テーパードチノパンツ×60双糸ギャバストレッチ

季節の変わり目ごとに着る物がないと騒いでおりますが、とくに寒い季節に向かうこの時期その傾向が強いような・・
我々洋裁家ならずともみなさんそのようで、週末のサッカー試合会場での出来事。
5年生のママ8人中、7人まで太ピッチの白黒ボーダー着用。(私はいつもの無印のそれ)一人はミジンコボーダーの偶然。
「(いつも揃いのTシャツの)野球部みたいー、気分上がるぅ」と盛り上がる。
人は着る物がなくなると、とりあえずボーダーを手に取る説、提唱いたします。


この流れだとボーダーの何かを作ったのか?ですが、さにあらず。
雑誌や、街ゆくお嬢さんの服装を見てると、今年はパンツが熱い気がしますね~。(知らんけどw)
c0227932_22025524.jpg
パンツといっても、最近は定番化しつつあるテーパードよりも、ストレートや、ストレートのクロップド丈みたいなのが新鮮かも。柄はチェックですね~。mittelさんで、ガンクラブチェック(ストレッチ入り)を購入。たまねぎ工房のクォーツを久々に作ってみるつもり。

その前に、クルール系お洒落洋裁家みっこさんの定番パンツ、「テーパードチノパンツ」を縫いました。
c0227932_22051135.jpg
生地は同じくクルール:60双糸ギャバストレッチ・ネイビー
↑こうして見ると、ベルト芯使えばよかったなー。

拙ブロ、パンツばっかり縫っているので、デジャヴ感ハンパない感じですが。(笑)
c0227932_22324612.jpg
今回は、生地が好きだったなー。このツヤ感縫ってる間もああうっとり♡そしてシャリっと、我が理想のパンツ生地。

どういう訳かクルールパターンでファスナーを縫うと、ファスナーぱっかん化(ファスナーが通常状態でも覗く意)しちゃうので、今回は、このようにFC線をお知らせしてみる。
c0227932_22071599.jpg
縫ってる途中に持ち出しの先、斜めになってるのが気になり。(いつもこうだっけ?)
c0227932_22085686.jpg
しかし、縫い合わせてみますれば、美しいVカーブを描いておりますことよ。これは、股上が深いデザインと関係あるのか?
c0227932_22075886.jpg
私にしては慎重にこのあたり縫い進めたのですが、結果的には、上部でファスナーが覗いてます(泣)出っ腹のせいともいうー。
おまけにベルトも左右段差あり。今回は特に撃沈いたしました・・
c0227932_22212519.jpg

去年作った、MPLのテーパードパンツと比べると、股上の深さのみの違い。かなり深いです。お尻が包み込まれる感覚。
パンツそのものの形はMPLテーパードとさほど変わりません。

台風一過で30度超えの予想、カフスTブラウス、未だに着ております。
c0227932_22392409.jpg
せっかくセルフタイマーなのに、後姿が撮れてないことがこの度判明!(次回から撮りますね~)
拙ブロのパンツカテゴリーの中でも、新鮮味のなさすぎテーパードですが(笑)やっぱり、この形が自分に合ってる気がしています。
股上が深いゆえ、ベルトが臍上に来るのですが、やはり苦しい・・こうなると、明日着る服ストレートワークパンツ(ウエストゴム)を手にとる、って展開かも?ですが、やはりパンツ生地のツヤ感×紺色、これ以上のお仕事服はないわけで・・ウエスト復元のためにも週一で穿こう。

次、中野ユカリさんの「ちょっとよそ行き」から何かトップスをと思ったのですが、元石田の秋ズボンも待ったなし(パタレ・メンズリラックスパンツM製作中)

その元石田ですが、運動会が嫌で嫌で(ataroさんの息子ちゃんへ、ここにもいるよー)、一週間前から、水をかぶってそのまま寝る・・の暴挙に出るなど、風邪を引くようににがんばっていたのですが、ますます健康になるばかり。
c0227932_22405945.jpg
運動会プログラムの挿絵にも採用され、当日は、好物のスパムおにぎりを作りアゲアゲで送り出したのですが、「ミサイル飛んで来んかのー」とかいいながら足取り重く向かいましたよ。
そんな運動大嫌い兄ですが、文化部・美術部も夏休みは毎日部活があり、その集大成
c0227932_22412200.jpg
青少年美術展で入選を果たしました。運動部の新人戦だと、2回戦突破、って感じか(笑)美術部員唯一の男子なので、周りの女子トークに辟易しながらも(?)がんばりました。

この1ヶ月くらいの呑み日記。

夫が鮎を釣って来ました。
プランターを七輪代わりに
c0227932_22415501.jpg
背景にピンクッションが転がってます。ばたばた中にいつの間にかあった「〆張鶴」と。

この「〆張鶴」新潟村上のお酒ですが、地元以外では出回らないらしい。呑むと、まろやかな旨味がお出汁を味わうような感覚に襲われ、あとでぴりっと辛口が来る。村上の人の晩酌用のお酒のようですが、これはかなりレベル高いよ。

ある日の晩酌。
c0227932_22434019.jpg
エゴマのにんにく醬油漬け。黒やぎさんのパセリ投稿に触発され、エゴマ大好きな私はさっそく仕込みました。みっこさんちのあたりの大麦焼酎「中々」と。

ヅカおっかけ打ち上げ会場の駅前「いちいち」でトロガツオがうまかった!
c0227932_22441072.jpg
ああ、全容のわからぬ写真(笑)

今週の1冊
「こちらあみ子」
c0227932_22442821.jpg
町田康や川上未映子が大絶賛していて、この度の芥川賞候補(「あひる」)にもなった今村夏子の作品。
いやー、この人すごいよ!
いかにも小説の技巧を駆使して感はゼロなのに、登場人物の細かい心情がつぶさに伝わり、かつ、思うまま紡ぎ出されたような素朴な文体や構成にもかかわらず、実はものすごい伏線が張り巡らされてる・・まさに天才が書く小説!?
基本的に、中島京子とかたくさんの資料を駆使して、ストーリーを作り出すタイプの読み物が好きなので、脳内にあふれるお話をイタコのように、文字化する(?)タイプの作風はそんなハマると思えなかったから、自分でもびっくり。
うまく説明できないので、まずは読んでみてもらいたい!川上弘美とか好きな人にいいかも。




[PR]

# by uteomma | 2017-09-19 22:59 | Couleure | Comments(14)

ツインショルダーバッグとデイリープルと宝塚


書道展が終わり、サッカー5年生大会が終わり、さぁミシンできるぞと思ったのもつかの間、
今月もがっつりびっしり試合日程が(そうだ、シーズンはこれから)
c0227932_21085606.jpg
そんな折、みっこさんが地元のハギレ市でのお買い物の様子を投稿をされてて、あたしも↑シュトフ(mittel実店舗)が呼んでる~。
ああ、pomさんと岐阜布狩りツアーへの思いは募るばかり・・ですが、やっぱり身動きとれない(涙)

