で持っていきな」

ひゃ~、素人でもわかる、カシミヤ?アルパカ?の高級質感。

ちょっと一晩考えてみるねと言って、その場を離れたが、その決断が徒となったのであった(結末は↓)


今回はこのフレーズ一押しらしい、素材の二極化!

c0227932_20543594.jpg

戦利品は・・

c0227932_20550463.jpg

上、イタリアの織物(ニットにあらず)、たまねぎ工房ヘザー用着分2,400円。

左下、フェイクツイード、MPLラップタイト用、1000円/m

みぎした、フランス製の謎の生地、思わず買っちゃう、1000円/m(帰り際部長に聞くと、ワンピにしたらええよ、というが、トップスのつもりで買った)


↑あ~た、懲りもせず、布帛でニットパターン縫おうとしてるねー、とツッコミを入れたくなると思いますが、今回いいこと聞いちゃった~。いつも私が入っていくとぴったり張り付かれる(笑)従業員サザエさん(似てる)が、こないだのかまいたちコント状態のエーデルワイスについて、「脇コンシールにしちゃえばいいのよ~」だって。コンシールなら後付けもできるよ、とのことなので成功の暁には、着画とともにお届けします。


翌日のお昼休みに、1万円握りしめて、あのカシミア?アルパカ?生地買いに行ったと思ってくださいよー。

丁度店番をしていた、同年代の従業員さんに「昨日の、紫の高級コート地買いに来たよ」と告げると、顔色が曇りはじめる。獣毛コーナーへ行き、探すもないない!「えー、部長が取っておいてくれるようなこと言ってたよ」というと、何やら携帯で連絡を取り始め、その2,3分後に部長登場!


「お嬢ごめん!みんなにお取り置き伝える前に、ささーっとレジに持って行ったお客様がおるのよー」だって。もう半泣きですよ。

おそらく、私と部長のやりとりを聞いてた客、私が帰った直後にこのような行為に及んだに違いない!ひゃ~、恐るべし、松本の会場。というか、中高年洋裁ファン。これからは、もっとはったはりめ(って、富山弁だわw油断せず気を張り詰める意)で松本に挑みます。


諭吉さん握りしめて来たからにはなにか買わにゃと思い、摑んだのがコレ


c0227932_20555874.jpg
家帰って改めて見ると、避難所の毛布だった・・

↑部長が取っておいてくれるはずだった紫の高級獣毛のは、MPLの新作「Vネックノーカラーコート」を作ろうとしてたのでした。
イメージ画像

c0227932_21043403.jpg

なので、図らずもコート熱が来てしまい、何が何でもコート地を買わねばと思ってしまう。2.5m、5000円(せっかく来てくれたからと千円負けてくれた)


だが!家に帰って巻々を外すと、折り目が変色しとるよー、ちょっと!!

こうやって、巻の残りわずかなウール地をまとめて売りさばこう魂胆みえみえ。

c0227932_22221893.jpg

まぁ、ときおりこういうあざとい商売が見え隠れする松本さんですが、年2回お越しの折にはつい行っちゃうのですねぇ。




いやー、それにしても、金曜日のMステの岡村靖幸テロ!(わたしゃ、次の日のサッカー試合準備で見れなかったのだが)

インスタのフォロワーさんたちも、とくにアラフォー世代?グッと来るものがあったよね~。

c0227932_21111148.png
もうこの3日で何回見たかわからない。(笑)

丁度、我が青春まっただ中、高校から大学生にかけてよく聞いたのかなー。(思わずアルバム「家庭教師」を聴こうと思って、所蔵CD見たら、ない!まだカセットの時代だった!)
なんせ始めてつきあったのが「ヤスユキ」で、上京してはじめてバーで注文したのが「カルアミルク」だもんね~。


そして日曜から読み始めた燃え殻さんの「ボクたちはみんな大人になれなかった」           

c0227932_21160198.jpg

のっけから渋谷WAVEの紙袋に、オザケン・・もう、当時のサブカル用語が乱れ打ちという感じで心打ち震えます。青春プレイバックの週末だったなぁ。(実際は大雨の子どもサッカー試合で打ち震えてましたが)

