「大きな服を着る・・」リラックスパンツと松本レポ

水を飲んでも太るアラフィフ世代のわたくし・・

ちょっと前までは、代謝が低下する生理前などにご飯を控えたりすると、超えた体重も元に戻ったりしたのですが、近頃は体の周期に合わせたやり方も全く通用せず、甘い物への欲求はつのるばかり(これも更年期?)。とくに仕事をしながらのおやつが元凶だと気づき、口寂しいときはのど飴を放り込むことにしたのですが、これが頻繁すぎ、さらに太る。ついに先週から、仕事おやつは昆布にしてみた!また結果をお知らせいたします。


ぽっちゃり男子中学生のズボン研究会、インスタでいいアイデアを教えていただいたので作ってみました。

c0227932_22043761.jpg

名著「大きな服を着る 小さな服を着る」のリラックスパンツスリム。ああ、灯台元暗し~。

生地は、カツラギ。

先達のみなさんは、息子さんたちにサイズ1で作っておられたけど、あの作ったけどお尻入らずシーンがフラッシュバック(某さんのシノビパンツとか、あれとかこれとか・・)し、サイズ2で決行。


これはゴム入れる前。蔵前のお相撲さん御用達衣料店思い出す。

c0227932_20491155.jpg

ゴム入れる。なかなかのギャザータックな感じですが。

c0227932_20493833.jpg

意外と大丈夫なのよー、これが。

前回パタレ、メンズリラックスパンツMをクロップド丈で作ったところ、さすがに短かったようで、毎度、縮んだー縮んだーとやかましいのでこれでしばらく静かになろう・・

c0227932_20503125.jpg
トレーナーやらパーカーやらを買いにユニクロに行ったときに、ズボンも買うてやると言ったのに、「試着めんどい。作って。」というので、作った次第。ユニクロも、滞在時間5分で「これ?」「どれでもいいー」って、世界一買い物行ってもおもろーない、中1男。

あ、そうそう、スラッシュポケット成功したの初めてに近いかも。

c0227932_20512682.jpg



みなさまお待たせいたしました、久々の松本レポ。

c0227932_20515215.jpg

今回のフライヤー、イラストのタッチも絵画風となり、部長の似顔絵と、昭和キャッチコピーも成りを潜めたように見えますが、今回目を引いたのが

高級獣毛!(獣毛戦隊なんとかレンジャーっていなかったっけ??笑)


初日のお昼時間に「じゅうもう、じゅうもう」唱えながら、会場入りしたところ、さっそく部長より、「獣毛」コーナーに誘われた。

「これアンゴラ、本当にいいものはこうやってぐじゃぐじゃ~としても、すぐ戻るんだよー」

c0227932_21034149.png
ここまではインスタのストーリーにアップしたのですが、この後、部長おもむろに語りはじめる・・

「アンゴラというのは、アパルトヘイトの悲しい歴史を背負っているんだ・・20年前に南アフリカから仕入れた生地を、最近染色した」↑のがこの生地らしい。

c0227932_20533854.jpg
その後、「お嬢、この生地はすごいよ、メーター5万はするけど、デパートの催事に出したら、傷が出来てしまった。着分2.8m、1万で持っていきな」

ひゃ~、素人でもわかる、カシミヤ?アルパカ?の高級質感。

ちょっと一晩考えてみるねと言って、その場を離れたが、その決断が徒となったのであった(結末は↓)


今回はこのフレーズ一押しらしい、素材の二極化!

c0227932_20543594.jpg

戦利品は・・

c0227932_20550463.jpg

上、イタリアの織物(ニットにあらず)、たまねぎ工房ヘザー用着分2,400円。

左下、フェイクツイード、MPLラップタイト用、1000円/m

みぎした、フランス製の謎の生地、思わず買っちゃう、1000円/m(帰り際部長に聞くと、ワンピにしたらええよ、というが、トップスのつもりで買った)


↑あ~た、懲りもせず、布帛でニットパターン縫おうとしてるねー、とツッコミを入れたくなると思いますが、今回いいこと聞いちゃった~。いつも私が入っていくとぴったり張り付かれる(笑)従業員サザエさん(似てる)が、こないだのかまいたちコント状態のエーデルワイスについて、「脇コンシールにしちゃえばいいのよ~」だって。コンシールなら後付けもできるよ、とのことなので成功の暁には、着画とともにお届けします。


翌日のお昼休みに、1万円握りしめて、あのカシミア?アルパカ?生地買いに行ったと思ってくださいよー。

丁度店番をしていた、同年代の従業員さんに「昨日の、紫の高級コート地買いに来たよ」と告げると、顔色が曇りはじめる。獣毛コーナーへ行き、探すもないない!「えー、部長が取っておいてくれるようなこと言ってたよ」というと、何やら携帯で連絡を取り始め、その2,3分後に部長登場!


「お嬢ごめん!みんなにお取り置き伝える前に、ささーっとレジに持って行ったお客様がおるのよー」だって。もう半泣きですよ。

おそらく、私と部長のやりとりを聞いてた客、私が帰った直後にこのような行為に及んだに違いない!ひゃ~、恐るべし、松本の会場。というか、中高年洋裁ファン。これからは、もっとはったはりめ(って、富山弁だわw油断せず気を張り詰める意)で松本に挑みます。


諭吉さん握りしめて来たからにはなにか買わにゃと思い、摑んだのがコレ


c0227932_20555874.jpg
家帰って改めて見ると、避難所の毛布だった・・

↑部長が取っておいてくれるはずだった紫の高級獣毛のは、MPLの新作「Vネックノーカラーコート」を作ろうとしてたのでした。
イメージ画像

c0227932_21043403.jpg

なので、図らずもコート熱が来てしまい、何が何でもコート地を買わねばと思ってしまう。2.5m、5000円(せっかく来てくれたからと千円負けてくれた)


だが!家に帰って巻々を外すと、折り目が変色しとるよー、ちょっと!!

こうやって、巻の残りわずかなウール地をまとめて売りさばこう魂胆みえみえ。

c0227932_22221893.jpg

まぁ、ときおりこういうあざとい商売が見え隠れする松本さんですが、年2回お越しの折にはつい行っちゃうのですねぇ。




いやー、それにしても、金曜日のMステの岡村靖幸テロ!(わたしゃ、次の日のサッカー試合準備で見れなかったのだが)

インスタのフォロワーさんたちも、とくにアラフォー世代?グッと来るものがあったよね~。

c0227932_21111148.png
もうこの3日で何回見たかわからない。(笑)

丁度、我が青春まっただ中、高校から大学生にかけてよく聞いたのかなー。(思わずアルバム「家庭教師」を聴こうと思って、所蔵CD見たら、ない!まだカセットの時代だった!)
なんせ始めてつきあったのが「ヤスユキ」で、上京してはじめてバーで注文したのが「カルアミルク」だもんね~。


そして日曜から読み始めた燃え殻さんの「ボクたちはみんな大人になれなかった」           

c0227932_21160198.jpg

のっけから渋谷WAVEの紙袋に、オザケン・・もう、当時のサブカル用語が乱れ打ちという感じで心打ち震えます。青春プレイバックの週末だったなぁ。(実際は大雨の子どもサッカー試合で打ち震えてましたが)

今週のアテ(あれ、コーナー名変わったよな?)
生白子

c0227932_21564944.jpg

 香箱蟹

c0227932_21573988.jpg

「いぶし銀」さんの焼酎コーナー、左端から飲むことにしました。六代目百合、好みの味。

c0227932_22004958.jpg







[PR]