先週の日曜日は、ついに1か月ぶりくらいの半日オフ!今後も週末の試合が続くので、今日しかミシンできない、の絶体絶命の心境で(大げさな)2週間ぶりのミシンに挑む。ミシンに埃がかぶってるのを見るのは久方ぶり。
c0227932_21092650.jpg
ataroさんがさっそく作っておられて、こりゃ運動部ママにありがたいバッグーだなと思い作りました、パタレ・ツインショルダーバッグ
そういやパタレさんもご子息サッカー部でしたね。部活の送迎や試合に持って行きたい「ちょい持ちバッグ」。日頃は小ぶりのトートバッグや肩掛けバッグを使っているのですが、かばんの中で、携帯やら部室の鍵やら、ペットボトルやら大会プログラムやらがカオスのようにこんがらがり、毎度瞬時に取り出せない悩みがありましたが、バッグインバッグを使わずともこれだけの仕切りですもの。(ユーカさん風w)
c0227932_21102343.jpg
パタレさんの作例のまま、C&Sオリジナル10号帆布で作る。(この夏愛用してたトートバッグのハギレがまだ少しありました)
このグリーン、ほんとに使える!カジュアルからきれい目まで、コーデを選ばない感じ??
c0227932_21105787.jpg
この位置のタグが憎い。
タグ付けはホントに苦手なのだけど、パタレ仕様書のおかげで、既製品ぽく。

さすがに内ポケットまでは取れなかったので、ストライプ地で。
c0227932_21115748.jpg
ぱっと見はシンプルなマルシェバッグ風なのだけど、このマチが、横から見ると厚みを出してくれ、ちゃんとしたバッグに見えます。
普通に袋を縫って折りたたんだだけですが、この発想がすごいよね~。
私はパタレさんのバッグアイテムが特に好きです。
c0227932_21124132.jpg
崖っぷちミシン、もういっちょ作りました。
c0227932_21130912.jpg
今さら感たっぷりなC&Sデイリープルオーバー。
C&Sさんのおまけレシピでは最古参なイメージで、ほんといろんな方が作っておられ、オンラインショップでは、今もガンガン作例として登場しますね。
ブロ友、フレーニさんがこの夏作られてました。
フレーニさんによると、最近、お店スタッフが作られてるものは、身頃を2㎝幅詰めて、袖幅を広げたのかな?
んが、まずはデフォ通りいっちゃおうと。
c0227932_21134223.jpg
(実はこの生地、前回のドッキングワンピの際、用意していたもの。タイプライターの方を採用したのでした)
前後身頃肩で縫い合わせた時点で着てみると、こりゃババシャツが丸見えでんがな状態の開きの広さでしたので、
肩の縫い代、2㎝で縫い合わせててみる。(←こういうところが素人の発想ですねー)
c0227932_21145014.jpg
袖幅片面15㎝!うーん、さすがに小さいな。糸買いに行く暇もなかったので、家であったもので。

どんなものができるのかどきどきでしたが・・
c0227932_21155440.jpg
結果、身頃幅とこじんまりした袖のバランスがなんともいえない味を出してます。
友人より「おばちゃん方がよく着てるチュニックよりオサレ感出てる」との評。
このデイリープルと同じポジション(?)の大川友美本「キモノスリーブプルオーバー」(毎年着ている)より、好きかも~。
みっこさんに「今年はグレンチェック」と教えてもらったので、手持ちのfabさんクロップドパンツ(グレンチェックもどき)と。

↑この撮影の後、宝塚雪組全国ツアー、北陸巡業(金沢・富山公演)おっかけ。
c0227932_21171168.jpg
いやー、もうね、この道30年の私ですが、この度3回目ほどのブーム(ピーク?ウェーブ?)を迎えそう。
今回の公演で雪組新トップの望海風斗(愛称だいもん)にずキューン!(死語?)
真矢みき現役時代以来の、私設ファンクラブにも入りそう。そう、あの、劇場前で5列横隊でならんでる集団ね(笑)
それにしてもだいもんさん、ショーのときに「今日はにんぎゃっかしいのう(賑やかだなぁ)」などと大関レベルの難易度の富山弁をおっしゃったときには椅子から落ちそうになったけど。きのどくな(ありがとう)も連呼。とっさにつかえんよー(どういたしまして)と呼応するわたしw 地方公演は本拠地の公演とは違い、大衆演劇ばりの客席との一体化がたまらんのよね。
c0227932_21174040.jpg
どなたかのインスタの投稿より。
後ろの〇がわたくし、2列前に、他のところで公演をしていた雪組2番手の彩風咲奈が観に来ていて、気になって仕方なく。(顔ちっさ、首ほっそり〜、背筋ぴしーっと崩れず)

この後、この間呑んだもの日記も予定してましたが、あまりに長くなるので次回に(笑)

今週の1冊
c0227932_21225928.jpg
没後20年は経つのかな?殿山泰司というと、何に出ていたかは具体的に挙げられずとも、顔を見れば、あの人ってわかる名脇役さんです(スキンヘッドのね)
戦前、戦後の映画界やその周辺を俳優視点で語り、その語り口が誰かに似てると・・そう!町田康だ。と思ったら、最近の文庫本のあとがきは町田康だって!(こういうの異様にうれしい)
パンク調の文体で、撮影秘話などを語っていくのですが、ミステリー通でならした御大だけあり、古今東西の名著をさりげなく盛り込むなど(「今日はコレ読んで寝る!」ってなね)はかっこいいー。私の目指すところです。

[PR]

# by uteomma | 2017-09-10 21:28 | C&S | Comments(14)

50万アクセス御礼と行事合わせワンピ

2009年から始めたこのブログも、先週初めについに50万人様ご訪問を達成しました。ここに御礼申し上げます。

いやー、世の中、オサレなブログや、インスタはゴマンとありますが、こんなセンス0、被写体ブサイク、縫製下手クソ、3拍子揃った洋裁ブログも他にはないのかも、そんなニッチな市場に食い込んでるのではないかしらん?と自己分析(笑)

いつもウテオンマのツッコミどころいっぱいの作品を楽しみにして来てくださるみなさま、これからも、センスの向上は望めませんが、ほっこり笑っていただけるようなブログを目指し精進していきたいと思っております。


にしても、典型的な双子座気質(要はミーハー)で、何事も3日坊主な私が、8年も洋裁ブログを続けられたのが本当に不思議。

洋裁趣味のとっかかりは、よくある子どもの入園グッズ製作で、当時は1万5千円のミシン、5年目で職業用ミシンを買ってからは、生活の中に自然に洋裁がある・・という境地になったかなぁ。(いや洋裁の中に生活かw)あと、MPLのパターンに出会ったのが、この世界にぐっとのめり込むきっかけとなったような気がします。簡単に縫えるものよりも、苦しみながら縫い上がったときの達成感と高揚感を味わいたくて、縫ってるかな。