今週のアテ(あれ、コーナー名変わったよな?)
生白子

c0227932_21564944.jpg

 香箱蟹

c0227932_21573988.jpg

「いぶし銀」さんの焼酎コーナー、左端から飲むことにしました。六代目百合、好みの味。

c0227932_22004958.jpg







[PR]

# by uteomma | 2017-11-21 22:17 | こども服 | Comments(16)

ベイカーパンツもどき

ウテオンマ悶絶(松子さん談w)のシ○ゾーンのベイカーパンツもどき(←くー、無念)できました。

c0227932_22385483.jpg

こうやって平置きするだけで、その世界観に遠く及ばずなのはおわかりいただけるでしょう。


元ネタは、Mパタのワンタックスリムパンツですが、結局このウエスト(見返し仕立て)だけが、似てるということから始まったベイカーパンツ作り。

ウエストは、インできるように、左右1㎝ずつ出す。(ジャストウエストだったので)

c0227932_22392748.jpg

ズボンの幅も1,5㎝は広げたはずなんだけどなぁ。


ユーザーのみなさん談によると、シンゾーンのベイカーパンツは、ものすごくハイウエストなんだそうです。

うぅっ、ウエストを上げるまでは思いつかなかったなぁ。

c0227932_22395415.jpg

まぁでも、このパッチポケットだけはそれっぽくなった(笑)

丁度いいタイミングでこね太郎さんが、あす着る本の「ストレートワークパンツ」を作ってくれたおかげ。これだ!と思って。


そそ、久々にこのパターン作ってみて、ありゃっと思ったのが

c0227932_22423794.jpg

ファスナー、これは致し方なし?(ファスナーの色が全く合ってないのは、手芸店に行かないチャレンジをしていたからです。昨日2週間で記録は破られた)

…し、しかし、下手やな〜。

本当は見返しのロック始末のところを、パイピングするつもりだったのに忘れてた。

おまけにボタンホール開けるとき、針板を設置するのを忘れる…気づかす遂行(言い訳、言い訳w)



まぁ、なんだかよくわからないパンツが出来上がりましたが、要はトップスインして着たかっただけなのです。

(ウエストくびれなし人間ゆえ、前開きのパンツはどれもこれもジャストフィット・・というか苦しいのだ)



結構ウエストに余裕があるため、ごついニットをインしたいという欲望が強すぎ、↓の失敗に繫がったのですが(後ほどこってり書きます)

まずはインして自然だったのが、たまねぎ工房ヘザー。もうだいぶ年代ものの、ブークレーニット(あらゆる生地うえださん)のヘザーと。

c0227932_15390627.jpg

まだ若干ウエストに余裕あるので(これでもw)、これ飲み会のときなんかいいかもねー(笑)つか、結構下がってくる~。次リベンジするときは、もう少し詰めるかな・・


生地は、mittelさんの、春夏もの「コットンガンクラブストレッチ」を特価で買ったので、真冬になるとちょっと寒いかも。



↑イン要員として、俄然厚めのニットが欲しくなりすぎたゆえに、失敗してしまった名作エーデルワイス。

c0227932_22471178.jpg

ほんと、こうやって見ると使える子(purikoさん談)なのにね~。


はい、エーデルワイスといえば、ニット専用パターン。

c0227932_22473631.jpg

なのに、↑去年、ソフィアを縫ってもなお余る(なぜなら、巻き終わりなので、ファッションクリエーター松本のお姉さんが1mほど汚いところをおまけしてくれた)、一見ニット風だけど思いっきり布帛の織物生地で作ってしまいました。地の目を工夫すれば全く伸びないわけではないし・・と思ったのが甘かった。


ほんとは、トップスイン要員としては、サイズを上げたヘザーが合いそうと思ったんだけど、DLしたのは相当前すぎて、マイアカウントから保存ボックスを見ても入ってなかったのだ(涙)で、エーデルワイスもいいかな、と思ったのでした。


もうね、インする前に敗北感満載。

行きはよいよい、脱ぐときは・・かまいたちのキングオブコントの決勝のネタだって~。(ウェットスーツの)脱げない・・背面筋痙りそう・・


必死のパッチで、脱いだあとに、ハタと気づく。

この生地、これまたたまねぎさんのオリガ(ノーカラージャケット)作ろうと取ってあった虎の子の生地じゃなかったか。ちーん。

もう、なんというか、ドーパミン放出したままでの生地選び(ネットでポチっ含)はやめましょうというお話でありました。
あ、それとヘザーをちょっとサイズ上げて作りたくなったな~。