# by uteomma | 2017-11-21 22:17 | こども服 | Comments(8)

ベイカーパンツもどき

ウテオンマ悶絶(松子さん談w)のシ○ゾーンのベイカーパンツもどき(←くー、無念)できました。

c0227932_22385483.jpg

こうやって平置きするだけで、その世界観に遠く及ばずなのはおわかりいただけるでしょう。


元ネタは、Mパタのワンタックスリムパンツですが、結局このウエスト(見返し仕立て)だけが、似てるということから始まったベイカーパンツ作り。

ウエストは、インできるように、左右1㎝ずつ出す。(ジャストウエストだったので)

c0227932_22392748.jpg

ズボンの幅も1,5㎝は広げたはずなんだけどなぁ。


ユーザーのみなさん談によると、シンゾーンのベイカーパンツは、ものすごくハイウエストなんだそうです。

うぅっ、ウエストを上げるまでは思いつかなかったなぁ。

c0227932_22395415.jpg

まぁでも、このパッチポケットだけはそれっぽくなった(笑)

丁度いいタイミングでこね太郎さんが、あす着る本の「ストレートワークパンツ」を作ってくれたおかげ。これだ!と思って。


そそ、久々にこのパターン作ってみて、ありゃっと思ったのが

c0227932_22423794.jpg

ファスナー、これは致し方なし?(ファスナーの色が全く合ってないのは、手芸店に行かないチャレンジをしていたからです。昨日2週間で記録は破られた)

…し、しかし、下手やな〜。

本当は見返しのロック始末のところを、パイピングするつもりだったのに忘れてた。

おまけにボタンホール開けるとき、針板を設置するのを忘れる…気づかす遂行(言い訳、言い訳w)



まぁ、なんだかよくわからないパンツが出来上がりましたが、要はトップスインして着たかっただけなのです。

(ウエストくびれなし人間ゆえ、前開きのパンツはどれもこれもジャストフィット・・というか苦しいのだ)



結構ウエストに余裕があるため、ごついニットをインしたいという欲望が強すぎ、↓の失敗に繫がったのですが(後ほどこってり書きます)

まずはインして自然だったのが、たまねぎ工房ヘザー。もうだいぶ年代ものの、ブークレーニット(あらゆる生地うえださん)のヘザーと。

c0227932_15390627.jpg

まだ若干ウエストに余裕あるので(これでもw)、これ飲み会のときなんかいいかもねー(笑)つか、結構下がってくる~。次リベンジするときは、もう少し詰めるかな・・


生地は、mittelさんの、春夏もの「コットンガンクラブストレッチ」を特価で買ったので、真冬になるとちょっと寒いかも。



↑イン要員として、俄然厚めのニットが欲しくなりすぎたゆえに、失敗してしまった名作エーデルワイス。

c0227932_22471178.jpg

ほんと、こうやって見ると使える子(purikoさん談)なのにね~。


はい、エーデルワイスといえば、ニット専用パターン。

c0227932_22473631.jpg

なのに、↑去年、ソフィアを縫ってもなお余る(なぜなら、巻き終わりなので、ファッションクリエーター松本のお姉さんが1mほど汚いところをおまけしてくれた)、一見ニット風だけど思いっきり布帛の織物生地で作ってしまいました。地の目を工夫すれば全く伸びないわけではないし・・と思ったのが甘かった。


ほんとは、トップスイン要員としては、サイズを上げたヘザーが合いそうと思ったんだけど、DLしたのは相当前すぎて、マイアカウントから保存ボックスを見ても入ってなかったのだ(涙)で、エーデルワイスもいいかな、と思ったのでした。


もうね、インする前に敗北感満載。

行きはよいよい、脱ぐときは・・かまいたちのキングオブコントの決勝のネタだって~。(ウェットスーツの)脱げない・・背面筋痙りそう・・


必死のパッチで、脱いだあとに、ハタと気づく。

この生地、これまたたまねぎさんのオリガ(ノーカラージャケット)作ろうと取ってあった虎の子の生地じゃなかったか。ちーん。

もう、なんというか、ドーパミン放出したままでの生地選び(ネットでポチっ含)はやめましょうというお話でありました。
あ、それとヘザーをちょっとサイズ上げて作りたくなったな~。



もう遥か昔の話になってしまいましたが


10月のある週末、関西方面へ。

ヅカに加え、芸術の秋を味わうべく、美術館2カ所


国宝展・・京都国立美術館

c0227932_22484915.jpg

2時間待ちはあたり前と聞いてたものの、現着4時回ってたせいか、10分待ちで入れました。

教科書に載ってる縄文式土器やら土偶、源頼朝の肖像画や、狩野さんの「風神雷神」←略しすぎ 、器、書物・・あらゆる分野の国宝が一堂に会する美術展。まぁ、どれもこれも、人だかりの隙間から鑑賞するという感じでしたが、書家の先生と一緒だったので、古今和歌集やら、源氏物語やらの手書きの書をしっかりガン見し、「かなはともかく、漢字は下手じゃね?」と好きなことを言い合っておりました(笑)

私は縫う人なので、「刺繡・織物」のコーナー(こんなくくりじゃなかったかも?)の、ボロ切れから作った修行僧の衣装(糞掃衣)の刺し子と、パッチワーク風な装飾に釘付け。修行僧の衣は、ボロであればあるほどいいそうで、当時民衆からかき集めた古着(←想像)を接ぎ合わせて衣にして、それを大事に保管し、千何百年後の私たちが見てる・・って事実にいたく感激してしまった。


中国陶磁(イセコレクション)・・大阪市立東洋陶磁美術館

c0227932_22490827.jpg

我が地元のたまご屋さん(イセのたまごの伊勢彦信氏)が名だたる陶器コレクターなのですが、丁度大阪で展覧会があったので行ってきました。


ここは、撮影OK。緑好きの私は迷わずコレでしょう。

c0227932_22492482.jpg

帰りのサンダーバードに乗るまぎわふと見上げれば、緑の京都タワー(なんでも臓器提供のキャンペーンのイメージカラーですと)

c0227932_22494014.jpg

緑といえば、息子のクロックス。

c0227932_22495641.jpg

かなり強引に展開しましたが、長男お下がりのパンツ(ぽっちゃり長男はほとんど穿く機会なかった)がぴったりでかつ、なんていいシルエット。

と思ったら、palletさんの3Dワークパンツ(kupiさんやpurikoさんがよく作っておられて真似したやつ)だった!

ギリギリ140サイズなので、今年は作らねばなるまい。(天下一洋裁会でもpalletのパターンファンの方たくさんお見かけしました)



望海風斗さんのトップお披露目公演が近づいております。

ついにファンクラブに入会し、あの楽屋前で並んでお手紙渡す集団になりたいと思っているのですが

その条件として、会服(ファンクラブおそろいグッズ)の購入が必須。


買いましたとも(笑)三色旗をモチーフのストールと聞いていたので、いったいどんな・・と思ってましたら

韓国のポジャギみたいな渋い色合い。

c0227932_22501798.jpg

一瞬、望海様に囲まれるww






[PR]

# by uteomma | 2017-11-06 22:57 | mpl | Comments(18)

palletウエスタンシャツを発表会シャツに・・と、船場レポ


先週はじっくりベイカーパンツ作りに励もうと思っていたところ、まさかの事態。


地区の小学校が数校集まって開かれる連合音楽会でうちの次男、先月我が望海風斗様が立たれた舞台(オーバードホール)に、立つことになりました。

合唱曲はミュージカルライオンキングの「サークルオブライフ」なのですが、チビで甲高い声のうちの息子、冒頭のズールー語の♪ナーツゴンヤー○×&%#をアカペラで歌う役に抜擢されました。

c0227932_21461686.jpg
(右側が次男。まさに先月の宝塚の舞台で望海様が「抱きたい・・」と言った地点であるw)


始まってみると、考えてた以上にソロの尺が長い!急にテンパりはじめたわたくし、ビデオカメラの一時停止ボタン30秒も押していた。


それもであるが、洋裁趣味的ひっかかりとしては、「なにこのよれよれのポロシャツは!?」である。(衣装ケースの底から出て来たやつ)