今後は、先輩洋裁ブロガーさんのように、「パターン:自作」なんて言ってみたいものです。


さて、毎年恒例、職場主催書道展のパーティー服。

去年は、こちら


在庫布の中に、なんでこんなもの買ったんだろーというのがありまして。(おそらくファッションクリエイター松本の布)
サテン混みたいな。

c0227932_20455324.jpg

旅番組で見た

c0227932_20462344.jpg
名脇役姐さんの、このトップスがなんともステキで、再現できないかなーと妄想してましたが(生地の質感は全然違うのだけど)、ふと気がつくと盆が過ぎ、Vネックワンピのパターン探してる暇がねぇ!、困ったときのたまねぎ工房だぁ~、で。

できあがったのはオパール(ラップ風ドレス)・・・全然違ーう(笑)

c0227932_20495189.jpg
着用後エマールで洗ってそのままなので、かなり皺っております。
さすがに今回はこの形、アラフィフが着てもいいのか?と自分でもツッコミましたが、本番まで一週間を着ると、ファスナーワンピを縫う時間はなし、あきなしのものしか選択肢になく、身頃を地味な色にしたらありじゃね?と思い、踏み切ることに。
(冷静になれば、あきなしのワンピいろいろ思い浮かぶんだけどね)


トップスは「スタイリストゴトウ」で慌てて見繕ってきたタイプライター地。

楽勝と思って縫い始めたものの、ギャザー地獄パターンに気づきガーン。
でも、この肩下(胸ゴムシャーリングの記載)ギャザーはゴムたたきつけ。
いやーん、あたりまえだけどギャザーが均等に。これ、私のようなギャザー苦手な人にはいいやり方かもー(裏を見ると悲しくなるけどw)


c0227932_21002905.jpg
シャーリングに気をよくして縫ってたら、肩の接ぎ1㎝ずらす(後ろ襟ぐりをバイアス始末するために)のを忘れ、やり直すも、襟ぐりのステッチが1周つながらない悲劇。
c0227932_21070557.jpg

わたくし基準では、珍しくうまく行ってるギャザー袖。
chocottoさんのギャザーの均等ぶりを見た後には、あんたこんなのよく出すよね、だけど(笑)
c0227932_21085806.jpg
裏側針落ちてないってだけで異様にうれしいワタス。
c0227932_21094543.jpg
トルソーちゃんの柳腰では映えるのだけど、寸胴の私が着ても、あんまり生きなかった、4タック
c0227932_21105864.jpg
ウエストは、ベルトの上下にゴムたたきつけ.


パーティーの受付をしながら、20~80代さまざまな年代の女性のパーティー服をチェックしてましたが、今年はテロテロ地のノースリトップスに同じくテロテロワイドパンツの組み合わせが多かったかな~。ハイウエストでウエストリボンのワイドパンツもよく見ました。
そんな中で、↑80年代のアイドル服デザイン(笑)の私は、なんだか時代錯誤な人だったけど、服の色調のみ、ちょっと今年風でした(マットなベージュの人多数)

あ、でも、このトップスのデザインは、私のような上半身デブはほどよく着やせして見えたような気がします。
たまねぎさん曰く「バストの大きな方は収まりよく、そうでない方もふっくらボリュームアップ」。
なので、これを作られた方、襟ぐりと胸シャーリングのデザインを生かしてブラウスを作られたりしてます。

まぁでも実質3日で作ったので、終いには、学生のときの応援団の衣装のときみたいに、1回着られりゃいいか~と、だんだん雑な仕事になってったなぁ。
そして、もう2度と出番はないような気が・・(ああまたやってしまった)

今年も恒例の告知記事に写り込む人(わざとらしいw)
c0227932_22432557.jpg
先週末は↑だったので、今日で10連勤か?日頃は暇なので、忙しい自慢してみたい(笑)
今週末は、サッカーの大会が。イケイケ―!(この間に、作り置きおかず始めました。にんじんをまとめて切って塩で炒めておくだけで、ものすごく便利ね)

そうそう、お盆にサッカーの試合で黒部に行ったとき、器のお店UROCOさんに立ち寄りました。
c0227932_21372680.jpg
こちらのお店の民芸のお皿を買い集めてますが、焼き物の名前すぐ忘れるので、店主さんにメモをもらった。
↑左上の写真右側のが石見焼(島根・江津 半磁器←頑丈なので食洗器OK)、左が小代焼(熊本県・荒尾)新たに仲間入りしました。




[PR]

# by uteomma | 2017-08-22 21:45 | たまねぎ工房 | Comments(22)

Mパターン B1705「スタンドオフカラーシャツ」


今年から野球部ママになられたブロ友ataroさんに、先輩ぶって「暑さは慣れだから~」なんて言ってたくせに、今年もしっかり熱中症になりました。37℃の日。

サッカー同行で、毎年3回ほど発症してしまうのだけど、今年のは、意識飛んだーーー

なんか目の前が白いな、気持ちわるいなと思ってた30分ほどの記憶がない。

その30分の様子を周りに聞くと「ご機嫌でコーチの口真似しとったやんー」というから恐ろしい。

日陰に移り、アクエリを飲んだあとに、人心地付き「ここはどこ?私はだれ?」

ほんと、熱中症は自分でも気づかないままに陥るといいますが、まさにそれ。夏のお外活動のみなさま、ほんとに怖いよ~。

(因みに、息子サッカー、11~14日までがっつり。自分の生命を守るのを第一にがんばります)


Mさんの新作できあがりました。

c0227932_21493703.jpg
B1705スタンドオフカラーシャツ 

どういう訳かボタン開きと勘違いしていて、裁断の折にこんだけ?とびっくり。6パーツ。


前身頃は、脇タック付き、なしと2パターンあり、迷わずタック付きに。

c0227932_21523195.jpg
ちょっとわかりにくいが、逆くの字でタック入り。3D感出てうれしくなってしまった。



Mさんの仕様書って先が予測できないというのか、作っていくうちに異様な高揚感に包まれるのですけど(私だけだw)

今回も、パイピングがねー。こんなやり方あるんだね。

c0227932_21504534.jpg
裏に2つ折りするだけの簡易なやり方なんだけど、私はパイピングのパーツの端の切り込みの形が、身頃の脇カーブにぴったり合うのに感動した!(撮ってないけど)

仕様書はこれ。

c0227932_21520954.jpg
Mパタヲタ、萌え~の瞬間。(今、長嶋有のオタクな小説を読んでるのでこの傾向さらに強まる)


この襟の付け方も、しびれる。

c0227932_21515780.jpg
完全なMパタ仕様書おたくのレポで、申し訳ない。表から見返しのステッチが見えないようにえりぎりぎりで寸止めとかね。


c0227932_21501551.jpg
襟はいわゆるスタンドオフ 立ち衿。首から離れて立っている衿のこと。


衿なしにすると、開きが控えめなfilerさんのフロントタックブラウス風になります。こちらも作ってみたいと思ったけど、気がつけば晩夏・・出番あるかな~。


あ、生地はC&S「コットンランダムウェッジ ネイビーにオフホワイト」この生地アイロンかけなくてもいけるかも。ズボラさんにぴったり(笑)