もう遥か昔の話になってしまいましたが


10月のある週末、関西方面へ。

ヅカに加え、芸術の秋を味わうべく、美術館2カ所


国宝展・・京都国立美術館

c0227932_22484915.jpg

2時間待ちはあたり前と聞いてたものの、現着4時回ってたせいか、10分待ちで入れました。

教科書に載ってる縄文式土器やら土偶、源頼朝の肖像画や、狩野さんの「風神雷神」←略しすぎ 、器、書物・・あらゆる分野の国宝が一堂に会する美術展。まぁ、どれもこれも、人だかりの隙間から鑑賞するという感じでしたが、書家の先生と一緒だったので、古今和歌集やら、源氏物語やらの手書きの書をしっかりガン見し、「かなはともかく、漢字は下手じゃね?」と好きなことを言い合っておりました(笑)

私は縫う人なので、「刺繡・織物」のコーナー(こんなくくりじゃなかったかも?)の、ボロ切れから作った修行僧の衣装(糞掃衣)の刺し子と、パッチワーク風な装飾に釘付け。修行僧の衣は、ボロであればあるほどいいそうで、当時民衆からかき集めた古着(←想像)を接ぎ合わせて衣にして、それを大事に保管し、千何百年後の私たちが見てる・・って事実にいたく感激してしまった。


中国陶磁(イセコレクション)・・大阪市立東洋陶磁美術館

c0227932_22490827.jpg

我が地元のたまご屋さん(イセのたまごの伊勢彦信氏)が名だたる陶器コレクターなのですが、丁度大阪で展覧会があったので行ってきました。


ここは、撮影OK。緑好きの私は迷わずコレでしょう。

c0227932_22492482.jpg

帰りのサンダーバードに乗るまぎわふと見上げれば、緑の京都タワー(なんでも臓器提供のキャンペーンのイメージカラーですと)

c0227932_22494014.jpg

緑といえば、息子のクロックス。

c0227932_22495641.jpg

かなり強引に展開しましたが、長男お下がりのパンツ(ぽっちゃり長男はほとんど穿く機会なかった)がぴったりでかつ、なんていいシルエット。

と思ったら、palletさんの3Dワークパンツ(kupiさんやpurikoさんがよく作っておられて真似したやつ)だった!

ギリギリ140サイズなので、今年は作らねばなるまい。(天下一洋裁会でもpalletのパターンファンの方たくさんお見かけしました)



望海風斗さんのトップお披露目公演が近づいております。

ついにファンクラブに入会し、あの楽屋前で並んでお手紙渡す集団になりたいと思っているのですが

その条件として、会服(ファンクラブおそろいグッズ)の購入が必須。


買いましたとも(笑)三色旗をモチーフのストールと聞いていたので、いったいどんな・・と思ってましたら

韓国のポジャギみたいな渋い色合い。

c0227932_22501798.jpg

一瞬、望海様に囲まれるww






[PR]

# by uteomma | 2017-11-06 22:57 | mpl | Comments(18)

palletウエスタンシャツを発表会シャツに・・と、船場レポ


先週はじっくりベイカーパンツ作りに励もうと思っていたところ、まさかの事態。


地区の小学校が数校集まって開かれる連合音楽会でうちの次男、先月我が望海風斗様が立たれた舞台(オーバードホール)に、立つことになりました。

合唱曲はミュージカルライオンキングの「サークルオブライフ」なのですが、チビで甲高い声のうちの息子、冒頭のズールー語の♪ナーツゴンヤー○×&%#をアカペラで歌う役に抜擢されました。

c0227932_21461686.jpg
(右側が次男。まさに先月の宝塚の舞台で望海様が「抱きたい・・」と言った地点であるw)


始まってみると、考えてた以上にソロの尺が長い!急にテンパりはじめたわたくし、ビデオカメラの一時停止ボタン30秒も押していた。


それもであるが、洋裁趣味的ひっかかりとしては、「なにこのよれよれのポロシャツは!?」である。(衣装ケースの底から出て来たやつ)