ピシーっとアイロンのかかったドレスシャツみたいのを着てる子もいる中、長男お下がりの10年パンツは若干大きめ、極めつけは黄色いシューズ。ちーん。

週末には、学校での学習発表会でこの合唱をご披露するチャンスがあるので、それまでにシャツを縫うことにしました。


オーバードホール帰りにトーカイに行くと、丁度、元劇団四季所属の店長(脚本できすぎw)

経緯を話し、「できれば、本番後は普段使いもできる素材がいいんだけどねー。キナリでもいっかなー」というと

「いいや、舞台では、きちんとした白の方が映えるのよ!絶対これ」

c0227932_21472011.jpg

・・と、化繊混のブロード地を押しつけてくる。(上は接着芯)


この時点で火曜日か。本番は土曜日。


以前さんざん作ったichicaボーイズシャツの縫うつもりでいたのに、どこを探してもパターンがない!(あ、ichicaさんといえば、新作のワイドパンツ、ポチっとしました)ようやく見つけたのが、palletの、よりによってウエスタンシャツ(笑)後身頃はじめ3パーツほどない。

↑新たにトレースしたのが問題あったか、これよ。

c0227932_21511196.jpg
なんで袖  余るかなー。(余った分、同じ幅で袖先まで紐状に切ったのは言うまでもない←意外に大丈夫!)


なんせ3日しかないので、悠長に剣ボロやってる暇もないから、逝ってこい(黒やぎ用語)始末にしたんだけど

c0227932_21570000.jpg

結果的に、剣ボロやるのと変わらないくらい時間かかった。

c0227932_21584548.jpg
以下、やっつけ感満載でお送りします。

c0227932_21594603.jpg


どこを撮っても、粗目立ちますな。

c0227932_22002182.jpg
しかし、この化繊ブロード地、カーブ縫うの大変!裾はこんな感じだし、袖山もなみなみになってしまった。


完成したのが発表会当日6時。すぐ着せてみる。

c0227932_22034082.jpg

縫製がまずくても、着せるとそれなりに見えるのがシャツですわね・・


お友達が砂かぶりの席から、撮ってくれた映像は、結婚式で流します(笑)

c0227932_22040655.jpg
それにしても、久々にpalletのパターンを縫いましたが、やっぱり好きだなーと思う。
そして、このフツーのシャツ用ブロードを勧めてくれた四季店長にも感謝。真っ白よかったと思う。

palletパタ―ン再発見てことで、2年前くらいに縫った、元石田用カバーオールも、今年のpuriko帽と合わせると、いい感じに。私が着ます!

c0227932_22060569.jpg


先週末の上阪の折、繊維・アパレル卸のデパート、「船場センタービル」に馳せ参じました。横長にビルが連なっており、全長1キロだっけ??(1~10号館まであり)

c0227932_22065487.jpg

インスタのステキ洋裁家さんで、こちら生地屋のワゴンで400円/mくらいの生地をものすごい作品に仕立てる方がいて、ずっと気になってました。


足を踏み入れれば、数年前に行った、ソウル東大門総合市場だね、こりゃ→こちら


c0227932_22135576.jpg

土日は閉めてるお店が多いと聞いてたけど、教えてもらった「キタガワ」さんやってました。

c0227932_22143709.jpg
このように店先に反物も置いてあるけど、ワゴンに集中。


これだけお持ち帰り。

c0227932_22151467.jpg
c0227932_22153743.jpg
クラボウ萌え(笑)

こちらのじいちゃん店主が見るからに可愛いんだけど(中国人バイヤー?と、私がいた10分ほど、まったくかみ合わない不思議な会話が繰り広げられていた)

c0227932_22181637.jpg

話し出すと、新喜劇のおとぼけお爺・井上竜夫(今は亡き)でおまんにゃわ。

お会計の段になり、えー、これが1200円やったな、これは1000円やったかな・・と3枚分をチェックして、最初の1枚に戻りえー、これいくらやったかな、×3回繰り返しました。(なかなか足し算できないw)

心の中で「やや、ここは客が何か言わなきゃならんシーンなのではあるまいか??合計500円ね!とか」と焦りまくりましたが、3回繰り返した後あっさり足し算が終わり、結局いくらも負けてくれてないし(爆)


まぁ、じいちゃん可愛いから許す。


こちらの帆布ばっかり売ってるお店の、ロウ引きの帆布、パネルで800円くらいだったかな?持って帰りたかったけど、次の日程が宴会だったので

泣く泣くあきらめる。

c0227932_22184295.jpg

今回も例によって3、40分の滞在でしたが、半日くらいかけてじっくり回りたいなー。前述のインスタ洋裁家さんのように、格安生地を大物に化けさせる喜びに目覚めてしまいそう。


今週の一冊

c0227932_22225798.jpg

平松洋子×安西水丸×戌井昭人(解説)の私の好きな人3人のコラボエッセイ。即買いでしょう。

なんとなく心が落ち着かない日々にあって、一日の終わりに2,3編読んでから眠りに落ちる・・のにぴったりの作品でした。

表題作のアジフライは「予想を裏切ることのない、揚げ物界のご隠居さん」。しびれる~。

この方、韓国の大衆食堂にも詳しいんだけど、平松洋子といく、韓国ソウル庶民の味ツアーなんてのか企画されたら絶対行くんだけどなぁ。





[PR]

# by uteomma | 2017-10-25 22:33 | こども服 | Comments(20)

Quoi?Quoi?「デイリーウェア」のノーカラージャケット

インスタ天下一洋裁会連日楽しませていただいてますが、自身は無理なお題はしれっとスルーして、3日に1回くらいの投稿で現在進んでいます。

それにしても、世の洋裁家さん、なんてお片付けがお上手なんだ!
ミシン周りといい、パターンや糸、ハギレのいたるまで、すべてカオスな状態の私は「カオスゾーン」でしか参戦できないyo!
今日カオスゾーンをモザイクいれて投稿してる方がいましたが、激しく共感いたしました。(この手があったね)


前回のブログで、中野ユカリのちょっとよそゆき・・のペプラムジャケットの裁断シーンをアップしといて(結局裁断は未遂に終わる)、なんか、どうもひっかかり、結局コアコア「デイリーウエア」のノーカラージャケットを縫いました。こっちの方がオンオフ両方いけるのではないかという下心。(ああ、ビンボ臭い・・)
c0227932_22300668.jpg
ノーカラージャケットって裏地つけなかったら、Tシャツ縫うくらいに簡単なんだけど、最後にやっぱり落とし穴。

イセ込みですね。
c0227932_22305228.jpg
今回はステッチ糸で本縫いまでやらかし、そのまま袖ぐりギャザーも30番手ステッチ糸で行う。
なんだかいつもより上手にできてない??この段階での丸み

と思って、機嫌よく袖付けをしたのですが、出来上がってみると、いつも何ら変わりなかったこと。
c0227932_22314265.jpg
あせって、Mさん仕様書のいう「縫い代フリフリ」のギャザーをアイロンで押さえてみたりもしたのですが。
このイセ込みだけ、集中講義していただける洋裁教室あったら絶対行きたい。

んな訳で、玉縁ポケットに並ぶ洋裁苦手箇所なので、人様の服もピンポイントで確認してしまう。
c0227932_22330830.jpg
職場の姐さんの、2タックいり袖山。
イセ部にギャザーが入りがちな私はこの作戦もいいなーと思った!