着画は。

夏休みで家人がうろついており、撮影場所に難儀しておりますが。

c0227932_21503044.jpg

ぎゃ~腕ツートン焼け。

ほんとこのデザイン、スレンダーな方に是非とも着てもらいたいと思います。

私のような首、デコルテに肉の付いた人が着ると、素敵さ半減なんだけど。

今回はMパタサイズで4号を。自分の中でずっと3号神話があったのですが、4号?いや、5号でもよかったのかなー。ちょっとぶかっと着たいデザインなのでなおさら。


デザイン的には、80年代後半に宝塚の男役が着ていたジ・ジリ(ロメオ・ジリ)を彷彿!?って知らんけど(笑)

真矢みきが、こういうシャツに、サスペンダー付きの2タックのパンツを合わせてたのとか思い出す。宝塚グラフのグラビア。


にしても、この夏は「袖コンシャス」デザイン席巻の中、Mさんの我が道を行く姿勢は潔いなぁ。ステキだなぁ。



そうそう夏休みの自由研究!

毎年、スライムやら、運べる水やら簡単な実験の様子を写真に撮りまくって、レポート冊子をほぼ写真だけ貼り付けて終了となるのですが、今年は、すごいアイデアを思いついた。

「ひいじいちゃんばあちゃんに聞く、富山大空襲の記憶」。

小学校、私たちの時代に比べて確実に平和教育に割く時間が減ってるなと実感します。

そこでありがたいことに戦争体験のある身内がいるのだから、聞いておかなきゃね。

このアイデアを思いついた時点で今年の研究8割方終了と、鼻歌交じりで書店に向かったのですが、去年まで売ってた自由研究まとめるやつ

c0227932_21513208.jpg

売ってないのよ!2軒回ったけど。

1軒目では「今年は入ってきてません~」、2軒目に至っては「ちょっとわからないんですけどぉ」(若い店員)

2軒目で「えー、絶対どのお宅も困ってると思うよー」と言ってたら、絶妙なタイミングでサッカー小僧の担任の先生がお財布片手に登場!

先生に、ほら、夏休みの研究まとめる冊子になるキット、先生わかるよね~と言うと、「クラスの半分くらいは使ってます!」と一緒に言ってくれたけど、ないものはないのでした。えー、どうしよ。


参考文献 富山大空襲の絵本

c0227932_21505916.jpg
職場の人が、私たちはまだ先の戦争が現実としてあったけど(周りに戦争体験者がいるのでね)、今の子は全く実感がない。もしかしたら私らにとっての「応仁の乱」とかそんな歴史的事実ぐらいのとらえ方なのかなーって。それはやばい!



今週の1冊

c0227932_21514297.jpg
吉田修一「路」

平田オリザが、毎日新聞の「読書日記」で、この本についての書評、「同じプロジェクト物としては、【下町ロケット】もあるけど、こちらはあまりにも内向きな、純国産のロケットや、男たち、日本の男たちだけが主役という、多様性を排除した作りになっている。吉田修一はそんな文学の内向き志向に抗う作家だ。【横道世之介】の、難民や留学生が物語りの鍵になってる点など・・」ってめっちゃいいことを言ってくれてるので読むことにしました。「横道世之介」が好きすぎて、これを褒めてくれる人は無条件に評価します。




[PR]

# by uteomma | 2017-08-09 22:01 | mpl | Comments(14)

「明日着る服」ストレートワークパンツとクロスエプロン


この夏最大の懸案事項終了!?
c0227932_20265599.jpg
いやー、別に同行した訳でもないんですがね(笑)
サッカー小僧の学年初の1泊遠征@松本。
母親たちが同行するとあれこれやりすぎちゃうので、おとっつぁん方に頼みました。
そうすると逆に心配で、何度も私が行く!と思ったけど、最後はどうにでもなれ!?と送り出す。
同行の三人のお父さんの中でも、うちのが一番「心配な人」だったんだけど、自ら広報係を申し出、グループラインに写真・動画・試合実況マメに送って来て一気に株上がってた。←O型のやる気の振れ幅ほんとにすごい、尊敬しますww
結局2日間の合宿は成功裡に終了。子どもスポーツのマネージャー稼業は母親の領域と思ってしまうけれど、そうでもないんだなぁ・・という思いを強くしました。
これからは、母親たちだけでがんばってしまわず、ガンガンお父さんたちにも仕事回そう。

んな訳で、ここ1~2週間、遠征の下準備やらに忙殺されておりまして、それ以外のことで何をやってたのが思い出せないくらいなんだけど(笑)、そんなときに限ってイベント満載だったり。

職場のお姉様、生誕記念パーティー(毎年恒例)
キヨさんの投稿を見て、数ヶ月前からこれ作ろうと思った。パタレ「クロスエプロン」。
キヨさんは「スタイリストゴトウ」(ああやっぱりこの名前、反応しちゃうw)でプリント地を用意されたようなので、せっかく地元に実店舗があるので行ってきました。
c0227932_20291805.jpg
マリメッコ風(笑)生地端を見れば「コットンこばやし」と印字されてる。(撮るの忘れた!)
ググってみると、今年で創立51年の大阪の繊維卸会社とある。オリジナルのコットンプリント地を多く取り扱っている模様。

しかし、忙しさで心ここにあらずってこともあったのだろうなぁ。あの、神パタレ仕様書を読み誤る失態。
c0227932_20295138.jpg
これが正しいのだが、当初、肩ひもをクロスできないでいて、後ろがすかすか開いてるな~。なんて斬新なデザインだと思っておった(アホだ)

c0227932_20364824.jpg
生誕祭でお渡しすると、最後まで着用のままいてくれました。

んでもって、10年ほど応援してきた早霧せいなちゃん、退団。
最後の公演、ライブビューイングで見守りました。(まだまだチギちゃんロス・・)
c0227932_20372422.jpg

↑一時間おきに、ピコピコくるサッカー小僧のLINEレポに付き合いながら、パンツ一本縫う。

すごく足長い人のパンツみたいですが、3㎝詰めてます(笑)
「明日着る服」より、ストレートワークパンツ2本目。
c0227932_20385192.jpg
なんだかんだで使い勝手よいし、自分に合うのはストレートかテーパード系なんだろうなと思い、当初「明日着る服」のテーパードパンツを縫おうとしてました。
でも届いた生地が思ったより厚みがあるのでこちらに。(C&S コットンストレッチ ココアブラウン)

1本目を作ったときには、このパッチポケットが「テニスのときに着たウィンドブレーカーのパンツみたい」とかなんとか、ボロクソ言った記憶があるけど、穿くうちにこのパッチポケットがデザインになって、着やせしても見えるんじゃない~とか思い始め。