ピシーっとアイロンのかかったドレスシャツみたいのを着てる子もいる中、長男お下がりの10年パンツは若干大きめ、極めつけは黄色いシューズ。ちーん。

週末には、学校での学習発表会でこの合唱をご披露するチャンスがあるので、それまでにシャツを縫うことにしました。


オーバードホール帰りにトーカイに行くと、丁度、元劇団四季所属の店長(脚本できすぎw)

経緯を話し、「できれば、本番後は普段使いもできる素材がいいんだけどねー。キナリでもいっかなー」というと

「いいや、舞台では、きちんとした白の方が映えるのよ!絶対これ」

c0227932_21472011.jpg

・・と、化繊混のブロード地を押しつけてくる。(上は接着芯)


この時点で火曜日か。本番は土曜日。


以前さんざん作ったichicaボーイズシャツの縫うつもりでいたのに、どこを探してもパターンがない!(あ、ichicaさんといえば、新作のワイドパンツ、ポチっとしました)ようやく見つけたのが、palletの、よりによってウエスタンシャツ(笑)後身頃はじめ3パーツほどない。

↑新たにトレースしたのが問題あったか、これよ。

c0227932_21511196.jpg
なんで袖  余るかなー。(余った分、同じ幅で袖先まで紐状に切ったのは言うまでもない←意外に大丈夫!)


なんせ3日しかないので、悠長に剣ボロやってる暇もないから、逝ってこい(黒やぎ用語)始末にしたんだけど

c0227932_21570000.jpg

結果的に、剣ボロやるのと変わらないくらい時間かかった。

c0227932_21584548.jpg
以下、やっつけ感満載でお送りします。

c0227932_21594603.jpg


どこを撮っても、粗目立ちますな。

c0227932_22002182.jpg
しかし、この化繊ブロード地、カーブ縫うの大変!裾はこんな感じだし、袖山もなみなみになってしまった。


完成したのが発表会当日6時。すぐ着せてみる。

c0227932_22034082.jpg

縫製がまずくても、着せるとそれなりに見えるのがシャツですわね・・


お友達が砂かぶりの席から、撮ってくれた映像は、結婚式で流します(笑)

c0227932_22040655.jpg
それにしても、久々にpalletのパターンを縫いましたが、やっぱり好きだなーと思う。
そして、このフツーのシャツ用ブロードを勧めてくれた四季店長にも感謝。真っ白よかったと思う。

palletパタ―ン再発見てことで、2年前くらいに縫った、元石田用カバーオールも、今年のpuriko帽と合わせると、いい感じに。私が着ます!

c0227932_22060569.jpg


先週末の上阪の折、繊維・アパレル卸のデパート、「船場センタービル」に馳せ参じました。横長にビルが連なっており、全長1キロだっけ??(1~10号館まであり)

c0227932_22065487.jpg

インスタのステキ洋裁家さんで、こちら生地屋のワゴンで400円/mくらいの生地をものすごい作品に仕立てる方がいて、ずっと気になってました。


足を踏み入れれば、数年前に行った、ソウル東大門総合市場だね、こりゃ→こちら


c0227932_22135576.jpg

土日は閉めてるお店が多いと聞いてたけど、教えてもらった「キタガワ」さんやってました。

c0227932_22143709.jpg
このように店先に反物も置いてあるけど、ワゴンに集中。


これだけお持ち帰り。

c0227932_22151467.jpg
c0227932_22153743.jpg
クラボウ萌え(笑)

こちらのじいちゃん店主が見るからに可愛いんだけど(中国人バイヤー?と、私がいた10分ほど、まったくかみ合わない不思議な会話が繰り広げられていた)

c0227932_22181637.jpg

話し出すと、新喜劇のおとぼけお爺・井上竜夫(今は亡き)でおまんにゃわ。

お会計の段になり、えー、これが1200円やったな、これは1000円やったかな・・と3枚分をチェックして、最初の1枚に戻りえー、これいくらやったかな、×3回繰り返しました。(なかなか足し算できないw)

心の中で「やや、ここは客が何か言わなきゃならんシーンなのではあるまいか??合計500円ね!とか」と焦りまくりましたが、3回繰り返した後あっさり足し算が終わり、結局いくらも負けてくれてないし(爆)