久々にトルソーちゃんに着せようとクローゼットから出したら、8月下旬に縫ったたまねぎ工房オパールをまだ着用だったの怪(ちょっとドッキリしたw)
c0227932_22364792.jpg
ステッチ糸でお知らせしています。
c0227932_22374089.jpg
c0227932_22381089.jpg


何の面白味もない着画。(あ、髪型は面白いわw)
c0227932_22383144.jpg
うむ、袖がもうちょっと細くてもよかったかな。
昨年同じ生地で作ったノーカラージャケットの前ボタンが留まらないという悲劇からリベンジしたジャケット作りでしたが、まぁ面白味や斬新さはないものの、定番ぽいのができたと思う。このmittelさんのパラセット加工地、パリパリと紙のようですが着るうちに馴染むのに期待しよう。

週末の上方入りの折、このジャケットに合わせて旅行コーデができないかと考えてるところ。でもなかなか思い浮かばず、今のとこ考えてるのはpuriko帽をかぶろうということだけ。(puriko帽の季節になりました♪)

インスタの洋裁家さん方の影響で、補正、アレンジをしてみようと思い立った。(あれだけ自分のサイズに合わないパンツを増産するのも、さすがにいかがなものかと思い始めた)
c0227932_22480618.jpg
今人気爆発のシンゾーンのベイカーパンツ、MPLのワンタックスリムパンツから作ってみよう計画。 

高めウエスト部(ベルト見返し仕様)のみ雰囲気一緒という理由(笑)
まずはウエスト幅出しする・・うーむ、これで業務終了にならんようにがんばります。

久々に見たいなと思った「ドリーム」行ってきました。
c0227932_22511245.jpg
舞台は人種・男女差別が根強く残る60年代のアメリカ、ソ連としのぎを削っていたNASAの宇宙開発合戦の折、アメリカ人初の宇宙飛行士による地球周回軌道を成功させた影には、3人の黒人女性の存在があったってお話(実話)
差別ガチガチの話なのに、全体に流れる明るさ。ばかばかしい差別を明るく笑い倒す余裕というのかなぁ。類い稀なる才能の持ち主だった3人があらゆる差別を乗り越え、NASAにおいて確固たる地位を確立していくのですが、教訓めいたところもなく、とてもセンスのいい映画でした。洋裁好きとしては、60年代の働く女性ファッションも一見の価値ありです。お仕立てもののワンピがステキ~。

そして今週の一冊が
c0227932_22584903.jpg
インスタで再びご縁のできたかずさんおすすめ伊吹有喜さん、新作のこの作品は来年の宝塚月組公演の原作と来たもんだ(運命感じた!)
こちらもプロフェッショナルとは!?と考えさせられたり、チームで一つのことを成し遂げる際の高揚感も感じられる作品です。
アムロちゃんの引退や望海風斗さんを通して、プロとは?芸とは?なんて思うことが多くて(才能や資質だけではない、それに見合う努力もこれアリとか)タイムリーな2作品でした。



[PR]

# by uteomma | 2017-10-12 23:13 | 自分服TOPS | Comments(22)

メンズリラックスパンツM(クロップド丈)

昨年、pom+さんと岐阜に布狩りに行ったとき教えてもらった、インスタの「天下一洋裁会」。

10月の1か月間、洋裁に関するお題が毎日与えられ、お題に則した投稿をするというもの。今年も開催されました。

思い切って参戦してみました!・・が現在4日目にして、早くも行き詰まりちう・・(やっぱりね、やっぱりね)

それでも、愛用のミシンや道具のpost(=投稿 使ってみたw)から垣間見える、洋裁に対する姿勢や思いは洋裁家さんそれぞれで、飽きないなぁ、面白いなぁ。どうもロム専になりそうな気配満々ですが、1か月のお祭り楽しみたいと思います。


以前ちょこっとやってたインスタですが、以前フォローしてくれてた方から、おかえりって言ってもらったり、ブログ見てます!と言って見つけてくださったりするのがとってもうれしいですね。


でも無駄に長文家なので、やはりブログを書かないと、心の安定を保てない感じ(笑)


祭り参戦にあたり、今月は自分の服を縫いたい気持ちでいっぱいですが、元石田の塾に行く格好が裸の大将化してきたので、慌てて作りました。(というか、どうにも、やる気がでず、なかなか進まなかったー)
フルレングス、アンクル、クロップドと丈は選べますが、155㎝にはクロップド丈だろうと。
生地は、ぽぷりさんの40チノクロス(だったか??)

c0227932_22535407.jpg
yurilyさんちのお兄ちゃんはSサイズだったけど、うちはお尻が入らない悲劇が多々あるためMサイズをチョイス。


特徴的なのが、股のマチですが。
久々に思い出したわ!

c0227932_22545765.jpg

わたくしマチ縫いが何より苦手。

あー、見て、この先端部のひどいこと。

なぜなら、縫い代をどちらに倒せばいいのかわからなくなるから(笑)


kirinjunさんの夏のメンズパンツのpost見て、このバックルベルト使いのパンツ作りたいと思ったのでした。

c0227932_22560304.jpg
そうそう、ベルト通しのボタンホールが、わたし史上一番うまくいった件!!(うーむ、気負わないことが大事)

c0227932_23002285.jpg

思えば、JUKIのシュプールに純正のボタンホーラーがないので、ブラザー(ジャノメ)のそれを買ったのですが、当初は針板に針がぶち辺り、通算10何本はお陀仏になったのではなかろうか。その板の位置も回を重ねるにつけ、微妙な位置も体が覚える感じとなり(職人か)、最近は鼻歌まじりでボタンホール作業(笑)

いやー、何がうれしいって、当初からいろいろ問題のあった我が家のシュプール号が、こんな難しいことができるようになったと(感涙)←出来が悪い子の親の気持ち・・シュプール号、我が家の三男坊の立ち位置です。

c0227932_23012942.jpg
でも、同じボタンホーラーユーザーさん同士でよくいうのは、「家庭用ミシンのそれよりクオリティー低いよね」ちーん。


挟みタグを思いっきりポケット表に付けてしまう失態(なんでやねん!)もありましたが、なんとか完成。

c0227932_23034559.jpg

ビフォーアフター

c0227932_23041950.jpg
名前のとおりルーズなフィットが、どうかなーと思いましたが、穿いてみると悪くないかも。なんとか、アンクル丈で着地。
そういや去年の冬は、fabさんのルーズフィットパンツのSを穿いてたのだった、この人。

さあ懸案も片したので自分服計画。

晩夏ものの1枚で着るようなトップスは異様に充実しているので、ジャケツ系ほしいー。


去年作った、自分はSサイズだと思い込んでたせいでボタンの止まらぬノーカラージャケット(「やさしい服」より)

c0227932_23111386.jpg

この生地がダブル巾で1mちょっと残ってるので(生地はmittelさん実店舗で購入)

c0227932_23120554.jpg
また、ノーカラーのペプラムジャケットを。

それと、サッカーのときに、我がチームのファッションリーダーが

「ウテさん、ことしはファー来るよ~」と言ってたので、ファーの何かを作りたい。



なーんて、お針子妄想に熱が入るのも、理由がありまして

c0227932_23144174.jpg
サッカー小僧の少年サッカーのチーム、6年生チームは、市内でも強豪の一つに数えられておりますが(たぶん)

全日本少年サッカー大会(少年サッカーのいっちゃん大きい大会)でまさかの1回戦負け。5年生の息子はベンチメンバーなので、私も応援に行ったのですけど

あ然・・・

今まで見て来たあの強い6年生はどこに行ったのか、まったく自分たちのサッカーをさせてもらえず(相手チーム相当研究してきた!)ホント、つらい幕切れでしたわ。

ってことで、10月は思いがけなく洋裁時間取れそう!(この切り替えの早さ何?息子のサッカーの試合中、毎度切り替え!切り替え!って叫んでるだけあるw)

中旬には半分お仕事で大阪入りしますが、「船場センタービル」突撃しようと思います。(情報求む!!!)