そういや、このゴムベルトをファスナー開きに変えるってのも、誌上パターン塾パンツ編買ったときに言ってたな。

まぁとにかく、このパンツのラインが秀逸であります。

そうそう、パンツの後ろポケットは玉縁ポケットが標準仕様なんて豪語してたけど、こないだ作ったのが
c0227932_20434579.jpg
なんというか、仏像の半眼状態・・
これは腕の問題なのだろうか。
で、今回は素直にパッチポケットで。
c0227932_20450222.jpg
このパターン、空き見せもあります。こういう仕掛け大好き。
c0227932_20460551.jpg
トップスは、クルール族のみなさま方より、再発見されこの夏話題の「カフスTブラウス」、バッグもクルールパターン、全身クルールで。
c0227932_20462450.jpg
やっぱりこのパンツの形好きだぁ。
ただ、ウエストゴムだけあり、動きに合わせてずり落ちてくる(ゴムゆるめ?)こともあるので、やっぱり誌上パターン塾で、ファスナー開きにアレンジしたいなー(とか、言ってみるw)


友達ご一家に釣りに連れ行ってもらったサッカー小僧。
(パタレキッズパンツ着用)
c0227932_20465588.jpg
キャプションがなくても、なんとなく日本海だってわかりますね~。海の色がそうなのか。
この日は大量のキスが釣れるはずで、天ぷらの用意をして待っておったのですが、残念ながらでありました。


今週の1冊。
c0227932_20473984.jpg
前回の「間取りと妄想」で味をしめ、新聞書評で気になったのを即図書館予約作戦成功。
長嶋さん、今回の作品の着想として、「声優の内海賢二さんが亡くなったとき、世の中の大方の反応は、アラレちゃんの海苔巻先生亡くなる、だったが、私は夜中の通販番組のナレーターのイメージでした。そんな意外性にヒントを得て、さまざまな訃報を盛り込んだお話」(わかるようなわからんようなw)なんだそうです。のっけから長嶋ワールドに引き込まれウホウホです。





[PR]

# by uteomma | 2017-07-31 21:02 | Couleure | Comments(22)

温故知新パターン「ドルマンパフブラウス」とfiler「フリル袖ブラウス」キット

今年は太い二の腕をさらすまいと、7分袖以下は着ないつもりでしたが、連日35℃常夏の暑さにあっさり撤回、フレンチスリーブブラウス(fab-fabric)あたりを中心に着回してます。


連休のある日、激混みのコストコへ。レジ付近で、新卒のとき働いていた会社のライバル会社のお姉様と10年ぶりくらいでばったり。出先で毎日のように顔を合わせ、いつしか宝塚観劇も一緒に行く仲に。子どもが生まれてからは、なかなか会う機会もなく・・でしたが、私とわかるや、遠くから「大きくなったねー」と、両手を広げておデブのジェスチャー。息子でなく、私にだよ(笑)


ってことで、洋裁を初めたころ、当時の洋裁界のインフルエンサーさんがこぞって作られて、私も!と買ったパターン。

hooray「ドルマンパフブラウス」

c0227932_22245423.jpg
このパターン、フリーサイズなので、大きめをぶかっと着るという雰囲気でしたが、7,8年前、今に比べると痩せていたので、1枚では着られず、タートルと合わせて重ね着要員としての出番しかなかったシロモノ。

↑お姉様のおデブジェスチャーに、今なら1枚で着れると閃いたのでした。

と思って、「ドルマンパフブラウス」で検索すれば、洋裁界のレジェンド作品がぞくぞくと。黒やぎセンセの作品も出てきましたぞ。


この生地、ほんとは、ソーイングナチュリラに出ていた大川友美さんの「タック入りプルオーバー」を作るつもりで買っておいたもの。近くのスタイリストゴトウ。

hi×2のhiroさんの当時の作品を真似させてもらって、ストライプ地、身頃はボーダーで取る。

c0227932_22332264.jpg
久しぶりにギャザーパイピングしましたが、この画キュンとなるね。(妄想用にはかなげな二の腕を当てはめてみる)

c0227932_22334953.jpg

出来上がりは、私の身長だと割烹着のようになったなぁ。

オーバーで着るには、少し丈詰めが必要。

インすれば、なんとか着られそう。しかし、以前よりサイズ大きい感は薄まったのであった。

c0227932_22372455.jpg
















「あたちもひらひら袖着たい~」と買ったfiler「フリル袖ブラウス」キット。

キットには身頃用にスムースニット、フリル用に60/1ローン。

c0227932_22481783.jpg

黒って撮るの難しい・・

これをフェイスブックに出したらば、お袖が今どき~と大好評。やっぱり今年はヒラヒラなのですね。

脇マチで安心設計。

c0227932_22482543.jpg

何がよかったってスムース地。まだ洋裁を始めて間もないころ使ったきりかな?

なんて縫いやすく、かつ、形になると既製品ぽくなるんだ~、びっくり。もうスムース地しか考えられず(笑)

c0227932_22483064.jpg

普通にロック、0.7mm折りにもかかわらずそれなりに・・ああ、スムースニット最高。


着画ですが、ショートカット×ひらひらがちょっと残念ではあるけれど

c0227932_22520696.jpg

で、心配したfilerパターンのサイズ感。

若干身頃幅大きいような気もするが、こんなものかしらね~。

いやー、でも、この身頃ニット×ヒラヒラ布帛の組み合わせ、リピートするかも。


一億総ヒラヒラの様相を帯びて来た今期の夏トップスですが(またいい加減なw)、そんな流行とは一線を置くMパターンさん、この度2パターンリリースされました。今回は2つともかなりツボ!スタンドオフカラーシャツは早速ポチっとしましたよ〜。早く届かんかなぁ。


恒例夏の職場事業部の仕事、ようやく一山超え、プチ打ち上げにイタリアンのお店。

c0227932_22483767.jpg

この日のワインは、白→赤→ロゼ、みんなシチリアワインだった模様。(ほんと、ワインは全然わからんのです)


魚も食べた。白エビと大麦のなんとか。白ワインなんだけど、濃厚なお色!

c0227932_23250011.jpg

ひまわり食堂という地元で一番おいしいイタリアンのお店なんだけど、予約がなかなか取れなくて有名。

この日は3人で、かろじてカウンター席だけ空いてました。これからしばらくは、↑画で、コストコの白ワインを飲む日々となりそう(笑)本番まで1か月、美味しいニンジンを食べさせてもらったのでがんばりますよ。







[PR]

# by uteomma | 2017-07-20 23:30 | 自分服TOPS | Comments(18)

トップス2種(VネックフレアスリーブブラウスとTシャツ)

前回までさんざん「黄色いカッパのリネン」を登場させといて、ぜんぜん違う黄色で縫った話(笑)

c0227932_21250295.jpg
filerさんの、アパレル残布ローン地2mを買えばお好きなパターンプレゼント(だったか)企画に乗っかりました。

「アパレル残」という言葉にめっぽう弱い。生地屋さんで「アパレル残布」ってPOPを見かけた日にゃ、とりあえずカゴに放り込むw

c0227932_21351448.jpg
・・でも届いた布は、極めてフツーの60ローン地のような気がしたが。

お好きなパターンというのも結構悩んだところ。

filerさんといえば、オサレブロガーさんがこぞって作られてた「フロントタックブラウス」だけど、filerさんてSサイズがないので、自分には大きいようなイメージがありました。

なので、微妙なサイズ感を問われるデザイン(↑フロントタック・・は、襟ぐり開きが大きそうだし)は避けようと思って、大きくても大丈夫そうなのを選ぶ。

「Vネックフレアスリーブブラウス」


さっそく着画ですが

c0227932_21270749.jpg
Mサイズ、ぴったりじゃありませんか!