まぁ、じいちゃん可愛いから許す。


こちらの帆布ばっかり売ってるお店の、ロウ引きの帆布、パネルで800円くらいだったかな?持って帰りたかったけど、次の日程が宴会だったので

泣く泣くあきらめる。

c0227932_22184295.jpg

今回も例によって3、40分の滞在でしたが、半日くらいかけてじっくり回りたいなー。前述のインスタ洋裁家さんのように、格安生地を大物に化けさせる喜びに目覚めてしまいそう。


今週の一冊

c0227932_22225798.jpg

平松洋子×安西水丸×戌井昭人(解説)の私の好きな人3人のコラボエッセイ。即買いでしょう。

なんとなく心が落ち着かない日々にあって、一日の終わりに2,3編読んでから眠りに落ちる・・のにぴったりの作品でした。

表題作のアジフライは「予想を裏切ることのない、揚げ物界のご隠居さん」。しびれる~。

この方、韓国の大衆食堂にも詳しいんだけど、平松洋子といく、韓国ソウル庶民の味ツアーなんてのか企画されたら絶対行くんだけどなぁ。





[PR]

# by uteomma | 2017-10-25 22:33 | こども服 | Comments(20)

Quoi?Quoi?「デイリーウェア」のノーカラージャケット

インスタ天下一洋裁会連日楽しませていただいてますが、自身は無理なお題はしれっとスルーして、3日に1回くらいの投稿で現在進んでいます。

それにしても、世の洋裁家さん、なんてお片付けがお上手なんだ!
ミシン周りといい、パターンや糸、ハギレのいたるまで、すべてカオスな状態の私は「カオスゾーン」でしか参戦できないyo!
今日カオスゾーンをモザイクいれて投稿してる方がいましたが、激しく共感いたしました。(この手があったね)


前回のブログで、中野ユカリのちょっとよそゆき・・のペプラムジャケットの裁断シーンをアップしといて(結局裁断は未遂に終わる)、なんか、どうもひっかかり、結局コアコア「デイリーウエア」のノーカラージャケットを縫いました。こっちの方がオンオフ両方いけるのではないかという下心。(ああ、ビンボ臭い・・)
c0227932_22300668.jpg
ノーカラージャケットって裏地つけなかったら、Tシャツ縫うくらいに簡単なんだけど、最後にやっぱり落とし穴。

イセ込みですね。
c0227932_22305228.jpg
今回はステッチ糸で本縫いまでやらかし、そのまま袖ぐりギャザーも30番手ステッチ糸で行う。
なんだかいつもより上手にできてない??この段階での丸み

と思って、機嫌よく袖付けをしたのですが、出来上がってみると、いつも何ら変わりなかったこと。
c0227932_22314265.jpg
あせって、Mさん仕様書のいう「縫い代フリフリ」のギャザーをアイロンで押さえてみたりもしたのですが。
このイセ込みだけ、集中講義していただける洋裁教室あったら絶対行きたい。

んな訳で、玉縁ポケットに並ぶ洋裁苦手箇所なので、人様の服もピンポイントで確認してしまう。
c0227932_22330830.jpg
職場の姐さんの、2タックいり袖山。
イセ部にギャザーが入りがちな私はこの作戦もいいなーと思った!

久々にトルソーちゃんに着せようとクローゼットから出したら、8月下旬に縫ったたまねぎ工房オパールをまだ着用だったの怪(ちょっとドッキリしたw)
c0227932_22364792.jpg
ステッチ糸でお知らせしています。
c0227932_22374089.jpg
c0227932_22381089.jpg


何の面白味もない着画。(あ、髪型は面白いわw)
c0227932_22383144.jpg
うむ、袖がもうちょっと細くてもよかったかな。
昨年同じ生地で作ったノーカラージャケットの前ボタンが留まらないという悲劇からリベンジしたジャケット作りでしたが、まぁ面白味や斬新さはないものの、定番ぽいのができたと思う。このmittelさんのパラセット加工地、パリパリと紙のようですが着るうちに馴染むのに期待しよう。

週末の上方入りの折、このジャケットに合わせて旅行コーデができないかと考えてるところ。でもなかなか思い浮かばず、今のとこ考えてるのはpuriko帽をかぶろうということだけ。(puriko帽の季節になりました♪)