先週、人生最高のアテとの出会いを果たしました。

c0227932_23151883.jpg
富山湾名産バイ貝と肝を和えたもの。

富山駅前「寿司晴」さんの名物です。

大将に、この肝ってバイの肝?って聞いたのですが、ムニャムニャ・・言ってたので、何の肝なのかは謎。一応バイ貝の肝になってるけど!?

これを食べた後、3日間は口の中に旨味が滞在しておりました・・妄想アテで呑めた(笑)


プレミアム焼酎の3Mの一つ、魔王が手に入りました。

c0227932_23162029.jpg
(アテはほたるいかの黒作り)いやー、すごく期待したのですけど、私の好きなザ・芋感は抑え目で、さらっとスマートな飲み口だったのが残念・・


今週の一冊。

先月あたりまでの、新聞の書評見て新刊すぐに図書館に予約作戦も、最近はライバルが多いみたいで、待てども読みたい本がいっこうに来ません。

いつものように、新刊を予約行った帰り、新着本棚で発見

c0227932_23184716.jpg

戌井ワールドにしばし逃避して、「天下一洋裁会」で踊る心をクールダウン作戦。(なんだかんだで、戌井昭人、相当読んでると思うw)






[PR]

# by uteomma | 2017-10-04 23:34 | こども服 | Comments(16)

テーパードチノパンツ×60双糸ギャバストレッチ

季節の変わり目ごとに着る物がないと騒いでおりますが、とくに寒い季節に向かうこの時期その傾向が強いような・・
我々洋裁家ならずともみなさんそのようで、週末のサッカー試合会場での出来事。
5年生のママ8人中、7人まで太ピッチの白黒ボーダー着用。(私はいつもの無印のそれ)一人はミジンコボーダーの偶然。
「(いつも揃いのTシャツの)野球部みたいー、気分上がるぅ」と盛り上がる。
人は着る物がなくなると、とりあえずボーダーを手に取る説、提唱いたします。


この流れだとボーダーの何かを作ったのか?ですが、さにあらず。
雑誌や、街ゆくお嬢さんの服装を見てると、今年はパンツが熱い気がしますね~。(知らんけどw)
c0227932_22025524.jpg
パンツといっても、最近は定番化しつつあるテーパードよりも、ストレートや、ストレートのクロップド丈みたいなのが新鮮かも。柄はチェックですね~。mittelさんで、ガンクラブチェック(ストレッチ入り)を購入。たまねぎ工房のクォーツを久々に作ってみるつもり。

その前に、クルール系お洒落洋裁家みっこさんの定番パンツ、「テーパードチノパンツ」を縫いました。
c0227932_22051135.jpg
生地は同じくクルール:60双糸ギャバストレッチ・ネイビー
↑こうして見ると、ベルト芯使えばよかったなー。

拙ブロ、パンツばっかり縫っているので、デジャヴ感ハンパない感じですが。(笑)
c0227932_22324612.jpg
今回は、生地が好きだったなー。このツヤ感縫ってる間もああうっとり♡そしてシャリっと、我が理想のパンツ生地。

どういう訳かクルールパターンでファスナーを縫うと、ファスナーぱっかん化(ファスナーが通常状態でも覗く意)しちゃうので、今回は、このようにFC線をお知らせしてみる。
c0227932_22071599.jpg
縫ってる途中に持ち出しの先、斜めになってるのが気になり。(いつもこうだっけ?)
c0227932_22085686.jpg
しかし、縫い合わせてみますれば、美しいVカーブを描いておりますことよ。これは、股上が深いデザインと関係あるのか?
c0227932_22075886.jpg
私にしては慎重にこのあたり縫い進めたのですが、結果的には、上部でファスナーが覗いてます(泣)出っ腹のせいともいうー。
おまけにベルトも左右段差あり。今回は特に撃沈いたしました・・
c0227932_22212519.jpg

去年作った、MPLのテーパードパンツと比べると、股上の深さのみの違い。かなり深いです。お尻が包み込まれる感覚。
パンツそのものの形はMPLテーパードとさほど変わりません。

台風一過で30度超えの予想、カフスTブラウス、未だに着ております。
c0227932_22392409.jpg
せっかくセルフタイマーなのに、後姿が撮れてないことがこの度判明!(次回から撮りますね~)
拙ブロのパンツカテゴリーの中でも、新鮮味のなさすぎテーパードですが(笑)やっぱり、この形が自分に合ってる気がしています。
股上が深いゆえ、ベルトが臍上に来るのですが、やはり苦しい・・こうなると、明日着る服ストレートワークパンツ(ウエストゴム)を手にとる、って展開かも?ですが、やはりパンツ生地のツヤ感×紺色、これ以上のお仕事服はないわけで・・ウエスト復元のためにも週一で穿こう。

次、中野ユカリさんの「ちょっとよそ行き」から何かトップスをと思ったのですが、元石田の秋ズボンも待ったなし(パタレ・メンズリラックスパンツM製作中)

その元石田ですが、運動会が嫌で嫌で(ataroさんの息子ちゃんへ、ここにもいるよー)、一週間前から、水をかぶってそのまま寝る・・の暴挙に出るなど、風邪を引くようににがんばっていたのですが、ますます健康になるばかり。
c0227932_22405945.jpg
運動会プログラムの挿絵にも採用され、当日は、好物のスパムおにぎりを作りアゲアゲで送り出したのですが、「ミサイル飛んで来んかのー」とかいいながら足取り重く向かいましたよ。
そんな運動大嫌い兄ですが、文化部・美術部も夏休みは毎日部活があり、その集大成
c0227932_22412200.jpg
青少年美術展で入選を果たしました。運動部の新人戦だと、2回戦突破、って感じか(笑)美術部員唯一の男子なので、周りの女子トークに辟易しながらも(?)がんばりました。

この1ヶ月くらいの呑み日記。

夫が鮎を釣って来ました。
プランターを七輪代わりに
c0227932_22415501.jpg
背景にピンクッションが転がってます。ばたばた中にいつの間にかあった「〆張鶴」と。

この「〆張鶴」新潟村上のお酒ですが、地元以外では出回らないらしい。呑むと、まろやかな旨味がお出汁を味わうような感覚に襲われ、あとでぴりっと辛口が来る。村上の人の晩酌用のお酒のようですが、これはかなりレベル高いよ。

ある日の晩酌。
c0227932_22434019.jpg
エゴマのにんにく醬油漬け。黒やぎさんのパセリ投稿に触発され、エゴマ大好きな私はさっそく仕込みました。みっこさんちのあたりの大麦焼酎「中々」と。

ヅカおっかけ打ち上げ会場の駅前「いちいち」でトロガツオがうまかった!
c0227932_22441072.jpg
ああ、全容のわからぬ写真(笑)

今週の1冊
「こちらあみ子」
c0227932_22442821.jpg
町田康や川上未映子が大絶賛していて、この度の芥川賞候補(「あひる」)にもなった今村夏子の作品。
いやー、この人すごいよ!
いかにも小説の技巧を駆使して感はゼロなのに、登場人物の細かい心情がつぶさに伝わり、かつ、思うまま紡ぎ出されたような素朴な文体や構成にもかかわらず、実はものすごい伏線が張り巡らされてる・・まさに天才が書く小説!?
基本的に、中島京子とかたくさんの資料を駆使して、ストーリーを作り出すタイプの読み物が好きなので、脳内にあふれるお話をイタコのように、文字化する(?)タイプの作風はそんなハマると思えなかったから、自分でもびっくり。
うまく説明できないので、まずは読んでみてもらいたい!川上弘美とか好きな人にいいかも。




[PR]