「私トップスはSサイズ」神話またしても崩壊(笑)もうそろそろ現実を見つめましょう。洋裁8年目、確実に上半身も大きくなってます(背脂が・・)

ま、でもこれまでは、大きいから無理かな~と思ってたfilerさんもガンガン試せるってことだね。

c0227932_21282922.jpg
袖は、腕の短い私が着るには2㎝ほど詰めたほうがいいと思ってたけどそのまま縫っちゃった。

切り替えから先の部分は、サーキュラースカートの短い版を縫い付ける感じ。簡単なのに雰囲気出るデザイン。

c0227932_21295135.jpg

スリットが接写するとまぁひどい。糸の色が合わなかったのもあるが・・

今年は腕を出さないつもりで、これくらい丈のトップスで行こうと考えてたけど、37度超えの猛暑じゃ無理~。やっぱり半袖作ろう。


シンプルなTシャツをかっこよく着こなすのに憧れます・・憧れは憧れのままにしときゃよかった話。

c0227932_21374805.jpg

冬にC&Sスパンフライスでタートルカットソーを作りましょう企画に乗っかった生地、確かグレイッシュカーキ?

これがクルールであれば「サマーカーキ」なんて、名付けられるはずだ(笑)

これでTシャツを作ろうと思った。

パターンは、またまたお世話になりますfabさん「無料配信パターン Tシャツ&ロングスリーブTシャツ」   

生地の色は今年っぽいし、鼻歌交じりに縫い始めましたが

c0227932_21405219.jpg
これだ。

ああひどいパイピング。

それからカバステ持ってないので、直線ミシンでニットを縫うと、うねってあんまりよろしくないので、裾、袖口、ニット用の芯を貼る・・当然の結果、着るとき大変~(あたり前体操)


想像以上でも以下でもない着画

c0227932_21431838.jpg














もう、なんだろ、今月のLEEで言えば、ともさかりえが、「最近のTシャツはクルーネックばっかり♪」と着ていた感じがイメージ(というか夢見たというのか)だったのに、全然ちがうー。

サイズ感?9号サイズで、ちょっと大きめを狙ったのに、ぴったりでやがる(笑)

そもそも骨格ストレートに、ぴったりのTシャツって鬼門だったわ(考えればわかるだろ!)

おまけに、スパンフライスって暑いのね~。そりゃ、タートル用だったもんな。


ま、でも、あれほどニット嫌いだったのに、ニット地の着心地が想像以上によくて、「あたちもひらひら袖のカットソー着たい~」とfilerのスムースニットで作る「フリル袖ブラウス」キット注文しましたよ。2,100円。このお値段なら失敗しても・・ね。



他県民の方に、よく食べれるね~、と食欲減退しそうな色の巻かまぼこが定番商品として売られてます。

c0227932_21470409.jpg

ある金曜日、仕事帰りにワンカップ立山を買って帰ったのだった(←親父)


出版業界話題の「間取りと妄想」って本。

地元の大型書店で買おうと問い合わせたところ、入っても来ていないとの返事。

あんなにメディアで取り上げられてんのにな~。都会の本屋だと平積みだろうになぁ(ぶつぶつ・・)

ダメ元で図書館で予約をかけたら、なんと3日で来ましたよ。

c0227932_22082629.jpg

さまざま間取りを舞台に繰り広げられる短編集。短編の舞台になった間取り一覧付録付き。

話題本の温度差を感じることが多いの地方の読書生活ですが、こういうときは図書館本が一番早いのかな~と思った。これからはこの作戦で。








[PR]

# by uteomma | 2017-07-13 23:13 | fab-fabric | Comments(22)

fab-fabricクロップドパンツふたたび と kiyolileaさんのピンクッション

※7/8 ピンクッションの使用画追加。

C&Sスタッフの着こなしを見て、黄色のリネンを取り寄せた・・ところまでが前回のお話でした。

届いたの見てよ~!

 
c0227932_21501244.jpg
C&Sプリマベーラのあの絶妙な色調に比べると・・

小学生の黄色いカッパの色。

↓なんとかがんばってこんな雰囲気にならんかな。(ベイクルーズサイトよりお借りしました)

c0227932_21495817.jpg





それにしても、C&Sプリマベーラ、「高密度に織り上げたリネンにもかかわらず、風合いはしなやか」だけあり、お値段は相当なものでした。まー、↑黄色のカッパは半分の値段で買えましたので、こんなもんですかね。

そう思って街中のお嬢さんたちを見ると、結構黄色いスカート率高い。

chocottoさんによると自由が丘はピンクのスカート率高いそうです。

ビビットカラーのボトムスが来てるのかな?いつぞや家族にドラえもんと言われた「ドラえもんブルー」のパンツも断捨離しなくてよかったーと思った。


kiyolileaさんのプレゼント企画、ピンクッション届きました!

c0227932_21514986.jpg
いや~、このテープのまつり縫いがスバラシ。先頃↓パンツを縫って、まつり縫いの工程があったところなので、これが同じ人間の仕事か(笑)

まさに神ワザですねぇ。キヨさんのお洋服は縫製が美しいことで有名ですが、やっぱり天性の器用さってあると思うなぁ。

応募の条件として着画(?)をアップすること、というのがありましたので、さっそく使ってるところを。

c0227932_14120082.jpg


手首周り、採寸した?と思われるほど、ぴったりフィット!

そして、このリストピンクッションの使い勝手のよさにびっくり。我が家のミシン台は作業台としては使えないので、窓際でミシンをし、振り返ってダイニングテーブルで作業をするのですが、これまではいちいちピンクッションを持って移動するのがかなりのストレスでした。腕にはめちゃえばその動きもなくなり、なんて便利なんだぁ~!!キヨさん重ね重ねありがとう。


平日はなかなかミシンに向かえず、週末にダーっと縫ったのが

fabfabricさんクロップドパンツ。ふたたび。

c0227932_21531170.jpg
私の着こなし師匠、みっこさんがクルールの「テーパードチノパンツ」を穿いておられて、私もこれ作るーとなったのですが、いやいや、パンツパターンだけでもワレどんだけ持ってねん、と思い直し、似たようなのを探してみる。


昔よく作った、クルールシガレットパンツなんか、似てるかなと思ったけど春の断捨離で、思いっきり捨ててました。

ひゃ~、人の気持ちって、特に洋服に対する気持ちは変わりやすいもんです。

(なので、キヨさん、レギパンを捨てるのはやめましょうw)