インスタの洋裁家さん方の影響で、補正、アレンジをしてみようと思い立った。(あれだけ自分のサイズに合わないパンツを増産するのも、さすがにいかがなものかと思い始めた)
c0227932_22480618.jpg
今人気爆発のシンゾーンのベイカーパンツ、MPLのワンタックスリムパンツから作ってみよう計画。 

高めウエスト部(ベルト見返し仕様)のみ雰囲気一緒という理由(笑)
まずはウエスト幅出しする・・うーむ、これで業務終了にならんようにがんばります。

久々に見たいなと思った「ドリーム」行ってきました。
c0227932_22511245.jpg
舞台は人種・男女差別が根強く残る60年代のアメリカ、ソ連としのぎを削っていたNASAの宇宙開発合戦の折、アメリカ人初の宇宙飛行士による地球周回軌道を成功させた影には、3人の黒人女性の存在があったってお話(実話)
差別ガチガチの話なのに、全体に流れる明るさ。ばかばかしい差別を明るく笑い倒す余裕というのかなぁ。類い稀なる才能の持ち主だった3人があらゆる差別を乗り越え、NASAにおいて確固たる地位を確立していくのですが、教訓めいたところもなく、とてもセンスのいい映画でした。洋裁好きとしては、60年代の働く女性ファッションも一見の価値ありです。お仕立てもののワンピがステキ~。

そして今週の一冊が
c0227932_22584903.jpg
インスタで再びご縁のできたかずさんおすすめ伊吹有喜さん、新作のこの作品は来年の宝塚月組公演の原作と来たもんだ(運命感じた!)
こちらもプロフェッショナルとは!?と考えさせられたり、チームで一つのことを成し遂げる際の高揚感も感じられる作品です。
アムロちゃんの引退や望海風斗さんを通して、プロとは?芸とは?なんて思うことが多くて(才能や資質だけではない、それに見合う努力もこれアリとか)タイムリーな2作品でした。



[PR]

# by uteomma | 2017-10-12 23:13 | 自分服TOPS | Comments(22)

メンズリラックスパンツM(クロップド丈)

昨年、pom+さんと岐阜に布狩りに行ったとき教えてもらった、インスタの「天下一洋裁会」。

10月の1か月間、洋裁に関するお題が毎日与えられ、お題に則した投稿をするというもの。今年も開催されました。

思い切って参戦してみました!・・が現在4日目にして、早くも行き詰まりちう・・(やっぱりね、やっぱりね)

それでも、愛用のミシンや道具のpost(=投稿 使ってみたw)から垣間見える、洋裁に対する姿勢や思いは洋裁家さんそれぞれで、飽きないなぁ、面白いなぁ。どうもロム専になりそうな気配満々ですが、1か月のお祭り楽しみたいと思います。


以前ちょこっとやってたインスタですが、以前フォローしてくれてた方から、おかえりって言ってもらったり、ブログ見てます!と言って見つけてくださったりするのがとってもうれしいですね。


でも無駄に長文家なので、やはりブログを書かないと、心の安定を保てない感じ(笑)


祭り参戦にあたり、今月は自分の服を縫いたい気持ちでいっぱいですが、元石田の塾に行く格好が裸の大将化してきたので、慌てて作りました。(というか、どうにも、やる気がでず、なかなか進まなかったー)
フルレングス、アンクル、クロップドと丈は選べますが、155㎝にはクロップド丈だろうと。
生地は、ぽぷりさんの40チノクロス(だったか??)

c0227932_22535407.jpg
yurilyさんちのお兄ちゃんはSサイズだったけど、うちはお尻が入らない悲劇が多々あるためMサイズをチョイス。


特徴的なのが、股のマチですが。
久々に思い出したわ!