# by uteomma | 2017-09-19 22:59 | Couleure | Comments(20)

ツインショルダーバッグとデイリープルと宝塚


書道展が終わり、サッカー5年生大会が終わり、さぁミシンできるぞと思ったのもつかの間、
今月もがっつりびっしり試合日程が(そうだ、シーズンはこれから)
c0227932_21085606.jpg
そんな折、みっこさんが地元のハギレ市でのお買い物の様子を投稿をされてて、あたしも↑シュトフ(mittel実店舗)が呼んでる~。
ああ、pomさんと岐阜布狩りツアーへの思いは募るばかり・・ですが、やっぱり身動きとれない(涙)

先週の日曜日は、ついに1か月ぶりくらいの半日オフ!今後も週末の試合が続くので、今日しかミシンできない、の絶体絶命の心境で(大げさな)2週間ぶりのミシンに挑む。ミシンに埃がかぶってるのを見るのは久方ぶり。
c0227932_21092650.jpg
ataroさんがさっそく作っておられて、こりゃ運動部ママにありがたいバッグーだなと思い作りました、パタレ・ツインショルダーバッグ
そういやパタレさんもご子息サッカー部でしたね。部活の送迎や試合に持って行きたい「ちょい持ちバッグ」。日頃は小ぶりのトートバッグや肩掛けバッグを使っているのですが、かばんの中で、携帯やら部室の鍵やら、ペットボトルやら大会プログラムやらがカオスのようにこんがらがり、毎度瞬時に取り出せない悩みがありましたが、バッグインバッグを使わずともこれだけの仕切りですもの。(ユーカさん風w)
c0227932_21102343.jpg
パタレさんの作例のまま、C&Sオリジナル10号帆布で作る。(この夏愛用してたトートバッグのハギレがまだ少しありました)
このグリーン、ほんとに使える!カジュアルからきれい目まで、コーデを選ばない感じ??
c0227932_21105787.jpg
この位置のタグが憎い。
タグ付けはホントに苦手なのだけど、パタレ仕様書のおかげで、既製品ぽく。

さすがに内ポケットまでは取れなかったので、ストライプ地で。
c0227932_21115748.jpg
ぱっと見はシンプルなマルシェバッグ風なのだけど、このマチが、横から見ると厚みを出してくれ、ちゃんとしたバッグに見えます。
普通に袋を縫って折りたたんだだけですが、この発想がすごいよね~。
私はパタレさんのバッグアイテムが特に好きです。
c0227932_21124132.jpg
崖っぷちミシン、もういっちょ作りました。
c0227932_21130912.jpg
今さら感たっぷりなC&Sデイリープルオーバー。
C&Sさんのおまけレシピでは最古参なイメージで、ほんといろんな方が作っておられ、オンラインショップでは、今もガンガン作例として登場しますね。
ブロ友、フレーニさんがこの夏作られてました。
フレーニさんによると、最近、お店スタッフが作られてるものは、身頃を2㎝幅詰めて、袖幅を広げたのかな?
んが、まずはデフォ通りいっちゃおうと。
c0227932_21134223.jpg
(実はこの生地、前回のドッキングワンピの際、用意していたもの。タイプライターの方を採用したのでした)
前後身頃肩で縫い合わせた時点で着てみると、こりゃババシャツが丸見えでんがな状態の開きの広さでしたので、
肩の縫い代、2㎝で縫い合わせててみる。(←こういうところが素人の発想ですねー)
c0227932_21145014.jpg
袖幅片面15㎝!うーん、さすがに小さいな。糸買いに行く暇もなかったので、家であったもので。

どんなものができるのかどきどきでしたが・・
c0227932_21155440.jpg
結果、身頃幅とこじんまりした袖のバランスがなんともいえない味を出してます。
友人より「おばちゃん方がよく着てるチュニックよりオサレ感出てる」との評。
このデイリープルと同じポジション(?)の大川友美本「キモノスリーブプルオーバー」(毎年着ている)より、好きかも~。
みっこさんに「今年はグレンチェック」と教えてもらったので、手持ちのfabさんクロップドパンツ(グレンチェックもどき)と。

↑この撮影の後、宝塚雪組全国ツアー、北陸巡業(金沢・富山公演)おっかけ。
c0227932_21171168.jpg
いやー、もうね、この道30年の私ですが、この度3回目ほどのブーム(ピーク?ウェーブ?)を迎えそう。
今回の公演で雪組新トップの望海風斗(愛称だいもん)にずキューン!(死語?)
真矢みき現役時代以来の、私設ファンクラブにも入りそう。そう、あの、劇場前で5列横隊でならんでる集団ね(笑)
それにしてもだいもんさん、ショーのときに「今日はにんぎゃっかしいのう(賑やかだなぁ)」などと大関レベルの難易度の富山弁をおっしゃったときには椅子から落ちそうになったけど。きのどくな(ありがとう)も連呼。とっさにつかえんよー(どういたしまして)と呼応するわたしw 地方公演は本拠地の公演とは違い、大衆演劇ばりの客席との一体化がたまらんのよね。
c0227932_21174040.jpg
どなたかのインスタの投稿より。
後ろの〇がわたくし、2列前に、他のところで公演をしていた雪組2番手の彩風咲奈が観に来ていて、気になって仕方なく。(顔ちっさ、首ほっそり〜、背筋ぴしーっと崩れず)

この後、この間呑んだもの日記も予定してましたが、あまりに長くなるので次回に(笑)

今週の1冊
c0227932_21225928.jpg
没後20年は経つのかな?殿山泰司というと、何に出ていたかは具体的に挙げられずとも、顔を見れば、あの人ってわかる名脇役さんです(スキンヘッドのね)
戦前、戦後の映画界やその周辺を俳優視点で語り、その語り口が誰かに似てると・・そう!町田康だ。と思ったら、最近の文庫本のあとがきは町田康だって!(こういうの異様にうれしい)
パンク調の文体で、撮影秘話などを語っていくのですが、ミステリー通でならした御大だけあり、古今東西の名著をさりげなく盛り込むなど(「今日はコレ読んで寝る!」ってなね)はかっこいいー。私の目指すところです。

[PR]

# by uteomma | 2017-09-10 21:28 | C&S | Comments(14)

50万アクセス御礼と行事合わせワンピ

2009年から始めたこのブログも、先週初めについに50万人様ご訪問を達成しました。ここに御礼申し上げます。

いやー、世の中、オサレなブログや、インスタはゴマンとありますが、こんなセンス0、被写体ブサイク、縫製下手クソ、3拍子揃った洋裁ブログも他にはないのかも、そんなニッチな市場に食い込んでるのではないかしらん?と自己分析(笑)

いつもウテオンマのツッコミどころいっぱいの作品を楽しみにして来てくださるみなさま、これからも、センスの向上は望めませんが、ほっこり笑っていただけるようなブログを目指し精進していきたいと思っております。


にしても、典型的な双子座気質(要はミーハー)で、何事も3日坊主な私が、8年も洋裁ブログを続けられたのが本当に不思議。

洋裁趣味のとっかかりは、よくある子どもの入園グッズ製作で、当時は1万5千円のミシン、5年目で職業用ミシンを買ってからは、生活の中に自然に洋裁がある・・という境地になったかなぁ。(いや洋裁の中に生活かw)あと、MPLのパターンに出会ったのが、この世界にぐっとのめり込むきっかけとなったような気がします。簡単に縫えるものよりも、苦しみながら縫い上がったときの達成感と高揚感を味わいたくて、縫ってるかな。

今後は、先輩洋裁ブロガーさんのように、「パターン:自作」なんて言ってみたいものです。


さて、毎年恒例、職場主催書道展のパーティー服。

去年は、こちら


在庫布の中に、なんでこんなもの買ったんだろーというのがありまして。(おそらくファッションクリエイター松本の布)
サテン混みたいな。

c0227932_20455324.jpg

旅番組で見た

c0227932_20462344.jpg
名脇役姐さんの、このトップスがなんともステキで、再現できないかなーと妄想してましたが(生地の質感は全然違うのだけど)、ふと気がつくと盆が過ぎ、Vネックワンピのパターン探してる暇がねぇ!、困ったときのたまねぎ工房だぁ~、で。