で、安定のfabさんパターンで。

ミッテルさんのフランス綾、横方向のストレッチが効き、仕立てると少々うねります。

c0227932_21544554.jpg

「パンツの後ポケットは、玉縁」がこのところのスローガンなので、同じくfabさんのルーズフィットパンツのそれを移植。

c0227932_21540968.jpg

玉縁自体はなかなかうまく行った方ですけど、落とし穴・・


向こう布の上部が足りなくて、ベルトに折り込む作戦に失敗し、ベルトの上に強引にまつる!!!(素人の暴挙恐ろしいね)

c0227932_21564178.jpg

素敵ブロガーさんたちの真似をして、セルフタイマー始めました。

c0227932_21571229.jpg
まぁ、でも、体型的にも、ワイドなパンツよりも、スリム系が合うようだし、このコーデは着てて一番安心感あるかなー。

「テーパードチノパンツ」に比べると、やはりテーパード感は薄く、ヒップ周りからスリムが始まってる感じ。

うーむ、流行のキーワード「抜け感」を取り入れるなら、やっぱりテーパードなのでしょうねぇ。この形も好きではあるが。

去年あたりから、ぺたんこ靴ばっかり履いてましたが、ちょっときれい目コーデが一番着ててしっくり来ると思い、このバーゲンで仕事用に5㎝くらいのパンプスを数足買い足しました。


サッカー小僧、11歳の誕生日でした。

c0227932_21574483.jpg















最近、キメ顔を覚えた。

これまでは、学校大好き、友達大好きの気持悪いくらい健全な子どもだったのですが(長男と比べると特にね)

最近は、友人関係の悩みが多く・・まぁこれが普通なんだと思うよー。思春期の入り口がんばれサッカー小僧。


もっと早く作るつもりだった、コットンダンプのキッズパンツ。

c0227932_21582847.jpg

切り込み入れた後に、向布の裏表間違えたことに気づき、そっと剝がして縫い直した玉縁。

c0227932_21591438.jpg

なんだか最近玉縁ばっかり載せてますが。

友人に、インスタに毎日のトーストをアップし、ついにはトースト図鑑を出版した子がいますが、私もいつかやりたいぜ、玉縁図鑑(うそ)


ちょっと長め(次男)

c0227932_21593993.jpg

どちらかというと、PALLETのハーフパンツの方が↓シルエット的には好きかもな~。(ユニクロのちらしによると今年のハーフパンツは膝上なのだそうです)

c0227932_21595633.jpg

ま~、ミシンまでが遠いこの頃。

そういうときは、読み生活が充実します。


先月から立て続けに山口瞳4冊読み、思考が「昭和の新橋駅前でいっぱいひっかけるサラリーマン」化(意味不明)してきてまずいと思い、下の2冊を借りて来ました。

c0227932_22002082.jpg

田中慎弥は同世代なんですねー。表題作の舞台は、昭和の終わりくらいで主人公も高校生と同時代感たっぷりなのに、あの頃ってこんなに昔・・と切なくなる。(ストーリーもちょっと救いようがなくつらいのだけど)

ナオコーラで、ニュートラルに戻したいと思います。


そして獺祭スパークリング(どんだけはまってるw)
c0227932_22004187.jpg

[PR]

# by uteomma | 2017-07-06 22:12 | fab-fabric | Comments(24)

MMM総括 差し色カラーでMPLサンプラ「ローブドカーディガン」

今回も引き続きMMMの総括。

半月やってみて、自作服コーデ、そのほとんどがお値打ち生地のせいもあるのだろうが全体に貧乏くささが漂う(笑)

色使いのせいもあると思う。

シンプルやベーシックなアイテムのに、「差し色」を投入して・・というのがオサレなのではなかろうか。

そんなことを思ってたところに、クルール系洋裁ブロガーみっこさんの「Vブラウス×レッドカーデ×デニム」コーデを見てビビビと。こちら

c0227932_21472807.jpg

リックラックさんで初めて生地買ったと思う。

リネンフォギー天竺レッド。

透け感あり、シャリ感あり、布端丸まり、の三大苦ニットかと思いきや、縫いやすい、びっくりしたわー。

c0227932_21491420.jpg
ただ、裾や袖先の接着芯、白色が若干透けております。やっぱり黒?ベージュ系がよかったのか。


インナーは、FU-KOパターンの美シルエットのブラウス。

生地は、トーカイで店長にゴリ押しされた(この生地こんな安く出ることはまずないのよ~とかなんとか)

サイズは、前回のMサイズが、私の逞しい上半身にしても大きめだったので(ataroさん説では、FU-KOパターントップスは大きめらしい)Sでトレースし直しました。


↑なーんて、何事もなかったように述べておりますが、一番上のトルソー着画に至るまで紆余曲折あったのですよ。

以下お暇な方お付き合いください。


みっこさんの素敵カーデは、Mパタサンプラのローブドカーデだったので、私も追随。

出来上がってまずは着画。

c0227932_21503624.jpg

この日、振り替え休日で家にいた元石田が、スイッチをしながらしきりに「和田アキ子」を連呼するので何かと思ったら、←コレだ。



もう、なんだろ、和田アキ子というか、米良美一のステージ衣装というか。

いや、これどっかで見たことあるぞ。ポニョだ~!!!

実はこのローブドカーデ、これまで数着この丈で作って、なかなか活用してたのだけど、黒とかグレーだったのわからなかったが、このカラーで作るとチビにはキビシーしろものだった。

んまー、みっこ着画と全然違う!!



それでも、ボトムス変えるとなんとかなる?と思い。

c0227932_21513733.jpg

んにゃ~、やっぱりカーデ丈を変えるべし。さらに、丸顔、首レスには、狭い開きのインナーブラウスはNGだと今さら気づいて、冒頭のトルソー画像となりますた。

やっぱりボトムスは、細身のパンツがいいなぁ。これまたみっこさんの画像でキュンとなったけど、ワイドパンツ全盛の今クルール「テーパードチノパンツ」がとっても新鮮。


先走って買った、ミッテルの「フランス綾コットンストレッチ」  

c0227932_21584004.jpg
ツヤ感がすばらしい。 

50㎝370円!フランス製なのに、このお値打ち価格は一体!?と思ったら「フランス綾」フランス製ではなく(笑)、「タイプライター」みたいな、生地用語でしたのね(笑)

やっぱり「テーパードチノパンツ」欲しいのだけど、なんか手持ちのパンツパターン在庫にありそうな気がしてちょっとあがいているところ。



速攻自分パンツを縫いたいところであったが、まずは息子パンツやっつけようと。

c0227932_21593497.jpg

昨夜、玉縁部にさしかかり、本体・袋布・口布3枚を合わせ、2本線ステッチ。そのあとY字形に切込みを入れ・・までは、鼻歌交じりにやっておりましても言いしれぬ違和感が・・

切り込み入れた後に確認したらば、口布は、袋布の上ではなく、本体の上に重ねるのが正解と発覚(↑左パンツも同様のまつがい)