c0227932_22545765.jpg

わたくしマチ縫いが何より苦手。

あー、見て、この先端部のひどいこと。

なぜなら、縫い代をどちらに倒せばいいのかわからなくなるから(笑)


kirinjunさんの夏のメンズパンツのpost見て、このバックルベルト使いのパンツ作りたいと思ったのでした。

c0227932_22560304.jpg
そうそう、ベルト通しのボタンホールが、わたし史上一番うまくいった件!!(うーむ、気負わないことが大事)

c0227932_23002285.jpg

思えば、JUKIのシュプールに純正のボタンホーラーがないので、ブラザー(ジャノメ)のそれを買ったのですが、当初は針板に針がぶち辺り、通算10何本はお陀仏になったのではなかろうか。その板の位置も回を重ねるにつけ、微妙な位置も体が覚える感じとなり(職人か)、最近は鼻歌まじりでボタンホール作業(笑)

いやー、何がうれしいって、当初からいろいろ問題のあった我が家のシュプール号が、こんな難しいことができるようになったと(感涙)←出来が悪い子の親の気持ち・・シュプール号、我が家の三男坊の立ち位置です。

c0227932_23012942.jpg
でも、同じボタンホーラーユーザーさん同士でよくいうのは、「家庭用ミシンのそれよりクオリティー低いよね」ちーん。


挟みタグを思いっきりポケット表に付けてしまう失態(なんでやねん!)もありましたが、なんとか完成。

c0227932_23034559.jpg

ビフォーアフター

c0227932_23041950.jpg
名前のとおりルーズなフィットが、どうかなーと思いましたが、穿いてみると悪くないかも。なんとか、アンクル丈で着地。
そういや去年の冬は、fabさんのルーズフィットパンツのSを穿いてたのだった、この人。

さあ懸案も片したので自分服計画。

晩夏ものの1枚で着るようなトップスは異様に充実しているので、ジャケツ系ほしいー。


去年作った、自分はSサイズだと思い込んでたせいでボタンの止まらぬノーカラージャケット(「やさしい服」より)

c0227932_23111386.jpg

この生地がダブル巾で1mちょっと残ってるので(生地はmittelさん実店舗で購入)

c0227932_23120554.jpg
また、ノーカラーのペプラムジャケットを。

それと、サッカーのときに、我がチームのファッションリーダーが

「ウテさん、ことしはファー来るよ~」と言ってたので、ファーの何かを作りたい。



なーんて、お針子妄想に熱が入るのも、理由がありまして

c0227932_23144174.jpg
サッカー小僧の少年サッカーのチーム、6年生チームは、市内でも強豪の一つに数えられておりますが(たぶん)

全日本少年サッカー大会(少年サッカーのいっちゃん大きい大会)でまさかの1回戦負け。5年生の息子はベンチメンバーなので、私も応援に行ったのですけど

あ然・・・

今まで見て来たあの強い6年生はどこに行ったのか、まったく自分たちのサッカーをさせてもらえず(相手チーム相当研究してきた!)ホント、つらい幕切れでしたわ。

ってことで、10月は思いがけなく洋裁時間取れそう!(この切り替えの早さ何?息子のサッカーの試合中、毎度切り替え!切り替え!って叫んでるだけあるw)

中旬には半分お仕事で大阪入りしますが、「船場センタービル」突撃しようと思います。(情報求む!!!)



先週、人生最高のアテとの出会いを果たしました。

c0227932_23151883.jpg
富山湾名産バイ貝と肝を和えたもの。

富山駅前「寿司晴」さんの名物です。

大将に、この肝ってバイの肝?って聞いたのですが、ムニャムニャ・・言ってたので、何の肝なのかは謎。一応バイ貝の肝になってるけど!?

これを食べた後、3日間は口の中に旨味が滞在しておりました・・妄想アテで呑めた(笑)


プレミアム焼酎の3Mの一つ、魔王が手に入りました。

c0227932_23162029.jpg
(アテはほたるいかの黒作り)いやー、すごく期待したのですけど、私の好きなザ・芋感は抑え目で、さらっとスマートな飲み口だったのが残念・・


今週の一冊。

先月あたりまでの、新聞の書評見て新刊すぐに図書館に予約作戦も、最近はライバルが多いみたいで、待てども読みたい本がいっこうに来ません。

いつものように、新刊を予約行った帰り、新着本棚で発見

c0227932_23184716.jpg

戌井ワールドにしばし逃避して、「天下一洋裁会」で踊る心をクールダウン作戦。(なんだかんだで、戌井昭人、相当読んでると思うw)






[PR]

# by uteomma | 2017-10-04 23:34 | こども服 | Comments(16)