できあがったのはオパール(ラップ風ドレス)・・・全然違ーう(笑)

c0227932_20495189.jpg
着用後エマールで洗ってそのままなので、かなり皺っております。
さすがに今回はこの形、アラフィフが着てもいいのか?と自分でもツッコミましたが、本番まで一週間を着ると、ファスナーワンピを縫う時間はなし、あきなしのものしか選択肢になく、身頃を地味な色にしたらありじゃね?と思い、踏み切ることに。
(冷静になれば、あきなしのワンピいろいろ思い浮かぶんだけどね)


トップスは「スタイリストゴトウ」で慌てて見繕ってきたタイプライター地。

楽勝と思って縫い始めたものの、ギャザー地獄パターンに気づきガーン。
でも、この肩下(胸ゴムシャーリングの記載)ギャザーはゴムたたきつけ。
いやーん、あたりまえだけどギャザーが均等に。これ、私のようなギャザー苦手な人にはいいやり方かもー(裏を見ると悲しくなるけどw)


c0227932_21002905.jpg
シャーリングに気をよくして縫ってたら、肩の接ぎ1㎝ずらす(後ろ襟ぐりをバイアス始末するために)のを忘れ、やり直すも、襟ぐりのステッチが1周つながらない悲劇。
c0227932_21070557.jpg

わたくし基準では、珍しくうまく行ってるギャザー袖。
chocottoさんのギャザーの均等ぶりを見た後には、あんたこんなのよく出すよね、だけど(笑)
c0227932_21085806.jpg
裏側針落ちてないってだけで異様にうれしいワタス。
c0227932_21094543.jpg
トルソーちゃんの柳腰では映えるのだけど、寸胴の私が着ても、あんまり生きなかった、4タック
c0227932_21105864.jpg
ウエストは、ベルトの上下にゴムたたきつけ.


パーティーの受付をしながら、20~80代さまざまな年代の女性のパーティー服をチェックしてましたが、今年はテロテロ地のノースリトップスに同じくテロテロワイドパンツの組み合わせが多かったかな~。ハイウエストでウエストリボンのワイドパンツもよく見ました。
そんな中で、↑80年代のアイドル服デザイン(笑)の私は、なんだか時代錯誤な人だったけど、服の色調のみ、ちょっと今年風でした(マットなベージュの人多数)

あ、でも、このトップスのデザインは、私のような上半身デブはほどよく着やせして見えたような気がします。
たまねぎさん曰く「バストの大きな方は収まりよく、そうでない方もふっくらボリュームアップ」。
なので、これを作られた方、襟ぐりと胸シャーリングのデザインを生かしてブラウスを作られたりしてます。

まぁでも実質3日で作ったので、終いには、学生のときの応援団の衣装のときみたいに、1回着られりゃいいか~と、だんだん雑な仕事になってったなぁ。
そして、もう2度と出番はないような気が・・(ああまたやってしまった)

今年も恒例の告知記事に写り込む人(わざとらしいw)
c0227932_22432557.jpg
先週末は↑だったので、今日で10連勤か?日頃は暇なので、忙しい自慢してみたい(笑)
今週末は、サッカーの大会が。イケイケ―!(この間に、作り置きおかず始めました。にんじんをまとめて切って塩で炒めておくだけで、ものすごく便利ね)

そうそう、お盆にサッカーの試合で黒部に行ったとき、器のお店UROCOさんに立ち寄りました。
c0227932_21372680.jpg
こちらのお店の民芸のお皿を買い集めてますが、焼き物の名前すぐ忘れるので、店主さんにメモをもらった。
↑左上の写真右側のが石見焼(島根・江津 半磁器←頑丈なので食洗器OK)、左が小代焼(熊本県・荒尾)新たに仲間入りしました。




[PR]

# by uteomma | 2017-08-22 21:45 | たまねぎ工房 | Comments(22)

Mパターン B1705「スタンドオフカラーシャツ」


今年から野球部ママになられたブロ友ataroさんに、先輩ぶって「暑さは慣れだから~」なんて言ってたくせに、今年もしっかり熱中症になりました。37℃の日。

サッカー同行で、毎年3回ほど発症してしまうのだけど、今年のは、意識飛んだーーー

なんか目の前が白いな、気持ちわるいなと思ってた30分ほどの記憶がない。

その30分の様子を周りに聞くと「ご機嫌でコーチの口真似しとったやんー」というから恐ろしい。

日陰に移り、アクエリを飲んだあとに、人心地付き「ここはどこ?私はだれ?」

ほんと、熱中症は自分でも気づかないままに陥るといいますが、まさにそれ。夏のお外活動のみなさま、ほんとに怖いよ~。

(因みに、息子サッカー、11~14日までがっつり。自分の生命を守るのを第一にがんばります)


Mさんの新作できあがりました。

c0227932_21493703.jpg
B1705スタンドオフカラーシャツ 

どういう訳かボタン開きと勘違いしていて、裁断の折にこんだけ?とびっくり。6パーツ。


前身頃は、脇タック付き、なしと2パターンあり、迷わずタック付きに。

c0227932_21523195.jpg
ちょっとわかりにくいが、逆くの字でタック入り。3D感出てうれしくなってしまった。



Mさんの仕様書って先が予測できないというのか、作っていくうちに異様な高揚感に包まれるのですけど(私だけだw)

今回も、パイピングがねー。こんなやり方あるんだね。

c0227932_21504534.jpg
裏に2つ折りするだけの簡易なやり方なんだけど、私はパイピングのパーツの端の切り込みの形が、身頃の脇カーブにぴったり合うのに感動した!(撮ってないけど)

仕様書はこれ。

c0227932_21520954.jpg
Mパタヲタ、萌え~の瞬間。(今、長嶋有のオタクな小説を読んでるのでこの傾向さらに強まる)


この襟の付け方も、しびれる。

c0227932_21515780.jpg
完全なMパタ仕様書おたくのレポで、申し訳ない。表から見返しのステッチが見えないようにえりぎりぎりで寸止めとかね。


c0227932_21501551.jpg
襟はいわゆるスタンドオフ 立ち衿。首から離れて立っている衿のこと。


衿なしにすると、開きが控えめなfilerさんのフロントタックブラウス風になります。こちらも作ってみたいと思ったけど、気がつけば晩夏・・出番あるかな~。


あ、生地はC&S「コットンランダムウェッジ ネイビーにオフホワイト」この生地アイロンかけなくてもいけるかも。ズボラさんにぴったり(笑)


着画は。

夏休みで家人がうろついており、撮影場所に難儀しておりますが。

c0227932_21503044.jpg

ぎゃ~腕ツートン焼け。

ほんとこのデザイン、スレンダーな方に是非とも着てもらいたいと思います。

私のような首、デコルテに肉の付いた人が着ると、素敵さ半減なんだけど。

今回はMパタサイズで4号を。自分の中でずっと3号神話があったのですが、4号?いや、5号でもよかったのかなー。ちょっとぶかっと着たいデザインなのでなおさら。


デザイン的には、80年代後半に宝塚の男役が着ていたジ・ジリ(ロメオ・ジリ)を彷彿!?って知らんけど(笑)

真矢みきが、こういうシャツに、サスペンダー付きの2タックのパンツを合わせてたのとか思い出す。宝塚グラフのグラビア。


にしても、この夏は「袖コンシャス」デザイン席巻の中、Mさんの我が道を行く姿勢は潔いなぁ。ステキだなぁ。



そうそう夏休みの自由研究!