一瞬ゴミ箱ダンクも頭をよぎりましたが、丁寧にほどき、本体側に重ねた上でさっき縫ったところに慎重にステッチ(しかも切り込みアリ)

これデジャブ~と思ったら、明日着る服の「ドロップショルダーブラウス」のU開きも息を殺してこの工程やったわ。


さすがパタレ学校、こういう致命的なミスを犯してもなんとか形になるからね~(つか、いつもよりうまいw)



ときめかなくなった布帛Tに刺繡施す計画。

c0227932_22101749.jpg
ようやく、ランニングステッチ(要は波縫いw)とクロスステッチを習得したので。

ピンクのなんか、いったい何がやりたかったのか(笑)

kokoさんのビーズ刺繡めっちゃ楽しみ♪(←今回のオチw)




息子サッカーも繁忙期になり、週末もなかなかまとまったミシンの時間が取れないので、妄想が止まりませぬ。

kokoさんが、ソレイユのコーマビンテージでポルカさんのロングテイルスカートを縫っておられるのを見て、わしも~と思う(笑)

んで、C&Sのスタッフの着こなしコーナーで、

c0227932_22122944.jpg










画像お借りしました。

このコーデに身もだえし、真似しちゃおうと思い立つ。スカートのパターンはロングテイルスカートで、黄色は、RRのカラーリネンイエロー(これまた購入済w)

トップスのダークグレーは、C&Sのスパンフライスがなぜかあるので、Tシャツを作ろうかなと。


そうそう、purikoさんのC&S芦屋川店のお買い物picにも身もだえ(笑)ホリディのキャラメルとか天使のリネンのストーンとか、くー、たまらんね。そして、近くにC&Sがあったら、えらいことになってたと思うww




ある日、お昼休みに朝の連ドラ「ひよっこ」から、聞き覚えのある方言が・・「こんで3日生きられますちゃ」・・・えー、我が富山弁!

c0227932_22131404.jpg

今日も冒頭から「お願いしますちゃ」ゆうとりましたけど(笑)

富山県出身藤子不二雄先生方のオマージュキャラなのでしょうねぇ。トキワ荘的な。

確かに「ちゃ」は付けますねぇ。ただ微妙に違うのは、↑「生きられますちゃ」は現代では「生きられっちゃ」に変化してるかなー。

ひよっこ、全く見ておりませんでしたが、この2人が登場するとパソコンの手を止め、見入ってしまいます。



[PR]

# by uteomma | 2017-06-22 22:29 | mpl | Comments(18)

MPLサンプラ「ボートネックブラウス」ふたたび

半月のMMMの結果、少し前のパターンのよさを再発見。
温故知新パターンと命名。
c0227932_21243407.jpg
それは、MPLサンプラ ボートネックブラウス
c0227932_21251152.jpg
↑一代前のモデルさんですね。いや~、以前もそうでしたが、改めて見ると、いかにも作りたくなる着用画。
2012年当時、ホームソーイング界を席巻したパターンでした(たぶんw)
拙ブロでも暑苦しく取り上げておりました。こちら(いらんもんまで写ってます)

前回は、細いカフスで作ったので、今回は太カフス。

花金の(死語か?)飲み会に間に合わせたかったので、週の半ばから突貫工事でした。
c0227932_21315843.jpg
ので、↑こういうところがね(角決まらず)・・ああー。

c0227932_21330449.jpg
襟ぐり見返しも、波打つ
突貫工事のせい←今回はこれで押しまくる(笑)

ストライプなので、肩線で柄を合わせるか、脇下の縫い合わせで合わせるか若干迷ったけど、
肩線で合わせて正解だったかな。

インしたいけど、アウトでパンツに合わせたい気持ちもあったので、裾3㎝折り上げのところを2㎝で、という女心(笑)

クルール、ワークスカートと。
c0227932_21351330.jpg
ややや、カフスの位置が微妙。普通体型なら6分袖ってところなんだろうけど。
前後2枚合わせパターンなので、手を挙げると、身頃も同時にずり上がってくる~(ことをすっかり失念・・)
幸い今回スカートがわりとハイライズだったので、多少の動きでも裾が出てくることはありませんでした。


肝心の生地は、クルールのGIZA88超長綿ブルーストライプ
なんでも「エジブト、ギザ地方で栽培された繊維長が長い超長綿」とのこと。
光沢あります。
当初は「比翼風ドロップシャツ」を作るつもりで買った生地でした。
この時期には、丁度いい厚みや質感なんだけど、真夏になるとやっぱりリバティが恋しくなるんだろうなぁ・・


このカッコで、6月生まれのお誕生会に。
今年いただいたプレゼント
c0227932_21465353.jpg
職場の姐さんが「これ、こう見えても何千円では買えないよっ」と言いながら渡してくれた、シャプリエのポシェット。
(翌日サッカーの試合に下げて行くと、友達が1万2千円と言ったw)
先ごろ、この田舎にも正規直営店がオープンしたのです。
しかし、若い時、トートバッグを7,8千円で買った記憶あるんだけどなぁ。いつからこんなに高騰したのだ?

手作りブローチも。
c0227932_21474010.jpg
毎年夏の当社イベントの司会を担当してくださってる、元民放テレビ局アナウンサーのHさんより。
Hさんは、私の周りでは貴重なハンドメイド趣味の方。
↑家にあるもので作ったと言われるけど、中央に向かって厚みが増したり、ぱっと見ただけではどうやって作るのかわからず・・

そんなブローチをもらった翌日、本屋でこの本みっけ
c0227932_21490323.jpg
靴下の繕いをはじめ、Tシャツのシミに刺繡を施したり、スレギ用の古着生地に刺し子をして、ふきんに・・とか
0から作品を作り出すのではなく、いわゆる「繕いもの」の技術で、もっと素敵なアイテムに生まれ変わらせるアイデアがいっぱい詰まった本。
週一ペースで縫い物が増えてくので、結構な数になるのですが、果たして実際に着用、活用できてるのはそのうちの何%?
そんなアイテムが多すぎる私にとって、断捨離はたやすいけど、少しの工夫で生き返るアイテムがあるんじゃないかなーと思ってたところに、ぴったりの本でした。
c0227932_21492932.jpg
とりあえず、去年死ぬほど作ったけど、あんまりときめかなくなった布帛Tに刺繡しようかな~と思ってます。


韓流仲間から、ラインに送られてきたイケメンの写真。
c0227932_21495201.jpg
新手のヨン様かと思いきや、ムンジェイン新大統領のボディーガードなんだって。

話題沸騰らしいです。ニュースでムン大統領が出る度、探してしまうではないか(笑)


そうそう、フレーニさんへ。
次男が生まれた頃(だから10年あまり前?)にやっていた韓ドラブログ 韓タメ界の人々
なんかの拍子に検索でヒットしてしまうのですが、つい読みふけってしまう~、バカバカしさです(笑)



[PR]

# by uteomma | 2017-06-12 22:16 | mpl | Comments(22)