毎年、スライムやら、運べる水やら簡単な実験の様子を写真に撮りまくって、レポート冊子をほぼ写真だけ貼り付けて終了となるのですが、今年は、すごいアイデアを思いついた。

「ひいじいちゃんばあちゃんに聞く、富山大空襲の記憶」。

小学校、私たちの時代に比べて確実に平和教育に割く時間が減ってるなと実感します。

そこでありがたいことに戦争体験のある身内がいるのだから、聞いておかなきゃね。

このアイデアを思いついた時点で今年の研究8割方終了と、鼻歌交じりで書店に向かったのですが、去年まで売ってた自由研究まとめるやつ

c0227932_21513208.jpg

売ってないのよ!2軒回ったけど。

1軒目では「今年は入ってきてません~」、2軒目に至っては「ちょっとわからないんですけどぉ」(若い店員)

2軒目で「えー、絶対どのお宅も困ってると思うよー」と言ってたら、絶妙なタイミングでサッカー小僧の担任の先生がお財布片手に登場!

先生に、ほら、夏休みの研究まとめる冊子になるキット、先生わかるよね~と言うと、「クラスの半分くらいは使ってます!」と一緒に言ってくれたけど、ないものはないのでした。えー、どうしよ。


参考文献 富山大空襲の絵本

c0227932_21505916.jpg
職場の人が、私たちはまだ先の戦争が現実としてあったけど(周りに戦争体験者がいるのでね)、今の子は全く実感がない。もしかしたら私らにとっての「応仁の乱」とかそんな歴史的事実ぐらいのとらえ方なのかなーって。それはやばい!



今週の1冊

c0227932_21514297.jpg
吉田修一「路」

平田オリザが、毎日新聞の「読書日記」で、この本についての書評、「同じプロジェクト物としては、【下町ロケット】もあるけど、こちらはあまりにも内向きな、純国産のロケットや、男たち、日本の男たちだけが主役という、多様性を排除した作りになっている。吉田修一はそんな文学の内向き志向に抗う作家だ。【横道世之介】の、難民や留学生が物語りの鍵になってる点など・・」ってめっちゃいいことを言ってくれてるので読むことにしました。「横道世之介」が好きすぎて、これを褒めてくれる人は無条件に評価します。




[PR]

# by uteomma | 2017-08-09 22:01 | mpl | Comments(14)

「明日着る服」ストレートワークパンツとクロスエプロン


この夏最大の懸案事項終了!?
c0227932_20265599.jpg
いやー、別に同行した訳でもないんですがね(笑)
サッカー小僧の学年初の1泊遠征@松本。
母親たちが同行するとあれこれやりすぎちゃうので、おとっつぁん方に頼みました。
そうすると逆に心配で、何度も私が行く!と思ったけど、最後はどうにでもなれ!?と送り出す。
同行の三人のお父さんの中でも、うちのが一番「心配な人」だったんだけど、自ら広報係を申し出、グループラインに写真・動画・試合実況マメに送って来て一気に株上がってた。←O型のやる気の振れ幅ほんとにすごい、尊敬しますww
結局2日間の合宿は成功裡に終了。子どもスポーツのマネージャー稼業は母親の領域と思ってしまうけれど、そうでもないんだなぁ・・という思いを強くしました。
これからは、母親たちだけでがんばってしまわず、ガンガンお父さんたちにも仕事回そう。

んな訳で、ここ1~2週間、遠征の下準備やらに忙殺されておりまして、それ以外のことで何をやってたのが思い出せないくらいなんだけど(笑)、そんなときに限ってイベント満載だったり。

職場のお姉様、生誕記念パーティー(毎年恒例)
キヨさんの投稿を見て、数ヶ月前からこれ作ろうと思った。パタレ「クロスエプロン」。
キヨさんは「スタイリストゴトウ」(ああやっぱりこの名前、反応しちゃうw)でプリント地を用意されたようなので、せっかく地元に実店舗があるので行ってきました。
c0227932_20291805.jpg
マリメッコ風(笑)生地端を見れば「コットンこばやし」と印字されてる。(撮るの忘れた!)
ググってみると、今年で創立51年の大阪の繊維卸会社とある。オリジナルのコットンプリント地を多く取り扱っている模様。

しかし、忙しさで心ここにあらずってこともあったのだろうなぁ。あの、神パタレ仕様書を読み誤る失態。
c0227932_20295138.jpg
これが正しいのだが、当初、肩ひもをクロスできないでいて、後ろがすかすか開いてるな~。なんて斬新なデザインだと思っておった(アホだ)

c0227932_20364824.jpg
生誕祭でお渡しすると、最後まで着用のままいてくれました。

んでもって、10年ほど応援してきた早霧せいなちゃん、退団。
最後の公演、ライブビューイングで見守りました。(まだまだチギちゃんロス・・)
c0227932_20372422.jpg

↑一時間おきに、ピコピコくるサッカー小僧のLINEレポに付き合いながら、パンツ一本縫う。

すごく足長い人のパンツみたいですが、3㎝詰めてます(笑)
「明日着る服」より、ストレートワークパンツ2本目。
c0227932_20385192.jpg
なんだかんだで使い勝手よいし、自分に合うのはストレートかテーパード系なんだろうなと思い、当初「明日着る服」のテーパードパンツを縫おうとしてました。
でも届いた生地が思ったより厚みがあるのでこちらに。(C&S コットンストレッチ ココアブラウン)

1本目を作ったときには、このパッチポケットが「テニスのときに着たウィンドブレーカーのパンツみたい」とかなんとか、ボロクソ言った記憶があるけど、穿くうちにこのパッチポケットがデザインになって、着やせしても見えるんじゃない~とか思い始め。

そういや、このゴムベルトをファスナー開きに変えるってのも、誌上パターン塾パンツ編買ったときに言ってたな。

まぁとにかく、このパンツのラインが秀逸であります。

そうそう、パンツの後ろポケットは玉縁ポケットが標準仕様なんて豪語してたけど、こないだ作ったのが
c0227932_20434579.jpg
なんというか、仏像の半眼状態・・
これは腕の問題なのだろうか。
で、今回は素直にパッチポケットで。
c0227932_20450222.jpg
このパターン、空き見せもあります。こういう仕掛け大好き。
c0227932_20460551.jpg
トップスは、クルール族のみなさま方より、再発見されこの夏話題の「カフスTブラウス」、バッグもクルールパターン、全身クルールで。
c0227932_20462450.jpg
やっぱりこのパンツの形好きだぁ。
ただ、ウエストゴムだけあり、動きに合わせてずり落ちてくる(ゴムゆるめ?)こともあるので、やっぱり誌上パターン塾で、ファスナー開きにアレンジしたいなー(とか、言ってみるw)


友達ご一家に釣りに連れ行ってもらったサッカー小僧。
(パタレキッズパンツ着用)
c0227932_20465588.jpg
キャプションがなくても、なんとなく日本海だってわかりますね~。海の色がそうなのか。
この日は大量のキスが釣れるはずで、天ぷらの用意をして待っておったのですが、残念ながらでありました。


今週の1冊。
c0227932_20473984.jpg
前回の「間取りと妄想」で味をしめ、新聞書評で気になったのを即図書館予約作戦成功。
長嶋さん、今回の作品の着想として、「声優の内海賢二さんが亡くなったとき、世の中の大方の反応は、アラレちゃんの海苔巻先生亡くなる、だったが、私は夜中の通販番組のナレーターのイメージでした。そんな意外性にヒントを得て、さまざまな訃報を盛り込んだお話」(わかるようなわからんようなw)なんだそうです。のっけから長嶋ワールドに引き込まれウホウホです。





[PR]

# by uteomma | 2017-07-31 21:02 | Couleure | Comments(22)